【弥彦山】ヤヒコに恋して

2023.11.23(木) 日帰り

活動データ

タイム

04:49

距離

7.1km

のぼり

632m

くだり

632m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 49
休憩時間
1 時間 11
距離
7.1 km
のぼり / くだり
632 / 632 m
23
1 50
1 43
13

活動詳細

すべて見る

勤労感謝の日㊗️ 冬の新潟❄️ですがなんとか晴れてくれてお出かけ日和の祝日🎌です😁 今日はなんと宮城からお友達がやってきます⭐️ うれしいなあ😆 宮城🐟から新潟🌾まではるばる尋ねてくれたのは”もこた”さんと”ちょうゆう”さん👭🏻 今年の3.11震災祈念日に3人で石巻のお山から日の出🌅を拝んで以来の再会となります🤝🏻 せっかく越後🍚に来てくれるのだからお山⛰️も観光👒も楽しんでもらいたい😊 そんな気持ち💗を叶えてくれるお山は「弥彦山(やひこやま)」しか思いつきませんでした😅 山麓の「彌彦(やひこ)神社」から”えちごやツアーズ”、スタートです🥾(笑) 再会🙋🏻‍♂️を懐かしみつつ早朝の静かで厳かな境内⛩️を進んでいきます😙 この季節は紅葉🍁と”菊まつり”の両方で目にも鮮やかな”おやひこさま”でした🌼 越後国一宮⛩️でもあり新潟最大のパワースポット⚡️ともいえるお社で参拝🙏🏻 身も心も清々しく登山道へと入って行きました🥾 彌彦神社⛩️には越後を開闢した神さま「天香山命(あめのかごやまのみこと)」がいまします✨ 弥彦山の頂🚩にはその御神廟があって、弥彦山登山はその登拝の道のりでもあるのでした🙏🏻 山友さんと共に弥彦の自然🌳を満喫できることに感謝しながら登って行きました🥾 この弥彦山登山ツアー(笑)の様子はフォトライブラリ🖼️に綴ります📝 お天気にも恵まれて本当に楽しい山行🎒となりました🥳 山頂では素晴らしい眺望🏞️が待っていて、 紺碧の日本海🛥️も雪を戴く山並み🏔️も豊かな越後平野🍙も楽しむことができました💯 これにはおふたりも喜んでくださったのでよかったです😊 せっかく遠くから来ていただいてお天気が悪かったりガスっていたら残念ですもんね😅 まさに”おやひこさま”が歓迎してくれたんだなあと有り難く感謝いたしました🙏🏻 弥彦山を下山後は温泉♨️で汗を流し、長岡🏯まで生姜醤油ラーメン🍜を食べに行きました(笑) いろんなところにお連れして、いろんなものを見て食べて楽しんで欲しかったのですが、 いかんせん時間には限りがある🥲 新潟には美味しいもの🍚や見どころ🍁が盛りだくさんなのです😁 それはまたのお楽しみということで😉(笑) もこたさんとちょうゆうさんと「弥彦山」を楽しんできました🥾 寒い冬に車中泊🥶までして越後まで来てくれたおふたりには感謝しかありません🙇🏻‍♂️ いつものお山もグルメも温泉も、共に登る仲間と季節が変われば全く違って楽しめますね✨ そこがお山の楽しいところでもあると再認識できました😊 おふたりには弥彦山のこと、越後のこと、気に入っていただけたかなあ😝 ぜひ宮城や東北の方々にこの魅力と味覚(笑)を伝導していただければ嬉しい限りです👍🏻 本当にありがとうございました😌

弥彦山・多宝山・雨乞山 今日は「弥彦山」を登る
もちろんこの時期に来たのは初めてだが、菊まつり&紅葉まつりを開催していて人気があるようだ
越後最大のパワースポットを存分に楽しみたい
今日は「弥彦山」を登る もちろんこの時期に来たのは初めてだが、菊まつり&紅葉まつりを開催していて人気があるようだ 越後最大のパワースポットを存分に楽しみたい
弥彦山・多宝山・雨乞山 そしてナ!ナント!!
