滝子山 寂ショウ尾根〜ズミ沢ルート周回

2023.11.24(金) 日帰り

気になっていた滝子山。 鋭く立ち上がる山容は遠くからでもよく目立ち「あのピークは何処の山だろう?」と思っていました。 例の如く暗い中を歩き始めます。 風は強めですが今日は随分と暖かい。 (10℃前後) 今回は最短ルートの寂ショウ尾根から登りました。 波線ルートなのでリボンなどは最小限ですが、踏み跡があるので迷う事は無さそうです。 お楽しみの岩場ですが、ホールドが多いので思ったより苦戦しませんでした。ただしコース取りを間違えると危険な所が数ヶ所あるので、要所要所で確認が必要です。 (岩場以外にも土剥き出しのズルズル道などもあるので「超」初心者の方にはオススメできません。累積標高も1,000m超えなのでハイキング気分だと厳しいと思います。何度か緩めの岩場を経験し「そろそろステップアップ」って人には良いかも知れません) 山頂からは360°パノラマが楽しめます。南アルプスや八ヶ岳は靄?雲?に覆われて見えませんでしたが、富士山から丹沢山地、奥多摩、奥秩父山塊まで見渡せました。標高1,600mでこの景色はかなりお得です。 下りはズミ沢へのルートにて。 滝沿いルートの一部に難路がありますが、殆どは穏やかな登山道となっています。迂回路もありますが滝を眺められないので注意。 終わりかけの紅葉を楽しみながら沢沿いの道を緩々歩きます。渡渉もありますが水量も少ないので問題ありません。いつの間にが道証地蔵登山口に到着し、後は味気ない林道歩きで終了。 それにしてもズミ沢ルートと寂ショウ尾根のキャップが激し過ぎだなぁ。 (6.0kg) 山百 57

夜明け前にスタート
桜公園駐車場は自車のみでした

夜明け前にスタート 桜公園駐車場は自車のみでした

夜明け前にスタート 桜公園駐車場は自車のみでした

寂ショウ尾根はここを右

寂ショウ尾根はここを右

寂ショウ尾根はここを右

だそうです
確かにハイキング気分では✖️

だそうです 確かにハイキング気分では✖️

だそうです 確かにハイキング気分では✖️

序盤の急登を過ぎると後は尾根道が続きます

序盤の急登を過ぎると後は尾根道が続きます

序盤の急登を過ぎると後は尾根道が続きます

やっと日の出

やっと日の出

やっと日の出

右手に滝子山のニセピーク
(と思う)

右手に滝子山のニセピーク (と思う)

右手に滝子山のニセピーク (と思う)

