栗野岳

2019.01.04(金) 日帰り

遠征3日目の最終日、今日は九州百名山の一つの栗野岳に登って帰る。 栗野岳には2011年に一度登っている。 この山も積岩山同様「九州百名山地図帳」をもとに登ったのだが、 当時と現在とでは山頂の位置がかわっている。 以前は現在の第2峰になっているピーク1,094mが栗野岳の山頂となっていて登頂を果たしたのだか、現在の山頂で最高点とされるピーク1,102mは分岐から通行止めとなっていて当時は行く事が出来なかった。 今回、最高点の山頂に登るべく登り直しをした。 アクセス:道の駅「えびの」より出発。 国道268号線の湧水町・栗野より県道103号線に入り、「霧島アートの森」を目指して進む。 日本一の枕木階段があるところが登山口となる。 ここからスタート。反時計回りで山頂に登頂してまたこの場所に戻ってきた。 下山後は栗野岳温泉に立ち寄り入浴。 すぐ上の八幡大地獄からの源泉からお湯を引いている。お湯は熱かった~ ここの温泉の方からのおすすめで八幡大地獄も見に行ってみた。

朝は寒かった。気温は-3℃。
今朝もフロントガラスの霜取りから始まる。
フロントガラス外・中両方が凍っていた。
1/56

朝は寒かった。気温は-3℃。 今朝もフロントガラスの霜取りから始まる。 フロントガラス外・中両方が凍っていた。

朝は寒かった。気温は-3℃。 今朝もフロントガラスの霜取りから始まる。 フロントガラス外・中両方が凍っていた。

道の駅にある島津義弘の像
2/56

道の駅にある島津義弘の像

道の駅にある島津義弘の像

今日も天気が良い。
霧島をバックに日の出
3/56

今日も天気が良い。 霧島をバックに日の出

今日も天気が良い。 霧島をバックに日の出

おはよう。
4/56

おはよう。

おはよう。

日本一の枕木階段がある「ここ」から登り始める。

日本一の枕木階段がある「ここ」から登り始める。

日本一の枕木階段がある「ここ」から登り始める。

近くにはトイレもある。
6/56

近くにはトイレもある。

近くにはトイレもある。

日本一の枕木階段。連日の登りでキツイです。
7/56

日本一の枕木階段。連日の登りでキツイです。

日本一の枕木階段。連日の登りでキツイです。

桜島が見えます。
8/56

桜島が見えます。

桜島が見えます。

登った~
9/56

登った~

登った~

ここから登山道へ

ここから登山道へ

ここから登山道へ

林道横断して再び登山道

林道横断して再び登山道

林道横断して再び登山道

意外と急登だったりして
12/56

意外と急登だったりして

意外と急登だったりして

今日はゆっくり登る
13/56

今日はゆっくり登る

今日はゆっくり登る

P-1

P-1

まだまだ

まだまだ

まだまだ

自然林の中の上りは気持ちいい
16/56

自然林の中の上りは気持ちいい

自然林の中の上りは気持ちいい

P-2

P-2

分岐。見晴台へ寄ってみる。

分岐。見晴台へ寄ってみる。

分岐。見晴台へ寄ってみる。

見晴台。
ここからの展望は素晴らしいです。

見晴台。 ここからの展望は素晴らしいです。

見晴台。 ここからの展望は素晴らしいです。

韓国岳が近い
20/56

韓国岳が近い

韓国岳が近い

遠くに市房山が見えます。
出会った地元の方に教えていただきました。
21/56

遠くに市房山が見えます。 出会った地元の方に教えていただきました。

遠くに市房山が見えます。 出会った地元の方に教えていただきました。

こちらは高塚山らしい。
22/56

こちらは高塚山らしい。

こちらは高塚山らしい。

こちらは桜島方向
23/56

こちらは桜島方向

こちらは桜島方向

左に高隅山、右に桜島が見えます。
24/56

左に高隅山、右に桜島が見えます。

左に高隅山、右に桜島が見えます。

眺望を楽しみながら、ここで朝食。
さっき豚まん食ったけど…
25/56

眺望を楽しみながら、ここで朝食。 さっき豚まん食ったけど…

眺望を楽しみながら、ここで朝食。 さっき豚まん食ったけど…

韓国岳を見ながら。
26/56

韓国岳を見ながら。

韓国岳を見ながら。

今年の干支と一緒に
27/56

今年の干支と一緒に

今年の干支と一緒に

先ほどの分岐まで戻り、山頂へ

先ほどの分岐まで戻り、山頂へ

先ほどの分岐まで戻り、山頂へ

急登あり。岩場もあったが迂回路を通った。

急登あり。岩場もあったが迂回路を通った。

急登あり。岩場もあったが迂回路を通った。

「山頂まで3分」これは以前の山頂のことだろう。

「山頂まで3分」これは以前の山頂のことだろう。

「山頂まで3分」これは以前の山頂のことだろう。

栗野岳第2峰ピーク1,094m。以前の栗野岳山頂であります。

栗野岳第2峰ピーク1,094m。以前の栗野岳山頂であります。

栗野岳第2峰ピーク1,094m。以前の栗野岳山頂であります。

以前、登った時の写真です。
この時はここが山頂でした。

以前、登った時の写真です。 この時はここが山頂でした。

以前、登った時の写真です。 この時はここが山頂でした。

ここからの展望も素晴らしいです。

ここからの展望も素晴らしいです。

ここからの展望も素晴らしいです。

35/56
先ほど寄った見晴台に桜島、他
36/56

先ほど寄った見晴台に桜島、他

先ほど寄った見晴台に桜島、他

ちょっと先に三角点あります。

ちょっと先に三角点あります。

ちょっと先に三角点あります。

分岐。ここから山頂へ。
以前は通行止めで行けませんでした。今回初めて向かいます。

分岐。ここから山頂へ。 以前は通行止めで行けませんでした。今回初めて向かいます。

分岐。ここから山頂へ。 以前は通行止めで行けませんでした。今回初めて向かいます。

栗野岳山頂登頂

栗野岳山頂登頂

栗野岳山頂登頂

最高点1,102m
40/56

最高点1,102m

最高点1,102m

証拠写真
41/56

証拠写真

証拠写真

その先の道はまだ続いていますが…今日はここまで。
42/56

その先の道はまだ続いていますが…今日はここまで。

その先の道はまだ続いていますが…今日はここまで。

分岐から山頂までの途中に展望所がありました。
山頂からは展望は楽しめませんので、寄ってみました。

分岐から山頂までの途中に展望所がありました。 山頂からは展望は楽しめませんので、寄ってみました。

分岐から山頂までの途中に展望所がありました。 山頂からは展望は楽しめませんので、寄ってみました。

確かに韓国岳がくっきり~
44/56

確かに韓国岳がくっきり~

確かに韓国岳がくっきり~

分岐まで戻り、そのまま進んで下りに入ります。

分岐まで戻り、そのまま進んで下りに入ります。

分岐まで戻り、そのまま進んで下りに入ります。

車道に出ました。
ここから車道を通って戻ります。

車道に出ました。 ここから車道を通って戻ります。

車道に出ました。 ここから車道を通って戻ります。

良かった

良かった

良かった

下山後は栗野岳温泉
48/56

下山後は栗野岳温泉

下山後は栗野岳温泉

せごどん
49/56

せごどん

せごどん

温泉から出たあと、八幡大地獄を見に!
50/56

温泉から出たあと、八幡大地獄を見に!

温泉から出たあと、八幡大地獄を見に!

足元注意と言ってたが…確かに!
至る所からごぼごぼ出てる~
51/56

足元注意と言ってたが…確かに! 至る所からごぼごぼ出てる~

足元注意と言ってたが…確かに! 至る所からごぼごぼ出てる~

地獄
52/56

地獄

地獄

もくもく
53/56

もくもく

もくもく

何も見えん!
54/56

何も見えん!

何も見えん!

地獄
55/56

地獄

地獄

楽しんだ~
56/56

楽しんだ~

楽しんだ~

朝は寒かった。気温は-3℃。 今朝もフロントガラスの霜取りから始まる。 フロントガラス外・中両方が凍っていた。

道の駅にある島津義弘の像

今日も天気が良い。 霧島をバックに日の出

おはよう。

日本一の枕木階段がある「ここ」から登り始める。

近くにはトイレもある。

日本一の枕木階段。連日の登りでキツイです。

桜島が見えます。

登った~

ここから登山道へ

林道横断して再び登山道

意外と急登だったりして

今日はゆっくり登る

P-1

まだまだ

自然林の中の上りは気持ちいい

P-2

分岐。見晴台へ寄ってみる。

見晴台。 ここからの展望は素晴らしいです。

韓国岳が近い

遠くに市房山が見えます。 出会った地元の方に教えていただきました。

こちらは高塚山らしい。

こちらは桜島方向

左に高隅山、右に桜島が見えます。

眺望を楽しみながら、ここで朝食。 さっき豚まん食ったけど…

韓国岳を見ながら。

今年の干支と一緒に

先ほどの分岐まで戻り、山頂へ

急登あり。岩場もあったが迂回路を通った。

「山頂まで3分」これは以前の山頂のことだろう。

栗野岳第2峰ピーク1,094m。以前の栗野岳山頂であります。

以前、登った時の写真です。 この時はここが山頂でした。

ここからの展望も素晴らしいです。

先ほど寄った見晴台に桜島、他

ちょっと先に三角点あります。

分岐。ここから山頂へ。 以前は通行止めで行けませんでした。今回初めて向かいます。

栗野岳山頂登頂

最高点1,102m

証拠写真

その先の道はまだ続いていますが…今日はここまで。

分岐から山頂までの途中に展望所がありました。 山頂からは展望は楽しめませんので、寄ってみました。

確かに韓国岳がくっきり~

分岐まで戻り、そのまま進んで下りに入ります。

車道に出ました。 ここから車道を通って戻ります。

良かった

下山後は栗野岳温泉

せごどん

温泉から出たあと、八幡大地獄を見に!

足元注意と言ってたが…確かに! 至る所からごぼごぼ出てる~

地獄

もくもく

何も見えん!

地獄

楽しんだ~

類似するルートを通った活動日記