上を見れば怖いものなし?妙義山にチャレンジ!

2018.11.27(火) 日帰り

活動詳細

もっと見る

 ※道の駅 妙義まで!  布団からパッツと出られず、また寝坊。体中が筋肉痛。前日に準備はできていたので、食事後に仏様にお茶を入れてから、車に乗り込み出発。  走り出しが6時過ぎ。予定より1時間遅れ。途中、渋滞に巻きこまれるが、何とか道の駅、妙義に到着。いつものように着替えてから。ストレッチ。シレにしてもいい天気。日中は18,19度になるとの天気予報。   ※白雲山コースを出発!  1時間ほど遅れの出発でも、少しの焦りも感じなかった。急峻な山で無理を禁物だと忠告をもらってるので、ほんとにマイペース。どこの山も歩き始めはほんとに急な登山道が多い。途中で東京の方に追い越されたが、何とか大の字まで、到着。手前でちょっとした鎖場あり。先ほどの方に写真を撮ってもらいました。せっかく持ってきたハーネス等も車中に置いてきてしまったことを後で後悔することに・・・。  道を追って何とか辻に辿り着いたが、少し此処で、道に迷うことになった。傾斜が急で落ち葉の踏み跡が分からない。この先が奥の院のはず。15Mくらい進んで、下方を見ると道らしきものが見えてきた。本来ならば、右方向から回り込むべきだった。  辻では注意されたい。  ※奥の院!  梯子があったので少し登ってみると行き止まり。右側に何やら長い鎖がある。ここが、いわゆる奥の院。ショップの人から忠告を受けた場所。いざ登って見ると、登りごたえが十分。「ゆっくり落ち着いて」と声に出しながら、爪先と鎖の握りに注意して登った。膝を着いたりしながら、クリアした。  ※ビビり岩から大のぞき!  無事に道を進んで、2つの岩に挟まれた超スリムな人向けの隙間もすり抜けたところ、ビビり岩のプレートに到着。ちょっと先に進むと、血圧が一気に上がったのが分かったくらいの緊張。トラバースしてから復登り返す、鎖場。怖くて下は見なかった。  緊張して体が硬直しないように、大声を出しながら一気に鎖を信じて登り切った。此処だけは思い出したくない場所!  せっかく準備したハーネス類を車中に残置。重くはなるが準備したほうが賢明です。  玉石のところで昼食休憩。二人の方が休憩していたが、其の脇で一休み。写真を撮ってもらいました。少し緊張をほぐして、栄養補給。何を食べてもうまいです。ふくらはぎと太もものをマッサージをしてまた、出発。  峰から峰なので、道を譲り合うのが厳しいくらいの登山道。余計なことを考える余裕などなし。  大のぞきの看板で撮影。怖くて下はのぞけない。全く崖。この下りの鎖場は赤岳の山頂手前を思い出させた。最上のアンカーは一つだけ。随分、錆びている。此処でも鎖を信じるしかない。鎖をまたがらず、左右に寄せて慎重に降りた。  ※天狗岩から相馬岳 !  途中で見晴らしのいい岩があった。後でここが天狗岩だったことに気が付いた。目指すは相馬岳山頂。怪我をせず、滑落しないで無事に帰ることが一番。気にせずに通過。ここから一気に高度を下げる。  ここでは3組のグループが鉢合わせ。お互いに先を譲りながら先に進んだ。タルワキ沢表示のある分岐に到着。ここで一組の方が沢に下った。ベテランらしい一組は相馬岳に。私はここで一休み。呼吸を整えてから急峻な坂を歩いた。歩くというより、登るの表現が合っている。日陰なので表土が滑りやすい。途中で相馬岳山頂からの戻りの方に遭遇。私よりも早く出た方だが、「降りると日が暮れてしまう」とのことで、戻ってタルワキ沢へ。南側の斜面の崖には緊張しながら、ようやく、相馬岳山頂に到着。既着の方に撮影をお願いした。  「山頂から降りれば2時間ほどで、一番奥の山が八ヶ岳」とのこと。暖かいというより、暑い。汗をぬぐって一休み。下りが続くのでここで、靴の紐を絞め直す。  山頂を後にしてタルワキ沢に向かって下りる。途中で山頂で出会った方に追い越されはしたが、苦手の下りでもあるので、休憩しながら、慎重に下りた。結局、乾季の沢下りなので石が多くて気が抜かなかった。  ※タルワキ沢から駐車場、もみじの湯 !  中間道のタルワキ沢にようやく到着。妙義神社までは第二見晴らしを通れば最短だが、落石のために通行禁止になっているために、大回りをして大人場、赤門広場を経て、やっと、道の駅に到着。午後四時半をまわっていた。  日が暮れる寸前だった。  登山者駐車場の表示が分かりづらく、道の駅が随分と空いていたので、道の駅に停めてしまったが、次回からは、登山者駐車場に止めることにする。  着替えもそこそこ、急いでストレッチを終わらして、もみじの湯へ。車で2,3分のところで便利。登山後に湯につかると、翌日の疲れ具合が全然違う。必ず湯につかることにしている。  帰りは松井田妙義ICから家路に。何とか無事に午後9時前に帰宅できた。    ※反省  これからは、日が短くなる。出発が遅くなれば、当然活動時間が短くなる。遅くとも5時までには出発せねば。    鎖場を随分こなしてきたので、慣れたのかもしれない。だけど、いつも緊張する。油断は禁物だ。鎖が切れないとは限らない。 私の前後の人も同じ気持ちだろうが、慎重に確実に歩き、登り、下りること。少しの油断で、怪我も経験している。  重さを気にして、せっかく準備したハーネス等を車中に残したのは、失敗だった。垂直の鎖場なら要らないと思った。多くの 人がザックに付けていたのを見るたびに、己の準備不足が恥ずかしかった。山をなめていると言われても仕方がない。ハーネスにこだわりすぎたと思う。スリングとカラビナだけでも、大いに役に立つ。己の命は己で守るしかない。    いつも自分の反省と何か参考になればと思いつつ、下手な文章を残しております。  御拝読を有り難うございました。      

