初春の高尾山㊗️〜藤野15名山①

2024.01.14(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間 9
休憩時間
1 時間 16
距離
14.8 km
のぼり / くだり
1141 / 875 m
1 17
26
7
1 3
21
15
30
10
6
2

活動詳細

すべて見る

12月から仕事に復帰し、だんだんと体は慣れて仕事するだけの体力は戻ってきたけど、以前ほどの体力にはまだまだ。 年明けの初登山はやっぱり高尾山。 今回は使ったことのない相模湖駅からのコース。 吉野矢ノ音、景信山、小仏城山を通って高尾山へ。 あらかじめ確認しておいたCT定数的には今の私には難ありなコース(30くらいだったかな)。そして久しぶりのハイカットの登山靴🥾を履いて。高尾山界隈はドロップアウトできるコースがいっぱいあるので多少の無理はあっても無茶はせず、痛みが強かったり、しんどすぎたら途中で下山をしようと考えて今回行ってきました。 朝の相模湖駅は-4.4℃。 体を動かしてないと寒い🥶。MAX着込んだ状態でのスタート。登山口がわからず少し彷徨いたけどYAMAPを時折見ながら進んでは引き返し、こっちも行けんじゃね?とかYAMAPとは違う道を選んだりしながら無事登山口に辿り着く。昨夕雪❄️が降ったおかげで登山路は両サイドにうっすらと雪が残ってました。 途中の分岐で急坂を前に吉野矢ノ音を巻こうか考えたけど急坂での右足首の調子も見たいなと思い、行ってみることに。骨の違和感はなかったけど腓腹筋の衰えを感じ、これ以上やったら痛むかなという不安がまだあるみたいで様子を見ながらの登坂。吉野矢ノ音山頂からは誰もおらず、鳥も鳴き声も聞かれず富士山を見ながら静かな時間を過ごすことができました。 山頂からは明王峠までは林道を横切る形で進みましたが静かなコース。途中振り返っては青空のもと富士を木々の間から眺め歩を進める。気持ちよかったなぁ🎵 明王峠からはいつもの尾根歩き。林を切り開いたとこでは静寂の中、動物の足跡🐾を追いながらの山歩。聞こえるのは雪を踏み締める自分の足音だけ。いつか雪山チャレンジしたいなと思ったり。このあたりが1番雪多かった気がします。といっても1〜2cm程度。 ここらへんでだんだん足がしんどくなり、計画を中断するか考え始める。とりあえず景信山までと思い景信山山頂まで行って中休憩を取ってみるともう少し行けそう。景信山の青木茶屋はもう畳んでしまっているような店先でした。 小仏峠でドロップアウトするか再考察。奥高尾縦走路の手拭いが新調され、ここでしか買えないという謳い文句に釣られ購入。店主とやりとりをしてると足も少し休まり、城山まで上がってみようという欲が出て再出発。 足首もそうだけど7ヶ月ぶりの登山靴🥾は足先へのダメージがあり、足先が痛くて思うようにスピードが出ない。焦る時間帯でもない、ゆっくり行こうと自分に言い聞かせ進む。 小仏城山山頂まで来ると人もそれなりにいて賑やかでした。足はかなりしんどかったけどここまできたら高尾山まで行こうと思い、長めの休憩を取った後出発。日が当たるところは雪が解けてびちゃびちゃでしたが、日陰はしっかり雪。滑ってこけないよう慎重に階段を下る。高尾山までの尾根は階段がしんどいのともしかしたら氷華(シモバシラ)が見えるかもと淡い期待を込めて北側の巻道を選択。雪で見えにくかったけど教えてもらって氷華を発見。あの時間帯でも見えたのは雪で周りが冷えてたからでしょうか。ラッキーでした😊 帰りは下まで行くのは足がしんどかったのでケーブルカーを利用し無事怪我なく下山。まだまだ足が本調子でなく、継続してリハビリが必要だと感じた山行でした。雨雪降った後ということもあり終始富士山🗻はよく見えてました🎵今年は高い山というよりは身近な山々(関東あたり)に登って体力をつけたいと思ってます。 GoProは寒さのせいか電池の減りが早く、交換用に2本電池を持って行きましたがそれも切れて小仏城山あたりであえなく終了。電池交換に時間と手間がかかるので、今度は電池の交換せずに予備バッテリーから充電しながら山行できるよう次回の課題に。 藤野15名山→吉野矢ノ根、明王峠 #藤野15名山

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。