小仙丈ヶ岳・仙丈ヶ岳 空に浮かぶX…亡きHEATHに捧ぐ

2023.11.09(木) 日帰り

活動データ

タイム

05:42

距離

8.6km

のぼり

1112m

くだり

1108m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 42
休憩時間
1 時間 19
距離
8.6 km
のぼり / くだり
1112 / 1108 m

活動詳細

すべて見る

前々から行きたかった南アルプスの女王と呼ばれる仙丈ヶ岳。 北沢峠までのバスが来週でシーズン終了ということで今週の、しかも晴天を狙って仕事を調整して敢行しました。 明日から天気が崩れるらしく今日がもしかしたらラストチャンスかもしれません。 朝、仙流荘の乗り場に着いた時には雲がかかっていましたが登るにつれ晴れて最高の山日和でした。 南ア入門の山と言われていますが、なかなかの急登が続き地味に疲労が溜まっていきます。 森林限界超えるまでとにかく辛抱です。 小仙丈ヶ岳に着くと目の前に富士山、北岳、間ノ岳と圧巻のトップ3が一度に見えます。鳳凰三山もカッコ良いですね☆*。 そこからの仙丈ヶ岳までの稜線は本当に美しいですね(´✪ω✪`) 雪は少し前に降ったらしいですがすっかり溶けていてチェーンスパイクも不要でした。 こちらの山頂も360°の眺望でバスの時間さえ気にしなければずっとその場に留まっていたくなります☆*。 山頂では3人と行きあいましたが貸切の時間もあり、贅沢な一服タイムを過ごすことができました。 しかしタイムリミットがあるので下りは駆け足で、無事に15時のバスに間に合いました♪山頂で話してた方々も無事に間に合ってひと安心しました。 朝同じバスに乗り、それぞれ違う山に登り、また同じバスで帰る。なんか不思議な連帯感みたいなものを感じました。 人が少ない今だからこそかもしれません。最高の山行でしたし、また行きたい山が増えました☆*。 P.S. 山小屋は全て閉まっていましたが山バッジは道の駅「南アルプスむら」で購入出来ました( ´∀`)b P.S.2 BUCK-TICKの櫻井敦司に続いてXJAPANのHEATHも…青春時代に熱狂したロックスターが相次いで他界してしまいました…

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。