旧八木沢峠と未知なる沢下り 2023-11-21

2023.11.21(火) 日帰り

活動データ

タイム

05:16

距離

16.9km

のぼり

857m

くだり

873m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 16
休憩時間
0
距離
16.9 km
のぼり / くだり
857 / 873 m
4 44
32

活動詳細

すべて見る

あまり期待せずに赴いた沢は刺激的でした。

飯舘村 本日は旧八木沢峠を攻略すべく八木沢トンネル脇から出発
本日は旧八木沢峠を攻略すべく八木沢トンネル脇から出発
飯舘村 石積み擁壁が旧道感を醸し出す
石積み擁壁が旧道感を醸し出す
飯舘村 旧道にはいくつか暗渠が設けてある。幾つかはまだ機能しているようだ
旧道にはいくつか暗渠が設けてある。幾つかはまだ機能しているようだ
飯舘村 ちょっと登るとガードケーブルの支柱と思われるコンクリート製杭が現れる
ちょっと登るとガードケーブルの支柱と思われるコンクリート製杭が現れる
飯舘村 さらに上にはガードレールの支柱も残っている
さらに上にはガードレールの支柱も残っている
飯舘村 このカードレールは元々はガードケーブルが設けてあったらしくコンクリート製杭と鉄製ガードレール杭が並んで残っている。
このカードレールは元々はガードケーブルが設けてあったらしくコンクリート製杭と鉄製ガードレール杭が並んで残っている。
飯舘村 さらに上では意図的な感じで礫塊が積み上げてある。以前来たときに疑問に思った光景
さらに上では意図的な感じで礫塊が積み上げてある。以前来たときに疑問に思った光景
飯舘村 ガードレールは残存し旧道中央に盛り上げられた礫塊。その脇に溝、どうも排水溝代わりに利用したっぽく感じる
ガードレールは残存し旧道中央に盛り上げられた礫塊。その脇に溝、どうも排水溝代わりに利用したっぽく感じる
飯舘村 現道との交差点
現道との交差点
飯舘村 さらに旧道は登ってゆく
さらに旧道は登ってゆく
飯舘村 上を見上げると…
現道はあの位置になかった筈だが…
上を見上げると… 現道はあの位置になかった筈だが…
飯舘村 懐かしの警笛ならせの道路標識
懐かしの警笛ならせの道路標識
飯舘村 見えていた道路擁壁はなんと旧道のものだった。現役道と見紛うばかりの擁壁と路盤が崩れて中に浮いたガードレール
見えていた道路擁壁はなんと旧道のものだった。現役道と見紛うばかりの擁壁と路盤が崩れて中に浮いたガードレール
飯舘村 ガードレールが宙に浮いた地点はかろうじて根付いた木が人が通行するだけのスペースを守っていた。現在も道路として地図に記載されている構造物の矜持といったところか
ガードレールが宙に浮いた地点はかろうじて根付いた木が人が通行するだけのスペースを守っていた。現在も道路として地図に記載されている構造物の矜持といったところか
飯舘村 旧八木沢峠は切り通しで迎えてくれた。この先は工事用道路として現役である。
旧八木沢峠は切り通しで迎えてくれた。この先は工事用道路として現役である。
飯舘村 旧八木沢峠訪問も終わりただ帰るのも何なので峠の南、地形図に名前が乗ってない川に沿って道の線形が表示されているので向かってみるがこれが予想外の道だった
旧八木沢峠訪問も終わりただ帰るのも何なので峠の南、地形図に名前が乗ってない川に沿って道の線形が表示されているので向かってみるがこれが予想外の道だった
飯舘村 見える!見えるぞ!私にも道が見える!
沢に沿って古道が残っているのが見える。
正直写真では分かりにくいのが残念であるが
見える!見えるぞ!私にも道が見える! 沢に沿って古道が残っているのが見える。 正直写真では分かりにくいのが残念であるが
飯舘村 明らかに人工的な切り通しもある。
これだけの労力をかけるということは相当重要視された道筋だったのだろう。
明らかに人工的な切り通しもある。 これだけの労力をかけるということは相当重要視された道筋だったのだろう。
飯舘村 こっちは自然の造形。切り取ったように垂直な岩肌。写真でほとんど伝わらないのが残念。
こっちは自然の造形。切り取ったように垂直な岩肌。写真でほとんど伝わらないのが残念。
飯舘村 最近人の通った形跡が全くない旧道ではこの紅葉を見たのは自分だけと一人山中で悦に浸る
最近人の通った形跡が全くない旧道ではこの紅葉を見たのは自分だけと一人山中で悦に浸る
飯舘村 沢を下ること約一時間、林道に出る。確かに楽しい道ではあるが危険な道であり緊張しっぱなしであった。やっぱり車両通行可能な道に帰ってくるとホッとする。
沢を下ること約一時間、林道に出る。確かに楽しい道ではあるが危険な道であり緊張しっぱなしであった。やっぱり車両通行可能な道に帰ってくるとホッとする。
飯舘村 林道を下り県道12号線を横断、そこから林道植の畑線に登るがその途中地形図に乗っている建物があるか確認。つぶれた物置みたいなものが確認できたがもう数十年は放置された状態のものであった
林道を下り県道12号線を横断、そこから林道植の畑線に登るがその途中地形図に乗っている建物があるか確認。つぶれた物置みたいなものが確認できたがもう数十年は放置された状態のものであった
飯舘村 最後に八木沢道現道から旧道の擁壁を覗いてみる。おそらく現役道として使われた時間よりも旧道化して放置されている時間の方が長いのだろうがあと数十年はこのまま残りそうな感じである。
最後に八木沢道現道から旧道の擁壁を覗いてみる。おそらく現役道として使われた時間よりも旧道化して放置されている時間の方が長いのだろうがあと数十年はこのまま残りそうな感じである。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。