妙義山・天狗岳・相馬岳 妙義神社。彫刻は日光東照宮に何となく似ているような・・。
折角なので。先ず、神社にお参りしました。
妙義神社。彫刻は日光東照宮に何となく似ているような・・。 折角なので。先ず、神社にお参りしました。
妙義山・天狗岳・相馬岳 妙義神社(宝物殿)先にあり、石段を歩く。
勿論、登山届ボックスあり。
上級者コースの文字で、一寸不安になった。
妙義神社(宝物殿)先にあり、石段を歩く。 勿論、登山届ボックスあり。 上級者コースの文字で、一寸不安になった。
妙義山・天狗岳・相馬岳 コース一発目の鎖場。
コース一発目の鎖場。
妙義山・天狗岳・相馬岳 日差しにキラキラと光っていたので、1ショット。
ピントがあまく、すみません。
日差しにキラキラと光っていたので、1ショット。 ピントがあまく、すみません。
妙義山・天狗岳・相馬岳 大の字の手前の鎖場。深呼吸をしてから、チャレンジ。
大の字の手前の鎖場。深呼吸をしてから、チャレンジ。
妙義山・天狗岳・相馬岳 大の字でのショット。
勿論、後ろの支持柱をしっかり掴みながらの自撮り。
おーう、怖!
大の字でのショット。 勿論、後ろの支持柱をしっかり掴みながらの自撮り。 おーう、怖!
妙義山・天狗岳・相馬岳 奥の院手前の場所。
少し、この先のルートが分かりづらく、コースを逸脱。
右側方向に道あり。
奥の院手前の場所。 少し、この先のルートが分かりづらく、コースを逸脱。 右側方向に道あり。
妙義山・天狗岳・相馬岳 有名な奥の院。ショップの人から忠告を受けた最初の場所。
梯子の先は空洞。
鎖で登ります。
有名な奥の院。ショップの人から忠告を受けた最初の場所。 梯子の先は空洞。 鎖で登ります。
妙義山・天狗岳・相馬岳 奥の院鎖場。
凹凸があるので、慎重に確実に登ればクリアできます。
奥の院鎖場。 凹凸があるので、慎重に確実に登ればクリアできます。
妙義山・天狗岳・相馬岳 奥ノ院で、登る前に、気合を入れて1ショット。
奥ノ院で、登る前に、気合を入れて1ショット。
妙義山・天狗岳・相馬岳 奥の院後の鎖場。
油断は禁物です。
奥の院後の鎖場。 油断は禁物です。
妙義山・天狗岳・相馬岳 見晴らしのいいところで、冷や汗をかきながら、1ショット。
プレス機械の音がよく聞こえました。
見晴らしのいいところで、冷や汗をかきながら、1ショット。 プレス機械の音がよく聞こえました。
妙義山・天狗岳・相馬岳 うーん、爪先が挟まれそうになりました。
うーん、爪先が挟まれそうになりました。
妙義山・天狗岳・相馬岳 御存じ、ビビり岩。
この先写真は怖くて取れなかった。
大声を上げながら、登り切った。否、大声を上げるしかなかった。
