前黒法師岳→ヘリポート

2018.12.18(火) 日帰り
monstaMini
monstaMini

活動詳細

もっと見る

2018年の4月に前黒法師岳経由で黒法師岳までピストンしました。その時、SDカードが壊れたためにニコンで写真を撮れなくて、レポにも「眺望が素晴らしいヘリポートでぜひキレイな写真を撮りたいので、次回は二ツ山の東峰までの往復にして、初冬(11月末くらい?)の時期にまた登りに行きたいと思います」と書きました。 …というワケで、初冬になったことだし、有言実行、ヘリポートへ写真を撮りに行くことにしました。決行日は12月15日(土)。 ところが、寸又峡に到着してみるとどうでしょう、登山靴がないではありませんか!😢 昔、VANSのOFF THE WALLというスケボー用の靴で北沢峠から仙丈・甲斐駒に登ったことがありますが、さすがに底がツルツルのスニーカーで前黒法師の急登(しかもたぶん雪)はムリがあります。で何もせず、道が混む前に泣く泣く帰ってきたのでした。 3日後、天気がいいという予報を信じ(ただし風が強くててんくらは1日中C判定)、前日に急遽有休を取って再び寸又峡の駐車場に立つ私がいました。先週の東俣林道から積みっぱなしだった電動アシストMTBを組み立て、5時46分、ヘリポートを目指して出発です! [登山道] 急登→栗の木の段で少しなだらかに→急登→白ガレの頭で少しなだらかに→急登→なだらかになったと思ったらもう前黒法師岳の頂上…という感じ(笑)。今回は1400mより上で雪が積もっていました。薄いパウダースノーは靴が沈み込まず、急登だと結構滑りやすかったです。前黒法師岳の先は北斜面で日が当たらない上に急降下で少々おっかなかったですが、まぁ特に問題なく下れたし、帰りも登ってこれました。2月のバラ谷でパウダースノーの急坂を登るのにかなり苦労した思い出があるので、深南部の雪に対してはつい慎重になってしまいます。ほかに誰も歩いてないしね~。 急斜面が終わればあとは大したアップダウンもなく、途中から林道があったこともあって問題なくヘリポートまでたどり着けました。風は強かったですけど。ヘリポートで11時になってしまったので、当初の目標だった二ツ山東峰は諦めることにしました。 [眺望] 標高1000mの林道とのクロスポイント、白ガレの頭、「展望所」と書かれた地点、そしてヘリポート周辺が眺望のあるポイントです。やはりヘリポートがいちばんかな。バラ谷・黒法師・丸盆・不動岳の深南部ブラザーズに、光岳・聖岳・上河内岳(聖・上河内岳は雲に隠れてましたが…)の南ア南部主稜線、そして南側の沢口山~天水~八丁段の頭~蕎麦粒山もよく見えます。ただここからは大無間山や富士山は見えないのですね~。「展望所」からは光岳や聖・上河内、そして朝日岳の右奥に富士山を眺めることができます。白ガレの頭からは南側の沢口山~蕎麦粒山だけが見え、林道クロスポイントからは何と言っても朝日岳の素晴らしい山容が楽しめます。栗代山・七ツ峰の眺めもよかったです。 [温度・服装] Garminの温度センサによると、気温は前黒法師岳登山口のあたりで6℃、その後標高を上げるごとに気温は下がり、白ガレの頭あたりで0℃、前黒法師岳からの北斜面の下りで最低気温-4℃でした。ヘリポートのあたりで2℃、林道で弁当を食べている時は陽が当たったからかセンサの記録は最高気温11℃を示していますが、恐らくこれは実際の温度ではなくて、帰りの前黒法師岳は-3℃、標高1000mあたりの林道クロスポイントまでは0℃前後、登山口で5℃、その後寸又峡までずっと5℃でした。こうやって見てみると気温は標高によるだけで、昼になっても気温はちっとも上がらなかったようですね。 服装は最近のいつもの冬仕様、ミレーのアミアミアンダーウェアにアイスブレーカーのロンT、ペンドルトンのメリノウールシャツ、でユニクロのウルトラライトダウン。下はCW-Xにマムートの冬用パンツ。登りはこれで少々汗ばむくらい、前黒法師岳~ヘリポートの間は10mを超える強風でしたが、まぁ気温が-5℃を下回ることはなかったので、ガタガタ震えるほど寒くはなかったです。林道上に、陽が当たりつつ風が遮れる場所があったのはラッキーでした。 [脇腹が~(笑)] 弁当のあと、林道をチェーンスパイクで歩いていたら、右足のスパイクの刃が左足の靴紐に引っ掛かりってコケ、肩から下げていたカメラで左脇腹をしたたかに打ちつけてしまいました。標準ズームは壊れてしまいましたが、とりあえず無事にゴール。ただその後、睡眠時に左側を下にすると痛くて寝られなくなってしまいました。内出血とかしていないですが、会社で昼飯を食べている時にその話をしたら、「それたぶん肋骨にヒビが入ってますよ」「え、そうなの?」彼も同じことになったそうで…。まぁ彼もコルセットを付ける以上のことはしなかったそうなので、「症状がひどくなったら医者に行こ」と思って放置していたら、1ヶ月ほどで治りました(笑)。標準ズームは勝手に治ってはくれないので、amazonで同じものを中古で買いました、7,980円。カメラに異常がなかったのは不幸中の幸いだったかなー。 [本日の山行まとめ] 4月の山行からずっと、再び訪れたいと思っていたヘリポート。聖・上河内岳だけがイマイチ見えなくて少々残念でしたが、素晴らしい眺めをニコンで撮ることができてよかったです。雪の付いた樹林帯も美しくて、風は強いながらそれほど気温も低くなく、弁当は暖かい陽だまりで食べられたし、今回も楽しい山登りでした。脇腹を傷めたのがこの時には不安要素でしたが、その後回復したので問題ないです。寸又峡は最後に温泉があるのもいいですよね~。 [ご参考] 2017年の12月には沢口山~天水へ:https://yamap.co.jp/activity/1409623 2018年4月は前黒法師岳経由で黒法師岳まで:https://yamap.co.jp/activity/1768747 [described on Feb.16,2019]

黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 12月18日当日、前黒法師岳のてんくら予報。晴れはするけど風は強いらしいです。てんくらの風予報は外れることも多いからな~。
12月18日当日、前黒法師岳のてんくら予報。晴れはするけど風は強いらしいです。てんくらの風予報は外れることも多いからな~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 3時15分に浜松の自宅を出発、ちょうど2時間後の5時15分に寸又峡の翠紅苑前駐車場に到着。寸又峡の直前でカーブの先にカモシカがいて尻を跳ね飛ばしそうになりました(笑)。いつものようにサンドイッチを食べ、時間短縮のために自転車を組み立てて出発です!
