碓氷軽井沢ICから見える岩峰の高岩

2023.12.02(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
2 時間 9
休憩時間
48
距離
3.7 km
のぼり / くだり
365 / 357 m
16
21

活動詳細

すべて見る

上信越道上り線で、碓氷軽井沢IC手前のトンネルを抜けると、ドーンと見える岩峰! 高岩と言うらしい。以前から興味があったが、登山道があるということで挑戦することにした。 高岩八風平登山口の駐車スペースに停めて、高岩登山口まで歩き、反時計周り(高岩(雄岳)→高岩(雌岳))で登った。 ここのメインは高岩(雄岳)へのチムニーの3段の鎖場。ほとんど垂直。 最初の2段の鎖は、体をチムニーの岩に挟まれるようにして、安全確保して登った。 3段目の鎖は、最初、体をチムニーの岩に挟まれる場所が見つけられず、鎖だけで登りきるには、少し怖いと思った。 安全第一で断念しようかと思った。 鎖が冷たく、手も冷えたので、少し休憩して冷静になってから、再チャレンジした。 岩に挟まれる場所と、足をかける場所も見つかり登り切った。 ふー! その後も、細い切り立った稜線。怖かった...少し足が震えた。 ゆっくり進み、高岩(雄岳)山頂に到着。 眼下に、碓氷軽井沢ICが見えた。 来た道を戻り、3段の鎖を下りたところで、5-6名のパーティとすれ違った。 安全確保のビレイをして登っていた。確かにココはビレイ必要だね。 続いて、高岩(雌岳)へ。 P1,P2,P3とあるが、上れるのはP1,P3。 P2はクライミング装備してないと登れない。 P1では先ほど登った高岩(雄岳)を見て、P3(高岩(雌岳)山頂)では岩の間から雪を被った浅間山が見えた。 その後は、一部ロープ場所を通って下山した。 スリルあり過ぎの山だった。 このあと、本日2ラウンドめへの山急山へ。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。