スペシャルゲスト弥彦むすめの皆さんと一緒なのである(笑)
はるばる宮城から遠征&会いに来てくださった
懐かしい面々に再会できてうれすぃなや〜
今日は時間の許す限りこのシュガーベイブ達と楽しみ尽くそう(笑)
そしてナ!ナント!! スペシャルゲスト弥彦むすめの皆さんと一緒なのである(笑) はるばる宮城から遠征&会いに来てくださった 懐かしい面々に再会できてうれすぃなや〜 今日は時間の許す限りこのシュガーベイブ達と楽しみ尽くそう(笑)
弥彦山・多宝山・雨乞山 一の鳥居から続く参道沿いに、端正な菊花がズラリと飾られている
早朝ゆえ貸切状態で楽しめた
写活がはかどるちょうゆうさん
一の鳥居から続く参道沿いに、端正な菊花がズラリと飾られている 早朝ゆえ貸切状態で楽しめた 写活がはかどるちょうゆうさん
弥彦山・多宝山・雨乞山 ”おもかる石”にご案内
津軽藩主との逸話も残る霊石、越後と東北のつながりを今に伝えるものでもある
重さの感じ方で願い事の叶う時期が変わるともいう
いやん、持ち上がらなーい♡などとのたまうもこたさん、
おりゃあ!と頭上高々と持ち上げた(←やや誇張)ちょうゆうさん
ナイスコンビである(笑)
この弥彦むすめ達の願いはきっと叶うことであろう
”おもかる石”にご案内 津軽藩主との逸話も残る霊石、越後と東北のつながりを今に伝えるものでもある 重さの感じ方で願い事の叶う時期が変わるともいう いやん、持ち上がらなーい♡などとのたまうもこたさん、 おりゃあ!と頭上高々と持ち上げた(←やや誇張)ちょうゆうさん ナイスコンビである(笑) この弥彦むすめ達の願いはきっと叶うことであろう
弥彦山・多宝山・雨乞山 境内にはまだまだ紅葉が残っていた
厳かな社叢にビビッドな色彩がよく似合っていた
境内にはまだまだ紅葉が残っていた 厳かな社叢にビビッドな色彩がよく似合っていた
弥彦山・多宝山・雨乞山 菊まつり開催中の彌彦神社
特別にこしらえた飾りもあった
霊峰白山だって!
どこがやねんと思っていたが、
よくよく見たら中段真ん中あたりがどうやら室堂あたりになっていて白山神社がこしらえてある
そして最上段左側に御前峰の奥社が!
まさに弥陀ヶ原から上の白山の様子になっている
これは素晴らしいな
菊まつり開催中の彌彦神社 特別にこしらえた飾りもあった 霊峰白山だって! どこがやねんと思っていたが、 よくよく見たら中段真ん中あたりがどうやら室堂あたりになっていて白山神社がこしらえてある そして最上段左側に御前峰の奥社が! まさに弥陀ヶ原から上の白山の様子になっている これは素晴らしいな
弥彦山・多宝山・雨乞山 菊花の参道を歩く山ガール
静かな神社は落ち着くなあ
お山も神社も早朝が良いね
菊花の参道を歩く山ガール 静かな神社は落ち着くなあ お山も神社も早朝が良いね
弥彦山・多宝山・雨乞山 そして越後国一宮「彌彦神社」本殿へ
うーん、眺めているだけで身も心も洗われるようだ(笑)
越後を拓いた「伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)」すなわち天香山命が祀られている
新潟屈指のパワースポットである
そして越後国一宮「彌彦神社」本殿へ うーん、眺めているだけで身も心も洗われるようだ(笑) 越後を拓いた「伊夜日子大神(いやひこのおおかみ)」すなわち天香山命が祀られている 新潟屈指のパワースポットである
弥彦山・多宝山・雨乞山 もちろん登山前に参拝をしていく
霊験あらたかな神社、いろんな御利益を授けてくださる
願い事、叶いますように
もちろん登山前に参拝をしていく 霊験あらたかな神社、いろんな御利益を授けてくださる 願い事、叶いますように
弥彦山・多宝山・雨乞山 スギの社叢を抜けていよいよ登山口へ
弥彦むすめ達も一礼して聖なるお山へいざ行かん
スギの社叢を抜けていよいよ登山口へ 弥彦むすめ達も一礼して聖なるお山へいざ行かん
弥彦山・多宝山・雨乞山 おっと出たよ、出たでた(笑)
有名なやつ、撮るよね〜
ちびトトロとメイちゃん!?
