東海自然歩道39日目(通算261日) 川根町身成〜静岡市葵区黒俣

2023.11.24(金) 日帰り

活動データ

タイム

09:28

距離

28.6km

のぼり

1674m

くだり

1542m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
9 時間 28
休憩時間
52
距離
28.6 km
のぼり / くだり
1674 / 1542 m
1
3 24
16
41
26
9
1 54
58

活動詳細

すべて見る

 本日は川根町の山中で500に起床。朝食にはカフェオレとビスケット。フライシートをよく乾かしてから撤収作業を進めて、620に行動開始。  町道一色線の快適な舗装路を東に進む。630に中河内集落を通過。身成川が右手に流れている。  700に一色集落を通過する。標高は240m。このあたりにも子どもがいるようで、スクールバスが追い抜いて行った。  720に上河内登山口に到着。橋を渡って登山道に進む。スギの植林を抜けると茶畑の中。茶畑は山の上のほうまでずっと続いている。  茶畑に見惚れて上り過ぎた。すぐに引き返してコースに復帰した。  800には茶畑は終わり、やや急な上りとなる。ほどなく稜線に至り、835に笑い仏の展望所に到着した。ベンチに腰を下ろしてアップルティーで休憩。  852に行動再開してからはなだらかな稜線の道を歩く。並行して舗装路があるが、地図には掲載されていない。  922に西向(にしむかい)の吊橋を渡る。30mほどの短い吊橋だが、見かけよりよく揺れる。  吊橋のすぐ先に島田市笹間下の説明板。この先はコンクリート舗装路となり、10分ほどで幅員4mほどの高規格林道に変わる。  953にいっぷく高根の展望所に到着した。ザックを下ろして眺望を確認すると、正面には雪を頂いた富士山。感動した。富士山まで歩いてきたんだ。  この先も上りが続く。1018に786mピークを越え、1053に高根山(871m)にようやく到着。西からのアプローチは長かった。  山頂のベンチに腰掛けて南の眺望を楽しむ。ザックからみかんを出して、喉の渇きを癒す。  1105に行動再開し、高根中継所を経て、1123に高根白山神社にお参り。ここには水場あり。  コンクリート舗装路を下り、1203に鼻崎の大杉から県道32号線を左に曲がって蔵田集落に到着。ここは東海自然歩道本線とバイパスとの分岐点。今回は本線に進む。その前に自販機で飲料水を購入。  蔵田からは県道32号線藤枝黒俣線を進む。1235に宇嶺(うとうげ)の滝入口。せっかくなので立ち寄ってみた。落差70mの豪壮な滝で、なかなかの絶景。  この先は県道32号の舗装路をひたすら上る。瀬戸ノ谷から1337に峠を越えて九十九折りの道を下って1350に舟ケ久保集落。家はあるが人気がない。  さらに県道32号線を進み、静岡市境を越えた。1543に坂野集落に着き、黒俣の大イチョウの下で今夜の宿泊地を思案する。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。