今年の登り始めは明神山🤗

2024.01.05(金) 日帰り

今年の登り始めは明神山に行きました。😀 この山は家から登山口まで車で30分弱で行ける手頃な山です。😁 登山口は4ヶ所有り、今日も間明(まんみょう)沢コースから登ります。 このコースの好きなのは4コースの内1番距離が有るのと、静かな尾根歩きが出来るからです。😃 県道71号線路肩の空地に車を停めて出発。 一旦200m位案内板の所まで戻り、荷路夫(にちぶ)川の橋を渡り(昔はこの川でヤマメ釣りをしていた)チェーンをまたいで行くと登山口に着ます。ここから登り始めると沢山のタラの芽すの木が目立ちますが、個人の所有物です。🤔 東屋まで急な登りが続きますが、このコースで一番キツイかも知れません。😥 東屋まで登れば尾根歩きになり、所々から明神山が見えるようになる。🙂 明るい雑木林の道を30分ほど歩くと、たき神社里宮方面の道と合流して山頂方面に歩を進める。 中間の大杉を過ぎると急な登りになり、途中たき神社奥宮に寄ってお参りをしてから山頂に向かう。😦 山頂からは、東側と南側が視界が開けていて、東側は仏具山、太平洋、勿来火力発電所、小名浜方面等が眺められ、南側は北茨城市方面の山々が眺められた。🤗 ここで景色を楽しみながらコーヒータイムを取る。至福の時間です。この後来た道を下山したが、殆ど下りなのでらくでした。😁 今回の登山は誰とも会わなかったが、この静かな里山歩きもたまには良いと思いました。☺️

ウオーキング中に見える明神山

ウオーキング中に見える明神山

ウオーキング中に見える明神山

駐車場より東屋方面を眺める

駐車場より東屋方面を眺める

駐車場より東屋方面を眺める

県道脇の案内板

県道脇の案内板

県道脇の案内板

県道脇の案内板

県道脇の案内板

県道脇の案内板

荷路夫川

荷路夫川

荷路夫川

間明沢登山口

間明沢登山口

間明沢登山口

タラノ芽の木

タラノ芽の木

タラノ芽の木

コナラの木に寄生しているヤドリギ

コナラの木に寄生しているヤドリギ

コナラの木に寄生しているヤドリギ

東屋

東屋

東屋

東屋より駐車場を眺める

東屋より駐車場を眺める

東屋より駐車場を眺める

登山道より見える明神山

登山道より見える明神山

登山道より見える明神山

馬酔木街道

馬酔木街道

馬酔木街道

登山道合流点

登山道合流点

登山道合流点

明神山が近くに見える

明神山が近くに見える

明神山が近くに見える

たき神社奥宮

たき神社奥宮

たき神社奥宮

立派なブナの木

立派なブナの木

立派なブナの木

明神山山頂

明神山山頂

明神山山頂

三角点

三角点

三角点

勿来火力発電所方面を眺める

勿来火力発電所方面を眺める

勿来火力発電所方面を眺める

北茨城市の山並

北茨城市の山並

北茨城市の山並

仏具山を眺める

仏具山を眺める

仏具山を眺める

こんな場所も有りました

こんな場所も有りました

こんな場所も有りました

右、間明沢方面。左,たき神社里宮方面分岐

右、間明沢方面。左,たき神社里宮方面分岐

右、間明沢方面。左,たき神社里宮方面分岐

雑木林の登山道

雑木林の登山道

雑木林の登山道

シュンラン

シュンラン

シュンラン

山わさび

山わさび

山わさび

ウオーキング中に見える明神山

駐車場より東屋方面を眺める

県道脇の案内板

県道脇の案内板

荷路夫川

間明沢登山口

タラノ芽の木

コナラの木に寄生しているヤドリギ

東屋

東屋より駐車場を眺める

登山道より見える明神山

馬酔木街道

登山道合流点

明神山が近くに見える

たき神社奥宮

立派なブナの木

明神山山頂

三角点

勿来火力発電所方面を眺める

北茨城市の山並

仏具山を眺める

こんな場所も有りました

右、間明沢方面。左,たき神社里宮方面分岐

雑木林の登山道

シュンラン

山わさび