本日2座目 根子岳登山!

2018.11.25

活動詳細

詳しく見る
 烏帽子岳登頂後、阿蘇五岳最後の根子岳を目指す。他の4岳とは登山口が随分離れていて、ナビをたよりに移動。草千里から阿蘇ロープーウェイに行くまでに右折して県道111号を行く。阿蘇の真ん中にこんな道があったのは知らなかったので、何か新鮮。  途中、南阿蘇あたりを見渡せるようなところもあり、思わず車をとめて撮影した。国道325号に入り、ギザギザした根子岳山頂が見えてくる。  やや、登山口がわかりにくい感じだったが、なんとか、到着。駐車場?広場?に車をとめ、登山スタート。  最初は舗装路を行くが、しばらく行くと、有刺鉄線が見え、その隙間に登山道があるところに到着。ここから先は急登の連続。YAMAPの他の方の日記から予想していたので覚悟して登る。本当になかなかの急登が続く、というか、ずっと急登で、ところどころ緩やかなところがある、そんな登山道だった。途中、梯子やロープもあったり、景色がしっかり見渡せたりと、きつい割には楽しく登れた。根子岳のギザギザが近くに見えてくると、テンションもアップして、疲れもあまり感じることなく、山頂に到着。登山道が崩れている関係で、東峰のみで、その先へは行けない。残念ではあるが、ギザギザは見るだけでも来たがいがある。大満足。何枚も何枚も写真を撮る。烏帽子岳では、雲の中で、展望が全くなかったのだが、ここ、根子岳東峰は、雲もなく、360度見渡せた。本当に気持ちよかった。  ずっと急登を登ってきたので、汗だくになったので、上を全部脱いで、ちょっとでも乾かそうと木などにひっかける。着替えも持ってきていたので、着替えをして、昼食の準備開始。こんな山頂で、こんな景色の中で食べる昼食は格別だ。ずっといたい感覚になる。  それでも、今日は益田に帰らなくてはならないので、あまり長居もできず、下山開始。下りも足を滑らせないように気を付けながら進む。  これで阿蘇五岳すべて登頂したことになる。くじゅう連山、阿蘇と満喫した二日間となった。
本日2座目、根子岳に向かうため、県道111号を進む。途中、南阿蘇あたりが綺麗に見える。思わず車をとめて撮影。
途中から本日登る根子岳が見えてきた。それにしても、山のギザギザがかっこいい。移動中に雲も晴れて山頂が見える。
駐車場、ここまでの道のりはややわかりにくい。ナビをたよりに登山口到着。
最初は舗装路。根子岳を眺めながら歩く。
登山口にいきなりの有刺鉄線。その間に少し人が入ることができるスペースがあり、そこを進む。その後は、ずっと急登。
急登~急登~急登!
他の人の活動日記から、覚悟はしていたが、本当にずっと急登~。
梯子もある。
それでも、根子岳の山頂が見えると、がぜん元気が出る。
自撮り~。
随分登ってきた。
そして、この時間には空はいい感じ。
この山の形、いい。
すごい迫力。ただ、現在はここは通行止めらしい。
途中、途中振り返って展望を楽しむ。
気持ちいい。
ところどころにこうした表示がある。
さあ、だいぶ登ってきた。
山頂到着! 根子岳東峰 1408m!
やったぞ~。
自撮り~。
パノラマ~
パノラマ~  すごい迫力だ~
昨日とはうって変わり、本日は気温が高い。登っているうちに汗だくになる。山頂で服を乾かす。
パノラマ~。こちら側も綺麗。
本日の昼食。久々にカップ麺とおにぎり。
コーヒータイム。
下山するのがもったいない。ずっといたい気分。
でも、仕方がない、意を決して下山開始。途中、両側が切り立ったところも。
本当は、ここから、あのかっこいい山のところに行ってみたかったのだけれど、通行止め。
下山。下山。
登る時には気が付かなかったマムシ草。
登山道は、牛が出入りできないように、普段はゲートが閉まっているのだが、開けて通るのはOK.ただし、必ず閉めること。
昨夜の車中泊でお世話になった道の駅 あそ。お土産と、ソフトクリームを購入。これがうまい!
本日の軌跡。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。