伊予ヶ岳〜富山〜富山水仙遊歩道

2024.01.14(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 8
休憩時間
1 時間 16
距離
14.1 km
のぼり / くだり
929 / 975 m

活動詳細

すべて見る

2024年の登り初めは地元千葉県の山へ 房総のマッターホルンで名高い(笑)伊予ヶ岳と、南総里見八犬伝の舞台でお馴染みの富山(とみさんと読みます) 最後は余力があったので、最盛期を迎えている水仙も愛でて来た。 新年最初の山行としては申し分のない滑り出し、いや登り出しとなりました

伊予ヶ岳・人骨山・津森山 登山口から望む伊予ヶ岳 千葉県で唯一、「岳」の字のつく貴重な山です
登山口から望む伊予ヶ岳 千葉県で唯一、「岳」の字のつく貴重な山です
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 登山道の途中からも山頂が見える
登山道の途中からも山頂が見える
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 中腹の東屋からの眺め
中腹の東屋からの眺め
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 千葉の山はわりと痩せ尾根で有名です
千葉の山はわりと痩せ尾根で有名です
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 そんなわけでたまに滑落死亡事故が起きます。この事故もネットに上がってたので知ってました
そんなわけでたまに滑落死亡事故が起きます。この事故もネットに上がってたので知ってました
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 岩場はですね。まあ、普通です。油断しなきゃ大丈夫です。でも一歩間違えれば終わってしまうのが山ですからね
岩場はですね。まあ、普通です。油断しなきゃ大丈夫です。でも一歩間違えれば終わってしまうのが山ですからね
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 だから慎重にゆっくり行きましょう
だから慎重にゆっくり行きましょう
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 山頂に到着。よくネタにされてますが標高は3366mではなく、336.6mです。千葉にしては高い方です
山頂に到着。よくネタにされてますが標高は3366mではなく、336.6mです。千葉にしては高い方です
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 山頂からの眺め。なかなかですね。正面少し左の双耳峰がこの後向かう富山です。
山頂からの眺め。なかなかですね。正面少し左の双耳峰がこの後向かう富山です。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 伊予ヶ岳も実は南峰と北峰に分かれてます。先程が最高峰の南峰。こちらは北峰です。
伊予ヶ岳も実は南峰と北峰に分かれてます。先程が最高峰の南峰。こちらは北峰です。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 眺望は一緒です。当たり前ですね
眺望は一緒です。当たり前ですね
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 富士山と富山。間の海は東京湾です。
富士山と富山。間の海は東京湾です。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 岩場は登りより下りの方が危険。時計回りに緩く下れる道が用意されてます。ツタが針葉樹の幹を覆い尽くさんとしてます。これは共生なのか。やられちまってるのか。
岩場は登りより下りの方が危険。時計回りに緩く下れる道が用意されてます。ツタが針葉樹の幹を覆い尽くさんとしてます。これは共生なのか。やられちまってるのか。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 下った後、振り返って伊予ヶ岳を見上げる。登山口より西向きなので北峰もまとめて見れます。
下った後、振り返って伊予ヶ岳を見上げる。登山口より西向きなので北峰もまとめて見れます。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 千葉の山にはあまり縦走路はありません。サクッと登ってちゃっちゃっと下りる。山と山の間は舗装路歩きが基本です
千葉の山にはあまり縦走路はありません。サクッと登ってちゃっちゃっと下りる。山と山の間は舗装路歩きが基本です
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 途中の道路沿い。ここに限らず水仙はこの時期房総に行けば何処でも見れます
途中の道路沿い。ここに限らず水仙はこの時期房総に行けば何処でも見れます
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 富山への登山道はオール林道で大変つまらなかった。その為、いきなり山頂です。こちらは北峰です。ここで昼休憩を取りました
富山への登山道はオール林道で大変つまらなかった。その為、いきなり山頂です。こちらは北峰です。ここで昼休憩を取りました
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 東京湾と富士山。富山が無い分展望が引き締まらずのっぺりしてしまう。
東京湾と富士山。富山が無い分展望が引き締まらずのっぺりしてしまう。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 12月の箱根に比べればまだしもだが、この時期にしては雪少ないような。気のせいかな
12月の箱根に比べればまだしもだが、この時期にしては雪少ないような。気のせいかな
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 こちらは伊豆大島。左の島は方角的に利島か新島でしょう
こちらは伊豆大島。左の島は方角的に利島か新島でしょう
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 富山北峰の展望台。老朽化著しく一度に5人以上登るなとある。ふるさと納税で何とかお金集めて立て直しできんかな
富山北峰の展望台。老朽化著しく一度に5人以上登るなとある。ふるさと納税で何とかお金集めて立て直しできんかな
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 南総里見八犬伝て名前こそ有名だけど内容まったく知らんのよね
南総里見八犬伝て名前こそ有名だけど内容まったく知らんのよね
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 推定樹齢300年の杉の木。普通の杉より葉が丸みを帯びているのでボタン杉と呼ばれているそうです
推定樹齢300年の杉の木。普通の杉より葉が丸みを帯びているのでボタン杉と呼ばれているそうです
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 ドライフラワー化した黄葉が奇跡的に残ってた。綺麗綺麗
ドライフラワー化した黄葉が奇跡的に残ってた。綺麗綺麗
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 福満寺登山口まで下りてきた
福満寺登山口まで下りてきた
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 舗装路を歩いて富山の西側に回り込む。見えている尾根はバリエーションルート。市は管理していないそうだがたしかに鋸状になってて大変そう
舗装路を歩いて富山の西側に回り込む。見えている尾根はバリエーションルート。市は管理していないそうだがたしかに鋸状になってて大変そう
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 富山水仙遊歩道に入る。ここらへんはまだ水仙咲いてません。
富山水仙遊歩道に入る。ここらへんはまだ水仙咲いてません。
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 これは何の花かな。マンサクのオールピンクバージョンに見えたのだがそもそも花じゃないのかもしれん
これは何の花かな。マンサクのオールピンクバージョンに見えたのだがそもそも花じゃないのかもしれん
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 展望台に到着。ここで珈琲休憩
展望台に到着。ここで珈琲休憩
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 椿であってますか
椿であってますか
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 標高は100mもないでしょう
標高は100mもないでしょう
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 周遊コースの下りは水仙が真っ盛り
周遊コースの下りは水仙が真っ盛り
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 しかし悲しいかな上手く取る術を知らなかった
しかし悲しいかな上手く取る術を知らなかった
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 ここまでのまとめて水仙が咲いているのを観たのは初めてでした
ここまでのまとめて水仙が咲いているのを観たのは初めてでした
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 スイセン水仙すいせん
スイセン水仙すいせん
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 気持ちの良い道でした
気持ちの良い道でした
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 椿も
椿も
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 下りきった所から左手に伊予ヶ岳が見えました
下りきった所から左手に伊予ヶ岳が見えました
伊予ヶ岳・人骨山・津森山 最後は道の駅富楽里とみやまで登山終了 岩井駅までバスで戻り3時間近くかけて地元に帰ってきました
最後は道の駅富楽里とみやまで登山終了 岩井駅までバスで戻り3時間近くかけて地元に帰ってきました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。