田原山の紅葉

2018.11.25(日) 08:14 - 2018.11.25(日) 11:06
昨日は太平楽(湯の迫温泉)で汗を流し、移動して道の駅なかつで車中泊。 今日は田原山(鋸山)に登ります。 道の駅を出発、国道10号線を南下して、下市北交差点を左へ曲がり進んで行きます。 なんと、登山口手前1㎞辺りで全面通行止めではありませんか。 迂回路を通り登山口へ向かおうと思ったが、「熊野磨崖仏」入口の登山口から登る。 必要なかった300円、「熊野磨崖仏」を通るため拝観料を払って出発する。 国指定の重要文化財の磨崖仏を見て、尾根を登って周遊コースに合流。 後半に晴れ間を期待して反時計回りコースへ進む。 磨崖仏から登ってきたのに一旦谷間へ下り、再び大観峰を目指して登る。 谷間から登り、右手の南尾根を見て(歩けるとは知らず)、大観峰へ登っていく。 曇り空ですが大観峰からの絶景はすばらしい、南尾根を歩いている人がいる??。 堪能した後は八方岳へ進み、再び山水画のような絶景を堪能する。 南尾根へ進めることを知り歩いてみます、歩くより大観峰から見るほうが怖い。 引き返して周遊コースを歩きます。 ロープに鎖場、岩稜歩きと変化に富んだ岩峰歩き。 無名岩から見る、北側の岩壁は圧巻です、太陽岩も見えます。 周遊コースの三差路から熊野磨崖仏方面へ下り、無事に下山。 三連休の最終日、帰り道の渋滞を考慮して今日の山登りは一座で終了、帰ります。 通行止め近くの空きスペースに登山者が沢山、熊野磨崖仏からは登らないようです。

写真

拝観料を払って熊野磨崖仏へ登っていきます

拝観料を払って熊野磨崖仏へ登っていきます

鬼が一夜で築いたと云われる自然石の乱積石段99段

鬼が一夜で築いたと云われる自然石の乱積石段99段

巨岩壁に刻まれた日本一雄大な石仏、高さ約8mの不動明王像

巨岩壁に刻まれた日本一雄大な石仏、高さ約8mの不動明王像

巨岩壁に刻まれた日本一雄大な石仏、高さ6.8mの大日如来像

巨岩壁に刻まれた日本一雄大な石仏、高さ6.8mの大日如来像

熊野磨崖仏の登山口から45分で周遊コースに合流
反時計回りに周遊するため右へ下ります

熊野磨崖仏の登山口から45分で周遊コースに合流 反時計回りに周遊するため右へ下ります

トンネル登山口から来た道と合流

トンネル登山口から来た道と合流

囲観音はパスして大観峰へ

囲観音はパスして大観峰へ

岩壁がすごい

岩壁がすごい

雫石

雫石

間もなく大観峰

間もなく大観峰

大観峰からの眺望

大観峰からの眺望

南尾根に人がいます

南尾根に人がいます

鎖場を登って八方岳へ

鎖場を登って八方岳へ

八方岳から先ほど登った大観峰を見る

八方岳から先ほど登った大観峰を見る

南尾根の先端まで歩いてみました

南尾根の先端まで歩いてみました

南尾根から戻り周遊コースを進みます

南尾根から戻り周遊コースを進みます

右側に太陽石が見えます

右側に太陽石が見えます

写真に写っている岩稜を進みます

写真に写っている岩稜を進みます

こんな所をよく歩けるもんです

こんな所をよく歩けるもんです

丸い大岩の上を渡ります

丸い大岩の上を渡ります

太陽が射してきました

太陽が射してきました

登山道の途中にはこんな案内が有ります

登山道の途中にはこんな案内が有ります

登山口まで無事に戻ってきました

登山口まで無事に戻ってきました

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。