八方尾根 秋の雪山ゆるハイク ~初体験づくしで最高な秋旅~

2023.10.22(日) 日帰り

活動データ

タイム

05:41

距離

7.8km

のぼり

715m

くだり

715m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 41
休憩時間
1 時間 37
距離
7.8 km
のぼり / くだり
715 / 715 m
29
1 29
16
50
11
44
16
28

活動詳細

すべて見る

今年は ほぼほぼ 諦めていたアルプス紅葉ハイク 運よく前夜の降雪からのドピーカンが巡ってきた😍 こんなチャンスは逃がすわけにはいかない!! 憧れの三段紅葉が綺麗に望めるはず! かくして訪れたのは三段紅葉のメッカ!? 長野県白馬村にある後立山連峰前衛峰 八方尾根へ ・先ずは八方アルペンラインで空中散歩 一面が錦となった山肌の上空を 一滴の汗すらかかず 座っているだけでス~っと勝手に上げていく🤣 ・八方池山荘からはトレッキングコースを歩く 一筋の茶色い川と化した道を進み カオスとなったトレッキングコースをジワリジワリと上げていく🤣 ・八方池にある登山口より先へ 一面が銀世界となった雪山を トレース辿って汗だくだくになりながら 絶景現れ フォー!と叫んでいく🤣 一言で表すと「最高!」なんですが、一言では表せないことアリアリなんで後述しちゃいます(毎度お騒がせの長文です💦) ※絶景すぎて写真も多いですが、お時間あるときにでも見ていただけたら嬉しいです。 ※雪面の状況は刻々と変わるので、皆様の参考にはならないと思いますが、敢えて記録として残しています。 ===== 八方アルペンラインお得情報 ===== ・コンビニでお得な前売り券ありました✋  ※通常3,300円→2,950円!!詳しくは下記にて  https://www.happo-one.jp/news-green/29535/ ・八方アルペンラインは11月5日(日)まで営業  ※ゴンドラ+リフトx2乗り継ぎ標高1,830mまで ====== 最高な尾根道と初体験 ======= 北側には常に、 白馬三山から不帰ノ嶮(かえらずのけん)までズラズラ並ぶ峰々の美しさと険しさに うっとり 😍 その斜面が白く化粧された部分と黒い筋のような山肌でコントラストとなり カッコよくて うっとり😍 さらには、その下に広がる紅葉した斜面が 段々と緑に変わり広がる。白赤緑のコントラストで 垂涎🤤 あ~こんなの初めて😍 そして南側を望めば、 ドーン!と五竜岳! と思ったていたら、実は白岳との競演による荒々しきスパイラルに うっとり😍 それらの左奥に、猫耳みたいな山頂部分が特徴的な鹿島槍ヶ岳も😍 ここで初めて双耳峰だと知る🤣 さらに、歩き始めに山頂雲隠れしてるのが五竜岳と思っていたら鹿島槍ヶ岳だったのはナイショです🤣 真っ白な山頂付近とは対照的に 横方向に伸びる前衛峰北斜面に広がる紅葉😍 白赤コントラストで垂涎🤤 あ~こんなの初めて😍 さらに東側を望むと、 白馬村を挟み遠くに見える頸城山塊方面(たぶん火打山?)がうっすらと白くなっている😲 手前に位置する長野の山とのコラボによって三段紅葉 かのような光景がめっちゃ広大でうっとり😍 さらに午後になると ベールを纏ったかのような淡い色彩に😍 色気ありまくりな絶妙な変化に 垂涎🤤 あ~こんなの初めて😍 そんなこんなでヨダレ垂らしまくり、行動食より水分をやたらと多く消費したのはしょうがいよね😝 一夜にしてすっかり雪山と化した唐松岳登頂は、 標高2,500m地点(偽ピーク?手前)にある絶景地で引き返す決断をし、またの機会となりました😢 夏道すら歩いた事もないお初山なので、積雪した夏道のリスクを予見できるはずもないので仕方ない😢 あ~あ⤵ こんなの初めて😢 ところがこの運命の地!?でとても良い出会いに恵まれることになる 兵庫から来ていた人生経験豊富イケメンさんから「写真を撮らさせてください」と言われる。。 えっ?オレを!??このオッサンを??Why?? とちょっと驚き 躊躇しつつも、何も言わずに一応ポーズだけは取る🤣 撮ってもらってる間に 小恥ずかしくなってきてニヤついてしまうが、そういえば、学生時代に栄の路上でちょっと怪しいバイトをしていた時に頼まれた以来だな~と懐古して冷静を装う🤣 すると、兵庫イケメンさんが 「人物を撮るのは初めてで、慣れてなくて~💦」 と仰るので 二度ビックリ😲 なにもこんなヒゲオッサンで練習しなくても~ 他にもっと良いモデルさんが いるのでは!?🤣 と思っていたが、後々考えたらオッサンの方がラフに撮れるし きっと何かと丁度良かったのかも~🤣 運命の地から各々別で下山開始するも途中で再会 一緒に歩きながら撮ってもらったり、お互いの身の上話をするなどして 終始楽しい下山となりました👍 あ~こんなの初めて😍 おかげ様で、行けそうで行かなかった唐松岳登頂のモヤモヤも、いつの間にか吹き飛んでいました👍 改めて、ありがとうございました。 ======= あとがき&備忘録 =======  〇山行計画編〇 この日は行きたい山域全てが 絶好な山日より確実 逆に行先きで悩むことになる🤣 山行5日位前の予測では、冬型の気圧配置に加えて上空1,500mに0℃の寒気が南下してくる予測 つまり雪を降らすサイン!! 前年までの私なら、、、 「うわ~高山こわ~ てか凍結する道とかムリ~」 「近場の低山に登るか紅葉キャンプでもしよ~」 と鼻っから諦めて絶対に雪降らない地域を目指していたと思う。 しかし、今年からは変わった! 段々と寒気南下が抑えられる予測に変化したので、SCWの予測モデルによる降雪範囲もチェック 燕岳あたりは降雪が少なそうだし、山小屋も営業してるな~っと最後まで悩んだけど、、、 「憧れの白馬の三段紅葉を観に行こう!」 