雪山3000m峰にチャレンジで中岳(9座目)&南岳(10座目)へ🎶大喰岳・中岳・南岳・槍ヶ岳

2023.11.02(木) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
7 時間 46
休憩時間
15
距離
19.4 km
のぼり / くだり
1813 / 235 m
DAY 2
合計時間
12 時間 18
休憩時間
6 時間 50
距離
7.3 km
のぼり / くだり
746 / 750 m
20
18
1 5
4
5
55
26
7
4
1 46
1
DAY 3
合計時間
5 時間 30
休憩時間
10
距離
20.0 km
のぼり / くだり
278 / 1855 m

活動詳細

すべて見る

✡️前書き 予約時点で小屋の予約表を見ると今年の槍、穂高の小屋締め最終日は11月3日でした。 今回は2年振りに槍ヶ岳山荘にし、出来れば南岳まで行きたかったので2日に休みを頂いて2泊で予約しました。 11月が近づいて21日に行けなかった北穂高小屋の予約表を見ると最終日が4日になっていたので、小屋に確認をするとやはり4日迄との事。 其れではと予約すると、上高地からですか?と聞かれたので槍ヶ岳山荘からです。と答えると。 縦走ですか😱❕と聞かれたので、イエイエ横尾山荘から登り返します。と答えました。 更に遠いですね?と言われたので、朝早く出ます。と答えると、其れならと。渋々OKを頂きました😁 3泊だと大枚を叩くことになるので、全日夕食のみとしました🤣 ✡️1日目 この時期、土日平日に関わらず沢渡からのシャトルバスの始発は6時となります。 また、この時期の槍ヶ岳山荘泊は、今回で3度目となりますが、今までは同行者が居たので、大体10時間近く掛かりました。 と言う事は少し休憩時間を減らしても16時頃になってしまうので、出来れば少しでも早く出発したいので、沢渡でタクシーを使う方に同乗させて貰う作戦にしました。 自宅を0時に出発し、沢渡には5時過ぎに到着。 車は意外と多く停まって居たので取り敢えずザック等は後にして、タクシー待ちしている人が居るかどうか確認に行きます。 すると若い男性2人組が居たので、タクシーですか?と尋ねると、そうです。と帰ってきたので一緒に良いですか?と聞くと、気持ち良く良いですよ。と返事が。 荷物があるので急いで取ってきます。と言って待って貰うことに。 その間もう一人居ないか声掛けしてます。と言って居ました。 準備をして3人だったら二人分を出そうかな?等と考えながら戻ってくると、近くに彼らの姿が見当たらない? するとタクシー乗場に向かう4人組の姿を発見。 あれは先程の彼らに間違いない。 急いでタクシー乗場に向かうものの、乗車して出発して行った😆 彼等には口約束と言うのは通用しない無いようだ🤣 其れから2組程に声掛けするも同乗する事は出来ませんでした。 意気消沈してザックを切符売場近くに置いてトイレに行って戻ってみると、私が置いたザックとは関係無い列が出来ていた😆 今日は平日なので始発に乗れない事はないが結構な人数だ。 其処にソロの男性が来て切符売場も開くので此処で待ちましょう。と。 私も最高尾に並び直すのは杓に触るのでそのまま待つことに。 少し話すと彼も槍ヶ岳山荘泊だそうです。 回りの皆さんの装備を見るととても登山者では無いようだ。 もしかすると我々二人で貸切りかも?🤭 バスも相席で色々話ながらでしたが、大正池では約半分の方が下車されました。 上高地に到着し、彼が登山届を出して戻ってくると、其れでは後程。と言われたので、確かに私のザックの方が重いので足手まといになりそうだ😁 直ぐに追い付かれるのは目に見えているので、取り敢えずお先に。と6時半過ぎに先行します。 明神館を通過すると大体何時ものペースでした。更に歩いて居るとソロの女性が下りてきたので、何処まで行かれたか尋ねると、槍ヶ岳で昨日は下りて泊まられたそうです。 雪について尋ねると、2000m辺りから雪が出てきて1400mからは結構有るそうです。 私は2000mと言えばババ平で1400mと言えば上高地より低い?? そうです、標高の話ではなくどうやら山荘までの距離を言われた様ですが、私は夏山で上高地から登った事がなく、雪山だと雪に埋もれて見えませんので勘違いしました🤣 その後、徳沢園を通過すると迂回路になります。 この前穂高から下りた時は登山道が使えたのですが、今回は平日で工事中だからかな?と思いました。 2年前も行きは平日だったので迂回した記憶があります。 途中にある吊り橋の新村橋は架け替えの為撤去されていました。 そして多くの工事関係車両が通過するので注意が必要です。 横尾山荘を通過すると前に一人居ましたが、右手の蝶ヶ岳の方に登って行きましたので、槍ヶ岳に向かう方は誰も居なくなりました。 槍沢ロッジに到着すると時間は10時前だったので、此れで槍ヶ岳山荘に明るいうちに到着出きるのは確定です。 2年前は生ビール半額だったので、其れだけを確認すると定価でした😁引き続き登ります。 ババ平まで来ると暑くなったのと、小腹が空いたので此処で1回目の小休止を取ります。 大曲を過ぎると此処から先が本当の登山となり、重たいザックに加えて体力のない私には正念場です。 途中小屋の女性、男性がペンキ塗りや登山道整備をされていました。ありがとうございます🙇‍♂️ 標高2200mを越えた辺りだったと思いますが、バスで一緒だった方の登ってくる姿が見えました。 その後も黙々と登りグリーンベルト手前にある水場で補給します。 そして前回2回と同じくグリーンベルト付近でルート上に雪がでて来ました。 しかし、今日は気温が高く雪がグサグサで前回よりも少ないので、暫くツボ足のままで登ります。 坊主岩を過ぎて少し登ったところでチェンスパを装着しました。 殺生ヒュッテ付近でバスで一緒だった方が追い付き先行していきます。 此処からは雪があれば直登するのですが、雪が無いので九折で登ります。 また、直登であればアイゼン、ピッケルにするのですが、今回はチェンスパとストックのままで登ります。 何時もながらですが、山荘は近くに見えるんですがなかなか近づかないので疲れるんですよね😣💦⤵️ そして、山荘には14時20分頃到着しましたので、今回は余裕を持って到着する事が出来ました😊 タクシーに乗れず、どうなることやらと思って居ましたが、結果としては高いタクシーを使わずとも余裕で到着出来たので、ある意味若い彼等には感謝です🤣 山荘には槍沢ロッジから来られた方や新穂高から来られた方が3名居られました。 取り敢えず宿泊受付をしますが、実は今回自宅で以前貰った名刺を見て、そう言えばその方は槍ヶ岳山荘の方だったのを思いだし、受付で確認すると2年前までは槍ヶ岳山荘に居られましたが、今は槍沢ロッジに居るそうです。 帰りに寄るにしても、その日は北穂高小屋へ向かうため朝早く出発なので今回お会いするのは無理な様です😢 また、南岳には二日前に行かれた方がいてその後は雪は降っていないのでトレースがある確率が高いことを知りました😊 取り敢えず部屋にザックを運んでから、皆さんは此れから山頂に向かいますが、私は余りにも雪が少ないので行く気になれず、一人担いで来た🍺タイムです😁 因みに今年は生ビールは既に品切れでした。 その後外で飲んでいると、下から登って来る男性の姿が見えました。 此れで今日の宿泊者は男性5人、女性1人となる様です。 皆さんが槍穂から下りて来ると、宿泊者では一番若い男性はどうやらツボ足、ピッケルなしで登っていたようで、ヒヤヒヤしながら見ていたそうです。 見た目は雪は無さそうに見えても、必ず残雪があるところは、鎖も梯子も無いので下りはとても危険です。 一歩間違えば死に繋がるので、知らないなら尚更安全を優先して登って欲しいものです。 食事は日没の時間を考慮してだと思いますが17時半からです。 私は取り敢えずテン場近くにある岩場で夕陽を見ます。 此の所日帰りが多かったのと、天気に恵まれず夕陽を見る機会は殆んどありませんでした。 笠ヶ岳、そしてその奥に浮かぶ白山に沈む夕陽、そしてアーベントで赤く染まる大喰岳は最高でした🎶 私は余りモーメントは上げませんが、余りにも綺麗だったので思わずモーメントしました🤣 更にそのモーメントを見られたフォローのたかさんが明日から此方に来られれる事を知りました。 