なんかお顔が銭形警部に似ているような…
すみません、気のせいです
おっと出たよ、出たでた(笑) 有名なやつ、撮るよね〜 ちびトトロとメイちゃん!? なんかお顔が銭形警部に似ているような… すみません、気のせいです
弥彦山・多宝山・雨乞山 弥彦の森を登っていく
登山道はよく整備されている
話しながら登るにはありがたい
祝日の朝とはいえ、もう降ってくる人たちもいてたいそう賑わっている
誰からも愛される弥彦山を実感
弥彦の森を登っていく 登山道はよく整備されている 話しながら登るにはありがたい 祝日の朝とはいえ、もう降ってくる人たちもいてたいそう賑わっている 誰からも愛される弥彦山を実感
弥彦山・多宝山・雨乞山 おふたりもスンスン進んでいく
車中泊とはいえ寝不足なはず
今日はのんびり行きませう
おふたりもスンスン進んでいく 車中泊とはいえ寝不足なはず 今日はのんびり行きませう
弥彦山・多宝山・雨乞山 山中も紅葉がまだまだ見頃だった
こんなビュースポットもある
ナイスですねえ
山中も紅葉がまだまだ見頃だった こんなビュースポットもある ナイスですねえ
弥彦山・多宝山・雨乞山 尾根筋に出ると弥彦山山頂部が見えてくる
山肌に錦繍が残っていた
冬の青空とともに目に鮮やかに映る
今日はお天気になってよかった
尾根筋に出ると弥彦山山頂部が見えてくる 山肌に錦繍が残っていた 冬の青空とともに目に鮮やかに映る 今日はお天気になってよかった
弥彦山・多宝山・雨乞山 登山道脇で作業していたおじさんに何故か土嚢を渡されるワテ(笑)
5合目先の現場まで持って行ってほしいとのこと
こうして登山道の整備をしてくださっているんだね
任せてけろ!
サンタさん気分で担いでいった
中身は土だけどな(笑)
登山道脇で作業していたおじさんに何故か土嚢を渡されるワテ(笑) 5合目先の現場まで持って行ってほしいとのこと こうして登山道の整備をしてくださっているんだね 任せてけろ! サンタさん気分で担いでいった 中身は土だけどな(笑)
弥彦山・多宝山・雨乞山 木段の多い登山道
坂もキツくて大変になってきたがるんるん気分♪でGO!
木段の多い登山道 坂もキツくて大変になってきたがるんるん気分♪でGO!
弥彦山・多宝山・雨乞山 5合目到着
この鳥居から山頂の御神廟を遥拝できるようだ
ここでさっきの作業員のおじさんに抜かれる(笑)
決してサボっているわけじゃないことを伝えるハメになった(爆)
5合目到着 この鳥居から山頂の御神廟を遥拝できるようだ ここでさっきの作業員のおじさんに抜かれる(笑) 決してサボっているわけじゃないことを伝えるハメになった(爆)
弥彦山・多宝山・雨乞山 遅くなったが土嚢を現場にお渡ししてさらに進んでいく
この辺りから露岩のトレイルになる
ある意味このコースの核心部といえようか
遅くなったが土嚢を現場にお渡ししてさらに進んでいく この辺りから露岩のトレイルになる ある意味このコースの核心部といえようか
弥彦山・多宝山・雨乞山 岩場の道の中ほどで山男よりのメッセージボードが出てくる
シャイで不器用な山男の親切心を心に刻みつつ先を急ぐ
岩場の道の中ほどで山男よりのメッセージボードが出てくる シャイで不器用な山男の親切心を心に刻みつつ先を急ぐ
弥彦山・多宝山・雨乞山 岩場をクリアしてもまだまだ元気な弥彦むすめ達
弥彦ブギウギ お山ウキウキ♪
お足ズキズキ ワクワク♪
岩場をクリアしてもまだまだ元気な弥彦むすめ達 弥彦ブギウギ お山ウキウキ♪ お足ズキズキ ワクワク♪
弥彦山・多宝山・雨乞山 7合目には水場がある
「御神水」
こんな低山の山頂近くなのにこんこんと湧き出している
さほど冷たくはないがお味は申し分なかった
7合目には水場がある 「御神水」 こんな低山の山頂近くなのにこんこんと湧き出している さほど冷たくはないがお味は申し分なかった
弥彦山・多宝山・雨乞山 登山道沿いに花はなくてもキノコはある時期
ちょうゆうさんがキノコに詳しいようなので色々聞いてみた
ホントによう知っとる!
