牛斬山・山犬の峠・赤牟田ノ辻

2023.12.04(月) 日帰り

活動データ

タイム

05:01

距離

10.2km

のぼり

772m

くだり

772m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 1
休憩時間
26
距離
10.2 km
のぼり / くだり
772 / 772 m
31
31
33
28
45
27

活動詳細

すべて見る

福智山系縦走路、数珠繋ぎトレイル完登編。 今回のコースは、 香春町五徳越峠 → 牛斬山 → 山犬の峠  → 鮎帰新道分岐 → 赤牟田の辻 のピストン(帰りは牛斬山へは寄ってない) 今回は、最初の取り付き以外、ほぼほぼ尾根歩きに近い感じで、これぞ、縦走路!って感じで、気持ち良く歩けました。 香春からの南側縦走路は、基本、防火帯歩きで、明るく開けたコースでした。 アップダウンは、かなりありますが、精神的には、楽に感じました😄 牛斬山までは、草刈りは、あまりされておらず、藪漕ぎっぽい雰囲気がありますが、そこまで大変では、なかったです。 牛斬山から赤牟田の辻までは、草刈りして頂いており気持ち良く歩けました。 牛斬山では、山頂先の国見岩展望所まで足を運んで、香春岳の絶景を堪能! 福智山系縦走路で、最後の未踏ルート、牛斬山→山犬の峠→鮎帰新道分岐 も 晴天に恵まれ、アップダウンは、予想以上にありましたが、上機嫌でウキウキ歩けました。 今日で完登する!って思いが、強かったんでしょうね。 山犬の峠 では、 別称 ヤマキリ坊主 とありました。 いずれにせよ、不思議な名称ですね。 歩きながら、名称由来を考えてみましたが、場所がポコっと膨れ上がっているので、坊主は、そこからかな?って思ったんですが、ヤマキリは、 ヤマ は、山犬の峠という元の名称 のヤマ で キリ は、牛斬山 の キリからきてるのかなぁ?と推察しました。 (安易ですかね😅) ただ、元来の名称の 山犬の峠 は、難解ですねぇ。 山犬が昔住んでたのか? とも思われますが、 峠 と つく意味が分かりません。 普通 峠 って 里から見たら 鞍部(一番低い部分)を指す場合が多いので、ポコっと 膨らんでいる部分は、峠 より 坊主 の方が 合ってる気がしました。 と、まぁ、縦走路ピストン歩きは、ひとり考え事しながら、歩くのに、ホント持ってこいです😃 鮎帰新道分岐に到達した時、 完歩した!!との思いから、やった〜😁と叫んでいました。 ここで引き換えそうかな?とも思ったのですが、せっかくなので、赤牟田の辻 まで歩く事に。 8年前にココからは、歩いたんですが、ビックリ‼️焼立山の念仏坂 に 匹敵する程の 急坂が あるとは!!全く記憶から抜け落ちてました。 いやぁ。こっちの念仏坂もキツかった。😅 焼立山の念仏坂に対して、こっち側は、南側なんで、勝手に 南念仏坂!って呼ばせてもらいます😅 赤牟田の辻 では、平日だったので、誰もおらず、座ってコーヒー☕️&パン🍞食べて、田川の街並み& 関の山 そして その向こうに、宝満山系 & 嘉穂アルプスの山並み を見ながらしばし休憩。 いつも見ない景色なんで、新鮮でした。 帰りは、ピストン! 五徳越峠 まで戻って、合計8回に渡って歩いた皿倉山 〜 牛斬山 の 福智山系縦走路トレイル‼️を往復した計算になります。 還暦直前に達成、完歩出来て、ホントに満足です。こんな老ぼれでも、頑張ったら、達成感で心が満ちて笑顔になれるんだ!って実感しました。 大病したり、目がだんだん見えなくなってきたり、子育てとか、仕事とか、激動の50代でしたが、頑張って生きてきてよかった😃 あと還暦まで、9日あるので、香春10山完登も目指したいと思います。 追伸、下山時、猿に遭遇🐒 クルマだったんで、良かったです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。