風林火山バッジを求めて② 昇仙峡(弥三郎岳)で「風」獲得

2023.11.20(月) 日帰り

注意情報

この活動日記は、現在は立入禁止となっている区域を含んでいる可能性があります。
事前に現地の最新情報を確認して行動をしてください。

立入禁止区域を確認する

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 53
休憩時間
1 時間 9
距離
14.9 km
のぼり / くだり
995 / 750 m
25
1
7
2
4
6
3
1 27

活動詳細

すべて見る

山梨県央2023キャンペーンのバッジを目指して!この日の2箇所目として昇仙峡に行きました😄 本当は一周したかったのですが、登頂記録うまく取れておらず通過した山頂に戻る羽目になり😣 白砂山に向かう気が失せて半端な形になってしまいました😵目的は達成したから良しとしよう…  昇仙峡の紅葉はピークを過ぎてましたが、ボチボチ楽しめる程度は残っており滑り込みセーフ🍁 滝上から更に舗装路を延々と歩いて辿り着く金櫻神社は、なるほど中々に趣きある境内ですね⛩ マイカーで行く人は寄るべき場所ですよ😄ハイカーは無理やりに行かないでも良い気しますが🚘 弥三郎岳は初めて登ったのですが、いや〜周囲を見渡す素晴らしい眺めにびっくりしましたね😲 山頂だけいきなり剥き出しの岩場なのにもびっくりしましたが😅観光客は本気で怖いぞあれは… ロープウェイ駅から真っ直ぐ下山する道は、注意タグやたらと貼られてますが特に問題はなく🚶 下山後はまた甲府でビアバー&ラーメンを梯子して満喫しました🍺ありがとう!また行きます😋

