北沢峠から甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳(長衛小屋テント泊)

2023.11.07(火) 3 DAYS

活動データ

タイム

21:21

距離

23.2km

のぼり

3195m

くだり

3164m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8
休憩時間
0
距離
364 m
のぼり / くだり
8 / 30 m
4
DAY 2
合計時間
10 時間 36
休憩時間
2 時間 17
距離
11.5 km
のぼり / くだり
1783 / 1782 m
33
27
39
1 10
12
38
29
10
28
1 13
7
DAY 3
合計時間
10 時間 36
休憩時間
3 時間 46
距離
11.2 km
のぼり / くだり
1403 / 1348 m
2 26
1 2
16
21
36
1 48
1 8
13
12

活動詳細

すべて見る

今回はテン泊で甲斐駒と仙丈ヶ岳に登って来ました! 行程は2泊3日で、1日目はテント場まで。 2日目に栗沢山経由でアサヨ峰まで行き、そこで折り返して甲斐駒登り、双児山を経て北沢峠へ下山。 3日目に尾根ルート(藪沢小屋や馬の背ヒュッテを通るトラバースルートは冬季閉鎖のため)の往復で大仙丈ヶ岳まで行きます。 長衛小屋はすでに閉まっていましたが、水場と外のトイレは使用出来ました。有難い限り。 テント場は終始4~5張り程度しかおらず、周りを気にすることなく広々と使えました。明け方は0度くらいまで冷えるので寒さ対策は必須です。 2日間の行動でトータル高低差が3000を越えるのでかなりキツかったですが、甲斐駒と仙丈を存分に満喫できました。 ルートについては備忘録も兼ねて以下にまとめますので、参考にして下さい。 〇2日目(甲斐駒) ・栗沢山―アサヨ峰間は岩稜帯なので注意。 ・仙水峠から駒津峰への登り返しが急登なのでとにかくキツイ。 ・直登ルートは赤岳や宝剣岳レベル。 ・直接北沢峠に降りるルートは傾斜も緩く歩きやすいので下山に良い。 〇3日目(仙丈) ・仙丈ヶ岳山頂まで危険箇所ほぼ無し。登山道もなだらかで歩きやすい場所が多いため、下山はかなり早い。 ・仙丈ヶ岳―大仙丈ヶ岳間は痩せた岩稜帯なので注意。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。