大平山・女三瓶山・兜山・男三瓶山(三瓶山)・赤雁山・子三瓶山・孫三瓶山

2023.11.26(日) 日帰り

さて、昨日と打って変わって快晴の2日目、サクッとやっつけちゃいますか?場所は島根県にある日本二百名山の三瓶山である。 夜にはよく分からなかったが、スキー場のリフトは観光用リフトとして稼動してるので駐車場もトイレも幾つか有るお店も至れり尽くせり状態である。 そんな場所の片隅にゲリラテン泊なので、あまりいつまでもテント出しっぱは怒られそうだ。結露でびしょ濡れだがそのまま片付ける。車も本来の駐車枠に移動して証拠隠滅。既に何人ものハイカー達は出発してる。私達も準備して山行開始。 ってのはキャプションで… 昨日と違い距離も短くのんびりハイクでも13時には終了 近くの三瓶温泉♨️入って雪の大山を見ながら帰る。過去何度も終電に間に合うかの瀬戸際状態での帰路が多かったのでこんなに時間的余裕があるのは珍しい。 余裕って大事だわ。精神的にも楽でいいね。

めっちゃいい天気

めっちゃいい天気

めっちゃいい天気

思ったほど寒さも無いね

思ったほど寒さも無いね

思ったほど寒さも無いね

三瓶山の解説
文字ちっさ過ぎて全然読めん💦

三瓶山の解説 文字ちっさ過ぎて全然読めん💦

三瓶山の解説 文字ちっさ過ぎて全然読めん💦

ここにしか居ないコガネムシらしい。見た目はかなりヘラクレスオオカブト

ここにしか居ないコガネムシらしい。見た目はかなりヘラクレスオオカブト

ここにしか居ないコガネムシらしい。見た目はかなりヘラクレスオオカブト

少し登ると雲海

少し登ると雲海

少し登ると雲海

ススキ越しの紅葉も綺麗ですな

ススキ越しの紅葉も綺麗ですな

ススキ越しの紅葉も綺麗ですな

しかし、微妙に雲天??何で??予報は晴れやん?

しかし、微妙に雲天??何で??予報は晴れやん?

しかし、微妙に雲天??何で??予報は晴れやん?

反時計回りで行くかな

反時計回りで行くかな

反時計回りで行くかな

先ず1つ目の女三瓶に向かう

先ず1つ目の女三瓶に向かう

先ず1つ目の女三瓶に向かう

途中の展望台

途中の展望台

途中の展望台

あそこからああ行って、こう行って周回する訳だな。

あそこからああ行って、こう行って周回する訳だな。

あそこからああ行って、こう行って周回する訳だな。

それがいわゆるお鉢めぐりってヤツ。え?知ってた??

それがいわゆるお鉢めぐりってヤツ。え?知ってた??

それがいわゆるお鉢めぐりってヤツ。え?知ってた??

山頂標撮って安心してたけどヤマップ的山頂はまだ先だった?

山頂標撮って安心してたけどヤマップ的山頂はまだ先だった?

山頂標撮って安心してたけどヤマップ的山頂はまだ先だった?

ここに送電してる配線
なのでここで生きていけるね

ここに送電してる配線 なのでここで生きていけるね

ここに送電してる配線 なのでここで生きていけるね

遠くに海  その手前の高原?
左側の窪みが気になる。

遠くに海 その手前の高原? 左側の窪みが気になる。

遠くに海 その手前の高原? 左側の窪みが気になる。

ユートピア…大山にもあるね。
てか、そもそもユートピアって何?

ユートピア…大山にもあるね。 てか、そもそもユートピアって何?

ユートピア…大山にもあるね。 てか、そもそもユートピアって何?

ユートピアってのはここらしい。だからそれって何?

ユートピアってのはここらしい。だからそれって何?

ユートピアってのはここらしい。だからそれって何?

なんか、もしかしてここだけ雲に覆われてる??

なんか、もしかしてここだけ雲に覆われてる??

なんか、もしかしてここだけ雲に覆われてる??

もちょい地層がいい感じに見えてたのに…

もちょい地層がいい感じに見えてたのに…

もちょい地層がいい感じに見えてたのに…

アンモナイト出てくるかな?

アンモナイト出てくるかな?

アンモナイト出てくるかな?

笹の稜線に出ると

笹の稜線に出ると

笹の稜線に出ると

スグに避難小屋が目に入る

スグに避難小屋が目に入る

スグに避難小屋が目に入る

小屋内に多くの温泉紹介か有った。これは帰りに調査が必要だ(笑)

小屋内に多くの温泉紹介か有った。これは帰りに調査が必要だ(笑)

小屋内に多くの温泉紹介か有った。これは帰りに調査が必要だ(笑)

避難小屋で少しお腹を満たし
主峰の男三瓶山に着く
実は「男」の部分がへし折れて落ちていた。ので、この場だけ無理やりドッキングさせている。決していちびって高いとこ乗ってる訳では無い。
撮ってくれた人、なんとご近所さんだった。

