北穂高岳〜前穂高岳縦走。2泊3日穂高満喫。

2023.11.03(金) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
8 時間 14
休憩時間
59
距離
18.0 km
のぼり / くだり
1766 / 189 m
DAY 2
合計時間
3 時間 40
休憩時間
38
距離
1.4 km
のぼり / くだり
216 / 324 m
DAY 3
合計時間
6 時間 54
休憩時間
1 時間 19
距離
9.0 km
のぼり / くだり
427 / 1909 m

活動詳細

すべて見る

1日目 11月の3連休に上高地へ、穂高連峰を満喫したいと思い、先ずは北穂高小屋を目指します。 毎日アルペン号夜行バスで上高地へ、この日は4列シートで申し込んだのですが、行く人が少なかったのか、3列シートのバスが配車され超ラッキー。お陰様で上高地までほぼ爆睡。 3連休最初の上高地ですが、意外と人が少ない。天気が素晴らしく良いので、6:13分の日の出まで、小梨キャンプ場で日の出待ち、穂高に映るモルゲンロートを見てから6:30に出発しました。 晩秋の上高地は紅葉がまだまだ残っている、穂高の山々の頂きには雪が見えて、青空と雪と紅葉と緑の三段紅葉を見ながら進みます。 涸沢ヒュッテまで、登山道には雪もほとんど無く、順調に進み、10:45にヒュッテ到着、おでん🍢食べで元気になり、いよいよ北穂高岳を目指します。 通常期は南陵を登りますが、この時期雪が着くと、北穂沢の直登ルートになります。 まだまだミックス(雪と岩の混ざった状態)ですが、途中でアイゼンを装着して北陵を登りました。 14:00前には北穂高小屋に到着。 その後は景色見たり、写真撮ったり、夕焼け見たりで山頂にある小屋を満喫して山友さんともたくさん話して眠りに着きました。 明日は奥穂に向かいます。 2日目 今日の泊まりは小屋閉めの穂高岳山荘。北穂高小屋から行くには、一度涸沢に降りて行く方法と、そのまま縦走して涸沢岳経由で行く方法とあって、昨日登ってくる時に来た雪の状態がわかったので、縦走して行くことに決めました。 6:08の日の出を北穂高岳山頂で眺めて、6:50に小屋を出発、北穂高岳の南峰まではトレースが付いて居ましたが、その後は誰も行っていない感じです。 雪のない時期には何度か歩いた道ですが雪がありしかもミックスの時は初めて、激しい緊張感とワクワク感が織り混ざり、しかもトレース無しで歩ける幸せを感じながら一歩一歩脚を進めます。 雪の質は表面がクラストしていて中はザラザラ、しかもそんなに積もっていないので、スラブの上は2cmぐらいでザラザラ崩れる状況。ピッケル刺してもグラグラで安定しない、脚でステップ作って行くのですが、ズボズボ入って、最後は岩にたどり着いて、キーキー言ってアイゼンが滑る。 また所々雪が全く着いていない箇所もあって、アイゼン外す余裕は無く、そのまま進みますが、2回も左のアイゼンが外れる始末。 なかなかテクニックが必要で、慎重に慎重に進みました。 途中で引き返すことも頭に入れながら、ゆっくりと進んでいき、なんとか10時過ぎに涸沢岳に到着。 ここで緊張感が解れて、下山時アイゼン引っ掛けて転びました(笑)ダメですね、気の緩みは。 穂高岳山荘には10:30前に到着。 今日はもうゆっくりとしたいと思います。 さて、明日は前穂高経由で降りるかなぁ。 3日目 昨夜の夕飯はカキフライに餃子にポトフ。かなりの量で食べるのに大変でした。その後もロビーで山友さんと山談義に花が咲き、21時の消灯ギリギリまで飲んでは話してました。 今日の行程は早々と岳沢経由で降りることを決めて、ジャン経由の西穂はあきらめる。 昨晩は夜も雲が多く、星空撮影もせずに爆睡。朝も雲は上空にいましたが、御来光は望めました。 7時前に山荘を出て、奥穂高岳に登頂。その後吊尾根を進みますが、何人かのトレースが残っていて、特に危ない箇所は無く、雪と岩のミックスに苦労しながら降りていきます。 今回来る前にアイゼンの歯を砥いで来るか迷いましたが、時間がなくてそのまま来ました。散々岩の上を歩いたので、結果オーライかもしれません。 今回帰ったら砥ぎます。 途中前穂高に寄り道、この時はチェーンアイゼンに履き替えて登りましたが十分平気でした。 紀美子平からは雪のあるところは無く、ノーアイゼンで降りましたが全く問題無し。 (あくまでこの日の状況なので、一度雪が降ると、大幅に状況は変わりますので要注意) 岳沢でランチタイム中のご夫妻としばらく話、結局上高地下山は13:45、小梨の湯が11月3日で終了しているので、久しぶりに上高地温泉ホテルの日帰り入浴に入り、大満足の3日間の山旅は終わりました。 また来年のGWまで上高地とはお別れかもです。

