笠松山

2018.12.21(金) 10:44 - 2018.12.21(金) 15:10
笠松山の一帯は歩き尽くしたつもりでいたが、歩けば歩くほど新しい道に出会うようだ。 そんな山道を求めての、行き当たりばったりハイク。こんなでたらめな山歩きには、女房もつき合ってくれない。 下山予定の小原新の新池下、白玉稲荷に自転車を置いておいて、車で古法華公園へ回る。 登り口は大柳ダムから。谷沿いの道は、ほぼ荒廃、笠松山南のコルに出る。頂上へは向かわず、尾根上の四阿へ。 ここから、そのまま南へ下る尾根道をとった。 1本東のよく踏まれた道ではないが、最後に開けた岩場になり、思いの外よい道だった。 夕陽ケ山へ向かおうとしたら、車道からすぐの所に左に入る道があった。 「登山道・遊歩道」の分岐を遊歩道へとって歩いた。公園を東西に走る車道に平行して、こんな道があるとは知らなかった。 古法華寺前まで行って終点、ここで昼食。一人の食事は淋しいものだ。 後半は、夕陽ケ山への縦走だが、その前に道標にあった「登山道」を片づけておこうと、南の尾根へと登る。 気もちのよい岩尾根から元の分岐へともどった。 そこから三口へ越える峠道は、最初は幅広いものの、次第に狭まり草深くなっていく。 峠から三口側の道も探ってみたが、余り踏まれてない。下った先の池が満水なら多分、通れないだろう。 峠へと戻り、尾根道に入る。 薮と小シダはうるさいが、高山の西尾根ほどではない。 ただ、アップダウンが多く、夕陽ヶ山を含めて、9つのピークを踏むことになる。途中2~3箇所ある露岩からの展望はいい。 夕陽ヶ山から新池への下りはザレ場で道を失わないように注意して下ったが、池近くになって竹薮の中に出てしまった。 間違えた気もしないのだが。最後に獣除けの電気線をはずして白玉稲荷へ。 自転車を漕いで、公園内に停めた車まで走る。

写真

白玉稲荷 自転車を置いておいた

白玉稲荷 自転車を置いておいた

四阿

四阿

露岩がつづく

露岩がつづく

山茶花が花盛り

山茶花が花盛り

今日の昼飯

今日の昼飯

岩尾根

岩尾根

笠松山を見る

笠松山を見る

池に出た

池に出た

露岩で一休み

露岩で一休み

善防山を振り返る

善防山を振り返る

夕陽ケ山

夕陽ケ山

夕陽ケ山の頂上

夕陽ケ山の頂上

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。