初冬の四阿山へ

2023.11.26(日) 日帰り

活動データ

タイム

04:29

距離

10.7km

のぼり

909m

くだり

909m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 29
休憩時間
39
距離
10.7 km
のぼり / くだり
909 / 909 m
3
1 5
1 14
1 8
41

活動詳細

すべて見る

冬山はじめに四阿山へ行ってきました。 前日の両神山山行のあと、柴犬バウム氏の別荘にお世話になりました。そこで「両神山も良かったけど、やはり日曜も山に登ろう」ということになりました。柴犬氏もせっかくなので今の時期の冬山に行きたいということで、程よい冬山が楽しめそうな長野県の四阿山に行くことに決定。 ルートは3年前にも歩いたあずまや高原ホテルからのピストンにしました。ここはチェーンスパイクとストックで行ける比較的安全なルートなので、冬山はじめにはもってこいです。 翌日、若干寝坊はしましたが天気がいいのでワクワクしながら登山口へ向かいました。駐車場に車を止めてさくっと準備をしてから出発します。序盤から雪のある登山道が続き、雪を踏みしめながらのご機嫌な山行です。 少し進むと牧場の敷地に入ります。ここは北アルプスの展望スポットなのですが最高の景色でお出迎えしてくれました。雪を戴いた北アルプスの景色を楽しむことが出来てテンションがあがり、意気揚々と登山道を進みます。 3年前来たときは12月末で牧草が雪に埋もれていた時期なので牛がいなかったのですが、今回は登山道近くで牛が牧草を食べていて、牧場を突っ切るこのコースならではの景色を堪能できました。このあたりの登山道は雪の吹き溜まりになっていて、すね辺りまで雪に埋もれる感じですが、まだ積雪が浅いので少し歩きにくい程度で登れました。 牧場をすぎて再び樹林帯へ突入すると雪は少なくなり歩きやすくなります。急斜ということもなく徐々に標高を上げていくのでペースを落とさずたんたんと登ります。 樹林帯をひたすら進み尾根の上部まで来ると樹林が疎らになるので、眺めが最高に良くなります。雪を被った浅間山をはじめとした素晴らしい景色が楽しめました。やはり四阿山は良い山です。 このあたりからは、この時期らしい冷たい風が吹いてきたので、ここでハードシェルを羽織って進みます。山頂を視界に捉えたあとも暫く登りが続きますが、斜度はたいしてないので楽々進めます。ほどなく階段が登場し、登りきれば山頂です。 山頂からは北信五岳、後立山連峰、常念山脈、乗鞍岳、八ヶ岳、浅間山、志賀草津方面など大パノラマが楽しめて非常に満足でした。 山頂をあとにして少し下ったところで昼食をとってから下山します。急斜面もないのでサクサク降りていきますが、登りのときはあった雪が大半溶けていて、中腹あたりではまだまだ根雪にならなそうな感じでした。先日の安達太良山とは違い酷い泥濘は無かったので、おおよそ1時間半くらいで下山できました。 そのあとは佐久平で夕食を取って、上信越、関越、北関東道経由で東北道に出て仙台まで帰りました。

メンバー

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。