夕食は4人と2人に別れ、私は最後に到着された方と一緒でした。 岐阜から来られたそうで、私と同じく連泊するそうです。 印象はとても静かな方でした。 部屋に戻ってからバスで一緒だった方は私と同じ茨城県民だと知りました👀‼️(以降ヤマッパーのあっきーさんで。) アルプスで茨城の型どおり出会うのは本当に稀なのでビックリです😱❕ もうお一方は奈良から来られたそうで、今日は新穂高から登られたそうです。 因みに北鎌尾根も登られていて、百名山は残すは皇海山のみだそうです。 あっきーさんも、残すは3座で十勝岳、トムラウシ山、利尻山だそうです。 私は明日は大喰岳で御来光を見て、その後南岳までピストンする話をすると、あっきーさんも行きたいと言っていました。 奈良の方もハッキリはしませんが、大喰岳には来るような雰囲気でした。 ✡️2日目 今日は5時出発予定なので、4時頃起きる予定が20分程寝坊しました😆 そそくさと荷物を纏めて要らない荷物は大きなビニール袋に詰め込んで廊下に出します。 前日に二日目は部屋が変わるので廊下に出しておくようにと指示されていました。 何とか予定通り5時に出発しますが、あっきーさんは遅れて出発するそうです。 大喰岳までは何度も行っては居ますが、御来光は初めてでしたので、今回はトレースがしっかりあったのは凄く助かりました。 私は更に彼らが登りやすくなるようにステップをしっかり作りながら山頂を目指します。 大喰岳には今回はトレースがあったお陰か思ったより早く40分程で到着しました。 その後遅れてあっきーさん、奈良の方も到着しました。 槍穂の山頂で御来光を見た事もありますが、槍穂は富士山と同じで登るより見る方が断然良いのと、此処だと穂高連峰まで見えるので、最高の御来光を堪能する事が出来るので絶対お勧めですよ。 しかし、皆さんの殆んどが槍穂に興味が集中するので、此処に来る方はほんの一握りなのも事実です。 そして、此処からはその先の中岳、南岳もしっかり見えるので、遠いのを実感した二人は山荘へと戻ります。 私は、計画通り先ずは未踏の雪山3000m峰の中岳を目指します。 一昨年は槍沢ロッジから登って来たので今回よりは時間的に余裕が無かったのと、トレースはウッスラとしか無くルーファイしながらだったので時間が掛かったので、下り始める前で引き返しました。 今回はその先もトレースが見えたので先へと進みます。 そして、中岳への登り返しになりますが、上には梯子もあるので南岳までのルートで此処が一番の難所です。 但し登りはトレースがあればそんなに難易度は高くはありませんでした。 そして、7時過ぎに感動の雪山3000m峰9座目となる中岳山頂到着です。 夏山も一度しか来た事がありませんでしたので、実に5年振り2度目の登頂となります。 此処から南岳までは距離はあるので状況に寄っては引き返す事も頭にありましたが、先に進んで下を覗くとトレースがハッキリ見えました。 時間もまだまだタップリあるので、計画通り南岳を目指すことにしました。 中岳からは結構下ります。 風もなく日差しも強いので、一旦下りきったところで防寒着を脱ぎます。 後はトレースがあれば特に問題があるところは無いので、中岳から1時間20分位掛かって雪山3000m峰10座目となる南岳山頂到着です🎶 計画では此処で引き返しですが、此処まで来たら折角なので大キレットも間近で見て見たい🎵 勿論行きます🤭 夏山で来た時は南岳小屋に泊まりましたが、新穂高に下りる為大キレットではなく南岳新道を下山しましたので、大キレットは一旦下り切った所までしか行っていません🤣 今回も覗き見するだけですが、雪山で此方から大キレットが見れるとは正直思って居ませんでしたので感動しまくりです🤭 ウロウロしながら写真を撮りまくって山荘に戻ります。 帰りの道中ですが、大キレットが間近で見れた事で明日予定している北穂高小屋に行く理由がだんだんと薄れて来ました。 途中小屋に電話して天気等で問合せしましたが、天気がそんなに良くないので益々行くテンションが下がります。 此の時点でキャンセルはしませんでしたが悩む所です。 帰りは中岳の梯子の下は、安全を最優先してクライムダウンで下りる為ダブルピッケルにしました。 そして山荘にはお昼前に無事に戻りましたが、新穂高から来られた日帰りの方の姿も何名か見られました。 私は連泊の受付と辛いと強調されていたキーマカレーを注文。 するとドリンクチケットが貰えて、当然缶ビールをチョイス。 槍穂には未だに登って居ませんが、夕陽のおまけ付きの時間帯に登るつもりです。 さて、食事を終えて外でのんびりしつつも気になっていた明日の北穂高小屋ですが、だんだんと行くテンションが下がって来たのと、キャンセルすればゆっくり出発し槍沢ロッジで再会出来る可能性もあるので、北穂高小屋は来年の小屋開けでお世話になることにしてキャンセルする事としました。 しかし、この判断が後々色々な事で良い方向に繋がりました😊 さて、たかさんご一行が何時に到着するのか上から見ていたのですが、一向に其れらしきグループが登って来る気配がない🤔 そして、夕陽を見るために山頂に向かう時間も迫ってくる。 そんな時槍穂をバックに写真を頼まれる。 聞けば槍ヶ岳は初めてらしいので、次いでに山頂まで案内する事に。 ザックを置いてから戻って来た時ピッケルは持っていたので、気にしてはいなかったが、登っている間にツボ足なのに気が付く😆 其れでは鎖が無いところは、出来るだけ登りやすくするためステップをしっかり切ってあげる。 梯子では先に登って貰って写真を撮ってあげる。 私は今回は登らなくても良かったが、唯一山頂標識が新しくなったので其れを撮るために登りました😁 山頂は360度パノラマビューなのだが、残念な事に常念山脈を始め、他の山々も申し訳ない程度しか雪が着いていない😢 残念ながら夕陽、アーベントも今回の中では今一だった。 此れで明日の御来光は山頂で。と言う選択肢は無くなった😁 御案内した男性は寒くなったので先に戻って行きましたが、気にはなっていたが無事に下りられた様だ。 私も夕陽を見てから下りたが、最後の最後で軽く飛び降りたところで、ビリッ。と音がした👀‼️ 見ると買って2度目のモンベルのアルパインスパッツの上が無惨に破けた😭 丁度補強生地とナイロン生地の繋ぎ目だ😖⤵️ 山荘に戻ってそのまま、たかさんを探しにテン場へ。 テントは直ぐに分かった👍️ 4人用テントは一張だけだったので😁 其れにしてもテントが意外に多く👀‼️です。 外から声掛けすると、たかさんが顔を出した。 たかさんは、今年1月に安達太良山に行った時、お連れの女性のサコッシュを拾ってあげたのがキッカケでフォローしあっていますので、其れ以来の再会です😊 お話を聞くと上高地からではなく、新穂高から登られたそうで、道理で見つからなかった筈です🤣 その後戻って食事ですが連泊は二人なので岐阜の方とは向かい合わせです。 隣には槍穂に登るか否かを迷っていたご夫婦が、更に同じテーブルには先程案内した若い方が。 色々話が弾んだが今日はお待ちの方もいるので早々に退散を命じられる。 その後は談話室で大人しく飲んで二日目終了です😁 ✡️3日目 北穂高小屋をキャンセルしたので、ゆっくり目の行動になるが、4時過ぎに目が覚めたので今回初めて担いで来た、力(ちから)ラーメンを自炊部屋で作って食べる。 その後パッキングが全然出来ていないので必死に纏める😁 やっと、荷物を纏めて外に出ると、既に5時40分を過ぎている。 しかし、今までとは違って凄く良い感じに雲がある🎶 此れは間違いなく幻想的な朝陽が見れる筈だ。 先ずはテント場に向かって、たかさんに教えてあげる。 その後岩場に登って御来光を待つ。 此処でアクシデント😢一眼レフの電池切れを防止するため電池を交換したのだが、電池が劣化しているのか?充電が不十分だったのか、肝心の御来光直前で撮影が出来なくなる😢 仕方がないので後はスマホ便りだが、今日は気温も低く風も強いのでなかなかシャッターが切れない。手袋を外したら冷た~い🥶 しかし、今日の朝陽は今回一番の絶景なので頑張ります💪 もし、北穂高小屋をキャンセルして居なければ、此の最高の景色は見ることが出来ませんでした😊 此れで心置きなく下山する事が出来ます😆⤴️💓 出発前にたかさんにお別れのご挨拶をしてから、二日間お世話になった槍ヶ岳山荘を後にします。 