竜ヶ岳・中之倉山

2023.12.06(水) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 1
休憩時間
16
距離
14.4 km
のぼり / くだり
1086 / 1087 m
52
29
25
37
11
9
15
5
28
14

活動詳細

すべて見る

今回は、1週間前のギックリ腰から復帰第1弾として、用事を済ませて恐る恐る本栖湖へやって来た。 いつでも折り返せて、人も多そうで、いざという時にヘルプをお願いできそうで、周りも開けていて、ヘリコプターも来れそうな…と、考えながら朝選んだ山。総じて超弱気なハイキング。 2.5時間運転して本栖湖湖畔の無料駐車場に到着。本栖湖キャンプ場に停めるつもりが、来年3月までクローズで、近くに別の駐車場があったから良かった。 運転途中で見えた富士山もキレイで、やはり富士山周辺の山はハズレは無いなと、改めて認識した。 もっと早く来れば、本栖湖一周ハイキングができたと思ったが、しっかり寝たから腰も調子良くなったと割り切って11:30に駐車場出発。 山道は整備され段差も小さく、同世代からシニア世代まで、複数人とすれ違い、せっかく買った熊鈴を忘れたが、平穏に歩けた。 同時に、腰の違和感を感じないように背筋を伸ばして、良い姿勢を維持して、上下の衝撃や振動を抑えながら歩くことに集中。 登り始めの15分で息が切れて、1人でハアハア言いながら登っていると、前を歩くサングラスのかっこいいカメラマンの女性が涼しげに足を運んでいる。 望遠レンズのある高価そうなカメラを持って、富士山をファインダー越しに見ながら、微動だにしない構えた姿に、こんにちはと声を掛けられず素通り。 思ったより少ないハイキング客の中では、挨拶は貴重なコミュニケーションだが、同時に自然とマンツーマンで対話できる唯一無二の時間でもあり、そのために平日に来ているかも、とも感じて、これで良かったのだ、とハードボイルド風に自分に言い聞かせた。 竜ヶ岳頂上では大型犬を連れた方達が歓談している中、犬の視線を避けるように先を急ぎ、恒例の山頂写真撮影を忘れてしまった。 毛無山に向かう道は、笹が生い茂る高原のような景色。毛無山は別の機会に計画しているため、今回は分岐点から本栖湖湖畔へ降りて行った。 正午を過ぎると、日陰になり、よくある日本の山中の風景に変わり、湖畔近くはキレイな高原の林道になった。 ここで湖畔沿いに駐車場へ戻ろうか、おかわり登山をするのか、腰と相談した結果、1.5時間で帰って来られるならいいでしょう、とのお返事を頂き、いこいの森キャンプ場から登り始めた。 しばらく登ると、植林の根元に巻かれた黒いシートと生い茂る木の葉によって辺りが暗くなり、道の真ん中に大きな排泄物があって、引き返そうかと思ったが、最近ハマっているドラクエウォークで歩数とアイテムを稼げるという目先のエサに負けて、仏峠へ歩を進めた。 仏峠に着いたら15:00。気付けば昼食を取らずここまで来たためか、フラフラし始めたので、ベンチでアンパンを頬張る。 お腹も満たされ、汗も引いたが、風が冷たく手が動かしにくい。手袋をすればいいのに、スマホ操作が出来ないので我慢。ここでも体調管理よりゲームを優先した自分は、何と弱い生き物かと自省しながら、せっせとスマホをタップしている。 無事、中之倉山に登頂し、周りは木に覆われ景色は見えなかったので、即踵を返して小走りで下山。 湖畔沿いの道をひたすら歩いて、駐車場に到着。帰りに風の湯でバナジウム水を2タンク分購入した後、お風呂で腰をほぐして、体も温めて、3時間運転して帰宅。 思ったより腰は大丈夫で安心した。懲りずに今週末も登ろうか、考えあぐねている。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。