ご謙遜されるのだが少なくともカタギには語れない知識をお持ちである
キノコ博士に認定させていただいた(笑)
登山道沿いに花はなくてもキノコはある時期 ちょうゆうさんがキノコに詳しいようなので色々聞いてみた ホントによう知っとる! ご謙遜されるのだが少なくともカタギには語れない知識をお持ちである キノコ博士に認定させていただいた(笑)
弥彦山・多宝山・雨乞山 やっと稜線上に出た
まずはレストハウスへと向かった
タワーがあるのだが、興味津々のお二人
なんでも日本三景松島にも昔こんなんがあったらしい
弥彦山はレトロチックな雰囲気が楽しめる観光地でもある
やっと稜線上に出た まずはレストハウスへと向かった タワーがあるのだが、興味津々のお二人 なんでも日本三景松島にも昔こんなんがあったらしい 弥彦山はレトロチックな雰囲気が楽しめる観光地でもある
弥彦山・多宝山・雨乞山 レストハウス前は大展望
お天気が良くて最高!
こんなのを小春日和っていうんかな
ナイスインディアンサマー
レストハウス前は大展望 お天気が良くて最高! こんなのを小春日和っていうんかな ナイスインディアンサマー
弥彦山・多宝山・雨乞山 展望デッキからは日本海と紅葉がバッチグー
この紺碧は日本海特有だと思う
太平洋や南の海とも違うブルーにシビれる
水平線には佐渡島
弥彦山の誇る絶景である
展望デッキからは日本海と紅葉がバッチグー この紺碧は日本海特有だと思う 太平洋や南の海とも違うブルーにシビれる 水平線には佐渡島 弥彦山の誇る絶景である
弥彦山・多宝山・雨乞山 弥彦山と稜線続きの「多宝山」を見やる
スカイラインで近くまで上がってこられる
今日は頭文字D的な走り屋さんが大集合
今週末で冬季閉鎖だからその前に思い出作りの走行会かな
弥彦山と稜線続きの「多宝山」を見やる スカイラインで近くまで上がってこられる 今日は頭文字D的な走り屋さんが大集合 今週末で冬季閉鎖だからその前に思い出作りの走行会かな
弥彦山・多宝山・雨乞山 弥彦山はいろんな景色が楽しめる
そして山ガールのよく似合うお山である
弥彦山はいろんな景色が楽しめる そして山ガールのよく似合うお山である
弥彦山・多宝山・雨乞山 ゆっくり休憩したところでいよいよ山頂を目指す
電波塔いっぱい建ってるけど八木山ぢゃないんだからね
ゆっくり休憩したところでいよいよ山頂を目指す 電波塔いっぱい建ってるけど八木山ぢゃないんだからね
弥彦山・多宝山・雨乞山 山頂に行くにはこのコンクリ階段が厄介(笑)
ビミョーな段差に脚がもたつく
ロープウェイで来た観光客もこればかりは自力でクリアせねばならぬ
山頂に行くにはこのコンクリ階段が厄介(笑) ビミョーな段差に脚がもたつく ロープウェイで来た観光客もこればかりは自力でクリアせねばならぬ
弥彦山・多宝山・雨乞山 冬枯れの稜線
左手には越後平野、右手には日本海
左右の斜面で樹々の植生も生え方も違うようだ
もうすぐここも真っ白になる
そして春が来ればカタクリが咲きギフチョウが舞う
なんでもないような道に越後の四季を想う
冬枯れの稜線 左手には越後平野、右手には日本海 左右の斜面で樹々の植生も生え方も違うようだ もうすぐここも真っ白になる そして春が来ればカタクリが咲きギフチョウが舞う なんでもないような道に越後の四季を想う
弥彦山・多宝山・雨乞山 遊歩道が全面コンクリ舗装になると御神廟はもう近い
そしてここでは大絶景が見られるのである
弥彦むすめさん達も気がついたようで…
遊歩道が全面コンクリ舗装になると御神廟はもう近い そしてここでは大絶景が見られるのである 弥彦むすめさん達も気がついたようで…
弥彦山・多宝山・雨乞山 オーマイガー!
