里キン👑10座目 市間山・立岩山

2023.11.19(日) 日帰り

ここはキツかった。車を停め登り始めるも積雪多くてヤバいので、すぐさま引き返し軽アイゼン装着。 湿り気の多い雪は足裏にまとわりつき重くて仕方ない。 途中、雪の上に新しい熊の足跡が続いていく。登山道を登っていたその足跡は途中から山の中へ、私はそのまま登山道をさらに登っていくと今度は小さめの足跡が。恐らくタヌキでは無いだろうか? そんな山行はキャプションで。 この山、距離も有るがやはり雪の影響が大きいのだろう。下山するとかなりの疲労感だった。とても連チャンでしんどいヤツはやれない。 次の山は端折って次回山と入れ替えよう。ただ、次回来る時がベストコンディションとは限らないのだが…

登山口からいきなりの積雪で一旦戻ってアイゼン装着

登山口からいきなりの積雪で一旦戻ってアイゼン装着

登山口からいきなりの積雪で一旦戻ってアイゼン装着

カチカチの場所ならチェンスパの方が歩きやすいが湿った雪だと足裏の花魁率が高い

カチカチの場所ならチェンスパの方が歩きやすいが湿った雪だと足裏の花魁率が高い

カチカチの場所ならチェンスパの方が歩きやすいが湿った雪だと足裏の花魁率が高い

軽アイゼンでもゆきが不着しない訳ではなく、かなり疲れる。

軽アイゼンでもゆきが不着しない訳ではなく、かなり疲れる。

軽アイゼンでもゆきが不着しない訳ではなく、かなり疲れる。

途中から熊さんの足跡

途中から熊さんの足跡

途中から熊さんの足跡

10cm近くあり、まあまあデカい

10cm近くあり、まあまあデカい

10cm近くあり、まあまあデカい

ヒヅメ跡もしっかり

ヒヅメ跡もしっかり

ヒヅメ跡もしっかり

これは小さなヤツ
タヌキっぽい

これは小さなヤツ タヌキっぽい

これは小さなヤツ タヌキっぽい

市間山に着くも里キンプレートは見当たらない。ん?もう1つ先の山頂なのか?

市間山に着くも里キンプレートは見当たらない。ん?もう1つ先の山頂なのか?

市間山に着くも里キンプレートは見当たらない。ん?もう1つ先の山頂なのか?

と、立岩山に到着。しかし、ここにも里キンプレートは無い。
え?何で❓❓もしかしてプレートはさらに先の日の平山??

と、立岩山に到着。しかし、ここにも里キンプレートは無い。 え?何で❓❓もしかしてプレートはさらに先の日の平山??

と、立岩山に到着。しかし、ここにも里キンプレートは無い。 え?何で❓❓もしかしてプレートはさらに先の日の平山??

この立岩山からはなかなかいい景色が見ることが出来

この立岩山からはなかなかいい景色が見ることが出来

この立岩山からはなかなかいい景色が見ることが出来

暫し景観を楽しんでから先へと進む

暫し景観を楽しんでから先へと進む

暫し景観を楽しんでから先へと進む

そこそこ急な岩場の下りはアイゼンがなかなか危険だった。
そこを慎重に越え暫く進むと別の登山口からの分岐に出る。

そこそこ急な岩場の下りはアイゼンがなかなか危険だった。 そこを慎重に越え暫く進むと別の登山口からの分岐に出る。

そこそこ急な岩場の下りはアイゼンがなかなか危険だった。 そこを慎重に越え暫く進むと別の登山口からの分岐に出る。

そこから日の平山へは割と藪漕ぎだった。いや、過去の壮絶な藪漕ぎに比べると大したことは無いのだが、雪がなかなか藪漕ぎを厄介にしてくれここだけでかなりびしょ濡れになってしまった。そして、こんなにクロウしたのにプレートは疎か山頂標すら無かった。

そこから日の平山へは割と藪漕ぎだった。いや、過去の壮絶な藪漕ぎに比べると大したことは無いのだが、雪がなかなか藪漕ぎを厄介にしてくれここだけでかなりびしょ濡れになってしまった。そして、こんなにクロウしたのにプレートは疎か山頂標すら無かった。

そこから日の平山へは割と藪漕ぎだった。いや、過去の壮絶な藪漕ぎに比べると大したことは無いのだが、雪がなかなか藪漕ぎを厄介にしてくれここだけでかなりびしょ濡れになってしまった。そして、こんなにクロウしたのにプレートは疎か山頂標すら無かった。

仕方なく戻って「これ」と自撮りする事に

仕方なく戻って「これ」と自撮りする事に

仕方なく戻って「これ」と自撮りする事に

ここも「これ」と自撮りである。プレートが無いなんて全くの想定外。これで申請って大丈夫か??

ここも「これ」と自撮りである。プレートが無いなんて全くの想定外。これで申請って大丈夫か??

ここも「これ」と自撮りである。プレートが無いなんて全くの想定外。これで申請って大丈夫か??

登山口からいきなりの積雪で一旦戻ってアイゼン装着

カチカチの場所ならチェンスパの方が歩きやすいが湿った雪だと足裏の花魁率が高い

軽アイゼンでもゆきが不着しない訳ではなく、かなり疲れる。

途中から熊さんの足跡

10cm近くあり、まあまあデカい

ヒヅメ跡もしっかり

これは小さなヤツ タヌキっぽい

市間山に着くも里キンプレートは見当たらない。ん?もう1つ先の山頂なのか?

と、立岩山に到着。しかし、ここにも里キンプレートは無い。 え?何で❓❓もしかしてプレートはさらに先の日の平山??

この立岩山からはなかなかいい景色が見ることが出来

暫し景観を楽しんでから先へと進む

そこそこ急な岩場の下りはアイゼンがなかなか危険だった。 そこを慎重に越え暫く進むと別の登山口からの分岐に出る。

そこから日の平山へは割と藪漕ぎだった。いや、過去の壮絶な藪漕ぎに比べると大したことは無いのだが、雪がなかなか藪漕ぎを厄介にしてくれここだけでかなりびしょ濡れになってしまった。そして、こんなにクロウしたのにプレートは疎か山頂標すら無かった。

仕方なく戻って「これ」と自撮りする事に

ここも「これ」と自撮りである。プレートが無いなんて全くの想定外。これで申請って大丈夫か??

この活動日記で通ったコース

市間山-立岩山-日の平山 往復コース

  • 05:20
  • 9.9 km
  • 820 m
  • コース定数 21