「せっかくだから、どんな降雪になったかも現地確認してみよう!」 と、こちらもいろんな意味で安全な八方尾根へ😝 こんなふうに思えるようになったのは、昨シーズンから始めた雪山の装備と講習のおかげかな ムリせずに一つ一つ積み重ねていこうとは思うが、ヘタレ具合も抑えていきたいと揺れる47歳の秋🤣  〇装備検討・準備編〇 なんの根拠もなく 冬靴+12本爪までは不要と考えて 夏靴にも装着できる軽アイゼンの購入へ走る 唐松岳を登ったことがあるという店員さんに 後押しを受けて10本爪を購入 以前から初夏アルプス用にも欲しかったが、イマイチ適切なのかどうか判らず先延ばしていた💦 やっぱり、冬靴を選択しとけばな~っと後悔したり しなかったりと けっこう揺れる47歳の秋😢 装備:夏靴(アルパインクルーザー2000)、軽アイゼン(10本爪)、簡易ゲイター兼用パンツ、ハードシェル(上のみ)、ポール1本(もう1本は不使用)、チェンスパ(未利用)、ウール防風手袋など 未携帯雪山用装備:冬靴、雪用ゲイター、冬山防寒手袋、12本爪、ピッケル、スマホ保温用カイロなど  〇雪山ハイク編〇 八方池から始まる登山道、凍結あったし、風が強かった痕跡あり、それなりの装備が必要と感じた。 しかし、なんせ天気がいいので軽装でもガシガシ登れちゃう超カジュアルな雰囲気を醸し出す😲 同じ軽装登山者でも、色々経験した結果そうなった方と、そうではない方とは全く違うんだけど、見分けることは なかなか難しいとは思う。 なら私もって感じで、そのままついてきちゃいました~って方が多かったのにはビックリした😲 登り始めてちょっとした急登をクリアしてから お初山なのにこれはイカンと早々にアイゼン装着 ただ早く試し履きをしたかっただけともいう~🤣 ここで、なぜか私に色々と聞いてくださった方々 決して脅すつもりではないけど、今の状況でなぜアイゼン付けたのか、この先にあるかもしれない危険性を想定していることを説明させてもらう。 今日は上に行かなくても景色が最高ですよ!とか 無理せずに楽しい一日にしたいですね!的なことを ゆっくりと自分なりの言葉で伝えてみた。 すると、明らかに安堵の表情に変わって、来年またこようと仰ってくれた。 きっと不安ありながらも登ってきてしまったのかな かなり悩んだ末でしたが、お伝えしてホント良かったなと思えた瞬間でもありました。ご安全に👷 話は戻って、ウッキウキで装着する47歳の秋 さすがの安定感!ホント楽~!!と思わず声が出る というか、夏靴がただただ 滑りすぎてたぁ~💦 実はソールの角が丸くなって張替を検討したんだけど、なんと40日位かかるかもって言われてしまい 未だに張替タイミングが分からないでいる~💦 またまた脱線💦話は戻って、 久しぶりのアイゼンの感触がたまらなく気持ちよく それでも調子に乗らずに一歩一歩と歩を進める 装備も歩き方もしっかりな方々とすれ違う時に聞いてみると、登頂をあきらめて戻ってくる方ばかり💦 しばらくして、テン泊から下山してきたパーティーとすれ違い、初めて山頂付近の詳細情報を聞けた 昨日は吹き付けるみぞれ交じりの雨の中を登り、 小屋営業最終日なのに小屋泊を断られてしまい、 マイナス10℃まで下がり風も凄かったそう😲 そして、山で初めて生命の危機を感じたと😲 さらに、今朝も唐松登頂はあきらめてラッセルして降りてきたと😲 深いとことでは胸くらいまではスボったと😲 道を作っていただいことに感謝の意を伝え別れたが あとで思えば、この時既に登頂を目指していたはずなのに本能的には避けていたとかもしれないな😢 じゃなければ、この後まったく歩くペースを上げることができなかった説明がつかないもん 絶景過ぎて進まなかっただけかもしれないけどね🤣 そしてついに、標高2,500mの絶景地で歩が止まる。 しばらくして、登頂してきた方からお話が聞けた 唐松岳はよく登っているとのことで まだ夏道なんでちょっと危ないところがあるらしい 冬道ができたら歩きやすくなるから、雪山初心者でもオススメだよと教えてくださった。 なんともありがたいことを聞けた👍 必ずまた来るしかないな(天気良い日限定だけど🤣) 結果的には、ここまでの登りだけなら それなりの靴さえあれば歩けちゃうけど、下山は厳しい印象。 それと、ズボッたり風が出てくると足先が冷えるから、休憩したりゆっくり歩くならそこは要注意 もしあのまま登頂を目指していたら、足先がヤバくなって停滞することができなくなり、ただひたすら歩くことになっていたかもしれない。 それと、たとえイージーな状況下でも、コンスタントに補給(行動食)する必要もあったと反省です。 行動食:あんずっしりどら焼き300kcalx1 水:2.1L+お湯0.75Lの内、水約1.0L消費  〇まとめ〇 鼻っから唐松岳登頂を目指すなら、朝一スタートにして、 冬靴+ゲイターで雪山プチトレーニングするのもアリだったかな。 それでも、夏靴+10本爪の利点と限界点を、安全なところで体感できたことは今後に繋がると思う。 危険箇所の予測や現地での判断力をつけるために、これからもっと沢山の実地経験を積み重ねていきたいところだが、雪山の怖さが先にたってしまうのでどうしても安全な山域を求めてしまいそう。 まぁそれは夏山でも変わらない基本スタンスなんだけど、チャレンジ精神とのバランスのとり方もダイジかな。 それと、ほとんど降雪しない地域に住んでるので、雪山初心者訓練所 なるものがあったとしたら需要はありそう。 パイオニアもきっと同じことを思っただろうけど、コストとか色々加味したら、そりゃあ現地行った方が、断然いいよねってなるよね。。。 あぁ やっぱり長野に移住したいとつくづく思う47歳の秋 ここまで約4500文字(過去最多)の超長文💦 御拝読、本当にありがとうございました。

鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 駒ヶ根SAにて中ア越しに拝む😍
・こんなところに展望台あるの知らなかった💦
・ホントは黒菱平で迎えるプランあったが、、、
・前週で黒菱林道閉鎖となり涙のむ😢
駒ヶ根SAにて中ア越しに拝む😍 ・こんなところに展望台あるの知らなかった💦 ・ホントは黒菱平で迎えるプランあったが、、、 ・前週で黒菱林道閉鎖となり涙のむ😢
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 登る八方尾根越しに白馬三山😍
・もうここでいいじゃんという景色に垂涎
・日が昇ってからのアクセスもいいもんだな~
・時間おしてるのにのんびりドライブ🤣
登る八方尾根越しに白馬三山😍 ・もうここでいいじゃんという景色に垂涎 ・日が昇ってからのアクセスもいいもんだな~ ・時間おしてるのにのんびりドライブ🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 長野オリンピックジャンプ台越しに五竜岳
・荒々しさで原田選手並みに涙ながしちゃう🤣
・ココは八方第三P(無料)
・車中泊含むキャンプ行為は禁止😢
長野オリンピックジャンプ台越しに五竜岳 ・荒々しさで原田選手並みに涙ながしちゃう🤣 ・ココは八方第三P(無料) ・車中泊含むキャンプ行為は禁止😢
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 趣ある白馬村の路
・観光目的の方が多く賑わってます
・まぁまぁな速度で後から迫る車も多数
・そんなに急いでもこの先のPは満車かと。。。
趣ある白馬村の路 ・観光目的の方が多く賑わってます ・まぁまぁな速度で後から迫る車も多数 ・そんなに急いでもこの先のPは満車かと。。。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ほらね満車でしょ
・ここからゴンドラチケット売り場へは
・画面左に進む
ほらね満車でしょ ・ここからゴンドラチケット売り場へは ・画面左に進む
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 チケット売り場では数分ほど待ち
・行先とアイゼン携帯について聞かれました
・今朝の積雪情報もチラッと教えてくれた
チケット売り場では数分ほど待ち ・行先とアイゼン携帯について聞かれました ・今朝の積雪情報もチラッと教えてくれた
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 この先で使えるトイレは限定
・男子は4箇所
・女子は3箇所
・八方池山荘横は寄付制
この先で使えるトイレは限定 ・男子は4箇所 ・女子は3箇所 ・八方池山荘横は寄付制
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 いざ!
・ゴンドラ乗るとなぜかワクワクとまらない
・47歳の秋
いざ! ・ゴンドラ乗るとなぜかワクワクとまらない ・47歳の秋
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 いきなり紅葉の奥に雪山チラリ😍
いきなり紅葉の奥に雪山チラリ😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ゴンドラ横の木々も色づいてる
ゴンドラ横の木々も色づいてる
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 紅葉の中をス~と勝手に上げてくれる😆
紅葉の中をス~と勝手に上げてくれる😆
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここらへんが一番綺麗かなぁ
ここらへんが一番綺麗かなぁ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 もうすぐ駅に到着
もうすぐ駅に到着
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 到着したところが兎平
・黒菱から登るつもりだったから
・ここらへんのことよく分かってない💦
・次はリフトへ
到着したところが兎平 ・黒菱から登るつもりだったから ・ここらへんのことよく分かってない💦 ・次はリフトへ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 リフトに乗って振り返って
・黒菱の奥に広がる紅葉
・建物があるところが黒菱
・麓から黒菱に通ずる林道は閉鎖してる
リフトに乗って振り返って ・黒菱の奥に広がる紅葉 ・建物があるところが黒菱 ・麓から黒菱に通ずる林道は閉鎖してる
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 画面手前の白馬岩岳の遥か奥に頚城山塊
・夏にOMM LITEで歩いた白馬岩岳
・頚城山塊方面も白くなってる
画面手前の白馬岩岳の遥か奥に頚城山塊 ・夏にOMM LITEで歩いた白馬岩岳 ・頚城山塊方面も白くなってる
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 黒菱平に到着
・今朝の降雪で輝く白馬三山
・もうここでのアピールぷりが
・すごいのなんの
黒菱平に到着 ・今朝の降雪で輝く白馬三山 ・もうここでのアピールぷりが ・すごいのなんの
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 乗換で二つ目のリフト乗り場へ
・正面に鹿島槍ヶ岳ドーン!
・でも木道がツルッツルッで要注意
・実はこの時、見えるのが五竜岳だと思っていた🤣
乗換で二つ目のリフト乗り場へ ・正面に鹿島槍ヶ岳ドーン! ・でも木道がツルッツルッで要注意 ・実はこの時、見えるのが五竜岳だと思っていた🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここは一応トレッキングエリア=登山道ではない
・でも今日は積雪あるよ~
・ぐちゃぐちゃだよ~
・デッキシューズじゃ滑りまくるよ~
ここは一応トレッキングエリア=登山道ではない ・でも今日は積雪あるよ~ ・ぐちゃぐちゃだよ~ ・デッキシューズじゃ滑りまくるよ~
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 リフト降りたら、雲に隠された何かの山ドーン!
・雲の向こうに山頂隠れてるのかな?
・もしかしてこっちが五竜岳??
・と、ようやく間違いに気づきだす🤣
リフト降りたら、雲に隠された何かの山ドーン! ・雲の向こうに山頂隠れてるのかな? ・もしかしてこっちが五竜岳?? ・と、ようやく間違いに気づきだす🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 何かの山から、左へ続く稜線がいい感じ
何かの山から、左へ続く稜線がいい感じ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 さらに稜線の先は、赤から緑へ変わりゆく斜面がキレイ😍
さらに稜線の先は、赤から緑へ変わりゆく斜面がキレイ😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 もう八ヶ岳連峰クッキリ
もう八ヶ岳連峰クッキリ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 富士山の頭だけちょこっと見えてる!
・ホントは気づいてなかったけど、、、
・ガイドさんの説明が耳に入り撮りました😆
富士山の頭だけちょこっと見えてる! ・ホントは気づいてなかったけど、、、 ・ガイドさんの説明が耳に入り撮りました😆
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 茶色道(尾根道)を進む
・ログはここからスタート
茶色道(尾根道)を進む ・ログはここからスタート
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 うわ~いきなりの二段紅葉にうっとり😍
・写真はムリヤリ三段紅葉風🤣
うわ~いきなりの二段紅葉にうっとり😍 ・写真はムリヤリ三段紅葉風🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 実は手前のハイマツにもけっこうな雪
・サンドイッチ紅葉?
・白いバンズのハンバーガー紅葉?
・なんでもいいけど良すぎな景色😍
実は手前のハイマツにもけっこうな雪 ・サンドイッチ紅葉? ・白いバンズのハンバーガー紅葉? ・なんでもいいけど良すぎな景色😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 見たかった、山の上から望む三段紅葉
・これなら三段紅葉っていいですよね!?
・こんなお手軽に観れちゃうなんて
・すげぇな八方尾根😲
見たかった、山の上から望む三段紅葉 ・これなら三段紅葉っていいですよね!? ・こんなお手軽に観れちゃうなんて ・すげぇな八方尾根😲
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここは二つの木道の分岐
・写真の右側(尾根道)の木道へ進む

・初見はややこしい看板
・左側通行の解釈を混同し
・画面外にあるもうひとつの木道を歩けという意味かと思った💦
ここは二つの木道の分岐 ・写真の右側(尾根道)の木道へ進む ・初見はややこしい看板 ・左側通行の解釈を混同し ・画面外にあるもうひとつの木道を歩けという意味かと思った💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ついに何かの山から五竜岳へと確信できた瞬間!
・それにしても五竜岳かっこいい😍
ついに何かの山から五竜岳へと確信できた瞬間! ・それにしても五竜岳かっこいい😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方山手前にある三角点
・標高1,973m
・奥に見えるケルンが、、、
八方山手前にある三角点 ・標高1,973m ・奥に見えるケルンが、、、
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 石神井ケルン(八方山ケルン)
・標高1,974m
・YAMAP地図の八方山ピークマークよりかなり手前です
・画面左側に五竜岳
石神井ケルン(八方山ケルン) ・標高1,974m ・YAMAP地図の八方山ピークマークよりかなり手前です ・画面左側に五竜岳
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜岳アップ!
・30年前にスキーでは訪れてるはずだけど
・初めて意識してみる雪の五竜岳にうっとり😍
・写真撮りまくりで進まないね😆
五竜岳アップ! ・30年前にスキーでは訪れてるはずだけど ・初めて意識してみる雪の五竜岳にうっとり😍 ・写真撮りまくりで進まないね😆
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 茶色い川のように流れる雪解け水
・登山靴なら問題ないレベル
・大半がここをスニーカーで登ってる
・染み込んで冷たそうにしてる
茶色い川のように流れる雪解け水 ・登山靴なら問題ないレベル ・大半がここをスニーカーで登ってる ・染み込んで冷たそうにしてる
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方山から白馬三山
八方山から白馬三山
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 三山アップ!
左:白馬鑓ヶ岳
中:杓子岳
右:白馬岳


・白馬大雪渓からの白馬岳
・めっちゃ良かったなぁ
・次は白馬鑓ヶ岳まで縦走してみたいなぁ😍
三山アップ! 左:白馬鑓ヶ岳 中:杓子岳 右:白馬岳 ・白馬大雪渓からの白馬岳 ・めっちゃ良かったなぁ ・次は白馬鑓ヶ岳まで縦走してみたいなぁ😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 息(ヤスム)ケルン (第二ケルンともいう)
・昭和13年(85年前)建立
・長男を亡くした父の想いが形となったもの
・なんだか切ないけど、ありがたい。
息(ヤスム)ケルン (第二ケルンともいう) ・昭和13年(85年前)建立 ・長男を亡くした父の想いが形となったもの ・なんだか切ないけど、ありがたい。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 息ケルン越しに唐松岳山頂チラリ
・上手く撮れていてよかった~
・というのも実はこの時、、、
・唐松岳山頂がどれなのかは、わかっていません🤣
息ケルン越しに唐松岳山頂チラリ ・上手く撮れていてよかった~ ・というのも実はこの時、、、 ・唐松岳山頂がどれなのかは、わかっていません🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 先を良く見たら、連なる人々にビックリ😲
・唐松岳までこんな感じだったら時間ヤバイな
先を良く見たら、連なる人々にビックリ😲 ・唐松岳までこんな感じだったら時間ヤバイな
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 それよりも、不帰ノ嶮にビビる🤣
それよりも、不帰ノ嶮にビビる🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 スグに行列に追いつき、休みながら進む
・雪道なめたらアカン
・下山時にリフトの係員さんが嘆いていた。
・注意喚起聞かずに突っ込む人が多すぎて、大変だったそう
スグに行列に追いつき、休みながら進む ・雪道なめたらアカン ・下山時にリフトの係員さんが嘆いていた。 ・注意喚起聞かずに突っ込む人が多すぎて、大変だったそう
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 逆光ケルン😆(もちろん仮名)
・ホントは八方ケルンなんですが
・さっき通過したのは、八方山ケルン
・遭難防止なのに、逆にややこしくないっすか?🤣
逆光ケルン😆(もちろん仮名) ・ホントは八方ケルンなんですが ・さっき通過したのは、八方山ケルン ・遭難防止なのに、逆にややこしくないっすか?🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方ケルンからも見事な二段紅葉😍
八方ケルンからも見事な二段紅葉😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ギリ三段紅葉😆
・それにしてもめっちゃ赤いんです😍
ギリ三段紅葉😆 ・それにしてもめっちゃ赤いんです😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 反対側(南側)に目をやれば
左:鹿島槍ヶ岳
右:五竜岳
反対側(南側)に目をやれば 左:鹿島槍ヶ岳 右:五竜岳
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 鹿島槍ヶ岳は双耳峰だったんだぁ😲
鹿島槍ヶ岳は双耳峰だったんだぁ😲
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池に降りる分岐の手前
・ここで座って三山を眺めてる方が沢山いた
・この時はまだ風は弱く、チルするには最高かも
八方池に降りる分岐の手前 ・ここで座って三山を眺めてる方が沢山いた ・この時はまだ風は弱く、チルするには最高かも
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 私は不帰ノ嶮を眺めて またビビる🤣
・そして、まだまだ 唐松岳どれ~ってなっています🤣
私は不帰ノ嶮を眺めて またビビる🤣 ・そして、まだまだ 唐松岳どれ~ってなっています🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 時間を考えて唐松へ続く道を進む
・八方池のリフレクションは諦めることに
時間を考えて唐松へ続く道を進む ・八方池のリフレクションは諦めることに
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池が見えてきた~
・やっぱりめっちゃ人いる😲
・9割の方が池へ降りていった
・そりゃそうだわな~
八方池が見えてきた~ ・やっぱりめっちゃ人いる😲 ・9割の方が池へ降りていった ・そりゃそうだわな~
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池と帰ノ嶮
八方池と帰ノ嶮
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 やっぱり風あってリフレクションは難しそうだな
やっぱり風あってリフレクションは難しそうだな
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 南側にも白と赤で、うっとり😍
南側にも白と赤で、うっとり😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池と書いてあるケルン
・第三ケルンでいいのかな?
八方池と書いてあるケルン ・第三ケルンでいいのかな?
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 あらっリフレクション撮れたかも。。。
あらっリフレクション撮れたかも。。。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 白馬三山と八方池
白馬三山と八方池
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 振り返ると、鹿島槍ヶ岳ドーン!
振り返ると、鹿島槍ヶ岳ドーン!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ようやく登山口到着
・この看板が、一応あるんだけど、、、
・スルーされる方多数
ようやく登山口到着 ・この看板が、一応あるんだけど、、、 ・スルーされる方多数
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 積雪量はこんな感じ
積雪量はこんな感じ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここは風が強く吹くところみたい
ここは風が強く吹くところみたい
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 下よりもこっちからの方がいいいじゃん👍
下よりもこっちからの方がいいいじゃん👍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここで10本爪装着
・この先の傾斜とか知らないお山だから早めにね
・お初なんで早く装着してみたかっただけともいう🤣
ここで10本爪装着 ・この先の傾斜とか知らないお山だから早めにね ・お初なんで早く装着してみたかっただけともいう🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ダケカンバ通りに入る
・とっくに森林限界入ってると思ってたら現れる木々にびっくり😲
・八方尾根の逆転現象という、植生の逆転現象なんだそう
ダケカンバ通りに入る ・とっくに森林限界入ってると思ってたら現れる木々にびっくり😲 ・八方尾根の逆転現象という、植生の逆転現象なんだそう
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ダケ越しにサンザン
・あんまりふざけていると、、
・白山の時のように頭を強打するので、、、
・注意して歩きます
ダケ越しにサンザン ・あんまりふざけていると、、 ・白山の時のように頭を強打するので、、、 ・注意して歩きます
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 雪道に薄っすら植生が見え隠れ💦
・アイゼンつけるの早かったなぁ
・でも踏みつけないように避けて歩けた👍
・きっとこの時、歩く姿はヤバかったに違いない🤣
雪道に薄っすら植生が見え隠れ💦 ・アイゼンつけるの早かったなぁ ・でも踏みつけないように避けて歩けた👍 ・きっとこの時、歩く姿はヤバかったに違いない🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 踏み抜き地獄かと思ったところにて
・覚悟して踏んでみたら、、、
・選べば堅いところ沢山あった🤣
踏み抜き地獄かと思ったところにて ・覚悟して踏んでみたら、、、 ・選べば堅いところ沢山あった🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 写真中央に五竜岳、左奥に鹿島槍ヶ岳
・ここでようやく、二つの位置関係を完全に把握できた
写真中央に五竜岳、左奥に鹿島槍ヶ岳 ・ここでようやく、二つの位置関係を完全に把握できた
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 白岳越しに五竜岳
・五竜岳の一部と思っていた手前の稜線部分が、、、
・実は白岳だと後で知る🤣
白岳越しに五竜岳 ・五竜岳の一部と思っていた手前の稜線部分が、、、 ・実は白岳だと後で知る🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 鹿島槍ヶ岳に雪煙
・もうそんな時間になってたか😲
・ちょっとゆっくりし過ぎてる
・先を急がねば💦
鹿島槍ヶ岳に雪煙 ・もうそんな時間になってたか😲 ・ちょっとゆっくりし過ぎてる ・先を急がねば💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここは陽当たりが良く、雪は少な目でした
・でも凍結したら滑落要注意なポイントになりそう
・冬道もここを通るのかな??
・復路ではベチャベチャだったんで凍結必須かな
ここは陽当たりが良く、雪は少な目でした ・でも凍結したら滑落要注意なポイントになりそう ・冬道もここを通るのかな?? ・復路ではベチャベチャだったんで凍結必須かな
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 扇雪渓との分岐
・とりあえず扇雪渓に行ってみる
扇雪渓との分岐 ・とりあえず扇雪渓に行ってみる
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 急に深くなくなり トレースも激減😲
・そんなことより、、、
急に深くなくなり トレースも激減😲 ・そんなことより、、、
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 どれが雪渓??🤣
・この先はノートレース
・分岐まで引き返し
・気を取り直して唐松岳方面へ
どれが雪渓??🤣 ・この先はノートレース ・分岐まで引き返し ・気を取り直して唐松岳方面へ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ダケカンバの幹から伸びるツララ
・登山道の上を幹が横に向かって生えてます😲
・柔らかいからこうやって雪の重みに対応できるらしい
・復路でやっぱり頭をぶつけたのはナイショです
ダケカンバの幹から伸びるツララ ・登山道の上を幹が横に向かって生えてます😲 ・柔らかいからこうやって雪の重みに対応できるらしい ・復路でやっぱり頭をぶつけたのはナイショです
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここらへんは風がゼロ~暑くなってきた💦
ここらへんは風がゼロ~暑くなってきた💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ベンチレーション発動!
ベンチレーション発動!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ヒザ部分をオープンして、歩く度に
ヒザ部分をオープンして、歩く度に
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 こうなって涼しい!!(但し 恥ずかしさと引き換え)
こうなって涼しい!!(但し 恥ずかしさと引き換え)
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 扇雪渓の上部にあたる稜線にでた
・あっけなく膝ベンチレーション終了と相成りましたぁ🤣
扇雪渓の上部にあたる稜線にでた ・あっけなく膝ベンチレーション終了と相成りましたぁ🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 富士山と八ヶ岳
・富士山がかなり大きく見えてきた
富士山と八ヶ岳 ・富士山がかなり大きく見えてきた
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 風紋にプチ雪庇
・ここらへんはかなり強く吹いたよう
風紋にプチ雪庇 ・ここらへんはかなり強く吹いたよう
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 もう完全に雪山
・雪はサラサラ
・ここの斜度だとアイゼンが効きにくい場面も💦
・夏靴の底が反ってるから、効かせるように歩き方を工夫
もう完全に雪山 ・雪はサラサラ ・ここの斜度だとアイゼンが効きにくい場面も💦 ・夏靴の底が反ってるから、効かせるように歩き方を工夫
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ごりゅう に ごりゅうい(五竜にご留意)
・そんなこと言われなくても気になっちゃうよ~😍
ごりゅう に ごりゅうい(五竜にご留意) ・そんなこと言われなくても気になっちゃうよ~😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 やっぱりいいねー
・山頂直下の斜面にある
・▲▽▲の部分
・このゴツゴツ感がたまらんのです😍
やっぱりいいねー ・山頂直下の斜面にある ・▲▽▲の部分 ・このゴツゴツ感がたまらんのです😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜に続く稜線に はっきりとしたトレース😲
・えっ?もう歩いた人いるんだぁ😲
・あの巻道の傾斜部分の横移動やべぇけど、冬道なのかな?
五竜に続く稜線に はっきりとしたトレース😲 ・えっ?もう歩いた人いるんだぁ😲 ・あの巻道の傾斜部分の横移動やべぇけど、冬道なのかな?
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 霧氷?と五竜
・一度溶けて凍ってる感じ
・こういうのってなんて呼ぶのかな?
霧氷?と五竜 ・一度溶けて凍ってる感じ ・こういうのってなんて呼ぶのかな?
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 おいおい!どれが山頂??ってなるところにて
おいおい!どれが山頂??ってなるところにて
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 とりあえず、どれかが唐松岳だろうと適当にアップで撮っておく🤣
とりあえず、どれかが唐松岳だろうと適当にアップで撮っておく🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 白馬三山だけはわかる!と思ったら、白馬ニ山になってない??🤣
白馬三山だけはわかる!と思ったら、白馬ニ山になってない??🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 絶景地で不帰三峰を背景に
絶景地で不帰三峰を背景に
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 西側(唐松岳と不帰ノ嶮)
西側(唐松岳と不帰ノ嶮)
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 南側
南側
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 北側①
北側①
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 北側②
北側②
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 北側③
北側③
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 紅葉アップ!
紅葉アップ!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 白馬三山
・手前の谷が唐松沢
・数年前に認定された氷河があるはず
白馬三山 ・手前の谷が唐松沢 ・数年前に認定された氷河があるはず
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 中央が唐松岳!
・この時は確信こそないが、地図的にあそこしかない
・上から降りてきた方にお聞きしたら、冬道ができたら挑戦できそう
中央が唐松岳! ・この時は確信こそないが、地図的にあそこしかない ・上から降りてきた方にお聞きしたら、冬道ができたら挑戦できそう
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 不帰三峰と二峰アップ!
不帰三峰と二峰アップ!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここで撤退!待ってろ唐松岳~!
ここで撤退!待ってろ唐松岳~!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 たまたま高度は2,500m地点でキリが良い!?🤣
たまたま高度は2,500m地点でキリが良い!?🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 滑落したら上がってくるの大変そうな谷を見下ろす
・BCの方は発想が真逆
・滑れそうと思うのだとか😍
滑落したら上がってくるの大変そうな谷を見下ろす ・BCの方は発想が真逆 ・滑れそうと思うのだとか😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 遠く東側にも三段紅葉!?
・かなり強引だが🤣
・これもアリ!?
・スケールデカくて最高だよ👍
遠く東側にも三段紅葉!? ・かなり強引だが🤣 ・これもアリ!? ・スケールデカくて最高だよ👍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 色んな構図を試してみる①
色んな構図を試してみる①
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 色んな構図を試してみる②
色んな構図を試してみる②
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 色んな構図を試してみる③
・ベールに包まれたかのような淡い色あい😍
色んな構図を試してみる③ ・ベールに包まれたかのような淡い色あい😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜岳(白岳)
・左へ延びる稜線は、、、
五竜岳(白岳) ・左へ延びる稜線は、、、
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 五竜岳(白岳)から延びる尾根が左右で二段紅葉
五竜岳(白岳)から延びる尾根が左右で二段紅葉
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 おっ!ケルン発見!
おっ!ケルン発見!
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 見つけたケルンに寄ってみることに
見つけたケルンに寄ってみることに
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここからもいい😍
ここからもいい😍
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ケルンへの道
ケルンへの道