弥三郎岳(羅漢寺山) 甲府で朝食 丸政の山賊蕎麦は美味い😋
甲府で朝食 丸政の山賊蕎麦は美味い😋
弥三郎岳(羅漢寺山) やって来ました昇仙峡口 柿だらけだね
やって来ました昇仙峡口 柿だらけだね
弥三郎岳(羅漢寺山) さて峡谷遊歩道と山道どちらを行くか
さて峡谷遊歩道と山道どちらを行くか
弥三郎岳(羅漢寺山) 普段なら迷いなく山道を選ぶのですが
折角の紅葉シーズンだ峡谷を行くかな
普段なら迷いなく山道を選ぶのですが 折角の紅葉シーズンだ峡谷を行くかな
弥三郎岳(羅漢寺山) 残念なのは峡谷まだ日陰だったんです
残念なのは峡谷まだ日陰だったんです
弥三郎岳(羅漢寺山) ここらとか明るければ綺麗だろうなあ
ここらとか明るければ綺麗だろうなあ
弥三郎岳(羅漢寺山) う~む山道から先にしたら…て午後も
日が傾いてきたらやっぱり日陰だよな
う~む山道から先にしたら…て午後も 日が傾いてきたらやっぱり日陰だよな
弥三郎岳(羅漢寺山) なんか色々岩の案内が出てるのですが
え、どれのこと?みたいなのも多く😅
なんか色々岩の案内が出てるのですが え、どれのこと?みたいなのも多く😅
弥三郎岳(羅漢寺山) 紅葉の見頃はちょっともう過ぎており
紅葉の見頃はちょっともう過ぎており
弥三郎岳(羅漢寺山) こうところどころに残ってる感じかな
こうところどころに残ってる感じかな
弥三郎岳(羅漢寺山) 滝手前の遊歩道 一部工事中🚧迂回路へ
滝手前の遊歩道 一部工事中🚧迂回路へ
弥三郎岳(羅漢寺山) 1番の見どころなこの辺りには何とか
1番の見どころなこの辺りには何とか
弥三郎岳(羅漢寺山) まだ楽しめる紅葉が残ってましたね🍁
まだ楽しめる紅葉が残ってましたね🍁
弥三郎岳(羅漢寺山) 全くの空振りに終わらず済んで一安心
全くの空振りに終わらず済んで一安心
弥三郎岳(羅漢寺山) 現れたのは昇仙峡の象徴 覚円峰ですね
現れたのは昇仙峡の象徴 覚円峰ですね
弥三郎岳(羅漢寺山) もちろん下から眺めただけなんですが
ピーク通過した扱いになるんですね😅
もちろん下から眺めただけなんですが ピーク通過した扱いになるんですね😅
弥三郎岳(羅漢寺山) エメラルドグリーンの水面が綺麗だ✨
エメラルドグリーンの水面が綺麗だ✨
弥三郎岳(羅漢寺山) 石門 どんな経過を経てこの形になるの
石門 どんな経過を経てこの形になるの
弥三郎岳(羅漢寺山) 見上げる覚円峰と渓流 水面が日陰で😢
見上げる覚円峰と渓流 水面が日陰で😢
弥三郎岳(羅漢寺山) ちょっとした黒部峡谷気分を味わう道
ちょっとした黒部峡谷気分を味わう道
弥三郎岳(羅漢寺山) 仙娥滝 滝壺にまで日が当たっていたら
エメラルドグリーンなんでしょうが😓
仙娥滝 滝壺にまで日が当たっていたら エメラルドグリーンなんでしょうが😓
弥三郎岳(羅漢寺山) まあ滝自体にはどうにか日が当たって
仄かな虹も見えたから良しとしておく
まあ滝自体にはどうにか日が当たって 仄かな虹も見えたから良しとしておく
弥三郎岳(羅漢寺山) 滝上までバスで来られるから賑やかで
滝上までバスで来られるから賑やかで
弥三郎岳(羅漢寺山) お店なども建ち並んだ観光エリアだね
お店なども建ち並んだ観光エリアだね
弥三郎岳(羅漢寺山) あちこち水晶が展示されております🔮
あちこち水晶が展示されております🔮
弥三郎岳(羅漢寺山) ロープウェイ乗り場🚡 もちろん無視で
ロープウェイ乗り場🚡 もちろん無視で
弥三郎岳(羅漢寺山) YAMAPでコースになってる金櫻神社へ
向かいますが舗装路を登るのダルい😣
YAMAPでコースになってる金櫻神社へ 向かいますが舗装路を登るのダルい😣
弥三郎岳(羅漢寺山) 神社無視で山に向かうならここを左へ
神社無視で山に向かうならここを左へ
弥三郎岳(羅漢寺山) やっと到着 いや長く感じましたね登り
やっと到着 いや長く感じましたね登り
弥三郎岳(羅漢寺山) 金櫻神社略記 とても由緒ある場所だと
金櫻神社略記 とても由緒ある場所だと
弥三郎岳(羅漢寺山) 紅葉がまだなかなか良い感じに残る🍁
紅葉がまだなかなか良い感じに残る🍁
弥三郎岳(羅漢寺山) 参道の両脇に甲府市天然記念物の巨杉
参道の両脇に甲府市天然記念物の巨杉
弥三郎岳(羅漢寺山) 立派な本殿 昭和30年大火で焼失し再建
立派な本殿 昭和30年大火で焼失し再建
弥三郎岳(羅漢寺山) 高台から集落を見下す 紅葉が良い感じ
高台から集落を見下す 紅葉が良い感じ
弥三郎岳(羅漢寺山) あちらに小さく富士が見えてますね🗻
あちらに小さく富士が見えてますね🗻
弥三郎岳(羅漢寺山) 裏の高台に富士と金峰山を望む遥拝所
裏の高台に富士と金峰山を望む遥拝所
弥三郎岳(羅漢寺山) さてどんな感じの眺めになるのかな?
さてどんな感じの眺めになるのかな?