ワンダホー!
そんな言葉しか出てこない
越後平野の大パノラマ
おふたりにはこの景色をぜひ見てほしかった
ホント晴れてよかったよ
オーマイガー! ワンダホー! そんな言葉しか出てこない 越後平野の大パノラマ おふたりにはこの景色をぜひ見てほしかった ホント晴れてよかったよ
弥彦山・多宝山・雨乞山 大展望を楽しんだら御神廟の鳥居をくぐっていく
山頂はこの先にある
大展望を楽しんだら御神廟の鳥居をくぐっていく 山頂はこの先にある
弥彦山・多宝山・雨乞山 それでもこの先はずっと大パノラマが続く
思わず足を止めて見入ってしまう
越後の絶景、脳裏に焼き付けて帰ってほしい
それでもこの先はずっと大パノラマが続く 思わず足を止めて見入ってしまう 越後の絶景、脳裏に焼き付けて帰ってほしい
弥彦山・多宝山・雨乞山 そしてついに山頂へ
「弥彦山」標高634m登頂
やったね
ようこそ弥彦へ
ようこそ越後へ
そしてついに山頂へ 「弥彦山」標高634m登頂 やったね ようこそ弥彦へ ようこそ越後へ
弥彦山・多宝山・雨乞山 「御神廟」の前までやってきた
ここは彌彦神社の御祭神「天香山命(あめのかごやまのみこと)」とその妃神「熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)」が鎮座
この天香山命こそがこの地に製塩、漁業、農耕、酒造を伝えたのだという
天照大神のひ孫ということだが、大和王権と親しかった越後の大豪族だったのだと思う
日本海に接し越後平野の中央に位置する弥彦から越の国が栄えていったのは道理に適うのである
「御神廟」の前までやってきた ここは彌彦神社の御祭神「天香山命(あめのかごやまのみこと)」とその妃神「熟穂屋姫命(うましほやひめのみこと)」が鎮座 この天香山命こそがこの地に製塩、漁業、農耕、酒造を伝えたのだという 天照大神のひ孫ということだが、大和王権と親しかった越後の大豪族だったのだと思う 日本海に接し越後平野の中央に位置する弥彦から越の国が栄えていったのは道理に適うのである
弥彦山・多宝山・雨乞山 御神廟の前で記念撮影させていただいた
今日はお天気もよく絶景も見られた
そしてもこたさんとちょうゆうさんに越後の地で再会できた
こんなありがたいことはない
ご縁を結んでくださった”おやひこさま”に感謝感謝である
御神廟の前で記念撮影させていただいた 今日はお天気もよく絶景も見られた そしてもこたさんとちょうゆうさんに越後の地で再会できた こんなありがたいことはない ご縁を結んでくださった”おやひこさま”に感謝感謝である
弥彦山・多宝山・雨乞山 御神廟参拝の後もなお大絶景を楽しんでいく
はるか続く越後平野の向こうにとりわけ白くて巨大な山脈を認める
「飯豊連峰」であった
あの”壁”の向こうに福島、山形、宮城がある
見るからに素晴らしい景色である
東北方面には他にも「朝日連峰」が見えていた
登山客の中には「鳥海山」まで見えるという人もいた
そんな懐かしいお山の名前をここで見聞きできてうれしかった
御神廟参拝の後もなお大絶景を楽しんでいく はるか続く越後平野の向こうにとりわけ白くて巨大な山脈を認める 「飯豊連峰」であった あの”壁”の向こうに福島、山形、宮城がある 見るからに素晴らしい景色である 東北方面には他にも「朝日連峰」が見えていた 登山客の中には「鳥海山」まで見えるという人もいた そんな懐かしいお山の名前をここで見聞きできてうれしかった
弥彦山・多宝山・雨乞山 視点を変えて長岡方面を見やる
越後平野はなおも続きその中を「信濃川」が滔々と流れていく
ここから見える山並みは越後山脈
北から「守門岳」「平ヶ岳」「越後三山」「巻機山」と名だたる峰々が連なっていた
またその山並みの中にあって思いがけず東北最高峰「燧ヶ岳」が見えたのもよかった
視点を変えて長岡方面を見やる 越後平野はなおも続きその中を「信濃川」が滔々と流れていく ここから見える山並みは越後山脈 北から「守門岳」「平ヶ岳」「越後三山」「巻機山」と名だたる峰々が連なっていた またその山並みの中にあって思いがけず東北最高峰「燧ヶ岳」が見えたのもよかった
