大山・川床からの大山滝、おまけで五右衛門風呂へ

2023.11.12(日) 日帰り

我が家を出る頃は大山の中腹まで雲の中でしたが、川床から大休峠を目指して歩くうちになんだか見晴らしが良くなりはじめ、途中、甲ヶ山、矢筈ヶ山といった1300mを越える山もくっきり見えてきました。 落葉が進んだ山中は明るく見通しが良い反面、雨で滑りやすい石畳で幾度かヒヤヒヤを味わいながら避難小屋に到着。今日はピークを踏む予定はないのでここが最高地点です。向こうに続くルートには石畳はなく、傾斜も緩やかなのでスイスイ進み、あっという間に大山滝の上部に到着しました。 大山滝…いつが最後だったかわからないくらい来てなかったですが、上から見下ろしても、滝壺付近まで降りて下から見上げても、その見た目と音の迫力は感動ものでした。 ポツポツ小雨が降りはじめたため早々に帰路に着いたところ、20人近い団体さんとすれ違い「獣臭がしてたからクマに注意してね」と忠告いただきました。くんくんしながら歩くも私の鼻には何も匂わなかったですが、大休峠避難小屋までは流石に不安でした。 さて、ここから少し下った最初の分岐を右手に降りてしばらく行った先をさらに右手に行くと知る人ぞ知る五右衛門風呂の鉄釜が現れます。山仕事の拠点でもあったのかなといった感じで、周りには一升瓶が散らばってたりと不思議な空間が広がっています。ただ、以前この辺りで行方不明案件もあったらしいので注意は必要。私も落葉期で分かりやすいかと思って久しぶりに足を踏み入れましたが、針葉樹林に入ると流石にルートが分かり辛く不安になりました。おまけに先ほどクマに注意の話しを聞いたばかり。以前と変わらない風呂釜のある風景は短時間で目に焼き付け、もとのルートに戻って無事下山となりました。 ※この日の晩、天気が大荒れして大山は初冠雪。ここまで気温が下がるとは想定外でした!