3時15分に浜松の自宅を出発、ちょうど2時間後の5時15分に寸又峡の翠紅苑前駐車場に到着。寸又峡の直前でカーブの先にカモシカがいて尻を跳ね飛ばしそうになりました(笑)。いつものようにサンドイッチを食べ、時間短縮のために自転車を組み立てて出発です!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 本日の静岡市の日の出時刻は6時48分。まだまだですが、それでも南東の空が白み始めました。栗代山、七ツ峰、猿見石山がシルエットになって見えています。
本日の静岡市の日の出時刻は6時48分。まだまだですが、それでも南東の空が白み始めました。栗代山、七ツ峰、猿見石山がシルエットになって見えています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 暗い中の天子トンネルは怖さ倍増!
暗い中の天子トンネルは怖さ倍増!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前黒法師岳の登山口に到着。標高は588m(GPSによる)。今度は登山口の直前でシカを2頭見ました。適当に自転車を置いていきます。
前黒法師岳の登山口に到着。標高は588m(GPSによる)。今度は登山口の直前でシカを2頭見ました。適当に自転車を置いていきます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 日の出前の登山道は暗いので写真は省略…。というワケで日の出10分前、標高は836m。すでに湯山集落も過ぎましたが、集落にたどり着くまでにいちどルートをロストしてます…。日の出前の美しい空。
日の出前の登山道は暗いので写真は省略…。というワケで日の出10分前、標高は836m。すでに湯山集落も過ぎましたが、集落にたどり着くまでにいちどルートをロストしてます…。日の出前の美しい空。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 風が吹く予報でしたが、樹林帯だからかほとんど吹いていません。すごく暑いです💦 このあたりで頭のヘッドランプを外しました。
風が吹く予報でしたが、樹林帯だからかほとんど吹いていません。すごく暑いです💦 このあたりで頭のヘッドランプを外しました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 稜線に乗り急坂を登り切ると、
稜線に乗り急坂を登り切ると、
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 廃小屋のある林道とのクロスポイントに出ます。4月に登った時には間違えて右に進んじゃったんですよねー。左奥の前黒法師岳に朝日が当たっています。標高は990m。
廃小屋のある林道とのクロスポイントに出ます。4月に登った時には間違えて右に進んじゃったんですよねー。左奥の前黒法師岳に朝日が当たっています。標高は990m。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝日を浴びる朝日岳(1827m)。
朝日を浴びる朝日岳(1827m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 左手前が栗代山(1294m)、右奥が七ツ峰(1533m)。
左手前が栗代山(1294m)、右奥が七ツ峰(1533m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 左に朝日岳、右奥に栗代山・七ツ峰。
左に朝日岳、右奥に栗代山・七ツ峰。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 陽の光を浴びる雲も美しいですね、荘厳な風景です。
陽の光を浴びる雲も美しいですね、荘厳な風景です。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝日岳のアップ。
朝日岳のアップ。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 林道のせいで削られた崖ですが、ここも朝日を浴びてキレイです。
林道のせいで削られた崖ですが、ここも朝日を浴びてキレイです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 結局、写真を撮っているうちに本日の自分的日の出ポイントはこの場所になってしまいました。
結局、写真を撮っているうちに本日の自分的日の出ポイントはこの場所になってしまいました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 …というワケで、そろそろ先へ進みます。林道を左側へ歩くと右手にすぐ登り口があります。これは前黒法師岳。本日、気持ちいい登山ができそうです。
…というワケで、そろそろ先へ進みます。林道を左側へ歩くと右手にすぐ登り口があります。これは前黒法師岳。本日、気持ちいい登山ができそうです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 やはり朝日の中の樹林帯はサイコーですなあ。
やはり朝日の中の樹林帯はサイコーですなあ。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 天狗石山のあたりに朝日。
天狗石山のあたりに朝日。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝の樹林帯はキレイ、その2。
朝の樹林帯はキレイ、その2。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝の樹林帯はキレイ、その3。
朝の樹林帯はキレイ、その3。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 このあたり、ところどころ朝日岳が見えるポイントがあります。
このあたり、ところどころ朝日岳が見えるポイントがあります。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝日岳から大無間山に向かう稜線が見えています。少し歩いてみたいけど、大無間山までは遠すぎ!
