吉野下市里山ウォーク

2023.10.21(土) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
3 時間 46
休憩時間
19
距離
11.7 km
のぼり / くだり
616 / 613 m

活動詳細

すべて見る

今日は晴れ予報。秋の澄んだ空気の中をゆったり歩きたい。しかし、今週は仕事疲れで睡眠不足が続き体も重く、遠隔地の長距離登山は難しい。近場でどこかないかなとガイドブックを捲ると、吉野下市に「栃原岳」という低山があり、ハードでなく里山の気持ち良い散歩が味わえるとのコメント。早速決定、自宅出発8時過ぎながら、吉野下市へ向かいました。 ガイドブックには、広橋峠バス亭近くに駐車場あるはずも周辺を探しまくり、ようやく発見、既に10時を大きく回っていましたが、里山道を歩き、栃原岳を目指しました。 ガイドブック紹介の道はヤマップ地図の赤い登山道線になく、ヤマップ地図内の薄い点線道を辿ってみましたが、途中藪漕ぎ状態に陥り断念。舗装道に戻り、わかりやすい舗装された一般道を歩いて栃原岳を目指しました。ずっとコンクリート道であったものの、道はわかりやすく、時々スマホで日経新聞記事を読みながら歩くなど一石二鳥の時間有効活用も図れ、ソロ登山ならではのメリットも得ながら歩を進めました。行きは緩やかな上りが続き、スタートして1時間20分余り歩き、12時過ぎに栃原岳麓の波比売神社鳥居に到着。そこからもうひと踏ん張り上ると約30分ほどで山頂の神社拝殿に着きます。拝殿に至る前の展望台からの景色が抜群。右に金剛、葛城の山々、左に岩湧、三石、高野三山などが手を広げるように広がり、中央奥には大阪平野の市街地がウッスラと見えました。 神社でおにぎり・パンの昼食小休憩を挟んで、一路下山。帰りも吉野の里山を堪能しながら、スタート地点へ戻りました。最後のほんの数キロ、「里山ハイキングコース」の案内板を信じて山中に入り、若干藪漕ぎになりましたが、うまく国道309号に抜けられ、ショートカットで駐車場まで帰ることができました。その分、夕方のジムスタジオプログラムに間に合ってしまい、変に参加してしまったため、ひどいことになりましたが・・・💦 「山登り」というほどのハード登山でなく、ジョギングシューズでも可能なくらいの柔らかな森林ウォークでしたが、1人マイペースでゆったり歩き、気持ち良い「山歩き」になりました。ありがとうございました。

栃原岳 奈良の自宅から車を飛ばして吉野下市の広橋峠まで来ました。登山ガイドブックにある
奈良の自宅から車を飛ばして吉野下市の広橋峠まで来ました。登山ガイドブックにある
栃原岳 マイカー停車し、登山スタートです。
マイカー停車し、登山スタートです。
栃原岳 ずっと舗装された林道を歩いて行きます。今日は結果的にほぼ終始舗装された道を歩くことになりました。
ずっと舗装された林道を歩いて行きます。今日は結果的にほぼ終始舗装された道を歩くことになりました。
栃原岳 「里山ハイキングコース」として指定されているようですね。
「里山ハイキングコース」として指定されているようですね。
栃原岳 金剛、葛城山近いですね。
金剛、葛城山近いですね。
栃原岳 こうした青い空と田園風景
心が和みます。
こうした青い空と田園風景 心が和みます。
栃原岳 音羽三山、台高山脈方面の山々が連なっていますね。晴れて最高の景色です。
音羽三山、台高山脈方面の山々が連なっていますね。晴れて最高の景色です。
栃原岳 美味しい柿がたくさん生っています。
美味しい柿がたくさん生っています。
栃原岳 柿畑と里山
秋の涼しい風にあたりながら気持ち良く歩いて行きます。
柿畑と里山 秋の涼しい風にあたりながら気持ち良く歩いて行きます。
栃原岳 正面に葛城、金剛の間に位置する水越峠が見えますね。
ここの湧き水はホント美味しかった💧
正面に葛城、金剛の間に位置する水越峠が見えますね。 ここの湧き水はホント美味しかった💧
栃原岳 栃原岳麓の波比売神社鳥居に
到着しました。もうひと踏ん張り、ここから約30分山頂まで登ってまいります。
栃原岳麓の波比売神社鳥居に 到着しました。もうひと踏ん張り、ここから約30分山頂まで登ってまいります。
栃原岳 ここも舗装され、登りやすいです。
ここも舗装され、登りやすいです。
栃原岳 里山ハイキングコースの案内板が所々に立てられ、助かりました。
里山ハイキングコースの案内板が所々に立てられ、助かりました。
栃原岳 山頂&神社拝殿はもう少し登りますが、手前に展望台ありました。
山頂&神社拝殿はもう少し登りますが、手前に展望台ありました。
栃原岳 手前に吉野の町、奥に御所市街地が見えます。
手前に吉野の町、奥に御所市街地が見えます。
栃原岳 栃原岳山頂、波比売神社本殿です。辺りを歩きましたが、残念ながら三角点見当たりませんでした。
栃原岳山頂、波比売神社本殿です。辺りを歩きましたが、残念ながら三角点見当たりませんでした。
栃原岳 さすがに由緒ある神社
樹齢何百年?の御神木が立ち並んでいます。
さすがに由緒ある神社 樹齢何百年?の御神木が立ち並んでいます。
栃原岳 展望台に再び立ち寄ります。
右に、金剛、葛城の山々、左に岩湧、三石、高野三山などが手を広げるように広がり、中央奥には大阪平野の市街地がウッスラと見えました。
展望台に再び立ち寄ります。 右に、金剛、葛城の山々、左に岩湧、三石、高野三山などが手を広げるように広がり、中央奥には大阪平野の市街地がウッスラと見えました。
栃原岳 台高山脈の1つ高見山の美しい三角の稜線が見えますね⛰
さすが関西のマッターホルンです。
台高山脈の1つ高見山の美しい三角の稜線が見えますね⛰ さすが関西のマッターホルンです。
栃原岳 柿畑の奥に金剛、葛城、二上山まで見えます。
柿畑の奥に金剛、葛城、二上山まで見えます。
栃原岳 舗装道から案内板に従い、山中に入り、散策路を歩いてみます。
舗装道から案内板に従い、山中に入り、散策路を歩いてみます。
栃原岳 登山靴を履いてきた甲斐がありました。
登山靴を履いてきた甲斐がありました。
栃原岳 天誅組砲台跡の説明板ありました。歴史好きの私はもちろん全文読んでいきます。天誅組は、幕末に公卿中山忠光を主将に志士達で構成された尊皇攘夷派の武装集団ですが、文久3年8月17日(1863年)の大和国五條代官所討ち入りから、幕府の追討を受け転戦してのち、同年9月24日から27日にかけて大和国東吉野村で多くの隊士が戦死して壊滅してしまいました。
天誅組砲台跡の説明板ありました。歴史好きの私はもちろん全文読んでいきます。天誅組は、幕末に公卿中山忠光を主将に志士達で構成された尊皇攘夷派の武装集団ですが、文久3年8月17日(1863年)の大和国五條代官所討ち入りから、幕府の追討を受け転戦してのち、同年9月24日から27日にかけて大和国東吉野村で多くの隊士が戦死して壊滅してしまいました。
栃原岳 スタート地点の駐車場に着きました。帰りの散策路、うまい具合にショートカットできて、予定より早く到着しました。
スタート地点の駐車場に着きました。帰りの散策路、うまい具合にショートカットできて、予定より早く到着しました。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。