弥彦山・多宝山・雨乞山 日本海の沿岸沿いの風景も心にしみるものがあった
寺泊、出雲崎、刈羽、柏崎と延びる海岸の先に「米山」がそびえ、
その奥にはなんと上越の頚城三山すなわち「妙高山」「火打山」「焼山」が見えるのであった
さらにその右手にはうっすらではあるが白く輝く「後立山連峰」
弥彦山も晴れればここまで絶景に恵まれるのかと大興奮した
日本海の沿岸沿いの風景も心にしみるものがあった 寺泊、出雲崎、刈羽、柏崎と延びる海岸の先に「米山」がそびえ、 その奥にはなんと上越の頚城三山すなわち「妙高山」「火打山」「焼山」が見えるのであった さらにその右手にはうっすらではあるが白く輝く「後立山連峰」 弥彦山も晴れればここまで絶景に恵まれるのかと大興奮した
弥彦山・多宝山・雨乞山 そして穏やかな海
冬の日本海とは思えないわ(笑)
今日は北朝鮮まで見えるね、と言ったらそれを信じかけたもこたさん(爆)
なんかすいません、そしてありがとう
そして穏やかな海 冬の日本海とは思えないわ(笑) 今日は北朝鮮まで見えるね、と言ったらそれを信じかけたもこたさん(爆) なんかすいません、そしてありがとう
弥彦山・多宝山・雨乞山 ここでおやつ休憩(笑)
たくさん差し入れてくれた
超うれしい
ちょうゆうさんから少し早いお年玉か!
と思ったらお手紙、岩岳での奇跡的な出会いのことも綴られていて感慨深かった
ご縁に感謝である
ここでおやつ休憩(笑) たくさん差し入れてくれた 超うれしい ちょうゆうさんから少し早いお年玉か! と思ったらお手紙、岩岳での奇跡的な出会いのことも綴られていて感慨深かった ご縁に感謝である
弥彦山・多宝山・雨乞山 ちょうゆうさんがぜんざいを作ってくださった
美味しゅうなあれ、美味しゅうなあれ
白玉にひと手間かけた逸品、誠に超優なお味であった
お腹もココロもあったまってから名残惜しくも下山に移った
ちょうゆうさんがぜんざいを作ってくださった 美味しゅうなあれ、美味しゅうなあれ 白玉にひと手間かけた逸品、誠に超優なお味であった お腹もココロもあったまってから名残惜しくも下山に移った
弥彦山・多宝山・雨乞山 山麓の神社まで下ってくると大混雑であった
もう初詣か?と思ったわ(笑)
すごい人気だねえ
でも神社にたくさん人が集まるのは悪くないことのように思える
おやひこさま、愛されてますなあ
山麓の神社まで下ってくると大混雑であった もう初詣か?と思ったわ(笑) すごい人気だねえ でも神社にたくさん人が集まるのは悪くないことのように思える おやひこさま、愛されてますなあ
弥彦山・多宝山・雨乞山 おふたりにとって今日の弥彦山はどうだったろうか
弥彦山や越後のことを東北宮城のお友達にもぜひ米百俵の精神で伝えてほしいものである(←意味不明)
おふたりにとって今日の弥彦山はどうだったろうか 弥彦山や越後のことを東北宮城のお友達にもぜひ米百俵の精神で伝えてほしいものである(←意味不明)
弥彦山・多宝山・雨乞山 下山後の温泉は「だいろの湯」へ
彌彦神社からクルマで5分くらいだからサクッと入れて良い
見上げれば紅葉の多宝山が綺麗だった
下山後の温泉は「だいろの湯」へ 彌彦神社からクルマで5分くらいだからサクッと入れて良い 見上げれば紅葉の多宝山が綺麗だった
弥彦山・多宝山・雨乞山 新潟も温泉は多いがどうしても温泉王国東北には負ける気がする(笑)
それでもここは泉質も含めてなかなかに浸かり甲斐のある温泉である
”だいろ”とはここの方言で”でんでん虫”のことだそうだ
そんな気分でのんびりゆっくり寛ぐことが出来た
新潟も温泉は多いがどうしても温泉王国東北には負ける気がする(笑) それでもここは泉質も含めてなかなかに浸かり甲斐のある温泉である ”だいろ”とはここの方言で”でんでん虫”のことだそうだ そんな気分でのんびりゆっくり寛ぐことが出来た
弥彦山・多宝山・雨乞山 湯上がりに一杯、何飲んでるのかな?