避難小屋で少しお腹を満たし 主峰の男三瓶山に着く 実は「男」の部分がへし折れて落ちていた。ので、この場だけ無理やりドッキングさせている。決していちびって高いとこ乗ってる訳では無い。 撮ってくれた人、なんとご近所さんだった。

避難小屋で少しお腹を満たし 主峰の男三瓶山に着く 実は「男」の部分がへし折れて落ちていた。ので、この場だけ無理やりドッキングさせている。決していちびって高いとこ乗ってる訳では無い。 撮ってくれた人、なんとご近所さんだった。

ほれ、手放すとこれだから。

ほれ、手放すとこれだから。

ほれ、手放すとこれだから。

そして、こんな素敵な展望デッキがあって

そして、こんな素敵な展望デッキがあって

そして、こんな素敵な展望デッキがあって

そこから見える海の近くの窪みをズーム…して見た
川かと思ったが違った

そこから見える海の近くの窪みをズーム…して見た 川かと思ったが違った

そこから見える海の近くの窪みをズーム…して見た 川かと思ったが違った

そして、最近流行り?の空中浮遊をやってみた。

そして、最近流行り?の空中浮遊をやってみた。

そして、最近流行り?の空中浮遊をやってみた。

が、浮遊感無し。ただ飛んだだけにしか見えん💦

が、浮遊感無し。ただ飛んだだけにしか見えん💦

が、浮遊感無し。ただ飛んだだけにしか見えん💦

この後行く子三瓶山への道

この後行く子三瓶山への道

この後行く子三瓶山への道

大股二歩で着いた

大股二歩で着いた

大股二歩で着いた

そして孫三瓶山へ

そして孫三瓶山へ

そして孫三瓶山へ

何だこれ?

何だこれ?

何だこれ?

土がグチョってるので整備されてるのかな?

土がグチョってるので整備されてるのかな?

土がグチョってるので整備されてるのかな?

お陰で転ぶこと無く孫三瓶山に着く

お陰で転ぶこと無く孫三瓶山に着く

お陰で転ぶこと無く孫三瓶山に着く

本日ラスト山
リフトに乗ってここまでは楽々来る事が出来

本日ラスト山 リフトに乗ってここまでは楽々来る事が出来

本日ラスト山 リフトに乗ってここまでは楽々来る事が出来

そして、ここから山しかない景色を見ることが出来る。

そして、ここから山しかない景色を見ることが出来る。

そして、ここから山しかない景色を見ることが出来る。

下山してオサレショップに立ち寄り

下山してオサレショップに立ち寄り

下山してオサレショップに立ち寄り

見て回ったが、結局何も買わず。さ、風呂行って帰るか…

見て回ったが、結局何も買わず。さ、風呂行って帰るか…

見て回ったが、結局何も買わず。さ、風呂行って帰るか…

めっちゃいい天気

思ったほど寒さも無いね

三瓶山の解説 文字ちっさ過ぎて全然読めん💦

ここにしか居ないコガネムシらしい。見た目はかなりヘラクレスオオカブト

少し登ると雲海

ススキ越しの紅葉も綺麗ですな

しかし、微妙に雲天??何で??予報は晴れやん?

反時計回りで行くかな

先ず1つ目の女三瓶に向かう

途中の展望台

あそこからああ行って、こう行って周回する訳だな。

それがいわゆるお鉢めぐりってヤツ。え?知ってた??

山頂標撮って安心してたけどヤマップ的山頂はまだ先だった?

ここに送電してる配線 なのでここで生きていけるね

遠くに海 その手前の高原? 左側の窪みが気になる。

ユートピア…大山にもあるね。 てか、そもそもユートピアって何?

ユートピアってのはここらしい。だからそれって何?

なんか、もしかしてここだけ雲に覆われてる??

もちょい地層がいい感じに見えてたのに…

アンモナイト出てくるかな?

笹の稜線に出ると

スグに避難小屋が目に入る

小屋内に多くの温泉紹介か有った。これは帰りに調査が必要だ(笑)

避難小屋で少しお腹を満たし 主峰の男三瓶山に着く 実は「男」の部分がへし折れて落ちていた。ので、この場だけ無理やりドッキングさせている。決していちびって高いとこ乗ってる訳では無い。 撮ってくれた人、なんとご近所さんだった。

ほれ、手放すとこれだから。

そして、こんな素敵な展望デッキがあって

そこから見える海の近くの窪みをズーム…して見た 川かと思ったが違った

そして、最近流行り?の空中浮遊をやってみた。

が、浮遊感無し。ただ飛んだだけにしか見えん💦

この後行く子三瓶山への道

大股二歩で着いた

そして孫三瓶山へ

何だこれ?

土がグチョってるので整備されてるのかな?

お陰で転ぶこと無く孫三瓶山に着く

本日ラスト山 リフトに乗ってここまでは楽々来る事が出来

そして、ここから山しかない景色を見ることが出来る。

下山してオサレショップに立ち寄り

見て回ったが、結局何も買わず。さ、風呂行って帰るか…

この活動日記で通ったコース