激闘!ヌタノ丸!!

2018.12.15(土) 日帰り
登山口 かおり
登山口 かおり

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

ヤマップ封印し、紙地図とコンパスのみで東丹沢のヌタノ丸を歩いてきました 三叉路バス停から早戸川林道に降りるまで、お互いヤマップは一切見てません 核心部分は必死な為、写真はありません(撮る余裕なんて無い) 私もブックさんも地形図+東丹沢登山詳細図の両刀で臨んだよ。緊張したけど、二人でコンパスあてながら進む方向をミーティングで決定。とても楽しかった やっぱり、慣れている人の方が下りは早いです。ブック先輩は間違えて進んだ斜面も、最後のルンゼも恐ろしい速度で下っていきました。私は諦め、途中から尻滑り(´∀`)。お尻真っ黒になりました ブックさん、思い出に残る素晴らしい山行をありがとうございましたヽ(^o^)丿 最後にラムさん、ご一緒出来ず残念(´・ω・`)また今度よろしくお願いしますヽ(^o^)丿

丹沢山 三叉路バス停から。私は何処を見ているのでしょうか(´・ω・`)
三叉路バス停から。私は何処を見ているのでしょうか(´・ω・`)
丹沢山 フツーに登ります。この後の展開考えているため急いで登ります。
フツーに登ります。この後の展開考えているため急いで登ります。
丹沢山 いい景色ヽ(^o^)丿
いい景色ヽ(^o^)丿
丹沢山 高畑山へ
高畑山へ
丹沢山 高畑山ね。休憩しました
高畑山ね。休憩しました
丹沢山 はい分岐です
はい分岐です
丹沢山 綺麗ヽ(^o^)丿
綺麗ヽ(^o^)丿
丹沢山 金冷し
金冷し
丹沢山 大山が見える
大山が見える
丹沢山 宮ケ瀬が遠くなってきた
宮ケ瀬が遠くなってきた
丹沢山 あれが歩く尾根か?曖昧
あれが歩く尾根か?曖昧
丹沢山 霜が凄い
霜が凄い
丹沢山 なかなかの登りをこなし
なかなかの登りをこなし
丹沢山 本間の頭
本間の頭
丹沢山 これから向かう方向。休憩します
これから向かう方向。休憩します
丹沢山 リボン有り
リボン有り
丹沢山 馬酔木のトンネル
馬酔木のトンネル
丹沢山 ここからが本番。直進すると栂立尾根、左折すると本間の頭北西尾根
ここからが本番。直進すると栂立尾根、左折すると本間の頭北西尾根
丹沢山 左を向くと、…何も無い(想定内)
左を向くと、…何も無い(想定内)
丹沢山 きれいだ
きれいだ
丹沢山 進むと、リボンが見えてくる。
進むと、リボンが見えてくる。
丹沢山 缶
丹沢山 この道標は東丹沢登山詳細図と位置が少しズレています。向きも間違えています(想定内)。ここで150度位切り替えして歩きます
この道標は東丹沢登山詳細図と位置が少しズレています。向きも間違えています(想定内)。ここで150度位切り替えして歩きます
丹沢山 鹿柵が現れ
鹿柵が現れ
丹沢山 いい感じに進みます
いい感じに進みます
丹沢山 歩くブックさん
歩くブックさん
丹沢山 木がありますが豪華な景色です
木がありますが豪華な景色です
丹沢山 うーんヽ(^o^)丿
うーんヽ(^o^)丿
丹沢山 この辺りから本番です。本間の頭北西尾根からヌタノ丸への尾根に分け入ります
この辺りから本番です。本間の頭北西尾根からヌタノ丸への尾根に分け入ります
丹沢山 よく分からない荒れた道
よく分からない荒れた道
丹沢山 鹿柵沿いに進みます。結構急な下りです。地形図では急だと分かっていても、心配になります。
鹿柵沿いに進みます。結構急な下りです。地形図では急だと分かっていても、心配になります。
丹沢山 綺麗ヽ(^o^)丿
綺麗ヽ(^o^)丿
丹沢山 帰宅してから判明しました。これがヨモギ平への登り。
帰宅してから判明しました。これがヨモギ平への登り。
丹沢山 結構下ってきた
結構下ってきた
丹沢山 ヨモギ平が予想外に狭く、判断に厳しい。戻るか悩んだ結果、先に進みました(最終的に下山するルート)。ミーティングの結果、先程の場所がヨモギ平であろうと判断し、振り返るとまさしくヌタノ丸と思わしき方向に尾根があったので引き返します
ヨモギ平が予想外に狭く、判断に厳しい。戻るか悩んだ結果、先に進みました(最終的に下山するルート)。ミーティングの結果、先程の場所がヨモギ平であろうと判断し、振り返るとまさしくヌタノ丸と思わしき方向に尾根があったので引き返します
丹沢山 ここから行けるみたいでしたが、歩いて来た道の右手にある畝?の奥に隠れて見えていなかったみたいです
ここから行けるみたいでしたが、歩いて来た道の右手にある畝?の奥に隠れて見えていなかったみたいです
丹沢山 あれがヌタノ丸ですね。ヨモギ平付近から。程よく新多摩線鉄塔も見えた為、位置の把握に自信が持てました
あれがヌタノ丸ですね。ヨモギ平付近から。程よく新多摩線鉄塔も見えた為、位置の把握に自信が持てました
丹沢山 いざゆかん!ヌタノ丸!
いざゆかん!ヌタノ丸!
丹沢山 ゴールテープ
ゴールテープ
丹沢山 燃やした跡
燃やした跡
丹沢山 ここにも。ゴミが散乱していてマナー悪過ぎ
ここにも。ゴミが散乱していてマナー悪過ぎ
丹沢山 ん?
ん?
丹沢山 リスの横に…キターヽ(^o^)丿
リスの横に…キターヽ(^o^)丿
丹沢山 三角点はすぐそばに
三角点はすぐそばに
丹沢山 喜ぶ私。ブックさんが撮ってくれました。その後、二人でハイタッチ☆
喜ぶ私。ブックさんが撮ってくれました。その後、二人でハイタッチ☆
丹沢山 ヌタノのプレート。ブックさんが撮ってくれました
ヌタノのプレート。ブックさんが撮ってくれました
丹沢山 三角点とセット。ブックさんが撮ってくれました
三角点とセット。ブックさんが撮ってくれました
丹沢山 ここでお茶にします
ここでお茶にします
丹沢山 そしてミーティング。今回はヌタノ丸からの下山が一番難易度高いです。事前に、大まかに候補経路を地形図に書き込んでおきました。現地判断で青は無理、緑は先ほど少しだけ進み過ぎてたどった道で林業者の踏み跡がありました。心理的にゴールに一番近い黄色を行こうとまとまります
そしてミーティング。今回はヌタノ丸からの下山が一番難易度高いです。事前に、大まかに候補経路を地形図に書き込んでおきました。現地判断で青は無理、緑は先ほど少しだけ進み過ぎてたどった道で林業者の踏み跡がありました。心理的にゴールに一番近い黄色を行こうとまとまります
丹沢山 帰り道に、早戸川林道から黄色経路の下降地点を見ましたが結論的に、黄色も無理でした(最後が崖で早戸川に降りることが出来ない)。が、更に黄色の道からも外れて進んでしまいます
帰り道に、早戸川林道から黄色経路の下降地点を見ましたが結論的に、黄色も無理でした(最後が崖で早戸川に降りることが出来ない)。が、更に黄色の道からも外れて進んでしまいます
丹沢山 間違えています。この道は降りることができません。
間違えています。この道は降りることができません。
丹沢山 間違えています。この道は降りることができません
間違えています。この道は降りることができません
丹沢山 間違えています。この道は降りることができません
間違えています。この道は降りることができません
丹沢山 間違えています。この道は降りることができません。黄色のルートからも大分右に逸れているとコンパスが教えてくれてます。ここまで、恐ろしい斜面を下ってしまいました。沢の音も聞こえますが早戸川ではなく鳥屋金沢であろうと考え、苦渋の決断「戻る」を選びました
間違えています。この道は降りることができません。黄色のルートからも大分右に逸れているとコンパスが教えてくれてます。ここまで、恐ろしい斜面を下ってしまいました。沢の音も聞こえますが早戸川ではなく鳥屋金沢であろうと考え、苦渋の決断「戻る」を選びました
丹沢山 戻ってきました。恐ろしい斜面をかじりつくように登り返しました。私はチェーンアイゼン持って来ていたのでまだ助かりましたが、ブックさんは持っていなかったのでそのまま登りました。かなり辛そうでした・・・。
戻ってきました。恐ろしい斜面をかじりつくように登り返しました。私はチェーンアイゼン持って来ていたのでまだ助かりましたが、ブックさんは持っていなかったのでそのまま登りました。かなり辛そうでした・・・。
丹沢山 戻ってきました。だいぶ疲れました・・。「16時30分で、まだ山に居たらヤマップ確認しよう」と約束し、緑の経路へ
戻ってきました。だいぶ疲れました・・。「16時30分で、まだ山に居たらヤマップ確認しよう」と約束し、緑の経路へ
丹沢山 ヌタノ丸
ヌタノ丸
丹沢山 この鹿戸を抜け
この鹿戸を抜け
丹沢山 蛙沢平へ続く本日最後の登り
蛙沢平へ続く本日最後の登り
丹沢山 さっきまで居た、ヌタノ丸
さっきまで居た、ヌタノ丸
丹沢山 林業者の踏み跡はいつの間にか消えました
林業者の踏み跡はいつの間にか消えました
丹沢山 早戸川林道が、見える
早戸川林道が、見える
丹沢山 最後はブックさんの判断で急なルンゼを下り、見事早戸川林道へ
最後はブックさんの判断で急なルンゼを下り、見事早戸川林道へ
丹沢山 降りてきたルンゼ。法面も無く、無事に降りてくる事が出来ました。声を出して喜び、ガッチリ握手。
ここで、ヤマップを初めて確認しました。やはり引き返して正解、向かっていたのは早戸川ではなく鳥屋金沢でした。撤退しないまま進んでいたら、遭難するところだった
降りてきたルンゼ。法面も無く、無事に降りてくる事が出来ました。声を出して喜び、ガッチリ握手。 ここで、ヤマップを初めて確認しました。やはり引き返して正解、向かっていたのは早戸川ではなく鳥屋金沢でした。撤退しないまま進んでいたら、遭難するところだった
丹沢山 緑経路の先端。ここはとてもじゃないけど、降りることは出来ない。緑経路通り降りても、難しかったはずと記憶しています(曖昧なので、いずれ機会があったらリベンジかな?)
緑経路の先端。ここはとてもじゃないけど、降りることは出来ない。緑経路通り降りても、難しかったはずと記憶しています(曖昧なので、いずれ機会があったらリベンジかな?)
丹沢山 長い早戸川林道を歩きます。長いですが、達成感が大きく、特に苦にならない。小さな滝も祝福してくれているように感じてしまう
長い早戸川林道を歩きます。長いですが、達成感が大きく、特に苦にならない。小さな滝も祝福してくれているように感じてしまう
丹沢山 小さな滝
小さな滝
丹沢山 早戸川
早戸川
丹沢山 黄色経路をミーティングし、進路変更しながら順調に進んだら多分この辺りに出ます。どう頑張っても、降りることは出来ないでしょう(黄色経路自体も多分そもそも無理な急斜面で、地形図に破線あったためそのまま塗っただけです)
黄色経路をミーティングし、進路変更しながら順調に進んだら多分この辺りに出ます。どう頑張っても、降りることは出来ないでしょう(黄色経路自体も多分そもそも無理な急斜面で、地形図に破線あったためそのまま塗っただけです)
丹沢山 同じく、黄色経路の先端付近。これも無理
同じく、黄色経路の先端付近。これも無理
丹沢山 橋が見えた。早戸川橋の更に奥に続く、早戸川林道の終点から渡れるみたいです。現在は、鍵が掛けられ、一般人は通行できないようになっていた
橋が見えた。早戸川橋の更に奥に続く、早戸川林道の終点から渡れるみたいです。現在は、鍵が掛けられ、一般人は通行できないようになっていた
丹沢山 綺麗
綺麗
丹沢山 ごーーーーる!!
ごーーーーる!!
丹沢山 なんか、やっていた
なんか、やっていた
丹沢山 光に誘われ、寄り道
光に誘われ、寄り道
丹沢山 きれいだなー
きれいだなー
丹沢山 鳥が泳いでいたの
鳥が泳いでいたの
丹沢山 きれいだなー
きれいだなー
丹沢山 きれいだなー
きれいだなー
丹沢山 きれいだなー
きれいだなー
丹沢山 なにかやるのか、人だかりが出来ていた。
なにかやるのか、人だかりが出来ていた。
丹沢山 きれいだなー
きれいだなー
丹沢山 ポスターあったよ
ポスターあったよ
丹沢山 ここから先は、全てブックさん提供。私の後ろ姿が続きます。ブックさんごめんなさい。本間の頭までかなり飛ばしました
ここから先は、全てブックさん提供。私の後ろ姿が続きます。ブックさんごめんなさい。本間の頭までかなり飛ばしました
丹沢山 気持ちいいですが、飛ばします
気持ちいいですが、飛ばします
丹沢山 高畑山手前
高畑山手前
丹沢山 高畑山手前ですね
高畑山手前ですね
丹沢山 飛ばします!
飛ばします!
丹沢山 景色も少しは楽しみます
景色も少しは楽しみます
丹沢山 本間の頭まであとどのくらいか確認してます。勿論、ヤマップは見ません
本間の頭まであとどのくらいか確認してます。勿論、ヤマップは見ません
丹沢山 本間の頭北西尾根に突入してます。馬酔木のトンネル
本間の頭北西尾根に突入してます。馬酔木のトンネル
丹沢山 この辺りは赤リボン豊富で楽に歩けます
この辺りは赤リボン豊富で楽に歩けます
丹沢山 ここは150度位切り返すところですね
ここは150度位切り返すところですね
丹沢山 ここがこっちで、あちらがそうで…
ここがこっちで、あちらがそうで…
丹沢山 林道を歩く私
林道を歩く私
丹沢山 今回のタイムテーブル。本間の頭まではCTそのまま。ここで飛ばしてTTより速く着くことにより、精神的な余裕が欲しかったので意図的にCTそのままとした。本間の頭からヌタノ丸までは多めに、ヌタノ丸から早戸川林道まではガッツリ確保。早戸川林道から先はテキトーに
今回のタイムテーブル。本間の頭まではCTそのまま。ここで飛ばしてTTより速く着くことにより、精神的な余裕が欲しかったので意図的にCTそのままとした。本間の頭からヌタノ丸までは多めに、ヌタノ丸から早戸川林道まではガッツリ確保。早戸川林道から先はテキトーに

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす