八経ヶ岳 一の垰

2023.11.26(日) 日帰り

活動データ

タイム

07:20

距離

12.0km

のぼり

1264m

くだり

1259m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 20
休憩時間
1 時間 7
距離
12.0 km
のぼり / くだり
1264 / 1259 m
59
24
41
22
42
17
35
1 25

活動詳細

すべて見る

 冬の寒波が緩み🌞樹氷は見られそうにありません。八経ヶ岳へ寄ってから奥駈道出合~1458ピークまで軌跡をつなぎました。川合道からのルートより西口からのルートはやはりかなり近く感じられました。奥駈出合から1458ピークまでかなり大小のアップダウン😅。思いのほか時間がかかりました。ゆったり時間をかけて歩きたい道😍です。

八経ヶ岳 朝の光が聖宝谷を照らし始める。
朝の光が聖宝谷を照らし始める。
八経ヶ岳 いしやすみのしゅく
いしやすみのしゅく
八経ヶ岳 新しい標識。大峯縦走線歩道というのですね。初めて知りました。
新しい標識。大峯縦走線歩道というのですね。初めて知りました。
八経ヶ岳 陽の当たらない場所はアイスバーンに。
陽の当たらない場所はアイスバーンに。
八経ヶ岳 やむなくチェーンスパイク装着。
やむなくチェーンスパイク装着。
八経ヶ岳 弥山からすぐ八経ヶ岳へ向かいます。
弥山からすぐ八経ヶ岳へ向かいます。
八経ヶ岳 前回は素通りした頂仙岳遙拝所を見つけました。これで前回の師匠の言葉「頂仙岳は次へのステップ」🧚の意味が分かりました。
前回は素通りした頂仙岳遙拝所を見つけました。これで前回の師匠の言葉「頂仙岳は次へのステップ」🧚の意味が分かりました。
八経ヶ岳 八経ヶ岳へ到着しました。風があり今日一番の寒さ。
八経ヶ岳へ到着しました。風があり今日一番の寒さ。
八経ヶ岳 寒々しいので、写真に少しフィルターをかけます。
寒々しいので、写真に少しフィルターをかけます。
八経ヶ岳 師匠からは「釈迦ヶ岳を越えてゆけ」🧚と言われていますが、いつになることやら。
師匠からは「釈迦ヶ岳を越えてゆけ」🧚と言われていますが、いつになることやら。
八経ヶ岳 熊野灘が見えます😍
熊野灘が見えます😍
八経ヶ岳 少し画像処理しました。
少し画像処理しました。
八経ヶ岳 八経ヶ岳から熊野灘を臨む。
八経ヶ岳から熊野灘を臨む。
八経ヶ岳 大普賢ファミリーは今日も仲良し。
大普賢ファミリーは今日も仲良し。
八経ヶ岳 少し画像処理…
少し画像処理…
八経ヶ岳 前回来なかった行者堂と天河神社奥宮を参拝。
前回来なかった行者堂と天河神社奥宮を参拝。
八経ヶ岳 熱々のお湯でラーメン🤩
熱々のお湯でラーメン🤩
八経ヶ岳 新品のトレッキングポール
新品のトレッキングポール
八経ヶ岳 大日山 稲村ヶ岳 山上ヶ岳の稜線がくっきり。
大日山 稲村ヶ岳 山上ヶ岳の稜線がくっきり。
八経ヶ岳 ローマ字を読むと、しょうぼうのしゅく と読むのでしょうか。
ローマ字を読むと、しょうぼうのしゅく と読むのでしょうか。
八経ヶ岳 理源大師は私よりずっと若々しいお顔。
理源大師は私よりずっと若々しいお顔。
八経ヶ岳 奥駈出合まで戻りました。そのまま真っ直ぐ奥駈道を進みます。これは上北山中学校の看板のようです。
奥駈出合まで戻りました。そのまま真っ直ぐ奥駈道を進みます。これは上北山中学校の看板のようです。
八経ヶ岳 ユリノキの赤い実
さやの形がまるで百合のよう。
ユリノキの赤い実 さやの形がまるで百合のよう。
八経ヶ岳 人工の物が目に入らない素晴らしい風景が続きます。
人工の物が目に入らない素晴らしい風景が続きます。
八経ヶ岳 鉄山のギザギザの稜線がくっきり。このコースは今年登ったルートのオンパレード😍。
鉄山のギザギザの稜線がくっきり。このコースは今年登ったルートのオンパレード😍。
八経ヶ岳 気持ちのよい尾根道。
ずっと歩いていたい。
しかし、足に疲労も感じます。
気持ちのよい尾根道。 ずっと歩いていたい。 しかし、足に疲労も感じます。
八経ヶ岳 一の垰を探します。
幅の広い場所にあるはずです。
一の垰を探します。 幅の広い場所にあるはずです。
八経ヶ岳 一の垰ははもうなくなっているのか?
一の垰ははもうなくなっているのか?
八経ヶ岳 一の垰を発見😍
一の垰を発見😍
八経ヶ岳 ここの修験の自然対象は池のようです。今日は凍っていました。
ここの修験の自然対象は池のようです。今日は凍っていました。
八経ヶ岳 山友さんからいただいた般若心経を手に取ります。
山友さんからいただいた般若心経を手に取ります。
八経ヶ岳 一の垰付近をふり返る。垰(たわ)は二重になった尾根のタワんだ所とも。昔はもう少し池が大きかった?垰は昔奥駈道をゆく修験者にとって水を得られる貴重な場所だった可能性もあるのかな。
一の垰付近をふり返る。垰(たわ)は二重になった尾根のタワんだ所とも。昔はもう少し池が大きかった?垰は昔奥駈道をゆく修験者にとって水を得られる貴重な場所だった可能性もあるのかな。
八経ヶ岳 しなの木出合
ここから西口まで降りることにしました。しかし、もうしばらく進みます。
しなの木出合 ここから西口まで降りることにしました。しかし、もうしばらく進みます。
八経ヶ岳 左に八経ヶ岳 中央に弥山
左に八経ヶ岳 中央に弥山
八経ヶ岳 今日の目的地1548ピーク。
南に降りると90番の登山口に。
今日の目的地1548ピーク。 南に降りると90番の登山口に。
八経ヶ岳 ナメゴ谷
ナメゴ谷
八経ヶ岳 奇怪な姿のバリゴヤノ頭に魅入られる。
奇怪な姿のバリゴヤノ頭に魅入られる。
八経ヶ岳 しなの木出合から北に降ります。
ここで糖分補給のため、豆大福と栗入りどら焼きを食べます☺️。
しなの木出合から北に降ります。 ここで糖分補給のため、豆大福と栗入りどら焼きを食べます☺️。
八経ヶ岳 初めはいい感じ。
初めはいい感じ。
八経ヶ岳 丁寧なテープ作業
丁寧なテープ作業
八経ヶ岳 数カ所かなりの急坂があります。
広い尾根ではロープも目印になります。
数カ所かなりの急坂があります。 広い尾根ではロープも目印になります。
八経ヶ岳 トンネル西口駐車場が見えてきました。
トンネル西口駐車場が見えてきました。
八経ヶ岳 西口からの登山道に合流。
西口からの登山道に合流。
八経ヶ岳 中央右上の2本の木の間から降りてきました。
中央右上の2本の木の間から降りてきました。
八経ヶ岳 最後のしなの木出合からの尾根下りが一番しんどかったです。無事下山致しました。
最後のしなの木出合からの尾根下りが一番しんどかったです。無事下山致しました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。