朝日岳から大無間山に向かう稜線が見えています。少し歩いてみたいけど、大無間山までは遠すぎ!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 栗の木の段の三角点(1197.1m)に到着。ここは落ち着いたいい場所です。もっと麓を歩いていた時に比べると少し風が冷たくなってきたかな。でも、夏はオーバーヒートしたこの登山道も冬は暖かくていい感じです。
栗の木の段の三角点(1197.1m)に到着。ここは落ち着いたいい場所です。もっと麓を歩いていた時に比べると少し風が冷たくなってきたかな。でも、夏はオーバーヒートしたこの登山道も冬は暖かくていい感じです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1445m、雪が目立つようになってきました。ゴルフボールのディンプルみたいなのがたくさん。木々の間から見える北の稜線がめちゃガスっていますねー。見たかった稜線は見られないかも知れない。
標高1445m、雪が目立つようになってきました。ゴルフボールのディンプルみたいなのがたくさん。木々の間から見える北の稜線がめちゃガスっていますねー。見たかった稜線は見られないかも知れない。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高が1400mを超えました。間もなく植林帯エリアを脱出。
標高が1400mを超えました。間もなく植林帯エリアを脱出。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1547m、どちらかというと雪少なめでツボ足にもならず、かえって靴が滑るようになってきたのでチェーンスパイクを装着。ついでにシュークリームを頂きます。
標高1547m、どちらかというと雪少なめでツボ足にもならず、かえって靴が滑るようになってきたのでチェーンスパイクを装着。ついでにシュークリームを頂きます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 栗の木の段からしばらくは割と緩やかな斜面だったのですが、また急登になってきました。風もさらに冷たくなってきてます。
栗の木の段からしばらくは割と緩やかな斜面だったのですが、また急登になってきました。風もさらに冷たくなってきてます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 この標識から少し進んだところで、
この標識から少し進んだところで、
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 振り返ると富士山が見えました!左手前は朝日岳。ここの標高は1603m。
振り返ると富士山が見えました!左手前は朝日岳。ここの標高は1603m。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 富士山のアップ。右手前には十枚山(1726m)も見えます。頂上には結構な風が吹いているようですねー。
富士山のアップ。右手前には十枚山(1726m)も見えます。頂上には結構な風が吹いているようですねー。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前回の印象と同様、やはり栗の木の段から前黒法師岳までの稜線は樹林帯が美しいです。。
前回の印象と同様、やはり栗の木の段から前黒法師岳までの稜線は樹林帯が美しいです。。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1649m、白ガレの頭…の標識に到着。
標高1649m、白ガレの頭…の標識に到着。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前回は「Transcendの!」SDカードが壊れてしまったので、景色をアップで撮ることができませんでした。その後「SanDiskの!」SDカードの信頼性は抜群で、壊れることなく使えています。ありがたいことです。…で、大間川の向こう、南側の山々が見えました。これはホーキ薙を抱える八丁段の頭(1562m)。
前回は「Transcendの!」SDカードが壊れてしまったので、景色をアップで撮ることができませんでした。その後「SanDiskの!」SDカードの信頼性は抜群で、壊れることなく使えています。ありがたいことです。…で、大間川の向こう、南側の山々が見えました。これはホーキ薙を抱える八丁段の頭(1562m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 八丁段の頭のもう少し左(=東)、左が天水(1521m)、右が板取山(1513m)。2017年の12月にはあちら側の稜線を歩いたのでした。
八丁段の頭のもう少し左(=東)、左が天水(1521m)、右が板取山(1513m)。2017年の12月にはあちら側の稜線を歩いたのでした。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 鉄塔が立つ山が高根山(871m)。左奥は大井川の河口のあたり。
鉄塔が立つ山が高根山(871m)。左奥は大井川の河口のあたり。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 伊豆半島(三ッ石岬)の手前にキラキラと駿河湾が光っています。
伊豆半島(三ッ石岬)の手前にキラキラと駿河湾が光っています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 木々の間から大根沢山(2240m)。
木々の間から大根沢山(2240m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1749m、展望所です。
標高1749m、展望所です。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 おーっ、光岳(2592m)がいい眺めです!
おーっ、光岳(2592m)がいい眺めです!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前回もここに来て、足元に木の根っこがあってその下がスカスカなのを知っているので、今回はその上に雪が積もっていて状況がよく見えず、どうにも気が落ち着きませぬ(笑)。ちなみに光岳の右はガスっている雪山がイザルガ岳、その右の尖った山は信濃俣(2332m)。
前回もここに来て、足元に木の根っこがあってその下がスカスカなのを知っているので、今回はその上に雪が積もっていて状況がよく見えず、どうにも気が落ち着きませぬ(笑)。ちなみに光岳の右はガスっている雪山がイザルガ岳、その右の尖った山は信濃俣(2332m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 コケに雪が積もっていて、5cmほどのツララが。なんだか小宇宙。
コケに雪が積もっていて、5cmほどのツララが。なんだか小宇宙。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 木の隙間から大無間山(2330m)。
木の隙間から大無間山(2330m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 薄い雪ですが、それでも雪の積もった樹林帯はステキ。
薄い雪ですが、それでも雪の積もった樹林帯はステキ。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 雪の反射で樹林帯もいつもより明るい感じ。歩くたびパウダースノーがキュッキュッと音を立てます。いや~、来てよかったよ!
雪の反射で樹林帯もいつもより明るい感じ。歩くたびパウダースノーがキュッキュッと音を立てます。いや~、来てよかったよ!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 緩斜面になって少し積雪量が多くなりました。雪に影のコントラスト。Oh、素晴らしいデース!でも倒木が多くてちょっと歩きにくいデース。バージンスノーに踏み跡を付けてしまって申し訳ない。
緩斜面になって少し積雪量が多くなりました。雪に影のコントラスト。Oh、素晴らしいデース!でも倒木が多くてちょっと歩きにくいデース。バージンスノーに踏み跡を付けてしまって申し訳ない。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 林道の登山口から3時間40分で前黒法師岳(1944m)に到着。山頂直前から突然風が強くなりました。樹林帯の中でスゴイ音を立てています。
林道の登山口から3時間40分で前黒法師岳(1944m)に到着。山頂直前から突然風が強くなりました。樹林帯の中でスゴイ音を立てています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 南側が少し開けているほか、山頂に眺望はありません。まぁそのために今回の目的地はヘリポートに設定しているワケで。ここでウィダーinゼリーを頂きます。
南側が少し開けているほか、山頂に眺望はありません。まぁそのために今回の目的地はヘリポートに設定しているワケで。ここでウィダーinゼリーを頂きます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 見下ろす角度になった八丁段の頭。すぐ左奥は三星山(1160m)、左端の台形の山は大札山(1374m)、真ん中の最奥は大日山(881m)。
見下ろす角度になった八丁段の頭。すぐ左奥は三星山(1160m)、左端の台形の山は大札山(1374m)、真ん中の最奥は大日山(881m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 さて、先に進みます。が、北向きの急降下でしかもパフパフのパウダースノー、ノートレースなのは嬉しいですがルートもよく分からないし少々オッカナイですなぁ。戻ってこれるんだろうか。
さて、先に進みます。が、北向きの急降下でしかもパフパフのパウダースノー、ノートレースなのは嬉しいですがルートもよく分からないし少々オッカナイですなぁ。戻ってこれるんだろうか。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1877m、木々の間からですが南アルプス南部主稜線が見えました!
標高1877m、木々の間からですが南アルプス南部主稜線が見えました!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ガスで隠れそうなのは聖岳(3013m)。
ガスで隠れそうなのは聖岳(3013m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 その右には、いくぶんシッカリと見える上河内岳(2803m)。
その右には、いくぶんシッカリと見える上河内岳(2803m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 相変わらず日の当たらない北斜面ですが、行く先に日が当たっているのが見えてきました。急斜面もあそこまでかな。
相変わらず日の当たらない北斜面ですが、行く先に日が当たっているのが見えてきました。急斜面もあそこまでかな。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1785m、急斜面終了~。少しヤセ尾根ではありますが危険ではないし、日も当たって斜度も緩くなったので人心地ついた感じ。でも今日は11時にたどり着いた場所で折り返す予定にしているので、ヘリポートに到着できるかだんだん微妙になってきました…。
標高1785m、急斜面終了~。少しヤセ尾根ではありますが危険ではないし、日も当たって斜度も緩くなったので人心地ついた感じ。でも今日は11時にたどり着いた場所で折り返す予定にしているので、ヘリポートに到着できるかだんだん微妙になってきました…。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 このあたりが本日、大無間山がいちばんよく見えたポイントでした。
このあたりが本日、大無間山がいちばんよく見えたポイントでした。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ヤセ尾根なのでさらにスゴイ風!写真じゃ分かりにくいでしょうが写真の真ん中あたりで雪煙が上がっています。ま、飛ばされそうなほどではないですけど。
ヤセ尾根なのでさらにスゴイ風!写真じゃ分かりにくいでしょうが写真の真ん中あたりで雪煙が上がっています。ま、飛ばされそうなほどではないですけど。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 おっ、バラ谷の頭(2010m)です!右の黒法師岳は木の陰になっちゃってます。
おっ、バラ谷の頭(2010m)です!右の黒法師岳は木の陰になっちゃってます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 こちらは南側、左が八丁段の頭、右が蕎麦粒山(1628m)。
こちらは南側、左が八丁段の頭、右が蕎麦粒山(1628m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 板取山頂上の向こうに御前崎。
板取山頂上の向こうに御前崎。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ヘリポートのひとつ手前の鞍部に来ました。そうか!前回は稜線を歩いたのですっかり忘れていましたが、南側に林道があったのでした。こちら側を通れば11時にヘリポートにたどり着けますね!
