【日本百名山20座目 武尊山】

2023.10.23(月) 日帰り

本日は武尊(ほたか)牧場キャンプ場⛺️に車を駐車して登山🥾、と朝7:30頃に勇んで行ったのですが牧場キャンプ場入り口の扉がなんと閉まっている‼️ “ええっ、どうしよう😨”と思っていたら落石防止の工事業者の方が7:37に来て、扉を開けて下さり、「キャンプ場はもうシーズンオフだからやっていないよ❗️でも車も中に入って道路以外であれば停めて大丈夫ですよ🙆」と言って開けて下さり、中に入れました。ラッキー✌️🤞 武尊山(ほたかやま)は群馬県北部の利根郡みなかみ町、川場村、片品村の境にある標高2,158mの成層火山。北アルプスの穂高岳と区別するため、上州武尊山とも呼ばれている。日本百名山及び新・花の百名山に選定されている。 百名山の中では知名度が低めで、国内の標高2000m以上の山としては唯一、自然公園に指定されていない。 YAMAPの皆様の活動記録を読むと鎖場が多く、登山時間も7時間近くと長めなので登山を後回しにしていました。が、秋の紅葉🍁🍂も見たいし、他の山は雪が既に降っていると思われるので思い切って来てみました。本当は谷川岳に行きたかったのですが昨日の皆様の大雪の投稿で諦めました。 一見、なだらかな山容に見え、2158mだから登山は大丈夫と思っていましたがやはり武尊山でも標高1600m以上からは雪が積もったり、気温で溶けて足元はぐちゃぐちゃになっている所が多かったです。また1番影響するのが3箇所程の鎖場です。ロープや鉄の鎖も濡れて滑るし、岩も滑るので結構大変‼️特に妻は手の力も弱いため私はハラハラしながら見ていました。 そんなことで武尊牧場キャンプ場から登ってくる人はほとんどいなかったですが武尊神社からの登山道を通る人が多く、山頂にも15人以上が所狭しと写真を撮ったり🤳、山御飯を作ったりと思い思いの山登りライフを満喫されていました。 群馬県内では武尊山はツキノワグマの生息密度が高い山でもあるそうで、風の音にちょっとビクビクしました。

この活動日記で通ったコース

セビオス岳-武尊山 往復コース

  • 06:23
  • 12.4 km
  • 890 m
  • コース定数 24