振り返ると三ツ峠山越しの富士山

振り返ると三ツ峠山越しの富士山

振り返ると三ツ峠山越しの富士山

岩場①

岩場①

岩場①

宙に浮く大木(横の枝に引っかかっているだけ)
下をくぐるのがちょっと怖い

宙に浮く大木(横の枝に引っかかっているだけ) 下をくぐるのがちょっと怖い

宙に浮く大木(横の枝に引っかかっているだけ) 下をくぐるのがちょっと怖い

20〜30センチ厚位の一枚岩

20〜30センチ厚位の一枚岩

20〜30センチ厚位の一枚岩

岩場②

岩場②

岩場②

ここまで急登が続きました
足元は土が剥き出しなので、
雨上がりなどはズルズルでしょう

ここまで急登が続きました 足元は土が剥き出しなので、 雨上がりなどはズルズルでしょう

ここまで急登が続きました 足元は土が剥き出しなので、 雨上がりなどはズルズルでしょう

山頂

山頂

山頂

手前は登ってきた尾根かな

手前は登ってきた尾根かな

手前は登ってきた尾根かな

黒岳(甲州市)と雁ヶ腹摺山の間に
チラッと雲取山

黒岳(甲州市)と雁ヶ腹摺山の間に チラッと雲取山

黒岳(甲州市)と雁ヶ腹摺山の間に チラッと雲取山

左の金峰山から
右端の甲武信ヶ岳へ連なる奥秩父山塊

左の金峰山から 右端の甲武信ヶ岳へ連なる奥秩父山塊

左の金峰山から 右端の甲武信ヶ岳へ連なる奥秩父山塊

御坂山地

御坂山地

御坂山地

アップで
左手に黒岳(御坂)
右手は釈迦ヶ岳
間に十二ヶ岳とか鬼ヶ岳、王岳

アップで 左手に黒岳(御坂) 右手は釈迦ヶ岳 間に十二ヶ岳とか鬼ヶ岳、王岳

アップで 左手に黒岳(御坂) 右手は釈迦ヶ岳 間に十二ヶ岳とか鬼ヶ岳、王岳

丹沢山地
正面が丹沢山のはず

丹沢山地 正面が丹沢山のはず

丹沢山地 正面が丹沢山のはず

ズミ沢ルートの下山途中
寂ショウ尾根とのギャップが激しい

ズミ沢ルートの下山途中 寂ショウ尾根とのギャップが激しい

ズミ沢ルートの下山途中 寂ショウ尾根とのギャップが激しい

渡渉①
水量が増えたら大変そう

渡渉① 水量が増えたら大変そう

渡渉① 水量が増えたら大変そう

渡渉②

渡渉②

渡渉②

滝を眺めたいので沢沿い(難路)を進む
荒れ気味なので足元注意

滝を眺めたいので沢沿い(難路)を進む 荒れ気味なので足元注意

滝を眺めたいので沢沿い(難路)を進む 荒れ気味なので足元注意

大小の滝が続く
沢沿いを進みます

大小の滝が続く 沢沿いを進みます

大小の滝が続く 沢沿いを進みます

紅葉も終盤

紅葉も終盤

紅葉も終盤

落ち葉が滞留
脛まで埋まるほど

落ち葉が滞留 脛まで埋まるほど

落ち葉が滞留 脛まで埋まるほど

🍁

🍁

道証地蔵登山口へ出ました
後は林道を進みます

道証地蔵登山口へ出ました 後は林道を進みます

道証地蔵登山口へ出ました 後は林道を進みます

終了
桜公園駐車場の車は増えておらず
道証地蔵の手前に2台ほど停まってました

終了 桜公園駐車場の車は増えておらず 道証地蔵の手前に2台ほど停まってました

終了 桜公園駐車場の車は増えておらず 道証地蔵の手前に2台ほど停まってました

夜明け前にスタート 桜公園駐車場は自車のみでした

寂ショウ尾根はここを右

だそうです 確かにハイキング気分では✖️

序盤の急登を過ぎると後は尾根道が続きます

やっと日の出

右手に滝子山のニセピーク (と思う)

振り返ると三ツ峠山越しの富士山

岩場①

宙に浮く大木(横の枝に引っかかっているだけ) 下をくぐるのがちょっと怖い

20〜30センチ厚位の一枚岩

岩場②

ここまで急登が続きました 足元は土が剥き出しなので、 雨上がりなどはズルズルでしょう

山頂

手前は登ってきた尾根かな

黒岳(甲州市)と雁ヶ腹摺山の間に チラッと雲取山

左の金峰山から 右端の甲武信ヶ岳へ連なる奥秩父山塊

御坂山地

アップで 左手に黒岳(御坂) 右手は釈迦ヶ岳 間に十二ヶ岳とか鬼ヶ岳、王岳

丹沢山地 正面が丹沢山のはず

ズミ沢ルートの下山途中 寂ショウ尾根とのギャップが激しい

渡渉① 水量が増えたら大変そう

渡渉②

滝を眺めたいので沢沿い(難路)を進む 荒れ気味なので足元注意

大小の滝が続く 沢沿いを進みます

紅葉も終盤

落ち葉が滞留 脛まで埋まるほど

🍁

道証地蔵登山口へ出ました 後は林道を進みます

終了 桜公園駐車場の車は増えておらず 道証地蔵の手前に2台ほど停まってました

この活動日記で通ったコース

滝子山 周回コース

  • 06:09
  • 9.0 km
  • 1070 m
  • コース定数 25