楯ヶ城山

2023.12.03(日) 日帰り

「南海部の北壁、本匠五山」と勝手に名付けている山々がある。椿山、冠岳、楯ケ城山、石峠山、佩楯山である。帰省時しか登る機会がない。楯ケ城山と石峠山は未踏だった。今回、楯ケ城山を目指した。最終目標はこれらを縦走する事である。夢はこれを「天空北路」として仲間とトレッキング路を拓く事である。

本匠から楯ケ城トンネルに向かい、ここで車を置き左手より林道を歩く。この先にも駐車スペースの確保は可能。

本匠から楯ケ城トンネルに向かい、ここで車を置き左手より林道を歩く。この先にも駐車スペースの確保は可能。

本匠から楯ケ城トンネルに向かい、ここで車を置き左手より林道を歩く。この先にも駐車スペースの確保は可能。

楯ケ城山への取り付き。標識が無いので分かり難い。

楯ケ城山への取り付き。標識が無いので分かり難い。

楯ケ城山への取り付き。標識が無いので分かり難い。

尾根までのこの急登は高齢者にはキツイ。

尾根までのこの急登は高齢者にはキツイ。

尾根までのこの急登は高齢者にはキツイ。

尾根が見えて来ても息切れが甚だしく一歩が出ない。

尾根が見えて来ても息切れが甚だしく一歩が出ない。

尾根が見えて来ても息切れが甚だしく一歩が出ない。

尾根に出ると森林伐採により、左手の野津方面の眺望はすこぶる良い。

尾根に出ると森林伐採により、左手の野津方面の眺望はすこぶる良い。

尾根に出ると森林伐採により、左手の野津方面の眺望はすこぶる良い。

津久見方面に碁盤ケ岳が頭を覗かせている。

津久見方面に碁盤ケ岳が頭を覗かせている。

津久見方面に碁盤ケ岳が頭を覗かせている。

尾根上に日向幹線の鉄塔がある為、かえって眺望が良い。自然の中に巨大人工物は違和感があるが皮肉なものである。

尾根上に日向幹線の鉄塔がある為、かえって眺望が良い。自然の中に巨大人工物は違和感があるが皮肉なものである。

尾根上に日向幹線の鉄塔がある為、かえって眺望が良い。自然の中に巨大人工物は違和感があるが皮肉なものである。

墓標では無い。杉の苗木を獣害より守っている。このような人工物は山の保全の為にも納得である。

墓標では無い。杉の苗木を獣害より守っている。このような人工物は山の保全の為にも納得である。

墓標では無い。杉の苗木を獣害より守っている。このような人工物は山の保全の為にも納得である。

楯ケ城山頂上には臼杵山岳会が標識を立てている。佐伯市の意欲も期待したいところ。

楯ケ城山頂上には臼杵山岳会が標識を立てている。佐伯市の意欲も期待したいところ。

楯ケ城山頂上には臼杵山岳会が標識を立てている。佐伯市の意欲も期待したいところ。

冠岳方面への尾根道。どこまで拓けているのか気になるところ。

冠岳方面への尾根道。どこまで拓けているのか気になるところ。

冠岳方面への尾根道。どこまで拓けているのか気になるところ。

急登を下って来たが、登りより膝に応える。落ち葉で滑って踏ん張りが効かない。幾度となく滑り落ちる覚悟がいる。

急登を下って来たが、登りより膝に応える。落ち葉で滑って踏ん張りが効かない。幾度となく滑り落ちる覚悟がいる。

急登を下って来たが、登りより膝に応える。落ち葉で滑って踏ん張りが効かない。幾度となく滑り落ちる覚悟がいる。

本匠から楯ケ城トンネルに向かい、ここで車を置き左手より林道を歩く。この先にも駐車スペースの確保は可能。

楯ケ城山への取り付き。標識が無いので分かり難い。

尾根までのこの急登は高齢者にはキツイ。

尾根が見えて来ても息切れが甚だしく一歩が出ない。

尾根に出ると森林伐採により、左手の野津方面の眺望はすこぶる良い。

津久見方面に碁盤ケ岳が頭を覗かせている。

尾根上に日向幹線の鉄塔がある為、かえって眺望が良い。自然の中に巨大人工物は違和感があるが皮肉なものである。

墓標では無い。杉の苗木を獣害より守っている。このような人工物は山の保全の為にも納得である。

楯ケ城山頂上には臼杵山岳会が標識を立てている。佐伯市の意欲も期待したいところ。

冠岳方面への尾根道。どこまで拓けているのか気になるところ。

急登を下って来たが、登りより膝に応える。落ち葉で滑って踏ん張りが効かない。幾度となく滑り落ちる覚悟がいる。