ええっ!カニコーラだとぅ!!
俺でもまだ飲んだことないのに、チャレンジャーやな
しかも小指立ってるところがハクイ(笑)
よくよく見たら微妙に曲げているよ
よもやよもや、カニのハサミをイメージしてのことか!?
やられた(爆)
湯上がりに一杯、何飲んでるのかな? ええっ!カニコーラだとぅ!! 俺でもまだ飲んだことないのに、チャレンジャーやな しかも小指立ってるところがハクイ(笑) よくよく見たら微妙に曲げているよ よもやよもや、カニのハサミをイメージしてのことか!? やられた(爆)
弥彦山・多宝山・雨乞山 腹が、減った(笑)
下山メシは何食べよう
へぎそば、タレカツ丼、イタリアン、のっぺ汁、栃尾あぶらげ、それこそ海鮮系もあって大いに迷う(笑)が、
我がホーム長岡の生姜醤油ラーメンをご賞味いただくこととなった
お店はそれこそ色々あるがファミリーや女性客も多いココにした
いまだに”たいち”なのか”ちいた”なのかハッキリしない
腹が、減った(笑) 下山メシは何食べよう へぎそば、タレカツ丼、イタリアン、のっぺ汁、栃尾あぶらげ、それこそ海鮮系もあって大いに迷う(笑)が、 我がホーム長岡の生姜醤油ラーメンをご賞味いただくこととなった お店はそれこそ色々あるがファミリーや女性客も多いココにした いまだに”たいち”なのか”ちいた”なのかハッキリしない
弥彦山・多宝山・雨乞山 行列店だが待っている間にも食欲増進
そして長岡生姜醤油ラーメンが運ばれてきた
果たしておふたりの口にあっただろうか
チャーシュー麺一択であるが、俺はあえてその大盛を所望
女性陣の前ではマッチョアピールをしたいし(←アホ)、
何より食いしん坊的にはうまいものは腹一杯食べたいものである
どんぶりが不自然にデカく見えるのは別に遠近感のせいではないのである
以前特盛で泣かされたので大盛にスケールダウンしたものの、
今回も危うく返り討ちに遭うところだった
ちなみに男性客の大半は大盛以上を所望する
よって、ここの大盛が完食出来なくなったら男として枯れた時であると覚悟している(←バカ)
行列店だが待っている間にも食欲増進 そして長岡生姜醤油ラーメンが運ばれてきた 果たしておふたりの口にあっただろうか チャーシュー麺一択であるが、俺はあえてその大盛を所望 女性陣の前ではマッチョアピールをしたいし(←アホ)、 何より食いしん坊的にはうまいものは腹一杯食べたいものである どんぶりが不自然にデカく見えるのは別に遠近感のせいではないのである 以前特盛で泣かされたので大盛にスケールダウンしたものの、 今回も危うく返り討ちに遭うところだった ちなみに男性客の大半は大盛以上を所望する よって、ここの大盛が完食出来なくなったら男として枯れた時であると覚悟している(←バカ)
弥彦山・多宝山・雨乞山 ラーメンの後はリクエストがあり長岡駅の「ぽんしゅ館」に立ち寄った
全員今日は飲めないが酒処越後の雰囲気だけでも堪能しに訪れた
ふたりともこの光景&システムに圧倒されていたようだった(笑)
ラーメンの後はリクエストがあり長岡駅の「ぽんしゅ館」に立ち寄った 全員今日は飲めないが酒処越後の雰囲気だけでも堪能しに訪れた ふたりともこの光景&システムに圧倒されていたようだった(笑)
弥彦山・多宝山・雨乞山 呑んでなくても上機嫌(笑)
いや〜マジで立ち呑みしたかったねえ
今度はぜひ泊まりで新潟を楽しんでほしい
呑んでなくても上機嫌(笑) いや〜マジで立ち呑みしたかったねえ 今度はぜひ泊まりで新潟を楽しんでほしい
弥彦山・多宝山・雨乞山 今日の戦利品(笑)
ぽんしゅ館で買った”雪男”と”雪色ソーダ”
