ほんのり雪化粧の恵那山

2023.11.25(土) 日帰り

活動データ

タイム

09:07

距離

12.9km

のぼり

1244m

くだり

1237m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 7
休憩時間
1 時間 35
距離
12.9 km
のぼり / くだり
1244 / 1237 m
21
18
54
2 53
4
28
20
11

活動詳細

すべて見る

山岳会の山行で、南アルプスの日本百名山「恵那山」に登ってきました。 寒波の予報だったのでお天気を心配しましたが、非の打ちどころのない好天に恵まれました。 今回は、神坂峠から岐阜県と長野県の県境を辿って山頂を往復するルートを歩きました。 このルート、「行きは良い良い帰りは怖い〜🎶」でした。 千両山と大判山の2つのピークを超えていくルート中程までの往路は、緩やかなアップダウンの繰り返しなので楽勝です。恵那山山頂目指して急登に取り付いてからは所々カチカチの雪が現れますが、なんとか登山靴で登れました。標高2,000m辺りからかな、軽アイゼンを装着して登攀能力を上昇させれば、ほどなく山頂に到着しました。 恵那山山頂は眺望がありません。立派な見晴らし台がありますが、心の目を動員する必要があります。 そのかわり、途中の千両山、大判山、それを繋ぐ稜線は、素晴らしい景色を堪能しながらの稜線歩きになりました。霧氷をまとった木々の向こうに、南アルプスや中央アルプスの山々、ひときわ存在感のある木曽御嶽山・・・パーフェクトでした✨ 同じルートを引き返す復路は、雪が凍っている所は軽アイゼンを履いているからいいんですが、所々雪が無く石がゴロゴロしている所は軽アイゼンが仇になって、何度も突っかかって転びそうになりました。そして、いい感じに足が疲れてきたところに大判山と千両山の上りがこれでもかと襲いかかってきます。なんとか下山できましたが、最後の方は膝が痛かったー。 膝の痛みは中津川温泉「クアリゾート湯舟沢」で癒しました。 とろとろりんのお湯でした。 https://nakatsugawaonsen.com この時期に恵那山に登ろうなんて、私には到底思いつきません。 なので、こんな素晴らしい景色を見れるなんて、思いがけないことでした。 一緒に登ってくださったリーダーとメンバーの方々のお陰で、貴重な体験ができました。 感謝感謝です。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。