高妻山

2023.11.05(日) 日帰り

日本百名山、高妻山🏕へ行ってきました。 山頂付近以外は汗ばむ陽気で快適に登れました なかなかの急登の山でした。

登山者用無料駐車場。
三連休最終日で9時頃で5〜6台空きが
ありました。

登山者用無料駐車場。 三連休最終日で9時頃で5〜6台空きが ありました。

登山者用無料駐車場。 三連休最終日で9時頃で5〜6台空きが ありました。

駐車場を挟んでトイレ🚻があります。
水洗トイレ🚽てキレイでした。

駐車場を挟んでトイレ🚻があります。 水洗トイレ🚽てキレイでした。

駐車場を挟んでトイレ🚻があります。 水洗トイレ🚽てキレイでした。

戸隠キャンプ場の中を進んで行くと登山口があります。

戸隠キャンプ場の中を進んで行くと登山口があります。

戸隠キャンプ場の中を進んで行くと登山口があります。

この先がキャンプ場エリアです。

この先がキャンプ場エリアです。

この先がキャンプ場エリアです。

右の建物に登山ポスト📮があります。

右の建物に登山ポスト📮があります。

右の建物に登山ポスト📮があります。

登山ポスト📮

登山ポスト📮

登山ポスト📮

これから向う高妻山

これから向う高妻山

これから向う高妻山

キャンプ場内のトイレ🚻

キャンプ場内のトイレ🚻

キャンプ場内のトイレ🚻

ゲートの左側から登山者は入れます
この先牧場エリア

ゲートの左側から登山者は入れます この先牧場エリア

ゲートの左側から登山者は入れます この先牧場エリア

弥勒尾根から登ります。
弥勒尾根は急登なので大洞沢コースを登る人が多いそうです。

弥勒尾根から登ります。 弥勒尾根は急登なので大洞沢コースを登る人が多いそうです。

弥勒尾根から登ります。 弥勒尾根は急登なので大洞沢コースを登る人が多いそうです。

牧場内を弥勒尾根入口へ向う

牧場内を弥勒尾根入口へ向う

牧場内を弥勒尾根入口へ向う

広い牧場です。

広い牧場です。

広い牧場です。

今日は天気☀が良いです

今日は天気☀が良いです

今日は天気☀が良いです

弥勒尾根の入口

弥勒尾根の入口

弥勒尾根の入口

弥勒尾根は落ち葉🍂が多かったです

弥勒尾根は落ち葉🍂が多かったです

弥勒尾根は落ち葉🍂が多かったです

登山道、根っこと落ち葉🍂

登山道、根っこと落ち葉🍂

登山道、根っこと落ち葉🍂

弥勒尾根は急登のコースてす。

弥勒尾根は急登のコースてす。

弥勒尾根は急登のコースてす。

右奥に先月登った妙高山🏕が見えます

右奥に先月登った妙高山🏕が見えます

右奥に先月登った妙高山🏕が見えます

五地蔵山にはピークごとに祠があります。

五地蔵山にはピークごとに祠があります。

五地蔵山にはピークごとに祠があります。

高妻山方面が見えてきました

高妻山方面が見えてきました

高妻山方面が見えてきました

ここは七薬師

ここは七薬師

ここは七薬師

ここは八観音

ここは八観音

ここは八観音

ここは九勢至

ここは九勢至

ここは九勢至

岩場

岩場

岩場

山頂手前に十阿弥陀

山頂手前に十阿弥陀

山頂手前に十阿弥陀

高妻山山頂

高妻山山頂

高妻山山頂

左奥に火打山、右奥に妙高山

左奥に火打山、右奥に妙高山

左奥に火打山、右奥に妙高山

六弥勒がある所は分岐なので右に行くと大洞沢方面です。

六弥勒がある所は分岐なので右に行くと大洞沢方面です。

六弥勒がある所は分岐なので右に行くと大洞沢方面です。

行きは左から登ってきましたが
下りは右の大洞沢コースの方へ

行きは左から登ってきましたが 下りは右の大洞沢コースの方へ

行きは左から登ってきましたが 下りは右の大洞沢コースの方へ

六弥勒の分岐からすぐに五地蔵山山頂です。

六弥勒の分岐からすぐに五地蔵山山頂です。

六弥勒の分岐からすぐに五地蔵山山頂です。

五地蔵山山頂からは左に妙高山、右に黒姫山が見えます

五地蔵山山頂からは左に妙高山、右に黒姫山が見えます

五地蔵山山頂からは左に妙高山、右に黒姫山が見えます

山頂から少し進むと五地蔵の祠があります。

山頂から少し進むと五地蔵の祠があります。

山頂から少し進むと五地蔵の祠があります。

その次に四普賢

その次に四普賢

その次に四普賢

その次は三文殊

その次は三文殊

その次は三文殊

その次は二釈迦

その次は二釈迦

その次は二釈迦

登山道の様子

登山道の様子

登山道の様子

分岐のところに一不動

分岐のところに一不動

分岐のところに一不動

一不動の祠のそばに避難小屋があります
扉は壊れかけてました。

一不動の祠のそばに避難小屋があります 扉は壊れかけてました。

一不動の祠のそばに避難小屋があります 扉は壊れかけてました。

