富士の常連さんと12月の富士山に挑戦🗻(富士宮)・富士山(御殿場口)・三島岳・富士山(剣ヶ峰)

2023.12.05(火) 日帰り

活動データ

タイム

17:41

距離

19.7km

のぼり

2363m

くだり

2369m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
17 時間 41
休憩時間
1 時間 54
距離
19.7 km
のぼり / くだり
2363 / 2369 m

活動詳細

すべて見る

12月の富士山挑戦!🗻この時期の活動日記に上がるのは 脚力があり速くて凄い人ばかり、、、 そんな中、 自称「動ける〇ブ(おじさん体型)😂」の私が登る 12月の富士山とは? 登るとこんな感じになると! 富士の常連Oさんと須山口登山道から 富士宮ルートのピストンにて 下山で須山登山道に入る頃には 足を使い切り大ブレーキ 最後まで面倒見て頂きました Oさんにはこの場を借りて感謝申し上げます🙇‍♂️ メタボ気味のおじさんも頑張れば 12月の富士山に上れます!🗻 そういう意味なら 投稿する価値が少しあるのかなぁと 自分への戒めの意味もこめて、、、 気象概要 天気 曇りのち雪(うっすら白くなる程度) 風速 10数メートル 午後からはほぼ無風 気温 山頂で約-10℃ まず前提は天気が良くないと(当たり前ですが) この時期の姫(富士山)は一度ご機嫌が悪くなると 容赦ありません💦 この日の登山者は我々2名のみ 登山道概況(状況で激変します) 12月5日現在、雪はかなり少なく 常連さんはノーアイゼン 私はアーバンゴムスパイク (都市用の雪降っちゃった時用ゴムスパイク) で登れました(もちろん12本アイゼン携行) 場所によりかなりカチカチの場所アリ 水が塚公園から6合 ひたすら暗い中を登るのみ ピンクテープありますが 暗いと一部不明瞭 6合先から雪あり 8合直下までの吹きだまり雪が多数 一部カチカチです 8合から上 思った以上に雪無く夏道 一部、雪を避け直登 9.5合から山頂 やはりここが核心部 10メートル位の雪渓トラバースに気を遣い 真ん中の溶岩を直登りで山頂へ 山頂奥宮、剣ヶ峰 奥宮前、雪なし(笑) 剣ヶ峰直下地面出てます 下山 9.5合の下山をさけブル道で8合まで つづらの曲がり角に吹きだまり雪と 小石の崩落でブル道は埋まりぎみですが 安全に下りられます 8合から新7まで夏道で標高が低い分 一度溶けた雪がバリバリになり厄介 後は根性で水が塚公園まで下山 (5合目にシャトルバス来ないかなと思ったのは内緒🤫) まとめ とにかくまず予報の良い日 特に風の強さが登頂の成功率を左右します 10数メートルの風でもちょっと 補給をするだけで寒いです。 常に動き続ける体力ないと厳しそう ワンミス即アウト❗️停滞したら多分生き残れません 特に富士山あたりで今の時期事故ると かなり風当たり厳しいので 穏やかだったのでなんとか往復できました 富士山の姫に感謝🙏 そして同行のOさんが居なければ 7合目でお帰りモードでした😅 12ヶ月富士山登頂を目指してますが、、、 厳冬期はレベチだぞ 今のままでは絶対無理な事が良く分かりました

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。