ヘリポートのひとつ手前の鞍部に来ました。そうか!前回は稜線を歩いたのですっかり忘れていましたが、南側に林道があったのでした。こちら側を通れば11時にヘリポートにたどり着けますね!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 起死回生、天は我を見放さなかった!…って、単に林道の存在を忘れていただけなんですが…(笑)。振り返って前黒法師岳。11時まで残り20分。
起死回生、天は我を見放さなかった!…って、単に林道の存在を忘れていただけなんですが…(笑)。振り返って前黒法師岳。11時まで残り20分。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 途中、シカの家族に会いました。7~8頭いたかな。
途中、シカの家族に会いました。7~8頭いたかな。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 角がないからお母さん?家族を守ってるのかな?凛々しい姿ですね~。
角がないからお母さん?家族を守ってるのかな?凛々しい姿ですね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 というワケで、一路、ヘリポートへ向かいます。
というワケで、一路、ヘリポートへ向かいます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前黒法師岳から1時間、ヘリポートに到着。11時に間に合いました!
前黒法師岳から1時間、ヘリポートに到着。11時に間に合いました!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 こうやって撮るとまるで一面の雪原です。その向こうには左から天水、板取山、八丁段の頭、蕎麦粒山。
こうやって撮るとまるで一面の雪原です。その向こうには左から天水、板取山、八丁段の頭、蕎麦粒山。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 振り返って前黒法師岳。
振り返って前黒法師岳。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 冬の空気が澄んでいる時にだけ見える島、神津島(右奥)。今日も見えました!天上山(572m)です。島までの距離は147km。
冬の空気が澄んでいる時にだけ見える島、神津島(右奥)。今日も見えました!天上山(572m)です。島までの距離は147km。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 バラ谷の頭。
バラ谷の頭。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 黒法師岳(2068m)。さっきと違って、遮るもののない眺望です。4月はあの頂上まで歩いたのですねー。
黒法師岳(2068m)。さっきと違って、遮るもののない眺望です。4月はあの頂上まで歩いたのですねー。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 そのまた右、丸盆岳(2066m)。前回ここに来た時には登ったことのない山でしたが、10月にようやく登ることができました。でも景色がイマイチだったんですよね~。
そのまた右、丸盆岳(2066m)。前回ここに来た時には登ったことのない山でしたが、10月にようやく登ることができました。でも景色がイマイチだったんですよね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 そのまた右、不動岳(2172m)。去年六呂場山経由で登ろうと思っていて叶わなかった山です。
そのまた右、不動岳(2172m)。去年六呂場山経由で登ろうと思っていて叶わなかった山です。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 さらに右、光岳。展望所からは右奥のイザルガ岳(2541m)が見えませんでしたが、今はよく見えます。
さらに右、光岳。展望所からは右奥のイザルガ岳(2541m)が見えませんでしたが、今はよく見えます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 まだまだ右へ!これは信濃俣。左奥にあるはずの聖岳が雪雲でほとんど見えず、残念!
まだまだ右へ!これは信濃俣。左奥にあるはずの聖岳が雪雲でほとんど見えず、残念!
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 信濃俣の右奥、左端の尖った雪山は仁田岳(2524m)、真ん中は茶臼岳(2604m)、右奥の上河内岳も聖岳同様ほとんど見えなくなってしまいました。
信濃俣の右奥、左端の尖った雪山は仁田岳(2524m)、真ん中は茶臼岳(2604m)、右奥の上河内岳も聖岳同様ほとんど見えなくなってしまいました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 その見えない上河内岳の右、右端の山が上千枚山(2359m)。
その見えない上河内岳の右、右端の山が上千枚山(2359m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 今度は上千枚山の右奥、真ん中のどっしりとした山が生木割(2540m)、笊ヶ岳の北にある山です。その右は偃松尾山(2548m)、で生木割の左奥には天上小屋山(2426m)。先週東俣林道から何度も眺めた山がこんなところからも!こういう出会いは嬉しいですね~。
今度は上千枚山の右奥、真ん中のどっしりとした山が生木割(2540m)、笊ヶ岳の北にある山です。その右は偃松尾山(2548m)、で生木割の左奥には天上小屋山(2426m)。先週東俣林道から何度も眺めた山がこんなところからも!こういう出会いは嬉しいですね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 でさらに右には大根沢山。笊ヶ岳はこの山で隠れてしまってます。
でさらに右には大根沢山。笊ヶ岳はこの山で隠れてしまってます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 iPhone7によるパノラマ写真。左端のバラ谷の頭から黒法師、丸盆、不動岳、光岳、信濃俣、上千枚山、生木割、大根沢山…で、林があって大無間山は見えず、右端に前黒法師岳が見えます。とにかくスゴイ風、iPhoneを持って左右に動かすのもタイヘンです。
iPhone7によるパノラマ写真。左端のバラ谷の頭から黒法師、丸盆、不動岳、光岳、信濃俣、上千枚山、生木割、大根沢山…で、林があって大無間山は見えず、右端に前黒法師岳が見えます。とにかくスゴイ風、iPhoneを持って左右に動かすのもタイヘンです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 バラ谷の頭と黒法師岳。
