鳳凰三山独り占め

2023.11.27(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 46
休憩時間
1 時間 2
距離
15.3 km
のぼり / くだり
2085 / 2088 m

活動詳細

すべて見る

来月には林道が閉鎖されるので急遽計画。昨年は夜叉神峠から登りましたがドンドコ沢は2年ぶりです。 青木鉱泉は休業していますが駐車は大丈夫です。日の短いこの時期なので、日の入りから逆算して04:30スタートとしました。雪などの登山道の様子、体力を考慮して10:00までに地蔵岳に着かなかったらピストンに変更するつもりです。 早朝ヘッデンスタートはいつもの事ですが、暗闇を2時間近く歩くのはしんどかった。特に暗い中の渡渉は大変でした。名物の滝巡りも今回はパス。貴重な時間は三山稜線歩きに費やしたいと思います。 雪の心配は鳳凰小屋手前の下り付近から。ここでチェーンスパイクを装着し、ズボラな自分は中道下り中盤まで着けっぱなしでした。(オベリスクも履いたまま登りました) 失敗したのは鳳凰小屋での給水忘れ。いつもの水場は止まってますが、観音岳への分岐を進むと年中出ている水場が有ります。 いつもは難儀する蟻地獄ですが、今回は雪で締まっており歩き易かったです。急登なのは変わりませんがズリ落ちる事は少な目でした。時短のため山頂標柱に寄らずオベリスク直下まで直登します。蟻地獄途中ですが景色は最高です。正面の青空に映える尖塔、振り返ると広がる雲海。 何とか10時に到着できたので、ザックをデポしてオベリスクを攀じ登ります。ここからの景色もまた格別。裏手に回ると金峰山などの奥秩父、遠くには奥多摩の山々も見えました。 ザックを回収し、今度は甲斐駒ヶ岳を正面に腰を下ろして休憩。この時給水忘れに気づきました…。 用意したカップ麺は諦め、後は行動食で凌ぎます。 相変わらず厳しい赤抜沢ノ頭、観音岳のダブルの登り。極上の景色+まばらな雪も手伝って時間と体力が削られていきます。時間が気になりますが、観音岳まで来れば薬師岳までは穏やかな稜線歩き。ここは急がずゆっくり歩きましょう。 薬師岳で白峰三山を拝んだら山頂下の広場で休憩。 富士山を眺めながら残りの水を確かめます。 持参したポットのお湯を加えて300ml。 中道の下山は日陰が続くので何とかなるでしょう。 後は時間との戦い。明日の筋肉痛が心配ですが、いつもよりペースを上げて下ります。日没が16時過ぎと言っても山間部は15時がリミット。正直スタートエンドが暗闇ヘッデンは避けたいですからね。 延々続く笹原、落ち葉トラップの九十九折り。脚力も水もガンガン減っていきますが其処は我慢。 小休憩1回を挟みひたすら歩いたお陰で14:30頃登山口に到着する事ができました。長い林道も今回はショートカット(渡渉)を利用して更に時短。河の水量さえ気をつければ渡渉も大丈夫です。 駐車場に着いたのが15時。山影は薄暗くなってきましたが無事終了です。 11時間弱の山行でしたが誰にも合わず。 静かな鳳凰三山を堪能させていただきました。 (7.5kg)

鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 さすがに駐車場は自車のみでした
さすがに駐車場は自車のみでした
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 2年前は工事中でしたが堤は完成してましたね
2年前は工事中でしたが堤は完成してましたね
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 渡渉①
渡渉①
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 足元はまだ真っ暗
足元はまだ真っ暗
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 今回滝は寄りません
(スケジュールがタイトなので)
今回滝は寄りません (スケジュールがタイトなので)
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 渡渉②
暗い中の渡渉は大変
渡渉② 暗い中の渡渉は大変
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 鳳凰の滝もスルー
鳳凰の滝もスルー
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 雲海すごい
雲海すごい
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 やっと朝日
ココで小休憩しました
やっと朝日 ココで小休憩しました
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 白糸の滝
(ココは登山道から近いので)
白糸の滝 (ココは登山道から近いので)
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ドンドコ沢の難所?の一つ
私はトラロープが無いと登れませんでした
ドンドコ沢の難所?の一つ 私はトラロープが無いと登れませんでした
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 五色の滝も当然スルー
五色の滝も当然スルー
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ココでチェーンスパイク装着
ココでチェーンスパイク装着
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 見えてきました
見えてきました
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 蟻地獄開始ですが、
雪のおかげで砂が締まって歩き易い
蟻地獄開始ですが、 雪のおかげで砂が締まって歩き易い
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 初めて見るレリーフ
標柱に寄らず直登するとあります
初めて見るレリーフ 標柱に寄らず直登するとあります
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスク直下から
オベリスク直下から
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ココから登ります
ココから登ります
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスクから①
白峰三山と仙丈ヶ岳
手前に高嶺
オベリスクから① 白峰三山と仙丈ヶ岳 手前に高嶺
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスクから②
甲斐駒ヶ岳とアサヨ嶺
奥には北アルプス
オベリスクから② 甲斐駒ヶ岳とアサヨ嶺 奥には北アルプス
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスクから③
八ヶ岳全景
オベリスクから③ 八ヶ岳全景
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 いつものレリーフ
いつものレリーフ
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスクから④
瑞牆山、金峰山からの奥秩父
オベリスクから④ 瑞牆山、金峰山からの奥秩父
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 オベリスクから⑤
これから向かう観音岳
奥に笊ヶ岳の双峰
オベリスクから⑤ これから向かう観音岳 奥に笊ヶ岳の双峰
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 いつも赤矢印ルートで登ってます
いつも赤矢印ルートで登ってます
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 山頂の目立つ雪はこの辺のみ
そろそろ観音岳へ向かいます
山頂の目立つ雪はこの辺のみ そろそろ観音岳へ向かいます
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 観音岳から
甲斐駒ヶ岳とオベリスク
このアングルはココで見納め
観音岳から 甲斐駒ヶ岳とオベリスク このアングルはココで見納め
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 薬師岳方面
薬師岳方面
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 仙丈ヶ岳、アサヨ嶺、甲斐駒ヶ岳
手前に高嶺、地蔵岳とオベリスク
お腹いっぱい
仙丈ヶ岳、アサヨ嶺、甲斐駒ヶ岳 手前に高嶺、地蔵岳とオベリスク お腹いっぱい
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 薬師岳
薬師岳
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 強風を避けて休憩
この後は長い下りが待ってます
15時には登山口まで戻りたい
強風を避けて休憩 この後は長い下りが待ってます 15時には登山口まで戻りたい
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 問題は水の残量(300ml)
鳳凰小屋で給水し忘れ💦
問題は水の残量(300ml) 鳳凰小屋で給水し忘れ💦
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ちょっとペースを上げて
御座石到着
ちょっとペースを上げて 御座石到着
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 この雪はたぶん来春まで溶けませんなぁ
この雪はたぶん来春まで溶けませんなぁ
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 笹原まで来れば雪は殆ど無し
チェーンスパイクを外しました
笹原まで来れば雪は殆ど無し チェーンスパイクを外しました
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 笹原を過ぎて
ここでも落ち葉トラップは健在
笹原を過ぎて ここでも落ち葉トラップは健在
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 やっと登山口
久しぶりのハイペース(自分にとっては)で、もうクタクタ
やっと登山口 久しぶりのハイペース(自分にとっては)で、もうクタクタ
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 これは怖い
これは怖い
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 橋まで行かずショートカット
ここを左へ
(赤いペイント有ります)
橋まで行かずショートカット ここを左へ (赤いペイント有ります)
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ここを渡渉(赤ペイント有り)
水量が増えると厳しいかも
昔はここが正規ルートだったようです
ここを渡渉(赤ペイント有り) 水量が増えると厳しいかも 昔はここが正規ルートだったようです
鳳凰山・地蔵岳・観音岳・薬師岳 ショートカットするとメッチャ楽!
この時間に着けて良かったよぅ
ショートカットするとメッチャ楽! この時間に着けて良かったよぅ

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。