”ルレクチェ”は帰りにスーパーで所望
ルレクチェとは聞きなれないが新潟特産の洋梨であり、ちょうど昨日解禁されたばかり
一度食べてみたかった
フルーチェみたいな味がするんだろうか(←チェだけやん)
今日の戦利品(笑) ぽんしゅ館で買った”雪男”と”雪色ソーダ” ”ルレクチェ”は帰りにスーパーで所望 ルレクチェとは聞きなれないが新潟特産の洋梨であり、ちょうど昨日解禁されたばかり 一度食べてみたかった フルーチェみたいな味がするんだろうか(←チェだけやん)
弥彦山・多宝山・雨乞山 あっという間に夕方、お別れの時が来た
これから東北まで遠路帰るおふたりを手ブラ(←言い方書き方)で返すのはえちごやの名折れ
ささやかながらお土産を用意してきていたのでお持ち帰りしていただいた
本当に今日は楽しかった
別れ際はなんだか子や孫と再び離れ離れになるじいちゃんの気分だった(笑)
またいつか、達者でな
風呂入れよ、歯磨けよ
気いつけて帰るんよ
あっという間に夕方、お別れの時が来た これから東北まで遠路帰るおふたりを手ブラ(←言い方書き方)で返すのはえちごやの名折れ ささやかながらお土産を用意してきていたのでお持ち帰りしていただいた 本当に今日は楽しかった 別れ際はなんだか子や孫と再び離れ離れになるじいちゃんの気分だった(笑) またいつか、達者でな 風呂入れよ、歯磨けよ 気いつけて帰るんよ
弥彦山・多宝山・雨乞山 お土産を渡した時にちょうゆうさんもまた俺にお土産をくださった
宮城の高いお酒&高級茶漬け!
なんとまあ、痛み入ります
ありがとうごぜえますだ
お土産を渡した時にちょうゆうさんもまた俺にお土産をくださった 宮城の高いお酒&高級茶漬け! なんとまあ、痛み入ります ありがとうごぜえますだ
弥彦山・多宝山・雨乞山 長岡に帰ってその夜はいただいた宮城の地酒と佐渡の南蛮海老を合わせた
新潟と宮城、日本海と太平洋のマリアージュ(笑)
しみるねえ
弥彦むすめ達との山行の余韻に浸りつつ、しみじみと酔った
長岡に帰ってその夜はいただいた宮城の地酒と佐渡の南蛮海老を合わせた 新潟と宮城、日本海と太平洋のマリアージュ(笑) しみるねえ 弥彦むすめ達との山行の余韻に浸りつつ、しみじみと酔った
弥彦山・多宝山・雨乞山 弥彦山の山頂にある御神廟
ここで3人揃って御朱印をいただいた
お天気も良く登山も楽しめた
もこたさんもちょうゆうさんも無事に宮城にお帰りになった
今日の佳き日はおやひこさまの思し召しだったと思いたい
ありがたいことである
弥彦山の山頂にある御神廟 ここで3人揃って御朱印をいただいた お天気も良く登山も楽しめた もこたさんもちょうゆうさんも無事に宮城にお帰りになった 今日の佳き日はおやひこさまの思し召しだったと思いたい ありがたいことである
弥彦山・多宝山・雨乞山 宮城の友と「弥彦山」を登ることが出来た
わざわざ遠方から会いに来てくださり、さらにはお山にまで共に登ってくださるなど、なかなかあることではない
また機会があれば今日お伝えできなかった越後の素晴らしいところを楽しんでいただきたい
おふたりには心より感謝申し上げる
ありがとうございました
宮城の友と「弥彦山」を登ることが出来た わざわざ遠方から会いに来てくださり、さらにはお山にまで共に登ってくださるなど、なかなかあることではない また機会があれば今日お伝えできなかった越後の素晴らしいところを楽しんでいただきたい おふたりには心より感謝申し上げる ありがとうございました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。