バラ谷の頭と黒法師岳。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 丸盆岳と不動岳。稜線のつながり方のせいで、この2つの山の間にあるはずの鎌崩岳は見えません。
丸盆岳と不動岳。稜線のつながり方のせいで、この2つの山の間にあるはずの鎌崩岳は見えません。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 さっきからヘリが旋回しています。また誰か遭難しているのかと思いましたが、帰ってきて調べてもそのようなニュースは流れてなかったですね。
さっきからヘリが旋回しています。また誰か遭難しているのかと思いましたが、帰ってきて調べてもそのようなニュースは流れてなかったですね。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 4月に登った時には、キレイに聖岳・上河内岳が見えていたのに、SDカードが壊れたせいでアップの写真が撮れなかったのですね~。今回はSDカードは快調なのに山の方が見えなくて、なかなか人生うまく行きません。
4月に登った時には、キレイに聖岳・上河内岳が見えていたのに、SDカードが壊れたせいでアップの写真が撮れなかったのですね~。今回はSDカードは快調なのに山の方が見えなくて、なかなか人生うまく行きません。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ヘリポートのなんちゃって雪原から前黒法師岳。
ヘリポートのなんちゃって雪原から前黒法師岳。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 昭和58年(1983年)には山犬段からここまで重機が入れたというのが、今となってはにわかに信じがたいですね~。
昭和58年(1983年)には山犬段からここまで重機が入れたというのが、今となってはにわかに信じがたいですね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 写真を見るといい眺めですが、相変わらずの強風。
写真を見るといい眺めですが、相変わらずの強風。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前黒法師岳をもう少しアップで。
前黒法師岳をもう少しアップで。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 東風なので、稜線の西側にある林道上には風が吹き込まない場所がありました。ちょうど雪もなかったので、これ幸いとここで弁当を頂きます。お茶は温かいし、あ~極楽。本日は先週に続いてファミリーマート榛原川根本町店にて購入です。先週はノリ弁だったので今週は幕の内。上空をヘリが飛んでますけどね、大丈夫、私は遭難してませんよ、今のところは。
東風なので、稜線の西側にある林道上には風が吹き込まない場所がありました。ちょうど雪もなかったので、これ幸いとここで弁当を頂きます。お茶は温かいし、あ~極楽。本日は先週に続いてファミリーマート榛原川根本町店にて購入です。先週はノリ弁だったので今週は幕の内。上空をヘリが飛んでますけどね、大丈夫、私は遭難してませんよ、今のところは。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 双耳峰に見えないので分かりにくいですが、二ツ山東峰(1810m)。この先のササ原も気持ちいいので、できたらあのピークまで行きたかったですけどね、まったくムリでしたね…。
双耳峰に見えないので分かりにくいですが、二ツ山東峰(1810m)。この先のササ原も気持ちいいので、できたらあのピークまで行きたかったですけどね、まったくムリでしたね…。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 本日は何度も写真を撮っている八丁段の頭。昼近くなって、遠州灘がキレイに輝いています。
本日は何度も写真を撮っている八丁段の頭。昼近くなって、遠州灘がキレイに輝いています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 さて、そろそろ戻らないと、と前黒法師岳に向かって林道を歩いていた時、チェーンスパイクを逆の足の靴紐に引っ掛けてコケ、首から下げていたカメラでしたたかに脇腹を打ちつけましたー。標準ズームが曲がってオシャカになってしまいました。あーあー。
さて、そろそろ戻らないと、と前黒法師岳に向かって林道を歩いていた時、チェーンスパイクを逆の足の靴紐に引っ掛けてコケ、首から下げていたカメラでしたたかに脇腹を打ちつけましたー。標準ズームが曲がってオシャカになってしまいました。あーあー。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 なんとかカメラは大丈夫なようなので、望遠ズームでは写真を撮ることができました。水平線の彼方に神津島。右手前には花沢山(449m)や高草山(501m)などの焼津アルプスが。
なんとかカメラは大丈夫なようなので、望遠ズームでは写真を撮ることができました。水平線の彼方に神津島。右手前には花沢山(449m)や高草山(501m)などの焼津アルプスが。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 林道を離れ、登山道に戻ります。標準ズームはまったく使えないので、広角系の写真はiPhoneを使うしか。前に前黒法師岳に登ったときも写真が途中からiPhoneになっちゃったんですよね~。どうもこのコースはカメラにとって鬼門のようです。
林道を離れ、登山道に戻ります。標準ズームはまったく使えないので、広角系の写真はiPhoneを使うしか。前に前黒法師岳に登ったときも写真が途中からiPhoneになっちゃったんですよね~。どうもこのコースはカメラにとって鬼門のようです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 前黒法師岳手前のヤセ尾根に向かって登っているところ。4月のときと同じく、行きも帰りも日が当たる登山道です。
前黒法師岳手前のヤセ尾根に向かって登っているところ。4月のときと同じく、行きも帰りも日が当たる登山道です。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 大無間山展望ポイントに戻ってきました。左側には6月に歩いた稜線、三隅峰(2102m)、三方峰(2150m)、小根沢山(2127m)が見えます。
大無間山展望ポイントに戻ってきました。左側には6月に歩いた稜線、三隅峰(2102m)、三方峰(2150m)、小根沢山(2127m)が見えます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 こちらは大根沢山。左奥には生木割、右奥はガレが目立つ布引山(2584m)とその真ん前に稲又山(2406m)、その右には青薙山(2406m)。
こちらは大根沢山。左奥には生木割、右奥はガレが目立つ布引山(2584m)とその真ん前に稲又山(2406m)、その右には青薙山(2406m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ヤセ尾根。あー、日が降り注いで美しいですね~。
ヤセ尾根。あー、日が降り注いで美しいですね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 立ちふさがるかのような前黒法師岳。
立ちふさがるかのような前黒法師岳。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 さて、前黒法師岳への急坂を登ります。木の根っこをつかむような登りですが、木の根っこをつかめば滑らないので割と登りやすいですね~。考えるのがメンドウなので、行きの自分の足跡をトレースして歩いています。
さて、前黒法師岳への急坂を登ります。木の根っこをつかむような登りですが、木の根っこをつかめば滑らないので割と登りやすいですね~。考えるのがメンドウなので、行きの自分の足跡をトレースして歩いています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 再び前黒法師岳に到着。うーん、ちょっと脇腹が痛いなぁ。とにかくここは寒いので、もう少し下って落ち着いたらコーヒーでも頂こうと思います。
再び前黒法師岳に到着。うーん、ちょっと脇腹が痛いなぁ。とにかくここは寒いので、もう少し下って落ち着いたらコーヒーでも頂こうと思います。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 雪が付いた美しい樹林帯。行きと同じく、前黒法師岳を過ぎたら風が弱まりました。
雪が付いた美しい樹林帯。行きと同じく、前黒法師岳を過ぎたら風が弱まりました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 今、雪は降っていないんですが、強風のせいで木の上に積もった雪が次々と地面を爆撃したらしく、自分の踏み跡がなくなっちゃってます。行きは滑りやすいパウダースノーだったんですが、解けたからかシャーベット状になって滑らなくなったので歩きやすくて助かります。
今、雪は降っていないんですが、強風のせいで木の上に積もった雪が次々と地面を爆撃したらしく、自分の踏み跡がなくなっちゃってます。行きは滑りやすいパウダースノーだったんですが、解けたからかシャーベット状になって滑らなくなったので歩きやすくて助かります。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 展望所まで戻ってきました。行きにはイザルガ岳が雲で見えませんでしたが、帰りは光岳まで見えなくなってしまいました。
展望所まで戻ってきました。行きにはイザルガ岳が雲で見えませんでしたが、帰りは光岳まで見えなくなってしまいました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 同じく展望所から富士山。左手前は朝日岳。
同じく展望所から富士山。左手前は朝日岳。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 倒木にコケ、んで雪…がいい感じ。でも雪がだいぶ減ってきました。
倒木にコケ、んで雪…がいい感じ。でも雪がだいぶ減ってきました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1710m、頂上直下の急登区間が終わりました。ここでコーヒーと草大福を頂きます。いかん、残りの食料はキットカットを残すだけになってしまいました~。脇腹も心配なので早々にゴール地点へ向かいます。
標高1710m、頂上直下の急登区間が終わりました。ここでコーヒーと草大福を頂きます。いかん、残りの食料はキットカットを残すだけになってしまいました~。脇腹も心配なので早々にゴール地点へ向かいます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 白ガレの頭までしばらくは緩やかに下ります。
白ガレの頭までしばらくは緩やかに下ります。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 もうちょっと正面から撮ればよかったな…。「ケータイOKケータイ」と書いてあります。ならば…
もうちょっと正面から撮ればよかったな…。「ケータイOKケータイ」と書いてあります。ならば…
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 やたっ、トップレベルのタネボーを捕まえました!(笑)
やたっ、トップレベルのタネボーを捕まえました!(笑)
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 白ガレの頭まで来ました。高根山です。あとの山はシルエットなので省略。
白ガレの頭まで来ました。高根山です。あとの山はシルエットなので省略。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 白ガレの頭。このあたりは結構風が吹いています。あと、相変わらず自分の踏み跡はありません。
白ガレの頭。このあたりは結構風が吹いています。あと、相変わらず自分の踏み跡はありません。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 白ガレの頭から下り始め、ここの標高は1528m。雪が目に見えて減り始めました。
白ガレの頭から下り始め、ここの標高は1528m。雪が目に見えて減り始めました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ここでチェーンスパイクを外しました。で、見てビックリ、ゴム部分からリングがひとつ外れてました。それで今まで引っ掛けたことなかったのに逆の足に引っ掛かったんですかね~。とりあえず直せないのでその後買い替えました。
ここでチェーンスパイクを外しました。で、見てビックリ、ゴム部分からリングがひとつ外れてました。それで今まで引っ掛けたことなかったのに逆の足に引っ掛かったんですかね~。とりあえず直せないのでその後買い替えました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 標高1384m、植林帯に突入しましたが、冬なので日も傾き始め、登山道に斜めから光が射すステキな時間帯となってきました。
標高1384m、植林帯に突入しましたが、冬なので日も傾き始め、登山道に斜めから光が射すステキな時間帯となってきました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 雪はすっかりなくなってしまいましたねー。
雪はすっかりなくなってしまいましたねー。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 この日の静岡市の日没時刻は16時37分。残りは1時間半ほどですが、栗の木の段にはもう日は当たりません。