中の様子

中の様子

中の様子

分岐を戸隠牧場(大洞沢)へ

分岐を戸隠牧場(大洞沢)へ

分岐を戸隠牧場(大洞沢)へ

登山道の様子

登山道の様子

登山道の様子

分岐を下って行くと水場🚰の氷清水があります

分岐を下って行くと水場🚰の氷清水があります

分岐を下って行くと水場🚰の氷清水があります

氷清水を過ぎると登山道は川の中に

氷清水を過ぎると登山道は川の中に

氷清水を過ぎると登山道は川の中に

クサリのある岩場も降りて行きます

クサリのある岩場も降りて行きます

クサリのある岩場も降りて行きます

途中に小さな滝も

途中に小さな滝も

途中に小さな滝も

濡れてる時は滑りそうな斜面
クサリはあります

濡れてる時は滑りそうな斜面 クサリはあります

濡れてる時は滑りそうな斜面 クサリはあります

滝の横を下って行きます

滝の横を下って行きます

滝の横を下って行きます

登山道の様子

登山道の様子

登山道の様子

登山道はまた川の中を

登山道はまた川の中を

登山道はまた川の中を

こちらのコースは沢沿いのコース

こちらのコースは沢沿いのコース

こちらのコースは沢沿いのコース

牧場への入口
牧場の中を少し歩きます。

牧場への入口 牧場の中を少し歩きます。

牧場への入口 牧場の中を少し歩きます。

牧場の中を通る

牧場の中を通る

牧場の中を通る

下山後に日帰り温泉に向う途中リンゴ🍎がいっぱい実ってた。

下山後に日帰り温泉に向う途中リンゴ🍎がいっぱい実ってた。

下山後に日帰り温泉に向う途中リンゴ🍎がいっぱい実ってた。

日帰り温泉 りんごの湯 

日帰り温泉 りんごの湯

日帰り温泉 りんごの湯 

内湯にはりんご🍎が浮いてました。

内湯にはりんご🍎が浮いてました。

内湯にはりんご🍎が浮いてました。

入口の天井にはりんご🍎のオブジェ

入口の天井にはりんご🍎のオブジェ

入口の天井にはりんご🍎のオブジェ

1階には直売所がありました。

1階には直売所がありました。

1階には直売所がありました。

お土産にりんご🍎北斗が三つで250円

お土産にりんご🍎北斗が三つで250円

お土産にりんご🍎北斗が三つで250円

王林訳ありは6個で230円で
お買い得でした。

王林訳ありは6個で230円で お買い得でした。

王林訳ありは6個で230円で お買い得でした。

登山者用無料駐車場。 三連休最終日で9時頃で5〜6台空きが ありました。

駐車場を挟んでトイレ🚻があります。 水洗トイレ🚽てキレイでした。

戸隠キャンプ場の中を進んで行くと登山口があります。

この先がキャンプ場エリアです。

右の建物に登山ポスト📮があります。

登山ポスト📮

これから向う高妻山

キャンプ場内のトイレ🚻

ゲートの左側から登山者は入れます この先牧場エリア

弥勒尾根から登ります。 弥勒尾根は急登なので大洞沢コースを登る人が多いそうです。

牧場内を弥勒尾根入口へ向う

広い牧場です。

今日は天気☀が良いです

弥勒尾根の入口

弥勒尾根は落ち葉🍂が多かったです

登山道、根っこと落ち葉🍂

弥勒尾根は急登のコースてす。

右奥に先月登った妙高山🏕が見えます

五地蔵山にはピークごとに祠があります。

高妻山方面が見えてきました

ここは七薬師

ここは八観音

ここは九勢至

岩場

山頂手前に十阿弥陀

高妻山山頂

左奥に火打山、右奥に妙高山

六弥勒がある所は分岐なので右に行くと大洞沢方面です。

行きは左から登ってきましたが 下りは右の大洞沢コースの方へ

六弥勒の分岐からすぐに五地蔵山山頂です。

五地蔵山山頂からは左に妙高山、右に黒姫山が見えます

山頂から少し進むと五地蔵の祠があります。

その次に四普賢

その次は三文殊

その次は二釈迦

登山道の様子

分岐のところに一不動

一不動の祠のそばに避難小屋があります 扉は壊れかけてました。

中の様子

分岐を戸隠牧場(大洞沢)へ

登山道の様子

分岐を下って行くと水場🚰の氷清水があります

氷清水を過ぎると登山道は川の中に

クサリのある岩場も降りて行きます

途中に小さな滝も

濡れてる時は滑りそうな斜面 クサリはあります

滝の横を下って行きます

登山道の様子

登山道はまた川の中を

こちらのコースは沢沿いのコース

牧場への入口 牧場の中を少し歩きます。

牧場の中を通る

下山後に日帰り温泉に向う途中リンゴ🍎がいっぱい実ってた。

日帰り温泉 りんごの湯 

内湯にはりんご🍎が浮いてました。

入口の天井にはりんご🍎のオブジェ

1階には直売所がありました。

お土産にりんご🍎北斗が三つで250円

王林訳ありは6個で230円で お買い得でした。