【里山】東太郎山・大峯山・太郎山

2023.12.23(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 42
休憩時間
36
距離
17.3 km
のぼり / くだり
1539 / 1526 m
11
7
2 12
1 31
50
4
1
2
37
53

活動詳細

すべて見る

最後の4km,1時間は舗装路移動。登山道は13.3kmで6時間40分くらい。 快晴、無風。積雪あり。朝は麓で-6度。昼ごろは6度位か? チェンスパ使用。 砥石城口から東太郎山。太郎山方面に尾根を移動、大峰山と太郎山で締め。 当初はさらに東太郎山に登り返そうと思っていたけど、心が挫けた。時間も遅かったし。 砥石から金剛寺峠までは良く整備されている。その先から東太郎山周辺はピンクテープあるけど、登山道は無いか、不明瞭。藪とか倒木で時間かかります。夏と比べると藪はマシだし、景色も見やすいので、冬の方が良い。 途中で鹿の群れ見かけた。いろんな動物の足跡があったけど、多分、熊のもあった。 人気が無くて、歩くのも困難だけど、太郎山と繋げるとボリューム感が出て良いな、と今回は思った。

太郎山 砥石城の登山口
砥石城の登山口
太郎山 門。上田地域は真田推し。真田十勇士のイラスト付き。
門。上田地域は真田推し。真田十勇士のイラスト付き。
太郎山 砥石城周辺は良く整備されている。
砥石城周辺は良く整備されている。
太郎山 砥石城から富士山。写真だとほぼ見分け付かず。
砥石城から富士山。写真だとほぼ見分け付かず。
太郎山 上田市方面の眺め。
上田市方面の眺め。
太郎山 少し進んで砥石の本城。山が平に整備されている。
少し進んで砥石の本城。山が平に整備されている。
太郎山 東太郎山
東太郎山
太郎山 砥石の枡形城。ここで一連の砥石城跡エリアは終了。
砥石の枡形城。ここで一連の砥石城跡エリアは終了。
太郎山 烏帽子と角間の方
烏帽子と角間の方
太郎山 金剛寺に降りることができる峠。ここから先は、だんだん道が不明瞭になって、途中で道は無くなる。
金剛寺に降りることができる峠。ここから先は、だんだん道が不明瞭になって、途中で道は無くなる。
太郎山 倒木とか藪あり。地形と等高線見て進むこと。ピンクテープはある。
倒木とか藪あり。地形と等高線見て進むこと。ピンクテープはある。
太郎山 鹿の群れが走っていた跡。一列で進む様だった。
鹿の群れが走っていた跡。一列で進む様だった。
太郎山 東太郎山。何度か登り返しがある。
東太郎山。何度か登り返しがある。
太郎山 途中、伐採されたエリアがあり、景色良し。菅平、根子岳、四阿山。雲かかってる。
途中、伐採されたエリアがあり、景色良し。菅平、根子岳、四阿山。雲かかってる。
太郎山 東太郎山、山頂。やはり眺望は無し。
東太郎山、山頂。やはり眺望は無し。
太郎山 太郎山方向への分岐点。分岐方向に道っぽい跡は無いが、進むとピンクテープはある。
太郎山方向への分岐点。分岐方向に道っぽい跡は無いが、進むとピンクテープはある。
太郎山 馬頭観音。峠の様な場所にあった。多分、昔は傍陽と山口の行き来が出来る道があったのだろう。
傍陽(そえひ)、山口は上田市の地区の名前です。
馬頭観音。峠の様な場所にあった。多分、昔は傍陽と山口の行き来が出来る道があったのだろう。 傍陽(そえひ)、山口は上田市の地区の名前です。
太郎山 熊の足跡だと思う。他にもカモシカ、兎、キツネ?の足跡見かけた。
熊の足跡だと思う。他にもカモシカ、兎、キツネ?の足跡見かけた。
太郎山 太郎山-大峯山の途中に出る。
太郎山-大峯山の途中に出る。
太郎山 大峯山の山頂
大峯山の山頂
太郎山 大峯山からの眺め。蓼科山方向、中央近くは太郎山。太郎山の奥に小さく富士山。肉眼だと大きく見える。 太郎山で写真撮り忘れたから、最後の眺望写真。
大峯山からの眺め。蓼科山方向、中央近くは太郎山。太郎山の奥に小さく富士山。肉眼だと大きく見える。 太郎山で写真撮り忘れたから、最後の眺望写真。
太郎山 大峯山の直下の斜面。ここ、登りは大変だった。
大峯山の直下の斜面。ここ、登りは大変だった。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。