御存じ、ビビり岩。 この先写真は怖くて取れなかった。 大声を上げながら、登り切った。否、大声を上げるしかなかった。
妙義山・天狗岳・相馬岳 ビビリ岩の先の鎖場。
ビビリ岩の先の鎖場。
妙義山・天狗岳・相馬岳 ビビリ岩を越えて、後ろを振り返ると・・・。
こんなところを通過してきたのかと思うと・・・。
ビビリ岩を越えて、後ろを振り返ると・・・。 こんなところを通過してきたのかと思うと・・・。
妙義山・天狗岳・相馬岳 大のぞき。ペイント矢印がないと、どこに進めばいいのか迷う。その上、怖くて下方を覗き込めなかった。
大のぞき。ペイント矢印がないと、どこに進めばいいのか迷う。その上、怖くて下方を覗き込めなかった。
妙義山・天狗岳・相馬岳 大のぞきからの下りる鎖場。ここからは絶景。アンカーも鎖も錆びていた。
大のぞきからの下りる鎖場。ここからは絶景。アンカーも鎖も錆びていた。
妙義山・天狗岳・相馬岳 下り終わって、下から撮影。凹凸が摩耗していて、意外と滑る。ゆっくり確実に下りればO.K.
下り終わって、下から撮影。凹凸が摩耗していて、意外と滑る。ゆっくり確実に下りればO.K.
妙義山・天狗岳・相馬岳 天狗岩?で昼食休憩。休憩していた方に撮ってもらいました。
お世話になりました。
天狗岩?で昼食休憩。休憩していた方に撮ってもらいました。 お世話になりました。
妙義山・天狗岳・相馬岳 ようやく、相馬岳山頂に。此処でも撮ってもらいました。
御世話様でした。
本当にいい天気でした。
ようやく、相馬岳山頂に。此処でも撮ってもらいました。 御世話様でした。 本当にいい天気でした。
妙義山・天狗岳・相馬岳 タルワキ沢途中のサルノコシカケ。
昭和時代のサルノコシカケブームは一帯、何処へ?
タルワキ沢途中のサルノコシカケ。 昭和時代のサルノコシカケブームは一帯、何処へ?
妙義山・天狗岳・相馬岳 タルワキ沢終点。ようやく中間道。
タルワキ沢終点。ようやく中間道。
妙義山・天狗岳・相馬岳 タルワキ沢の先の通行禁止区域の表示。落ち葉の踏み跡からすると、通過している人がいます。大回りになるが、大人場経由で帰ります。
タルワキ沢の先の通行禁止区域の表示。落ち葉の踏み跡からすると、通過している人がいます。大回りになるが、大人場経由で帰ります。
妙義山・天狗岳・相馬岳 久しぶりに紅葉をゆっくり眺めました。
久しぶりに紅葉をゆっくり眺めました。
妙義山・天狗岳・相馬岳 埃まみれになった登山靴。
よく持ちこたえてくれました。
いつもありがとう。
埃まみれになった登山靴。 よく持ちこたえてくれました。 いつもありがとう。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。