装備は、朝と下りなのでアイゼンとストックにしました。 急斜面を下りてしまえば、チェンスパでも全く問題無いのですが、私はアイゼンでも問題無いのでそのままで下ります。 坊主岩で暑くなってきたので、防寒着を脱いで、ハードシェルからパーカーに替えます。 此処でアイゼンを外しても良かったのですが、もう少し様子見をしましたが、直ぐに外しましたので此処で外すのが正解でした🤭 水場では水の補給と外したアイゼンを格納しました。 下っている間、今日が山小屋最終日のせいか意外と登って来る方が結構いました。 そして、槍沢ロッジには9時頃到着しましたが、玄関前に数名居られ私は直ぐに穂苅さんだと分かり声を掛けました。 穂苅さんと出会ったのは、私がヤマップを始めた年の8月に立山から新穂高まで7泊8日で縦走しましたが、初日の五色ヶ原山荘では相部屋で、翌日薬師岳山荘に着いた時は受付に座っていたので、此の方何者?と思いました。 3日目は雲ノ平山荘で一緒でしたが、この時は50名定員で150名程泊まっていましたが、初日に同部屋だった方と3名で再会しました。 翌日の朝お別れの時名刺を頂き、槍ヶ岳山荘の方だと知りました。 槍ヶ岳山荘グループは、今はお兄さんが引き継いで居ると槍ヶ岳山荘で教えて貰いました。 小屋締めの準備と最後の宿泊者受け入れで多忙でしたが、小屋開けの時はロッジに宿泊する事をお約束してお別れとなりました。 北穂高小屋をキャンセルして居なければ今回再会する事は無かったと思います。 後はひたすらバスターミナルを目指すだけですが、横尾ではトイレ休憩しましたが、その後再び歩き初めて間もなく、パタパタと音がします? 何だろうと足元を見ると、左足の冬靴のソールが剥がれていました😱❕ 直ぐにザックを卸してテーピングで応急処置をします。 今回は殆んど夏道歩きになるのでソールの磨耗を考えて初代冬靴をチョイスしたのですが、多分劣化によるものでしょうね? もし、予定通り北穂高小屋目指し登り返していれば、泣く泣く途中で引き返さざるを得ない事象でしたので、結果論にはなりますがキャンセル判断は正解だった様です😊 更に今日は土曜日なので工事はやっていないかな?と思って居ましたが、引き続き迂回路の通過でした。 そして上高地が近づくに連れて、凄い観光客の姿が。 中国人らしき観光客もコロナ前と同じ位沢山見掛けます。 バス乗場には、12時20分頃到着しましたが、何時もの感じで並ぼうとすると列が左手に蛇行している👀‼️ 沢渡行きのバス待ちなのか、分からず並んでいる方に伺うと、??と言う感じで良くわからない。 取り敢えず最後尾に並ぶと、後ろにも並んで居ますよ。の声が?? 何時もならあり得ないが列が折れ曲がっていた👀‼️ その後係の方が誘導して何時もの様に河童橋方面に繋がるよう真っ直ぐにしていたが、対応が遅すぎる。 時間帯がDrさんの昼休みなのか30分位は全く進まなかったが、その後は続々と臨時便がでて思ったよりは早くバスに乗れた🎵 ✡️まとめ 今回は天気に恵まれ念願だった、雪山3000m峰の2座に登頂する事が出来ました。 3000mを越える雪山は、色々な条件が揃わないとそう易々とは登れないので、今回は本当にラッキーでした。 更に夕陽、朝陽とも滞在間2度も見ることが出来、最後の朝陽は最高でした😆⤴️💓 今後も雪山登山を頑張り続けたいと思います😊

槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ✡️1日目
定例のザック重量測定🤭
ほぼ19kg。20kgを下回って合格です🤣
其れでは今日も頑張ります💪
✡️1日目 定例のザック重量測定🤭 ほぼ19kg。20kgを下回って合格です🤣 其れでは今日も頑張ります💪
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 6時半過ぎにスタートします。
今回は川沿いではなく真っ直ぐ河童橋へ。
6時半過ぎにスタートします。 今回は川沿いではなく真っ直ぐ河童橋へ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥穂高岳には雲が掛かっていますね。
奥穂高岳には雲が掛かっていますね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 静かな河童橋。
下山時とその違いを後で確認して下さい。
焼岳は今日も噴煙なしです。
静かな河童橋。 下山時とその違いを後で確認して下さい。 焼岳は今日も噴煙なしです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 明神。
明神。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 明神館。40分弱、まあまあのペースですね。
スルーします。
明神館。40分弱、まあまあのペースですね。 スルーします。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 遠くに8月に登った赤沢山。
遠くに8月に登った赤沢山。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 広角で。
広角で。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 この前はトイレの建物がありましたが、今は完全に撤去されていました。
この前はトイレの建物がありましたが、今は完全に撤去されていました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 徳沢園。
約40分、まあまあのペースですね。
スルーします。
徳沢園。 約40分、まあまあのペースですね。 スルーします。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前回穂高岳山荘から下山した時は、登山道を使えましたが今回は迂回です。
因みに2年前も迂回しました。
前回穂高岳山荘から下山した時は、登山道を使えましたが今回は迂回です。 因みに2年前も迂回しました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処からショートカットして林道へ。
此処からショートカットして林道へ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 吊り橋の新村橋は建て替えの様です。
吊り橋の新村橋は建て替えの様です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 涸沢カールに行く方、勿論パノラマコースは使えませんよ。
涸沢カールに行く方、勿論パノラマコースは使えませんよ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 横尾山荘。
迂回したせいか47分掛かりましたが、まずまずのペースでしょう。
スルーします😁
横尾山荘。 迂回したせいか47分掛かりましたが、まずまずのペースでしょう。 スルーします😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 先行のお一方は蝶ヶ岳へと向かいましたので、私の前には人っ子一人いません😁
先行のお一方は蝶ヶ岳へと向かいましたので、私の前には人っ子一人いません😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 屏風岩と南岳方面がチラリ。
屏風岩と南岳方面がチラリ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 アップ。
まずまずの雪です。
アップ。 まずまずの雪です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一の俣通過。
一の俣通過。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 良い感じの槍沢。
