大菩薩は良かったけど、下り先を間違えて反省

2018.12.08(土) 日帰り
サンタ
サンタ

活動データ

タイム

04:45

距離

15.9km

上り

933m

下り

1895m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

今日は、小菅温泉まで下るつもりでしたが...韮崎駅からバスに乗り、上日川峠まで登り、そこから大菩薩嶺へ向けて登山開始です。当日は天候も良く沢山?の登山者も。大菩薩嶺は何も見えず、そのまま折り返し、大菩薩峠へ...しかし、途中の稜線の登山道はドロドロと、ちょっと気を使うことに。大菩薩峠まで来ると先がまだ長い事もあり、そのまま地図をちゃんと確かめもせずに、小菅の文字に引かれて下りの道に入って行きました(本当はそのまま直進し、石丸峠まで行かなければならないはずだったのに...) 南斜面をずっとトラバースしながら進む道に何の疑問も抱かずに....、途中の二度目のベンチ休憩の際に、地図とスマホで自位置を確認すると..うっ? コースを間違えていることに気がつきました。ここで頭のなかで、戻る?進む?とちょっと悩むことに。というのも、このまま降りると丹波山温泉、バス停があることは地図からわかりますが、時間がわからない。しかし、ここから戻ると小菅温泉のバスに間に合うのか? 悩んだ結果、この先ずっと下りなので早く着けばバスはあるはずと仮定して丹波山温泉へ降りることに。もうあとは進むだけですが、時間が気になって仕方ないので歩を早めることにしたのですが、登山道が落ち葉でふかふかに覆われいて、ふかふかの下に潜む浮石が怖くてなかなかスピードがあげられません。そんなふかふかトラップに気をつけながら想定時間より早く下山ができました。途中倒木多数で難儀した箇所もありましたが危険なことはありませんでした。 丹波山温泉でバス時刻を見ると終バス前のバスに間に合うだけの汗を流すくらいの時間があるのがわかったので丹波山温泉で汗を流し18時前に奥多摩駅に着くことができました。天気にも恵まれトレッキング日和でしたが、ミスコースのおかげで反省しきりの山行になりました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす