雲取山 三条の湯テント泊(2日目)

2018.11.24

活動詳細

詳しく見る
3時に寒さで目が覚め、じっとしていたらトイレに行きたくなり外へ。 テントに戻り寝袋でウトウトしていたら4時30分の起床時間に。 昨日は22時過ぎに寝たから睡眠時間は5時間くらい。 昼寝もしていたし沢山寝ました! 起きてから直ぐですが朝食の準備です。 -------------------------------------------------------- 本日のブレックファースト「アクマのバタコ雑炊」 材料 ・チキンラーメン アクマのバタコ 1食 ・昨日の残り物のアルファ米 少々 ・鶏がらスープの素 少々 ・生卵 1個 ・水 250ml 調理(5分) 1.鍋に水を入れてお湯を沸かす 2.チキンラーメンの材料を全部と、鶏がらスープの素を入れる 3.生卵を割り入れて蓋をして3分経ったら完成 4.ラーメンを食べ終えたらアルファ米を入れて雑炊にする チキンラーメン アクマのバタコを少し食べてから雑炊にしました。 朝から炭水化物多めの食事にしたのは、これからの登りに備えるためです。 -------------------------------------------------------- 三条の湯をあとにして雲取山山頂を目指します。 沢から離れ、細い山道をどんどん登って行きます。 朝早いのに、すれ違う人が何人も居ましたが、山に泊まった方々でしょうか。 眠れない夜に色々と考えた事を思い出しながら歩いていました。 何故、山に登っているのか。 これから将来にやりたい事は何か。 今回は自分と向き合える時間があったので、充実していたと感じます。 2時間程過ぎると稜線に出ました。 すると展望が広がり、展望の一番奥には富士山が居ました。 稜線から見る富士山は、左右対称で白い雪化粧をしていて、とても綺麗です。 ここでは立ったままの休憩で「ライオン菓子 そのまんまレモン」を食します。 レモンの皮を甘く煮詰めたお菓子で、クエン酸と糖分を補充できるので登山向きです。 少しリフレッシュしたところで、今回の山場、頂上に向けて登りを開始します。 今までの登坂で最も急な坂で、霧氷が降り注ぎ、風も冷たいです。 心拍数も上がり、呼吸も乱れてきます。 そんな時は無理をせず、立ち止まりながら、ゆっくりと登ります。 目の前に青空が見えてきました、山頂に到着です! 東京都側の山頂で記念撮影です。 一瞬の感動も束の間、寒さに震えてきたので急いで重ね着をして、 風の少ない山梨県側の山頂へ移動しました。 こちらは温かく、岩の上に座り込んで調理開始です。 -------------------------------------------------------- 本日のランチ「キムチ鍋のシメ」 材料 ・チキンラーメン アクマのバタコ 1食 ・東海漬物 プチこくうまキムチ 1パック ・エバラ食品 プチッと鍋キムチ鍋 1個 ・生卵 1個 ・水 300ml 調理(5分) 1.鍋に水、キムチ、キムチ鍋の素を入れる 2.沸騰したらラーメンを投入して、生卵を割り入れる 3.蓋をして蒸らしたら完成 キムチ鍋を楽しんだ後のシメはラーメンがあいます!を再現してみました。 家ではキムチ鍋をよく食べ、辛ラーメンを入れる事が多いのですが、 今回はチキンラーメンにしてみました。 短時間で出来上がるし、麺によく味が絡むので美味しくできました。 -------------------------------------------------------- お腹がいっぱいになったので、いよいよ下山開始です。 下山の標準コースタイムは3時間なので気合をいれて出発します。 稜線が終わり七ツ石山を迂回した頃、お腹が鳴りだしました。 これは危険なトイレサインです。 急遽、七ツ石小屋のトイレを目指してコースを変更しました…が、 焦ったためコースを間違い、七ツ石山に登るコースを少し進んでしまい、 タイムロスしながらも小屋に到着! トイレを無事に済ませました… 登山中に尿意と便意があると楽しくないですよね… 注意はしていたのですが、きっとキムチ鍋を食べたからだと思います。 黙々と歩いていると、足裏がジワジワと痛みが増してきます。 暫くするとアドレナリンが分泌され、麻痺して痛みを感じなくなります。 後で温泉でマッサージしてあげないと大変な事になりそうです。 やっとのことで下山しましたが、鴨沢のバス停は長蛇の列で…。 臨時のバスが増便されなければバスに乗れないところでした。 西東京バスさんに感謝しなければ。 奥多摩駅から歩いて10分程のところにある、もえぎの湯に移動。 入場規制があったので外で少し待つことになりましたが、 温かい温泉の誘惑には勝てません! 温かい湯舟で足腰をマッサージして、湯上りにビールをゴクリ。 至福のひと時です、お疲れ様でした!
本日のブレックファースト「アクマのバタコ雑炊」 チキンラーメン アクマのバタコを少し食べてから雑炊にしました 朝から炭水化物多めの食事にしたのは、これからの登りに備えるため
三条の湯スタッフの皆さん、お世話になりました!
雪が残っています。そういえば夜中の気温はマイナス5℃でした
日差しが温かい、太陽の有難みが分かる
雪が残っていますねぇ
稜線が白くなっています
標高差が大きい道を進みます
稜線にでると富士山がくっきりと見えます!
スマホのカメラズームで挑戦
急坂が待っています
霧氷に日差しがあたり綺麗です
雲取山2017.1mに到着!
雲取山の東京都山頂から望む富士山、綺麗です
雲取山の山梨県山頂から望む富士山、綺麗だっ
本日のランチ「キムチ鍋のシメ」 キムチ鍋を楽しんだ後のシメはラーメンがあいます!を再現してみました笑
雲取山の山頂で調理して、富士山を見ながら食すとは、贅沢の極みです!
避難小屋の周りにはランチ休憩する人が大勢います
白くなった木々が美しい、下山を開始します
尾根を下ります
今年度で閉鎖される奥多摩小屋、見納めです
七ツ石小屋でトイレ休憩、水も補給します
すっかり冬の装いです
足裏の疲労がピークですが、看板まで到着
バスは16時03分に来ますね
鴨沢バス停に着いたら長蛇の列がっ!バスに全員乗れるのかと思いましたが、臨時バスが増便されて2台並んで出発です
奥多摩駅から徒歩10分、もえぎの湯に到着、入場規制中で少し待ってから温泉へ
温泉あがりのビール!お疲れ様でした!

道具リスト

  • グラナイトギア VIRGA2 54L

    その他

  • カミナドーム1&カミナドーム2

    finetrack

  • オオイ金属 よせ鍋 18cm

    その他

  • 新富士バーナー(SOTO)マイクロレギュレーターストーブウインドマスター&ウインドマスター用フォーフレックスsoto1

    SOTO

    Amazonで見る

参加メンバー

  • めぐっぺ
    めぐっぺ

    Tokyo, Saitama, Kanagawa

    「山に登る理由?そこに山があるからさ」とか言う人の気持ちなんて一生理解できないと思ってたのに、とあるマンガに出会い (材料仕込んでいって料理するの楽しそうだしおいしそう) という不純な?理由から、2017年5月、登り始めてしまいました。とりあえず近所の高尾山あたりからぼちぼちやってます。悩みはトシのせいか登りですぐ息があがることと、翌日必ず筋肉痛になることです。

コメント

読み込み中...

関連する活動日記

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。