稜線繋ぎ(兵庫山〜野地峰) 岩と藪と尾根下りと。

2023.11.09(木) 日帰り

前から懸案だった大登岐の笹藪を漕いできました。 別に逃げていたわけではないのですが、なかなか気が進まなかったコースです。 兵庫山から野地峰までの繋ぎに加え 前回途中でやめていた兵庫山から大岩もピストンしてきました。 これで我が家松山から三傍示山(三県境)手前の笹ヶ峰まで繋がりました。 めでたし、めでたしで終わればいいのですが…。 ちょっと、藪漕ぎに関して少々お話を。 大土岐山から下るとすぐ2mを越すスズタケ笹藪に入ります。 足元を見ながらだと行けると学習していたので最初はスムーズに進みました。 まさに水中平泳ぎです。 これは楽勝と思いきや道をロスト…。 それ以降は、また皆さんにご心配をおかけするので一言で申し上げます。 経験① 笹藪にハマると身動きが出来ない。 経験② 下りは出来ても登りは無理。 経験③ トラバースするのは勇気と体力が必要。 経験④ もう絶対行かない。 そんなこんなで黒岩山から野地峰が見えた時は「これで帰れる」と。 しかし、天は私にもう一つの試練を与えてくれました。 野地峰からの下りです。 半分くらいは快適な下りが続きます。 折字登山口への分岐から道をロスト、というか道がない。 ピンテを見つけるも登山道にはなっていません。 何処をどう降りたらいいのか…。 ここの下りは「尾根さえはずさなければどこからでも下りれる」というのが私の結論です。 やはりこの区間は想像通りでした。 イメージトレーニングでは楽勝だったのに。

