戻る 次へ

燕岳で今期の雪山初めの写真

2023.11.27(月) 14:10

この写真を含む活動日記

42
38

08:40

10.1 km

1429 m

燕岳で今期の雪山初め

燕岳・餓鬼岳・唐沢岳 (長野, 岐阜, 富山)

2023.11.27(月) 日帰り

例年通りならこの時期は立山に行くんですが扇沢からの交通費の高騰で二の足を踏んでしまい、中房線冬季通行止め前の燕岳で今期の雪山初めをして来ました。 いつもの如く仕事後に出発、中房温泉までは路肩に少しの雪が見られたけど路面に雪はありませんでした(11/27現在)4時頃に登山者駐車場へ到着停まってる車は5台程度でした、流石に燕山荘営業終了後の平日なので少ない。 明るくなるまで車の中で仮眠、気温がそれほど低くなかったのと厚着をして来ていたので少し寒いかなくらいでエアコンかけずに普通に寝られました。 ちなみに、駐車場の仮設トイレは利用不可でした、そんな事もあり準備に手こずりやや遅れてスタート、登山口でトイレはもちろん済ませておきます。 登山口から第1ベンチ、第2ベンチまでは日向はほぼ雪はないものの、日陰の溶け切らなかった雪がアイスバーン状態でめんどくさいコンディション、個人的にはアイゼンなしで問題なかった、そして日が出て来ると一気に気温が上がり樹林帯ではハードシェルどころかフリースも暑くて着ていられない。 第2ベンチを過ぎて第3ベンチ手前まで来ると急に雪が増え日向にも普通に雪があり、ツルツルで危ない箇所もあったが何とか第3ベンチまで辿り着きアイゼン装着、そう言えばゴールデンウィークに来た時も此処で付けてた気がする。 富士見ベンチまで来るとほぼ地面は見えなくなる、程なく合戦小屋に到着、小屋閉め作業中なのかリフトが稼働していたが、残念ながら土間は利用不可でした。 ここまで来ると風が強く吹いていて再びフリースにハードシェルを羽織りバラクラバも装着、ゴーグルも持って来てはいたけどそれ程ではないかなと思いサングラスにする。 準備万端で急登を九十九折で登っていくと槍が大きく見えてくる、稜線もしっかり雪が積もっていて景色は最高、上り下りを繰り返し燕山荘直下の冬道を登る、ここはいつもキツいがなるべく上を見ず黙々と登り燕山荘到着。 暫し撮影を楽しみザックをデポして山頂アタック、またしても山頂はぼっちで撮影お願い出来ず残念! 燕山荘に戻って来てカップラーメンを食べようかと思ったけど風が強くて断念、日も傾いて来たのでなるはやで下山開始、今回はアイゼントレーニングも兼ねて下山完了まで付けたままでした、2〜3回は転びそうになってまだまだ修行不足を実感しました、そしてめちゃくちゃドロドロになって洗うの大変だったw