弥三郎岳(羅漢寺山) 金峰山はあちらですが…見えてないな
金峰山はあちらですが…見えてないな
弥三郎岳(羅漢寺山) う~む残念 がっつりと中腹から雲の中
う~む残念 がっつりと中腹から雲の中
弥三郎岳(羅漢寺山) 富士の方は下からも見えてたから安心
富士の方は下からも見えてたから安心
弥三郎岳(羅漢寺山) 紅葉と富士!ちと色褪せ気味だけども
紅葉と富士!ちと色褪せ気味だけども
弥三郎岳(羅漢寺山) まあ頑張って登ってみた甲斐はあった
まあ頑張って登ってみた甲斐はあった
弥三郎岳(羅漢寺山) 境内の紅葉もギリギリ楽しめた感じだ
境内の紅葉もギリギリ楽しめた感じだ
弥三郎岳(羅漢寺山) では稜線へ向かって また舗装路歩き😅
暫く登ると登山口付近で辺りが開けた
では稜線へ向かって また舗装路歩き😅 暫く登ると登山口付近で辺りが開けた
弥三郎岳(羅漢寺山) おや?振り返ると金峰山見えてきたぞ
おや?振り返ると金峰山見えてきたぞ
弥三郎岳(羅漢寺山) 先ほどが嘘のよう 稜線は風が強いので
雲が吹き飛ばされてしまったのかな?
先ほどが嘘のよう 稜線は風が強いので 雲が吹き飛ばされてしまったのかな?
弥三郎岳(羅漢寺山) あちらに見えるのは荒川ダムの水面か
あちらに見えるのは荒川ダムの水面か
弥三郎岳(羅漢寺山) 南アルプスはまだ雲を被っています☁
南アルプスはまだ雲を被っています☁
弥三郎岳(羅漢寺山) 登山口からロープウェイ駅まで林道か
山登り感ゼロのまま着いてしまった😅
登山口からロープウェイ駅まで林道か 山登り感ゼロのまま着いてしまった😅
弥三郎岳(羅漢寺山) ロープウェイ駅の側には八雲神社が⛩
ロープウェイ駅の側には八雲神社が⛩
弥三郎岳(羅漢寺山) この写真はたまたま人写ってませんが
辺りは観光客でそれなりに賑わってる
この写真はたまたま人写ってませんが 辺りは観光客でそれなりに賑わってる
弥三郎岳(羅漢寺山) 山頂じゃないけど標識は駅前にあるね
騙されて帰っちゃう人居そうだなあ😅
山頂じゃないけど標識は駅前にあるね 騙されて帰っちゃう人居そうだなあ😅
弥三郎岳(羅漢寺山) 駅前から既に富士がよく見えてます🗻
駅前から既に富士がよく見えてます🗻
弥三郎岳(羅漢寺山) 山頂まで20分だよ気をつけてね!とな
山頂まで20分だよ気をつけてね!とな
弥三郎岳(羅漢寺山) やっとここから山らしい道を歩けるな
やっとここから山らしい道を歩けるな
弥三郎岳(羅漢寺山) 岩の上に登る 階段ほって鎖まで添えて
あるけど不慣れな人がキャーキャー言ってた
岩の上に登る 階段ほって鎖まで添えて あるけど不慣れな人がキャーキャー言ってた
弥三郎岳(羅漢寺山) 山頂ここ…?デカい岩の上に出ました
めちゃめちゃ見晴らし良いがちと怖い
山頂ここ…?デカい岩の上に出ました めちゃめちゃ見晴らし良いがちと怖い
弥三郎岳(羅漢寺山) あ、これが山頂か 凄いところにあるな
あ、これが山頂か 凄いところにあるな
弥三郎岳(羅漢寺山) 大岩からグルリと見渡す辺りの景色よ
大岩からグルリと見渡す辺りの景色よ
弥三郎岳(羅漢寺山) 富士から甲府を挟んでの南アルプスへ
富士から甲府を挟んでの南アルプスへ
弥三郎岳(羅漢寺山) 八ヶ岳は茅ヶ岳他の稜線に隠れますが
八ヶ岳は茅ヶ岳他の稜線に隠れますが
弥三郎岳(羅漢寺山) 奥秩父側 金峰山までよく見えてますね
奥秩父側 金峰山までよく見えてますね
弥三郎岳(羅漢寺山) いや〜こんなにも見晴らしが良いとは
いや〜こんなにも見晴らしが良いとは
弥三郎岳(羅漢寺山) 知りませんでした これは素晴らしい山
知りませんでした これは素晴らしい山
弥三郎岳(羅漢寺山) 南アルプスはまだ雲が取りきれないな
南アルプスはまだ雲が取りきれないな
弥三郎岳(羅漢寺山) でもさっきより稜線が見えては来てる
でもさっきより稜線が見えては来てる
弥三郎岳(羅漢寺山) そういや今年は茅ヶ岳行ってないなと
そういや今年は茅ヶ岳行ってないなと
弥三郎岳(羅漢寺山) 奥秩父もまだちょっとしか回ってない
奥秩父もまだちょっとしか回ってない
弥三郎岳(羅漢寺山) 来年は甲武信ヶ岳から瑞牆山を繋ぐか
来年は甲武信ヶ岳から瑞牆山を繋ぐか
弥三郎岳(羅漢寺山) 山頂前のこの階段がちょっと渋滞する
松が絶妙に邪魔な位置に生えてるな😓
山頂前のこの階段がちょっと渋滞する 松が絶妙に邪魔な位置に生えてるな😓
弥三郎岳(羅漢寺山) 祠があったのでご挨拶をしておこう🙏
祠があったのでご挨拶をしておこう🙏
弥三郎岳(羅漢寺山) 山頂行かなくてもここで南アルプスと
山頂行かなくてもここで南アルプスと
弥三郎岳(羅漢寺山) ここで金峰山方面を眺めることは可能
ここで金峰山方面を眺めることは可能
弥三郎岳(羅漢寺山) 白砂山への道はこれだな!では行くか

