金華橋から前鉢伏山へ、里山トレイル山行

2023.12.17(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 56
休憩時間
16
距離
19.3 km
のぼり / くだり
1623 / 1622 m
15
1 1
44
1
24
35
52
14

活動詳細

すべて見る

何年か前に一度チャレンジしたけれど、タイムオーバーにより途中の宮入山で引き返したコース。 当時よりはスタミナも経験もアップしているはず、と思って行って来ました。 低山なので暑い時期は敢えて避けていたら、中々登る機会に恵まれずどんどん月日が経ってしまった訳です。 薄川に架かる金華橋からスタート。 尾根上の林城(昔の山城跡)を通過し、金華山(山頂がどこか分からなかったが)、高遠山、宮入山を経由して前鉢伏山まで。 途中林道歩きもあるが、全体的には登山よりもトレラン向きなコース。 実際、今日出会ったのは登山者1名に対し、トレラン5名(グループ)。 強風の中、リベンジを果たせ、いいトレーニングとなりました。

鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 金華橋とこれから登る尾根
金華橋とこれから登る尾根
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 橋を渡って入山します
橋を渡って入山します
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 少し登った所から松本市街地、北アルプスは雲の中
少し登った所から松本市街地、北アルプスは雲の中
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 尾根上に平坦部を作り、そこに城を築いたそうな
尾根上に平坦部を作り、そこに城を築いたそうな
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 尾根の上の方まで段々状に平坦部が作られています
尾根の上の方まで段々状に平坦部が作られています
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 高遠山、宮入山、前鉢伏山と言った目指す山の分岐案内はありません
ここは枝で止めてありますが、尾根を直進
高遠山、宮入山、前鉢伏山と言った目指す山の分岐案内はありません ここは枝で止めてありますが、尾根を直進
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 ガードレールが見えてきた、ここで林道へ
ガードレールが見えてきた、ここで林道へ
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 左側から出てきて、林道を進みます
左側から出てきて、林道を進みます
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 林道から山道へ、山中ではピンクテープがそれなりの数ありました
林道から山道へ、山中ではピンクテープがそれなりの数ありました
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 高遠山山頂、三角点もあり
高遠山山頂、三角点もあり
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 中央のぽこりが王ヶ鼻(美ヶ原)、その右に王ヶ頭ホテルも見えます
中央のぽこりが王ヶ鼻(美ヶ原)、その右に王ヶ頭ホテルも見えます
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 林道に合流、道中何回か繰り返します
基本的に左手に林道があり、ショートカットで山道を行く感じ
林道に合流、道中何回か繰り返します 基本的に左手に林道があり、ショートカットで山道を行く感じ
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 左手に見てきた林道は、高遠線でした
左手に見てきた林道は、高遠線でした
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 高遠線と宮入山線の分岐から、宮入山を目指す
高遠線と宮入山線の分岐から、宮入山を目指す
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 宮入山山頂、こちらも三角点あり
宮入山山頂、こちらも三角点あり
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 麻紐の間に宮入山の文字、知らなかったら読めない薄さ
麻紐の間に宮入山の文字、知らなかったら読めない薄さ
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 シダ植物(多分)の葉が放射線状に倒れ、そこに雪
初めて見た光景で、ちょっと怖さを感じてしまった
シダ植物(多分)の葉が放射線状に倒れ、そこに雪 初めて見た光景で、ちょっと怖さを感じてしまった
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 分岐ではない所に、最初で最後の立派な案内表示
分岐ではない所に、最初で最後の立派な案内表示
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 ようやく、ラスボスが姿を現す
ようやく、ラスボスが姿を現す
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 笹刈りされた明朗な道を登ってきたところで、ここは笹藪の中を直進
よく見るとピンクテープがあります
右を見ると…
笹刈りされた明朗な道を登ってきたところで、ここは笹藪の中を直進 よく見るとピンクテープがあります 右を見ると…
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 右です、笹刈りされた明朗な道が続きますが、これを行くと尾根を外れトラバース道となってしまう
実際行ってしまって、戻って来たのであります
右です、笹刈りされた明朗な道が続きますが、これを行くと尾根を外れトラバース道となってしまう 実際行ってしまって、戻って来たのであります
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 山頂までは膝丈の笹藪を行く
テープもあり、うっすら踏み跡もありました
山頂までは膝丈の笹藪を行く テープもあり、うっすら踏み跡もありました
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 前鉢伏山山頂
松本市街地と上空は晴れてますが、やはり北アルプスは雲の中
前鉢伏山山頂 松本市街地と上空は晴れてますが、やはり北アルプスは雲の中
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 美ヶ原、山全体が平らなのがよくわかる
美ヶ原、山全体が平らなのがよくわかる
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 鉢伏山、今日は風が強いのでここまで
鉢伏山、今日は風が強いのでここまで
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 冷たい西風が吹いていたので、ザックのサイドポケットの水が凍ってました
冷たい西風が吹いていたので、ザックのサイドポケットの水が凍ってました
鉢伏山・高ボッチ山・三峰山 林城の下まで戻って来ました
次に北アルプスが顔を出した時は、白さを増していることでしょう
林城の下まで戻って来ました 次に北アルプスが顔を出した時は、白さを増していることでしょう

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。