東天狗岳・根石岳・箕冠山(稲子湯)

2023.12.08(金) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
6 時間
休憩時間
35
距離
16.4 km
のぼり / くだり
1325 / 1330 m

活動詳細

すべて見る

スタートしてすぐの林道で動物の足跡がたくさんあり、それに気を取られている間に登山口への分岐を越えて、しばらくずっと歩き続けてました。やけに林道が長いと思いGPSを確認して良かった。 ようやく登山道に戻ると雪が繋がっているのですぐにアイゼン装着。厳冬期用の重いブーツでヨタヨタ歩き、やっとみどり池に着くと全面凍結。 ここから中山峠への登りはかなりきつい。最後は這いつくばってよじ登る(下りは絶対嫌だ)。 稜線に出ると、予想通りの強風というか爆風、顔痛いのでバラクラバやらしっかり身支度し、東天狗への登りに取り付く。最初は雪岩ミックス、途中はしっかり冬仕様の雪道、頂上近くはほぼ石岩。ピークからは赤岳硫黄岳、奥に南アルプス、御嶽山、乗鞍岳、北アルプス、浅間山全部くっきり。 ここで長居すると凍死しそうなのですぐに根石岳から夏沢峠方向に向かう。根石岳近くの風が一番強く、山荘あたりではずっと斜めになって歩いていた気がする。 樹林帯に入ると穏やか、夏沢峠までポカポカでのんびりハイキング。 硫黄岳にも行くつもりだったけど、スタートで道迷いタイムロス、バーナーのライターも忘れて、カップ麺食べれないことにショックを受け、そのまま下山。 本沢温泉までの道は穏やかで歩きやすく、途中の野天風呂も楽しそうで、硫黄岳を目指すならこちらのルートがおすすめです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。