…暫く降りてからYAMAPが固まってて
弥三郎岳が記録されてないこと発覚😵
白砂山への道はこれだな!では行くか …暫く降りてからYAMAPが固まってて 弥三郎岳が記録されてないこと発覚😵
弥三郎岳(羅漢寺山) 仕方ないので山頂まで戻ってきました
何かどっと疲れた…白砂山は諦めよう
仕方ないので山頂まで戻ってきました 何かどっと疲れた…白砂山は諦めよう
弥三郎岳(羅漢寺山) 眺めてたら南アルプスもすっかり快晴
眺めてたら南アルプスもすっかり快晴
弥三郎岳(羅漢寺山) 甲斐駒と鳳凰三山間に仙丈ヶ岳チラリ
甲斐駒と鳳凰三山間に仙丈ヶ岳チラリ
弥三郎岳(羅漢寺山) 鳳凰三山オベリスクがよく見えてます
鳳凰三山オベリスクがよく見えてます
弥三郎岳(羅漢寺山) 北岳間ノ岳は鳳凰三山の後ろに隠れて
ハミ出してるこれは農鳥岳になるのか
北岳間ノ岳は鳳凰三山の後ろに隠れて ハミ出してるこれは農鳥岳になるのか
弥三郎岳(羅漢寺山) 金峰山方面 もはや雲ひとつない快晴☀
金峰山方面 もはや雲ひとつない快晴☀
弥三郎岳(羅漢寺山) 実はまだ登ってない金峰山 来年こそは
実はまだ登ってない金峰山 来年こそは
弥三郎岳(羅漢寺山) 最後に駅前からまた富士を眺めてと🗻
最後に駅前からまた富士を眺めてと🗻
弥三郎岳(羅漢寺山) 土日に歩いた稜線がよく見えてますね
土日に歩いた稜線がよく見えてますね
弥三郎岳(羅漢寺山) 山々の参考図 富士から南アルプスまで
山々の参考図 富士から南アルプスまで
弥三郎岳(羅漢寺山) 茅ヶ岳から金峰山方面 そうか瑞牆山も
茅ヶ岳から金峰山方面 そうか瑞牆山も
弥三郎岳(羅漢寺山) 縦走はまたの機会にして今日はここを
縦走はまたの機会にして今日はここを
弥三郎岳(羅漢寺山) マウンテンバイクにも開放されてると いうことで割とちゃんと整備されてる
マウンテンバイクにも開放されてると いうことで割とちゃんと整備されてる
弥三郎岳(羅漢寺山) 注意タグついてた倒木も除去済んでる
注意タグついてた倒木も除去済んでる
弥三郎岳(羅漢寺山) 30分で下りられた これなら思ったより
30分で下りられた これなら思ったより
弥三郎岳(羅漢寺山) 早目のバスに乗れそうだと影絵の森へ
早目のバスに乗れそうだと影絵の森へ
弥三郎岳(羅漢寺山) 滝上バス停ここ タイミングバッチリ😄
滝上バス停ここ タイミングバッチリ😄
弥三郎岳(羅漢寺山) アウトサイダーへまた来てしまった😅
アウトサイダーへまた来てしまった😅
弥三郎岳(羅漢寺山) 前日には飲めなかった限定の1種類と
前日には飲めなかった限定の1種類と
弥三郎岳(羅漢寺山) 飲み比べで気に入ったペールエール🍺
飲み比べで気に入ったペールエール🍺
弥三郎岳(羅漢寺山) 玉ねぎステーキを2日連続で食べてる
玉ねぎステーキを2日連続で食べてる
弥三郎岳(羅漢寺山) そしてラーメンも2日連続で来てる🍜
そしてラーメンも2日連続で来てる🍜
弥三郎岳(羅漢寺山) 今日は濃厚白湯 美味しく頂きました😋
今日は濃厚白湯 美味しく頂きました😋
弥三郎岳(羅漢寺山) 2つめをゲット 後は「林」と「山」か
クリーンハイカーも取っておきたいね
2つめをゲット 後は「林」と「山」か クリーンハイカーも取っておきたいね

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。