川床の駐車場には私以外に3台。

川床の駐車場には私以外に3台。

川床の駐車場には私以外に3台。

橋を渡ります。

橋を渡ります。

橋を渡ります。

最初の分岐(岩伏別れ)は右へ。

最初の分岐(岩伏別れ)は右へ。

最初の分岐(岩伏別れ)は右へ。

石畳が少しだけ顔を出しますが、大半は崩れてます。

石畳が少しだけ顔を出しますが、大半は崩れてます。

石畳が少しだけ顔を出しますが、大半は崩れてます。

落葉してますね。

落葉してますね。

落葉してますね。

落葉の上に赤い実がたくさん。

落葉の上に赤い実がたくさん。

落葉の上に赤い実がたくさん。

香取別れ。

香取別れ。

香取別れ。

甲ヶ山、矢筈ヶ山、小矢筈も見えました。

甲ヶ山、矢筈ヶ山、小矢筈も見えました。

甲ヶ山、矢筈ヶ山、小矢筈も見えました。

大休峠避難小屋手前の分岐ポール。

大休峠避難小屋手前の分岐ポール。

大休峠避難小屋手前の分岐ポール。

石畳は滑るので慎重に。

石畳は滑るので慎重に。

石畳は滑るので慎重に。

大休峠避難小屋に到着。今日のピークはここ。

大休峠避難小屋に到着。今日のピークはここ。

大休峠避難小屋に到着。今日のピークはここ。

ブナの大木のシルエット。

ブナの大木のシルエット。

ブナの大木のシルエット。

細い地道を緩やかに下っていきます。

細い地道を緩やかに下っていきます。

細い地道を緩やかに下っていきます。

なかなかいい風景です。

なかなかいい風景です。

なかなかいい風景です。

グッと下ると大休口に到着。左手の川は行く行くは大山滝に注ぎます。

グッと下ると大休口に到着。左手の川は行く行くは大山滝に注ぎます。

グッと下ると大休口に到着。左手の川は行く行くは大山滝に注ぎます。

ここは真っ直ぐ。

ここは真っ直ぐ。

ここは真っ直ぐ。

針葉樹林帯も絵になります。

針葉樹林帯も絵になります。

針葉樹林帯も絵になります。

渡渉一箇所あり。

渡渉一箇所あり。

渡渉一箇所あり。

大山滝の上部に到着。

大山滝の上部に到着。

大山滝の上部に到着。

展望台より。

展望台より。

展望台より。

早速降りて下から。

早速降りて下から。

早速降りて下から。

なかなかの水量で至近距離からマイナスイオン充填。

なかなかの水量で至近距離からマイナスイオン充填。

なかなかの水量で至近距離からマイナスイオン充填。

下流方面。

下流方面。

下流方面。

周りは岩の壁。

周りは岩の壁。

周りは岩の壁。

チョロチョロと小さな滝も落ちてます。

チョロチョロと小さな滝も落ちてます。

チョロチョロと小さな滝も落ちてます。

いい雰囲気ですが私以外誰もいない。

いい雰囲気ですが私以外誰もいない。

いい雰囲気ですが私以外誰もいない。

鎖場はありますが見た目ほどハードではありませんのでご安心ください。

鎖場はありますが見た目ほどハードではありませんのでご安心ください。

鎖場はありますが見た目ほどハードではありませんのでご安心ください。

少し上から。

少し上から。

少し上から。

昼も近いのでここでおにぎりタイム。

昼も近いのでここでおにぎりタイム。

昼も近いのでここでおにぎりタイム。

来た道をひたすら帰ります。

来た道をひたすら帰ります。

来た道をひたすら帰ります。

ここからしばらくは少し急ですがきつくはない。

ここからしばらくは少し急ですがきつくはない。

ここからしばらくは少し急ですがきつくはない。

みるみるガスってきました。

みるみるガスってきました。

みるみるガスってきました。

水場を発見。飲めるかどうかは⁇

水場を発見。飲めるかどうかは⁇

水場を発見。飲めるかどうかは⁇

大休峠避難小屋もこの通り。

大休峠避難小屋もこの通り。

大休峠避難小屋もこの通り。

石畳で滑らないよう再び慎重に。

石畳で滑らないよう再び慎重に。

石畳で滑らないよう再び慎重に。

最初に現れる分岐を右に降ります。

最初に現れる分岐を右に降ります。

最初に現れる分岐を右に降ります。

しばらく進んだところにひっそりと分岐あり。

しばらく進んだところにひっそりと分岐あり。

しばらく進んだところにひっそりと分岐あり。

ルートは非常に分かりにくいですがその先には五右衛門風呂の鉄釜があるんです。

ルートは非常に分かりにくいですがその先には五右衛門風呂の鉄釜があるんです。

ルートは非常に分かりにくいですがその先には五右衛門風呂の鉄釜があるんです。

周りには一升瓶があったりと昔ながらの?光景が広がります。

周りには一升瓶があったりと昔ながらの?光景が広がります。

周りには一升瓶があったりと昔ながらの?光景が広がります。

変わった光景。

変わった光景。

変わった光景。

落葉の絨毯を進みます。

落葉の絨毯を進みます。

落葉の絨毯を進みます。

分岐は左へ。

分岐は左へ。

分岐は左へ。

ひたすら真っ直ぐ歩くと川床ルートに合流。

ひたすら真っ直ぐ歩くと川床ルートに合流。

ひたすら真っ直ぐ歩くと川床ルートに合流。

この大きな岩まで来ると川のせせらぎが聞こえてきてあとは下るのみ。

この大きな岩まで来ると川のせせらぎが聞こえてきてあとは下るのみ。

この大きな岩まで来ると川のせせらぎが聞こえてきてあとは下るのみ。

川床の駐車場には私以外に3台。

橋を渡ります。

最初の分岐(岩伏別れ)は右へ。

石畳が少しだけ顔を出しますが、大半は崩れてます。

落葉してますね。

落葉の上に赤い実がたくさん。

香取別れ。

甲ヶ山、矢筈ヶ山、小矢筈も見えました。

大休峠避難小屋手前の分岐ポール。

石畳は滑るので慎重に。

大休峠避難小屋に到着。今日のピークはここ。

ブナの大木のシルエット。

細い地道を緩やかに下っていきます。

なかなかいい風景です。

グッと下ると大休口に到着。左手の川は行く行くは大山滝に注ぎます。

ここは真っ直ぐ。

針葉樹林帯も絵になります。

渡渉一箇所あり。

大山滝の上部に到着。

展望台より。

早速降りて下から。

なかなかの水量で至近距離からマイナスイオン充填。

下流方面。

周りは岩の壁。

チョロチョロと小さな滝も落ちてます。

いい雰囲気ですが私以外誰もいない。

鎖場はありますが見た目ほどハードではありませんのでご安心ください。

少し上から。

昼も近いのでここでおにぎりタイム。

来た道をひたすら帰ります。

ここからしばらくは少し急ですがきつくはない。

みるみるガスってきました。

水場を発見。飲めるかどうかは⁇

大休峠避難小屋もこの通り。

石畳で滑らないよう再び慎重に。

最初に現れる分岐を右に降ります。

しばらく進んだところにひっそりと分岐あり。

ルートは非常に分かりにくいですがその先には五右衛門風呂の鉄釜があるんです。

周りには一升瓶があったりと昔ながらの?光景が広がります。

変わった光景。

落葉の絨毯を進みます。

分岐は左へ。

ひたすら真っ直ぐ歩くと川床ルートに合流。

この大きな岩まで来ると川のせせらぎが聞こえてきてあとは下るのみ。