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルンでした!
・ここも遭難の地
丸山ケルンでした! ・ここも遭難の地
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルンと白馬鑓ヶ岳
丸山ケルンと白馬鑓ヶ岳
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルンと不帰ノ嶮
丸山ケルンと不帰ノ嶮
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 唐松岳はたぶんコレ
・逆光なんて気にしない
・そこらへんはスマホ頼り
・これが自撮りのクオリティ💦
唐松岳はたぶんコレ ・逆光なんて気にしない ・そこらへんはスマホ頼り ・これが自撮りのクオリティ💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 丸山ケルンの周りに不思議な薄氷
・氷の下は空洞なんです。
・どうやって形成されたんだ??
丸山ケルンの周りに不思議な薄氷 ・氷の下は空洞なんです。 ・どうやって形成されたんだ??
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここからが一番綺麗に観えたかな
ここからが一番綺麗に観えたかな
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 山名チェック
・昨年登った雨飾を始めとした、頚城山塊なのはあっていた
山名チェック ・昨年登った雨飾を始めとした、頚城山塊なのはあっていた
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ここから下は既に凍ってるとことがありました
・日陰になるのが早いから
ここから下は既に凍ってるとことがありました ・日陰になるのが早いから
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 ダケカンバと白馬三山
ダケカンバと白馬三山
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 唐松岳を見上げて(風)
・恥ずかしくて笑っちゃってます
唐松岳を見上げて(風) ・恥ずかしくて笑っちゃってます
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 三段紅葉を背景に
・大好きな紅葉と
・お気に入りの一枚となった
三段紅葉を背景に ・大好きな紅葉と ・お気に入りの一枚となった
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方池
・リフレクションは、そりゃぁこの時間じゃムリだよね😢
・風が止まないから即撤収🤣
八方池 ・リフレクションは、そりゃぁこの時間じゃムリだよね😢 ・風が止まないから即撤収🤣
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 飯森神社奥社
・ところどころ圧雪されてツルツル部分あり
・実は八方池のだいぶ上でアイゼン外しちゃって、
・ソロリソロリ💦
飯森神社奥社 ・ところどころ圧雪されてツルツル部分あり ・実は八方池のだいぶ上でアイゼン外しちゃって、 ・ソロリソロリ💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 陰ってきて一気に厳しい表情に
・左から、唐松岳→不帰三峰→二峰→一峰→天狗の大下り
・覚えれるかな💦
陰ってきて一気に厳しい表情に ・左から、唐松岳→不帰三峰→二峰→一峰→天狗の大下り ・覚えれるかな💦
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 画面中央のチョンが唐松岳
・ようやく認識できるようになった
画面中央のチョンが唐松岳 ・ようやく認識できるようになった
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 隠し撮りされてたヤツ😝
・八方池から上にあがる木道にて
・この後、二度目の再開する
・身の上話もしながら最後まで一緒に歩けて、めっちゃ楽しかった
隠し撮りされてたヤツ😝 ・八方池から上にあがる木道にて ・この後、二度目の再開する ・身の上話もしながら最後まで一緒に歩けて、めっちゃ楽しかった
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 見納めなんで、真剣に焼き付けているところ
見納めなんで、真剣に焼き付けているところ
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 八方尾根サイコーでした!
・ここは黒菱平
・標高1,680mまでおりてきた
八方尾根サイコーでした! ・ここは黒菱平 ・標高1,680mまでおりてきた
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 夏にOMM LITEで歩いた、白馬村中心部が見えていたことに気づく。
夏にOMM LITEで歩いた、白馬村中心部が見えていたことに気づく。
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 第三Pに到着
・この時間じゃガラガラだわね
・日陰なんでけっこう冷えてます
・綺麗なWCあります✋
第三Pに到着 ・この時間じゃガラガラだわね ・日陰なんでけっこう冷えてます ・綺麗なWCあります✋
鹿島槍ヶ岳・五竜岳(五龍岳)・唐松岳 最後に白馬三山と ムリヤリ三段紅葉🤣
・近くの八方の湯へ(850円)
・ph11の強アルカリが珍しい!

・ここでもイベント発生!
・山でコケて掠り傷を負った若者とスマホを無くしたという二人連れに出会う
・脱衣場で脱ぎながら、知らないオッサンにゲラゲラ笑って話せる二人の明るさ👍
・何しても楽しい時代あったな~って哀愁だだよっていただろう、お尻丸だしな47歳の秋🤣
最後に白馬三山と ムリヤリ三段紅葉🤣 ・近くの八方の湯へ(850円) ・ph11の強アルカリが珍しい! ・ここでもイベント発生! ・山でコケて掠り傷を負った若者とスマホを無くしたという二人連れに出会う ・脱衣場で脱ぎながら、知らないオッサンにゲラゲラ笑って話せる二人の明るさ👍 ・何しても楽しい時代あったな~って哀愁だだよっていただろう、お尻丸だしな47歳の秋🤣

活動の装備

  • その他(Other)
    スーパーフィートインソール
  • ミレー(MILLET)
    ティフォン 50000 ウォーム ストレッチ ジャケット
  • オスプレイ(OSPREY)
    マンタAG36
  • モンベル(mont-bell)
    アルパインクルーザー2000

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。