瑞牆山 • 金峰山 夜 Mt.Mizugaki & Mt.Kinpu

2023.11.20(月) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 54
休憩時間
1 時間 47
距離
9.5 km
のぼり / くだり
854 / 1781 m

活動詳細

すべて見る

(初日の記録はボタンを押し間違えて終了してしまったので、記録は2日目のみ) 交通:韮崎駅からバスで瑞牆山荘バス停まで 所要時間約1時間、片道2100円 電子マネー可、電波が悪く結局現金を使った  車輪空転のため、今日電車は1時間ほど遅延  11時に登山口に着いた  初日はたくさんの岩を見てから金峰小屋で一泊し 翌日は金峰山と瑞牆山を続けて登った  鎖場、岩場が多く、凍結と積雪があり、チェーンアイゼンを着装した  山で石を探したが、石で他の山を見た  ちょっと大日岩で遊んでスナックを食べた 友達は巨石を持ち帰りしたい 偶に白昼夢も良い?と思った、笑 歩き続けると金峰小屋に着いた 素泊り一人で7500円(冬季料金1000円含む) 無料のドリンクが用意されている お湯と雨水の販売もあり、宿泊者に無料 体を温めた後、夕焼けと月の出を見たい〜早速外に出た 小屋から金峰山の頂上まで30分ほどかかったが どうせ翌日行くのだからと中途半端なところで止まった  斜陽に照らされ、言葉を失って立ち尽くす無数の峰々、空の色に味があるようだ 慌てて飛び出したばかりで何も持ってきていなかったので真っ暗になる前に戻った 天気がいいという予報だったので、小屋のディナーを予約しなかった  夜の空の下でのんびりと食事ができると思っていたのに 食事の途中、突風、ポットが吹き飛んでしまい 格闘食事になってしまった  翌日、良い気分でコーヒーを飲んだ後、夜明け前に金峰山の頂上に向かったが 曇そして霰が降っていた、日の出は見られなかった、何も見えなかった  でも、私はこういう天気も好きだから嬉しかった 帽子が暴風で飛ばされてしまい、すぐに追いかけて取り戻し、あごのひもを急いで締め直した、この帽子がとても気に入っているので  そして、森の中でクマの足跡を見た  瑞牆山への道、岩だらけで、岩の精霊が飛び出してきそうな感じ 頂上に着いたとき、雲が押し寄せていたが、景色が見えた 今日の霰、なぜかグミの匂いがした  それから下山だった

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。