槍ヶ岳・穂高岳・上高地 快晴の上高地の朝、ベンチには霜が降りている。3連休にしては人が少ない印象でした。
快晴の上高地の朝、ベンチには霜が降りている。3連休にしては人が少ない印象でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 河童橋越しのこの角度が好きなんだなぁ。
河童橋越しのこの角度が好きなんだなぁ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 河童橋も霜が降りて、ツルツル。
河童橋も霜が降りて、ツルツル。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 小梨平のキャンプサイトで朝日を待つ。
西穂高の峰々にモルゲンロート。
小梨平のキャンプサイトで朝日を待つ。 西穂高の峰々にモルゲンロート。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 30分以上待機して素晴らしい景色を楽しみました。旅のプロローグとしては最高でした。
30分以上待機して素晴らしい景色を楽しみました。旅のプロローグとしては最高でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今年話題の熊さん、
こちらは今年設置でしょうか。
今年話題の熊さん、 こちらは今年設置でしょうか。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 熊鈴も立派になりました。
熊鈴も立派になりました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 徳澤園もテントは数張。
まさにシーズンオフです。
徳澤園もテントは数張。 まさにシーズンオフです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 新村橋の工事は令和9年まで、迂回コースを進みます。
新村橋の工事は令和9年まで、迂回コースを進みます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前穂高方面。
前穂高方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 梓川沿いの紅葉。
梓川沿いの紅葉。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 横尾大橋。天気は最高。
横尾大橋。天気は最高。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 屏風岩と月
屏風岩と月
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 本谷橋は先週撤去されて、仮橋が架かっていました。
本谷橋は先週撤去されて、仮橋が架かっていました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 やっと登山道に少し雪が出て来ます。
やっと登山道に少し雪が出て来ます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 涸沢ヒュッテも小屋閉め仕度。
涸沢ヒュッテも小屋閉め仕度。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前穂高岳方面
前穂高岳方面
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 涸沢ヒュッテのデッキにて、
上の売店はすでに撤去されていましたが、室内の売店でおでんを注文。
おでんがお腹に染みる。
涸沢ヒュッテのデッキにて、 上の売店はすでに撤去されていましたが、室内の売店でおでんを注文。 おでんがお腹に染みる。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 美しい涸沢カール。
美しい涸沢カール。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 北穂高岳を目指して涸沢小屋の右側を進みます。
北穂高岳を目指して涸沢小屋の右側を進みます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南陵の取り付きまで登ったところで、アイゼンを装着。
すでに北穂沢が登れるとのこと。
南陵の取り付きまで登ったところで、アイゼンを装着。 すでに北穂沢が登れるとのこと。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ミックスなので、アイゼンの歯がキーキー言う。
ミックスなので、アイゼンの歯がキーキー言う。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 直登で登ります。
雪質はザラメ状で、たまに踏み抜きます。
直登で登ります。 雪質はザラメ状で、たまに踏み抜きます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 日陰は締まっていて歩きやすい。
日陰は締まっていて歩きやすい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南陵からの合流点まであと少し。
南陵からの合流点まであと少し。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 上高地から5時間で北穂高岳北峰の山頂。目の前に槍ヶ岳、360度のパノラマを満喫。
上高地から5時間で北穂高岳北峰の山頂。目の前に槍ヶ岳、360度のパノラマを満喫。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 薬師岳
薬師岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳
鷲羽岳、水晶岳、赤牛岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 黒部五郎
黒部五郎
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大キレットと槍ヶ岳。
大キレットと槍ヶ岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一泊目は北穂高小屋。
山頂直下にあり、富士山を除くと日本最高位に位置する小屋です。
一泊目は北穂高小屋。 山頂直下にあり、富士山を除くと日本最高位に位置する小屋です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕陽に染まる大キレット。
夕陽に染まる大キレット。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕陽が沈みます。
夕陽が沈みます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 明日向かう、奥穂高方面。
明日向かう、奥穂高方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕飯は生姜焼き。
夕飯は生姜焼き。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雲ひとつない星空
雲ひとつない星空
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 朝は目玉焼き。
朝は目玉焼き。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夜明け前。
夜明け前。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大きな雲が上空に。
大きな雲が上空に。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一気に焼けます。
一気に焼けます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 素晴らしい日の出。
素晴らしい日の出。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 周りの山々も焼けて行きます。
周りの山々も焼けて行きます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 穂高岳も
穂高岳も
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 7時前に縦走に向けて出発。
7時前に縦走に向けて出発。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 こちらは南陵に向かうトレース。
しっかりとしていて安心です。
こちらは南陵に向かうトレース。 しっかりとしていて安心です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 そして南陵と奥穂高方面への分岐。
そして南陵と奥穂高方面への分岐。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 踏み跡が少なくなります。
踏み跡が少なくなります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南峰にも立ち寄り。
南峰にも立ち寄り。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 北峰の上に人がたくさん。
北峰の上に人がたくさん。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 矢印や○印は見えたり見えなかったり。