良い感じの槍沢。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 二の俣通過。
この時期定番の橋板なしの橋です。
霜等が付いている時は、ツルっとしますので要注意です。
二の俣通過。 この時期定番の橋板なしの橋です。 霜等が付いている時は、ツルっとしますので要注意です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 水力発電も始めたんですね🤔
水力発電も始めたんですね🤔
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍沢ロッジ。
1時間15分弱、まあまあのペースですね。
槍沢ロッジ。 1時間15分弱、まあまあのペースですね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 2年前に来た時は初めて泊まり、生ビールが小屋締めセールの半額500円でしたが、今日は定価でした。
スルーします🤣
2年前に来た時は初めて泊まり、生ビールが小屋締めセールの半額500円でしたが、今日は定価でした。 スルーします🤣
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍見。
此方が槍ではありませんよ😁
槍見。 此方が槍ではありませんよ😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 残念ながら本物の槍はガスの中でした。
残念ながら本物の槍はガスの中でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山頂のノッペリとしたイメージとは全く違う赤沢山の西側斜面。
山頂のノッペリとしたイメージとは全く違う赤沢山の西側斜面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ババ平テント場に到着。
暑くなってきたのと、流石にお腹が減ってきたので本日初めての休憩。
ババ平テント場に到着。 暑くなってきたのと、流石にお腹が減ってきたので本日初めての休憩。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 15分程休憩して再び出発します。
15分程休憩して再び出発します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雲が多いですが雪山がチラリと見えてきました。
雲が多いですが雪山がチラリと見えてきました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山頂は風が強いようであっという間に雲が吹き飛んでいきます。
山頂は風が強いようであっという間に雲が吹き飛んでいきます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大曲から振り返って、今年の8月に登った百高山ラストの左手が西岳と右手が赤沢山。
大曲から振り返って、今年の8月に登った百高山ラストの左手が西岳と右手が赤沢山。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 西側からは次々と雲が。
西側からは次々と雲が。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中ノ沢まできました。
中ノ沢まできました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大岩。
大岩。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 天狗原との分岐点。
天狗原との分岐点。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 グリーンベルトが近くなってきました。
グリーンベルトが近くなってきました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 東は青空です。
東は青空です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 水場に到着。
水場に到着。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 給水します。
給水します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 やはり今回もグリーンベルトから雪がありました。
やはり今回もグリーンベルトから雪がありました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍がチラッと。
何時もならグリーンベルトで軽アイゼン等を装着するんですが、雪が少ないのと気温が高く雪がザクザクなのでこの後暫くツボ足で登ります。
槍がチラッと。 何時もならグリーンベルトで軽アイゼン等を装着するんですが、雪が少ないのと気温が高く雪がザクザクなのでこの後暫くツボ足で登ります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 この上の稜線を明日歩く予定です。
この上の稜線を明日歩く予定です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 青空が見えると嬉しくなる😊
青空が見えると嬉しくなる😊
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今回皆さんがアップしていた山荘まであと1400m地点。
今までは雪に埋もれていて見えませんでしたが、今年は雪が溶けてしまったので、ハッキリ見えます。
今回皆さんがアップしていた山荘まであと1400m地点。 今までは雪に埋もれていて見えませんでしたが、今年は雪が溶けてしまったので、ハッキリ見えます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雪はそこそこあるが、まだツボ足OKです。
雪はそこそこあるが、まだツボ足OKです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 小さいが山荘も見えてきた。
小さいが山荘も見えてきた。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 アップ。
アップ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 坊主岩。
坊主岩。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 もう少し様子を見る。
もう少し様子を見る。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処でチェンスパ装着。
此処でチェンスパ装着。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山荘まで最後の登りですが、雪が無いので直登は出来ません。
山荘まで最後の登りですが、雪が無いので直登は出来ません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 バスで一緒だった方が此処で追い付いて先行して行きました。
バスで一緒だった方が此処で追い付いて先行して行きました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 あと500が意外と長いんですよね😆
あと500が意外と長いんですよね😆
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 いつの間にか雲はすっかりなくなってピーカンに🎵