この日の静岡市の日没時刻は16時37分。残りは1時間半ほどですが、栗の木の段にはもう日は当たりません。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 栗の木の段から少し下がった標高1170m地点。正面から陽の光を浴びてのぺっとした朝日岳が見えます。
栗の木の段から少し下がった標高1170m地点。正面から陽の光を浴びてのぺっとした朝日岳が見えます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 例の廃小屋がある林道とのクロスポイントを目指して急坂を下ります。時々樹林の間に光が挿し込みます。
例の廃小屋がある林道とのクロスポイントを目指して急坂を下ります。時々樹林の間に光が挿し込みます。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 廃小屋の前にある崖、その上の稜線の先端部に出ました。南東方向の眺めがよいです。真ん中が天狗石山(1366m)、反射板が見えますね。右端の山は智者山(1291m)。
廃小屋の前にある崖、その上の稜線の先端部に出ました。南東方向の眺めがよいです。真ん中が天狗石山(1366m)、反射板が見えますね。右端の山は智者山(1291m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 左手前が栗代山、右奥は七ツ峰。朝はシルエットでしたが、今は斜面に光が当たり美しい姿を見せています。
左手前が栗代山、右奥は七ツ峰。朝はシルエットでしたが、今は斜面に光が当たり美しい姿を見せています。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 こちらは木々越しですが沢口山(1425m)。
こちらは木々越しですが沢口山(1425m)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 栗代山の上に月。
栗代山の上に月。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 朝は暗くて写真を省略した湯山集落。いちどもここに日が当たっているのを見たことがありません…。もう少し早く降りて来られればいいんですけどね~。
朝は暗くて写真を省略した湯山集落。いちどもここに日が当たっているのを見たことがありません…。もう少し早く降りて来られればいいんですけどね~。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 下に林道が見えました!もう急斜面でヒザがキツイです。
下に林道が見えました!もう急斜面でヒザがキツイです。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 間もなく16時、登山口に戻ってきました。
間もなく16時、登山口に戻ってきました。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 日没まで時間があるので、千頭ダムに向かう道、寸又川右岸林道の入り口がどんなものか見に行ってみましょう。荒れた林道ですが、腰を浮かせるとヒザが痛いです~。あと寒い。
日没まで時間があるので、千頭ダムに向かう道、寸又川右岸林道の入り口がどんなものか見に行ってみましょう。荒れた林道ですが、腰を浮かせるとヒザが痛いです~。あと寒い。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 ダートはすぐに終わりでした。で、これが右岸林道のゲート。この重たい自転車を担ぐのはちょっとタイヘンかな~。千頭ダムまでの標高差は50m程度のようだし、ここを走る時は電動じゃないMTBを持ってきた方がいいかも。
ダートはすぐに終わりでした。で、これが右岸林道のゲート。この重たい自転車を担ぐのはちょっとタイヘンかな~。千頭ダムまでの標高差は50m程度のようだし、ここを走る時は電動じゃないMTBを持ってきた方がいいかも。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 尾崎坂展望台、夢の吊り橋から登り切った場所ですね。
尾崎坂展望台、夢の吊り橋から登り切った場所ですね。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 飛竜橋。天子トンネルのことをwebで調べていたら寸又峡を舞台にした浅見光彦シリーズ「鄙の記憶」というのがあるのを知って、つい買ってしまいました(笑)。その中で被害者が突き落とされたのが、
飛竜橋。天子トンネルのことをwebで調べていたら寸又峡を舞台にした浅見光彦シリーズ「鄙の記憶」というのがあるのを知って、つい買ってしまいました(笑)。その中で被害者が突き落とされたのが、
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 この橋、という話でした~。確かにこの高さの欄干なら、人を突き落とすのは難しくないかも。いや、突き落としませんけどね(笑)。
この橋、という話でした~。確かにこの高さの欄干なら、人を突き落とすのは難しくないかも。いや、突き落としませんけどね(笑)。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 栗代山の右奥に七ツ峰。どちらも姿が美しくて好きな山です。
栗代山の右奥に七ツ峰。どちらも姿が美しくて好きな山です。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 同じ場所から下を見下ろすと猿並橋が。11月に朝日岳に登った時この橋を渡らなかったので、ひょっとしたら一生渡ることはないのかも…。
同じ場所から下を見下ろすと猿並橋が。11月に朝日岳に登った時この橋を渡らなかったので、ひょっとしたら一生渡ることはないのかも…。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 強風が吹く中、天子トンネルを抜けて寸又峡まで戻ってきました。スタートから11時間以上経っていますが、とりあえずヒザも脇腹もどうにかなる前に無事帰ってこれました、めでたしめでたし。
強風が吹く中、天子トンネルを抜けて寸又峡まで戻ってきました。スタートから11時間以上経っていますが、とりあえずヒザも脇腹もどうにかなる前に無事帰ってこれました、めでたしめでたし。
黒法師岳・前黒法師岳・不動岳 11月の朝日岳登山の時に入ってすっかり気に入った翠紅苑に、本日も入らせて頂きます。本日も気持ちのよい接客とお湯でいい〆になりました。18時24分寸又峡発、20時36分自宅着。
11月の朝日岳登山の時に入ってすっかり気に入った翠紅苑に、本日も入らせて頂きます。本日も気持ちのよい接客とお湯でいい〆になりました。18時24分寸又峡発、20時36分自宅着。

活動の装備

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。