矢印や○印は見えたり見えなかったり。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雪と岩のミックス。
雪と岩のミックス。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 涸沢カールと前穂高岳
涸沢カールと前穂高岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 高度感はこんな感じ。
高度感はこんな感じ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ありがたい矢印。
ありがたい矢印。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 トレースないので自分で構築して行きます。
トレースないので自分で構築して行きます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 頼りになる○
頼りになる○
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 先導のトレースはウサギと?
先導のトレースはウサギと?
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ○見つけると嬉しい。
○見つけると嬉しい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 自分のトレースを振り返る。
自分のトレースを振り返る。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 風は強いのですが、天候に恵まれました。
風は強いのですが、天候に恵まれました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 梯子は健在、鎖は少し埋まっている箇所があり。
梯子は健在、鎖は少し埋まっている箇所があり。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雪庇はまだまだ赤ちゃん。
雪庇はまだまだ赤ちゃん。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ゴールはまだまだ
ゴールはまだまだ
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 こちらも歩いて振り返り。
こちらも歩いて振り返り。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 少し登って、振り返り。
少し登って、振り返り。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 スタートから3時間30分、やっと鎖を登り切り、涸沢岳の山頂が見えました。
スタートから3時間30分、やっと鎖を登り切り、涸沢岳の山頂が見えました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 到着。達成感すごい。
到着。達成感すごい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥穂高岳と穂高岳山荘。
奥穂高岳と穂高岳山荘。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 お世話になります!
お世話になります!
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕飯は最終日なのでしょうか、カキフライに焼き餃子、ポトフ。
相当ポリューミー。
夕飯は最終日なのでしょうか、カキフライに焼き餃子、ポトフ。 相当ポリューミー。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 昨日の午後より高曇りで3日目の朝もこんな感じ。
昨日の午後より高曇りで3日目の朝もこんな感じ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 朝食は6時。
朝食は6時。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 御来光
御来光
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 お世話になりました。
また来年!
お世話になりました。 また来年!
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 7時前山荘を出発。奥穂高岳を目指します。
7時前山荘を出発。奥穂高岳を目指します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 最初の壁はまだまだ壁にはなっていなく、階段状でピッケル無しでも登れるぐらい。
最初の壁はまだまだ壁にはなっていなく、階段状でピッケル無しでも登れるぐらい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 薬師岳
薬師岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山頂直下もまだ夏道でした。
山頂到着。
山頂直下もまだ夏道でした。 山頂到着。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前穂高方面。
前穂高方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ジャン
ジャン
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥穂高岳山頂方面。
奥穂高岳山頂方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 吊尾根を通り前穂高岳を目指します。
吊尾根を通り前穂高岳を目指します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 昨日とは違い、トレースもしっかりあるので、この日は大丈夫でした。
昨日とは違い、トレースもしっかりあるので、この日は大丈夫でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今日もミックス。
今日もミックス。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 日陰は雪が締まってさらに大丈夫でした。
日陰は雪が締まってさらに大丈夫でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 紀美子平に到着。ここでアイゼンを脱ぎました。
紀美子平に到着。ここでアイゼンを脱ぎました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前穂高岳山頂までは約40分、最初はノーアイゼンでしたが、途中からチェーンアイゼンで登りました。
前穂高岳山頂までは約40分、最初はノーアイゼンでしたが、途中からチェーンアイゼンで登りました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥穂高岳
奥穂高岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥穂高岳〜涸沢岳〜北穂高岳
奥穂高岳〜涸沢岳〜北穂高岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 霞沢岳、乗鞍岳、焼岳
霞沢岳、乗鞍岳、焼岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中央アルプス方面。、
中央アルプス方面。、
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 常念岳
常念岳
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大天井岳からパノラマ銀座。
大天井岳からパノラマ銀座。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 やっぱり槍ヶ岳、奥に立山連峰。
やっぱり槍ヶ岳、奥に立山連峰。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 紀美子平からは雪はありません。
紀美子平からは雪はありません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 晩秋の上高地を見下ろす。
晩秋の上高地を見下ろす。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ぐんぐん下る。暑い。
ぐんぐん下る。暑い。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 岳沢湿原
岳沢湿原
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 上空は雲
上空は雲
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 河童橋、外国人8割ぐらい。
河童橋、外国人8割ぐらい。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 梓川と紅葉。後は六百山。
お疲れ様でした。
梓川と紅葉。後は六百山。 お疲れ様でした。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。