いつの間にか雲はすっかりなくなってピーカンに🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 良い感じ🎵
良い感じ🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ここら辺は雪が結構ありますね。
ここら辺は雪が結構ありますね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 あと少し💪
あと少し💪
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 最後の斜面を40分掛かってやっと山荘に到着。
でもバス停から8時間掛からなかったので予想外に早く到着出来ました😊
最後の斜面を40分掛かってやっと山荘に到着。 でもバス停から8時間掛からなかったので予想外に早く到着出来ました😊
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂には殆んど雪が着いていません。
槍穂には殆んど雪が着いていません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 常念山脈には全く雪がありません。
常念山脈には全く雪がありません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍沢ロッジで前泊した方や新穂高から登られた方が居て、皆さんは槍穂へ登りますが、私は余りにも雪が無いので登る気になれず、担いで来た🍺をプシュっとしたので見守ります🤭
槍沢ロッジで前泊した方や新穂高から登られた方が居て、皆さんは槍穂へ登りますが、私は余りにも雪が無いので登る気になれず、担いで来た🍺をプシュっとしたので見守ります🤭
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳方面は雪が多くて楽しめそうです。
宿泊受付の時確認したら、南岳まで2日前に行かれた方が居るそうで、其れから雪は降っていないのでトレースが期待出来そうです🎶
大喰岳方面は雪が多くて楽しめそうです。 宿泊受付の時確認したら、南岳まで2日前に行かれた方が居るそうで、其れから雪は降っていないのでトレースが期待出来そうです🎶
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 小さいですが登っている姿が見えます。
上高地からはもう一人男性が到着し、今日は男性5人と女性1人が宿泊します。
小さいですが登っている姿が見えます。 上高地からはもう一人男性が到着し、今日は男性5人と女性1人が宿泊します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 私はテント場で夕陽を見ます。
大喰岳は既にアーベントになっています。
私はテント場で夕陽を見ます。 大喰岳は既にアーベントになっています。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 笠ヶ岳と夕陽。
笠ヶ岳と夕陽。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂も染まっています。
槍穂も染まっています。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山荘と槍穂。
山荘と槍穂。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕陽と大喰岳。
夕陽と大喰岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 アーベント大喰岳。
アーベント大喰岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 岩と槍穂が同化しています😁
岩と槍穂が同化しています😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 岩と大喰岳。
岩と大喰岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕陽
夕陽
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 最高です🎶
最高です🎶
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 奥に浮かんでいるのは白山です。
奥に浮かんでいるのは白山です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 そして徐々に沈みます。
そして徐々に沈みます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 完全に沈みました。
白山もハッキリと見えます。
完全に沈みました。 白山もハッキリと見えます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 西鎌尾根を覗きました。
西鎌尾根を覗きました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 本日の夕食は中華系。
この後部屋に戻ってから山談義。
バスでご一緒だった方は同じ茨城でした👀‼️
他は奈良と岐阜で一番若い方は?でした😁
連泊は私と岐阜の方です。
本日の夕食は中華系。 この後部屋に戻ってから山談義。 バスでご一緒だった方は同じ茨城でした👀‼️ 他は奈良と岐阜で一番若い方は?でした😁 連泊は私と岐阜の方です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ✡️2日目
私は予定通り5時出発で大喰岳で御来光です。
あっきーさんと奈良の方も大喰岳に来るそうです。
✡️2日目 私は予定通り5時出発で大喰岳で御来光です。 あっきーさんと奈良の方も大喰岳に来るそうです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 真っ紅な朝焼け。
最高😉👍️✨
トレースはありましたが、後から来る方が楽に登れるようにステップを切りながら登ります。
真っ紅な朝焼け。 最高😉👍️✨ トレースはありましたが、後から来る方が楽に登れるようにステップを切りながら登ります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳山頂が見えました。
大喰岳山頂が見えました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 丁度40分で山頂到着。
雪の大喰岳は今回で4度目の登頂ですが、此処で御来光を見るのは初めてです。
前回は悪天候で断念しました。
丁度40分で山頂到着。 雪の大喰岳は今回で4度目の登頂ですが、此処で御来光を見るのは初めてです。 前回は悪天候で断念しました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 最高😊
最高😊
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳、南岳、そして穂高の山々が見えます。
中岳、南岳、そして穂高の山々が見えます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 富士山もハッキリ見えます。
富士山もハッキリ見えます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 アップ。
アップ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂をバックに撮って貰います🎵
槍穂をバックに撮って貰います🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 穂高をバックに撮って貰います🎵
穂高をバックに撮って貰います🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 そろそろ御来光の様です。
そろそろ御来光の様です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 来ましたー👍️
来ましたー👍️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 そして雪面がだんだんと焼けて来ます。
そして雪面がだんだんと焼けて来ます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 穂高方面も良い感じに。
穂高方面も良い感じに。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳からの御来光最高です。
槍穂山頂より此方が絶対お勧めですよ😃⤴️
大喰岳からの御来光最高です。 槍穂山頂より此方が絶対お勧めですよ😃⤴️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂も焼けた🎵
槍穂も焼けた🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一番焼けた😉👍️✨
一番焼けた😉👍️✨
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山頂標識も入れて。
山頂標識も入れて。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 穂高方面も一番焼けた😉👍️✨
穂高方面も一番焼けた😉👍️✨
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処であっきーさんと奈良の方は戻ります➰👋😃
私は先ずは雪山未踏の中岳へと向かいます。
此処であっきーさんと奈良の方は戻ります➰👋😃 私は先ずは雪山未踏の中岳へと向かいます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処は前回も来ましたが、夏道はトレースと同じで東側を巻きますが、私は岩を直登します。
此処は前回も来ましたが、夏道はトレースと同じで東側を巻きますが、私は岩を直登します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 振り返ると槍穂がチョコン。
振り返ると槍穂がチョコン。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処から一旦下りますが、前回はノートレースで時間も余りなかったので此処で引き返しました。
此処から一旦下りますが、前回はノートレースで時間も余りなかったので此処で引き返しました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 東側斜面は雪がたっぷりあります。
東側斜面は雪がたっぷりあります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 少し雪庇。
少し雪庇。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳が近くなってきました。
中岳が近くなってきました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中央右手の斜面を登って行くようです。
中央右手の斜面を登って行くようです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 雪山~って感じが最高です😉👍️✨
雪山~って感じが最高です😉👍️✨
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 こんな斜面も登りたくなりますよね。
こんな斜面も登りたくなりますよね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 いよいよ
いよいよ
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳に登りますよ。
中岳に登りますよ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 その前に振り返って。
その前に振り返って。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 少し登っていると、槍穂もチョコンと。
少し登っていると、槍穂もチョコンと。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 梯子も見えてきました。
梯子も見えてきました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 しっかりと梯子が出ていたので良かったですが、梯子が埋まっていたら厳しそうです。
しっかりと梯子が出ていたので良かったですが、梯子が埋まっていたら厳しそうです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂が大きくなってきた。
槍穂が大きくなってきた。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 登り終えて覗き込む。
登り終えて覗き込む。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 山頂はもう少し先です。
山頂はもう少し先です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 左手南岳と穂高連峰。
左手南岳と穂高連峰。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳山頂到着🎶
雪山3000m峰9座目です。
中岳山頂到着🎶 雪山3000m峰9座目です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 自撮り棒を雪に刺して自撮りする。
自撮り棒を雪に刺して自撮りする。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 この後どうするか迷ったが、トレースもハッキリ見えて、時間はたっぷりあるので南岳を目指す事に。
この後どうするか迷ったが、トレースもハッキリ見えて、時間はたっぷりあるので南岳を目指す事に。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 下ります。
この後暑くなってきたので、下りてから防寒着を脱ぎます。
下ります。 この後暑くなってきたので、下りてから防寒着を脱ぎます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 覗くと大曲からのルートが見えます。
覗くと大曲からのルートが見えます。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂もチラッと。
槍穂もチラッと。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 振り返って、左手中岳。
振り返って、左手中岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 天狗原方面。
天狗池が何処にあるのか分からない😁
天狗原方面。 天狗池が何処にあるのか分からない😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南岳の東斜面は切れ落ちていますね。
南岳の東斜面は切れ落ちていますね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此方から見る南岳はなかなか迫力ありますね。
此方から見る南岳はなかなか迫力ありますね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 天狗原との分岐点。
夏だと此処から南岳山頂までは20分だそうです。
天狗原との分岐点。 夏だと此処から南岳山頂までは20分だそうです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 シュカブラを撮る🎵
シュカブラを撮る🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 もう一枚😁
もう一枚😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南岳山頂が見えてきました🎵
南岳山頂が見えてきました🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南岳山頂到着🎶
雪山3000m峰10座目です😉👍️✨
南岳山頂到着🎶 雪山3000m峰10座目です😉👍️✨
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 自撮り棒をセットして撮る🎵
自撮り棒をセットして撮る🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 もう一枚🤭
もう一枚🤭
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳から丁度2時間掛かりました。
大喰岳から丁度2時間掛かりました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 計画は此処で引き返しですが、当然引き返しませんよね😁
計画は此処で引き返しですが、当然引き返しませんよね😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大キレット🎵
大キレット🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 南岳小屋も入れて。
南岳小屋も入れて。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 更に進んで岩の間からの大キレット。
更に進んで岩の間からの大キレット。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此処から大キレットに下りて行きますが、流石にノートレース😁
私は大キレットは未経験ですが、この下までは行った事があります。
此処から大キレットに下りて行きますが、流石にノートレース😁 私は大キレットは未経験ですが、この下までは行った事があります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此方から見る南岳はノッペリとした感じで東側斜面とは異質です。
此方から見る南岳はノッペリとした感じで東側斜面とは異質です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今度は左手に見える断崖スポットに寄ります。
今度は左手に見える断崖スポットに寄ります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 同化していますが、この先は絶壁となっています。
同化していますが、この先は絶壁となっています。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 断崖を覗くが此れが精一杯です😆
断崖を覗くが此れが精一杯です😆
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 自撮りも次いでに😁
自撮りも次いでに😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大満足したので南岳山頂を後にしてそろそろ帰ります。
大満足したので南岳山頂を後にしてそろそろ帰ります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 天狗原分岐点。
天狗原分岐点。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 楽しいね✨
楽しいね✨
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳の登り返し。
中岳の登り返し。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 何気に登り返しがキツかった。
何気に登り返しがキツかった。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 其れでは中岳を下りますが、此処からはクライムダウンで下りる所もあるので、ダブルピッケルにしました。
其れでは中岳を下りますが、此処からはクライムダウンで下りる所もあるので、ダブルピッケルにしました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 中岳を下りている間は、写真を撮る余裕は余りなし😁
引き続き大喰岳へと登り返します。
中岳を下りている間は、写真を撮る余裕は余りなし😁 引き続き大喰岳へと登り返します。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 帰りは大喰岳山頂には寄りません。
帰りは大喰岳山頂には寄りません。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 こうして見ると山荘は山頂見たいな所に建っているんですね。
こうして見ると山荘は山頂見たいな所に建っているんですね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 昼前に無事に山荘に戻りました。
お昼は辛いの文字に釣られてキーマカレーを。
1500円ですが飲み物のチケットが貰えて迷わずビールをチョイス。
昼前に無事に山荘に戻りました。 お昼は辛いの文字に釣られてキーマカレーを。 1500円ですが飲み物のチケットが貰えて迷わずビールをチョイス。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 アルコールも抜けたので、夕陽を見に今回唯一の槍穂へ。
若い男性が初めてだと言うので山頂まで御案内しました。
その、彼に撮って貰いました。
アルコールも抜けたので、夕陽を見に今回唯一の槍穂へ。 若い男性が初めてだと言うので山頂まで御案内しました。 その、彼に撮って貰いました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 まだ夕陽までには時間があるので写真を撮ってうろうろします。
まだ夕陽までには時間があるので写真を撮ってうろうろします。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 北鎌尾根方面。
北鎌尾根方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 穂高方面。
穂高方面。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 表銀座方面。
おやっ❗
表銀座方面。 おやっ❗
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂の影😁
槍穂の影😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一旦夕陽が雲に隠れる。
一旦夕陽が雲に隠れる。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 そして再び現れる😁
そして再び現れる😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今日は此れが一番焼けたかな?
今日は此れが一番焼けたかな?
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 やはり山頂からだと綺麗なアーベントは見られない。
やはり山頂からだと綺麗なアーベントは見られない。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 真っ赤な夕陽を見たので下ります。
真っ赤な夕陽を見たので下ります。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 夕食。今日はさばの味噌煮と唐揚げ。
お向かいは連泊の岐阜の方。
今日の部屋は大部屋で大人数でした。
夕食。今日はさばの味噌煮と唐揚げ。 お向かいは連泊の岐阜の方。 今日の部屋は大部屋で大人数でした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ✡️3日目
昨日北穂高小屋はキャンセルしたので、4時過ぎに起きて珍しく自炊部屋で朝食を食べて、荷造りをしてゆっくり目に外に出ると雲があって、今日は幻想的な写真が撮れそうです。
この後たかさんに、幻想的な朝陽が見れそうな事を伝えに行く。
✡️3日目 昨日北穂高小屋はキャンセルしたので、4時過ぎに起きて珍しく自炊部屋で朝食を食べて、荷造りをしてゆっくり目に外に出ると雲があって、今日は幻想的な写真が撮れそうです。 この後たかさんに、幻想的な朝陽が見れそうな事を伝えに行く。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂も綺麗だ。
槍穂も綺麗だ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 初日に夕陽を見た岩場を陣取る😁
初日に夕陽を見た岩場を陣取る😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳。
大喰岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 富士山。
富士山。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 常念岳。
常念岳。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 上にある雲が焼けてきた。
上にある雲が焼けてきた。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 どんどん焼ける🎵
どんどん焼ける🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 此方も🎵
此方も🎵
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 最高だ😆⤴️💓
最高だ😆⤴️💓
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 何とも言えない御来光だ🎵😍🎵
北穂に行かず良かった~✴️
何とも言えない御来光だ🎵😍🎵 北穂に行かず良かった~✴️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 朝陽では此れがベストショットです。
朝陽では此れがベストショットです。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大喰岳は今日は雲が多いので其れ程は焼けませんでした。
大喰岳は今日は雲が多いので其れ程は焼けませんでした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 お世話になった槍ヶ岳山荘を後にします➰👋😃
お世話になった槍ヶ岳山荘を後にします➰👋😃
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 装備はアイゼンとストックで。
装備はアイゼンとストックで。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍穂も➰👋😃
槍穂も➰👋😃
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 一旦下りてから振り返る。
一旦下りてから振り返る。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 坊主岩で暑くなってきたので、防寒着を脱いで、ハードシェルからパーカーに。
アイゼンも此処で外してOKでした。
坊主岩で暑くなってきたので、防寒着を脱いで、ハードシェルからパーカーに。 アイゼンも此処で外してOKでした。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 再び歩き出して直ぐにアイゼンを外しました😁
再び歩き出して直ぐにアイゼンを外しました😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 グリーンベルトで振り返る。
グリーンベルトで振り返る。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 昨日は彼処から覗いていました😁
昨日は彼処から覗いていました😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 水を補給し、手持ちのアイゼンをザックに格納する。
水を補給し、手持ちのアイゼンをザックに格納する。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 大曲手前。
大曲手前。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 赤岩沢。
赤岩沢。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 見上げると赤沢山が迫力ある~👍️
見上げると赤沢山が迫力ある~👍️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ババ平はスルー。
ババ平はスルー。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍見。
槍見。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今日は小さく槍穂が見えました。
今日は小さく槍穂が見えました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 槍沢ロッジ。
今日は穂苅さんに挨拶するため立ち寄ります。
偶然に外にでて居たので私は直ぐに分かりましたが、彼は知り合いが多すぎるので、声を掛けられても誰??だったと思います🤣
兎に角5年振りに再会を果たせたので良かったです😃⤴️
槍沢ロッジ。 今日は穂苅さんに挨拶するため立ち寄ります。 偶然に外にでて居たので私は直ぐに分かりましたが、彼は知り合いが多すぎるので、声を掛けられても誰??だったと思います🤣 兎に角5年振りに再会を果たせたので良かったです😃⤴️
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 忙しいので長居はせず、小屋開けの時は宿泊する事を約束してロッジを後にします。
忙しいので長居はせず、小屋開けの時は宿泊する事を約束してロッジを後にします。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 二ノ俣通過中。
二ノ俣通過中。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 足元はこんな感じです😁
足元はこんな感じです😁
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 横尾山荘。トイレ休憩します。
時間的には此れから北穂高小屋に向かっても明るいうちには到着できそうですね。
横尾山荘。トイレ休憩します。 時間的には此れから北穂高小屋に向かっても明るいうちには到着できそうですね。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 前穂高岳と吊り橋。
前穂高岳と吊り橋。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 今日は土曜日ですが迂回しなければならない様です。
ところでこの手前で、パカパカ音がするので足元を見ると、なんとソールが剥がれていました😱❕
直ぐにテーピングでグルグル巻きして応急処置をします。
もしも北穂高小屋に向かって入れば途中で引き返さなければなりませんでしたので、今回はキャンセルしたのが結果オーライとなりました。
今日は土曜日ですが迂回しなければならない様です。 ところでこの手前で、パカパカ音がするので足元を見ると、なんとソールが剥がれていました😱❕ 直ぐにテーピングでグルグル巻きして応急処置をします。 もしも北穂高小屋に向かって入れば途中で引き返さなければなりませんでしたので、今回はキャンセルしたのが結果オーライとなりました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 林道から迂回路へ。
林道から迂回路へ。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 徳沢園。
スルーします。
この後、鼻血がでてティッシュを鼻に詰めても止まらず、交換する時ボタッと血の塊が落ちます。
結局バスを下りるまで、ティッシュは外せませんでした🤣
徳沢園。 スルーします。 この後、鼻血がでてティッシュを鼻に詰めても止まらず、交換する時ボタッと血の塊が落ちます。 結局バスを下りるまで、ティッシュは外せませんでした🤣
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 明神館。
スルーします。
明神館。 スルーします。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 写真には写って居ませんが、凄い観光客です。
写真には写って居ませんが、凄い観光客です。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 河童橋を通過する時はごった返しで凄い事になっていました。
河童橋を通過する時はごった返しで凄い事になっていました。
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 バス乗場は並んで居ないと思ったら、左側に列を作っていて、更に売店の方に折り返していたので最後尾が何処かわからない😆
バス乗場は並んで居ないと思ったら、左側に列を作っていて、更に売店の方に折り返していたので最後尾が何処かわからない😆
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 その後列を並び替えて真っ直ぐになりましたが、この後ろは長蛇の列で、バス運転手がお昼休みなのか、30分以上は全く動きがありませんでした。
11月なのに連休の上高地は恐るべし。でした🤣
その後列を並び替えて真っ直ぐになりましたが、この後ろは長蛇の列で、バス運転手がお昼休みなのか、30分以上は全く動きがありませんでした。 11月なのに連休の上高地は恐るべし。でした🤣
槍ヶ岳・穂高岳・上高地 ベストショットはコラージュで。
今回一番素晴らしかった朝陽を囲んで、3000m峰の槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳山頂での写真で囲んで見ました🎵
ベストショットはコラージュで。 今回一番素晴らしかった朝陽を囲んで、3000m峰の槍ヶ岳、大喰岳、中岳、南岳山頂での写真で囲んで見ました🎵

動画

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。