法皇湖南岸の落合川沿いの
ヘアピンカーブから出発します。

法皇湖南岸の落合川沿いの ヘアピンカーブから出発します。

法皇湖南岸の落合川沿いの ヘアピンカーブから出発します。

この辺はまだ紅葉🍁がありました。

この辺はまだ紅葉🍁がありました。

この辺はまだ紅葉🍁がありました。

雌蛇渕
仁淀ブルーを彷彿とさせる青美しい渕があるそうな。

雌蛇渕 仁淀ブルーを彷彿とさせる青美しい渕があるそうな。

雌蛇渕 仁淀ブルーを彷彿とさせる青美しい渕があるそうな。

ここから取り付きます。

ここから取り付きます。

ここから取り付きます。

山の紅葉🍁もこれで見納めです。

山の紅葉🍁もこれで見納めです。

山の紅葉🍁もこれで見納めです。

植林地の作業道を登る。

植林地の作業道を登る。

植林地の作業道を登る。

ここの分岐を右→

ここの分岐を右→

ここの分岐を右→

シャクナゲの頃は綺麗でしょうね。

シャクナゲの頃は綺麗でしょうね。

シャクナゲの頃は綺麗でしょうね。

兵庫山は一度巻いて玉取山手前の大岩に向かいます。

兵庫山は一度巻いて玉取山手前の大岩に向かいます。

兵庫山は一度巻いて玉取山手前の大岩に向かいます。

玉取山。
その手前の大岩まで行きます。

玉取山。 その手前の大岩まで行きます。

玉取山。 その手前の大岩まで行きます。

ここから岩が目立つようになります。

ここから岩が目立つようになります。

ここから岩が目立つようになります。

大きな岩が現れ出しました。

大きな岩が現れ出しました。

大きな岩が現れ出しました。

大岩手前

大岩手前

大岩手前

難所が続きます。

難所が続きます。

難所が続きます。

大岩で稜線が繋がったのでここで折り返します。

大岩で稜線が繋がったのでここで折り返します。

大岩で稜線が繋がったのでここで折り返します。

兵庫山目指して

兵庫山目指して

兵庫山目指して

登岐山はガスってますね。

登岐山はガスってますね。

登岐山はガスってますね。

見上げると兵庫山

見上げると兵庫山

見上げると兵庫山

兵庫山 山頂1,303m

兵庫山 山頂1,303m

兵庫山 山頂1,303m

登岐山まだガスってるなぁ。

登岐山まだガスってるなぁ。

登岐山まだガスってるなぁ。

私がワンゲルで皿ヶ嶺から剣山まで縦走したのは
1974年でした。先輩ですね。
当時はブッシュ、ブッシュの連続でした。

私がワンゲルで皿ヶ嶺から剣山まで縦走したのは 1974年でした。先輩ですね。 当時はブッシュ、ブッシュの連続でした。

私がワンゲルで皿ヶ嶺から剣山まで縦走したのは 1974年でした。先輩ですね。 当時はブッシュ、ブッシュの連続でした。

大登岐山手前からガスが。

大登岐山手前からガスが。

大登岐山手前からガスが。

やっぱりガスが。

やっぱりガスが。

やっぱりガスが。

大登岐山頂1,476m
見晴らしを期待してたのに残念。

大登岐山頂1,476m 見晴らしを期待してたのに残念。

大登岐山頂1,476m 見晴らしを期待してたのに残念。

いよいよ、本日の核心部
スズタケ藪漕ぎです。

いよいよ、本日の核心部 スズタケ藪漕ぎです。

いよいよ、本日の核心部 スズタケ藪漕ぎです。

足元を見ながら進みます。

足元を見ながら進みます。

足元を見ながら進みます。

ロスってからが大変でした。

ロスってからが大変でした。

ロスってからが大変でした。

やっと抜けました。

やっと抜けました。

やっと抜けました。

もうこんなのは可愛いく感じます。

もうこんなのは可愛いく感じます。

もうこんなのは可愛いく感じます。

黒岩山がドーン

黒岩山がドーン

黒岩山がドーン

藪漕ぎの後だけに気持ちのいい山道です。

藪漕ぎの後だけに気持ちのいい山道です。

藪漕ぎの後だけに気持ちのいい山道です。

この岩も可愛く感じます。

この岩も可愛く感じます。

この岩も可愛く感じます。

黒岩山山頂 1,350m
ガスが晴れてよく見えます。

黒岩山山頂 1,350m ガスが晴れてよく見えます。

黒岩山山頂 1,350m ガスが晴れてよく見えます。

ちょっと下って黒岩山三角点 1,341m

ちょっと下って黒岩山三角点 1,341m

ちょっと下って黒岩山三角点 1,341m

野地峰。
これで帰れると思うと同時に希望の光がさしてきました。

野地峰。 これで帰れると思うと同時に希望の光がさしてきました。

野地峰。 これで帰れると思うと同時に希望の光がさしてきました。

やっぱり青空がいいなぁ。

やっぱり青空がいいなぁ。

やっぱり青空がいいなぁ。

青空が

青空が

青空が

本日最後のお山、野地峰に向かいます。

本日最後のお山、野地峰に向かいます。

本日最後のお山、野地峰に向かいます。

綺麗に刈って頂きありがとうございます。

綺麗に刈って頂きありがとうございます。

綺麗に刈って頂きありがとうございます。

私も一つ積みました。
普段はしないのに先が見えてやはり嬉しいのかな。

私も一つ積みました。 普段はしないのに先が見えてやはり嬉しいのかな。

私も一つ積みました。 普段はしないのに先が見えてやはり嬉しいのかな。

振り返って黒岩山、
確かに黒いとか言いながら。

振り返って黒岩山、 確かに黒いとか言いながら。

振り返って黒岩山、 確かに黒いとか言いながら。

何故か反射板も嬉しい。

何故か反射板も嬉しい。

何故か反射板も嬉しい。

野地峰到着。1,278m

野地峰到着。1,278m

野地峰到着。1,278m

これで繋がった。

これで繋がった。

これで繋がった。

紅白で祝って頂いているようで嬉しい。

紅白で祝って頂いているようで嬉しい。

紅白で祝って頂いているようで嬉しい。

7月には太田尾越えから野地峰までの縦走
seiさん、さとちゃんに助けてもらったなぁ。
改めてありがとう。

7月には太田尾越えから野地峰までの縦走 seiさん、さとちゃんに助けてもらったなぁ。 改めてありがとう。

7月には太田尾越えから野地峰までの縦走 seiさん、さとちゃんに助けてもらったなぁ。 改めてありがとう。

下山先の法皇湖と富郷ダムが見えます。
さぁ帰ろう。

下山先の法皇湖と富郷ダムが見えます。 さぁ帰ろう。

下山先の法皇湖と富郷ダムが見えます。 さぁ帰ろう。

林道に出ました。

林道に出ました。

林道に出ました。

お疲れさまでした。
最後まで見て頂きありがとうございます。

お疲れさまでした。 最後まで見て頂きありがとうございます。

お疲れさまでした。 最後まで見て頂きありがとうございます。

法皇湖南岸の落合川沿いの ヘアピンカーブから出発します。

この辺はまだ紅葉🍁がありました。

雌蛇渕 仁淀ブルーを彷彿とさせる青美しい渕があるそうな。

ここから取り付きます。

山の紅葉🍁もこれで見納めです。

植林地の作業道を登る。

ここの分岐を右→

シャクナゲの頃は綺麗でしょうね。

兵庫山は一度巻いて玉取山手前の大岩に向かいます。

玉取山。 その手前の大岩まで行きます。

ここから岩が目立つようになります。

大きな岩が現れ出しました。

大岩手前

難所が続きます。

大岩で稜線が繋がったのでここで折り返します。

兵庫山目指して

登岐山はガスってますね。

見上げると兵庫山

兵庫山 山頂1,303m

登岐山まだガスってるなぁ。

私がワンゲルで皿ヶ嶺から剣山まで縦走したのは 1974年でした。先輩ですね。 当時はブッシュ、ブッシュの連続でした。

大登岐山手前からガスが。

やっぱりガスが。

大登岐山頂1,476m 見晴らしを期待してたのに残念。

いよいよ、本日の核心部 スズタケ藪漕ぎです。

足元を見ながら進みます。

ロスってからが大変でした。

やっと抜けました。

もうこんなのは可愛いく感じます。

黒岩山がドーン

藪漕ぎの後だけに気持ちのいい山道です。

この岩も可愛く感じます。

黒岩山山頂 1,350m ガスが晴れてよく見えます。

ちょっと下って黒岩山三角点 1,341m

野地峰。 これで帰れると思うと同時に希望の光がさしてきました。

やっぱり青空がいいなぁ。

青空が

本日最後のお山、野地峰に向かいます。

綺麗に刈って頂きありがとうございます。

私も一つ積みました。 普段はしないのに先が見えてやはり嬉しいのかな。

振り返って黒岩山、 確かに黒いとか言いながら。

何故か反射板も嬉しい。

野地峰到着。1,278m

これで繋がった。

紅白で祝って頂いているようで嬉しい。

7月には太田尾越えから野地峰までの縦走 seiさん、さとちゃんに助けてもらったなぁ。 改めてありがとう。

下山先の法皇湖と富郷ダムが見えます。 さぁ帰ろう。

林道に出ました。

お疲れさまでした。 最後まで見て頂きありがとうございます。