今日は津山方面に用事を作って山歩きしてきました。場所は烏山(からすがせん)で烏ヶ仙城跡とのことです。 シンプルに南側からピストンでサッと登って来ようと思い、大佐々神社左手からスタートしました。 事前勉強が不十分だったことも仇になり、尾根伝いに登ってしまい、大変な時間ロスを起こしました。(上りルートは参考になりません。) 途中から正規ルートに合流できたのですが、ほとんど歩かれてないようで、全体的にクモの巣とブッシュに手を焼くことになりました。 城跡でもある山頂は、50cm程の笹で覆われていましたが、素晴らしい眺めを楽しめました。 自分へのご褒美に「NiBBLES COFFEE」のハンドドリップをいただき、ホッと一息つけました。本当はフルーツサンドもゲットしたかったので、また別の山行でリベンジしようと思っています(^_^)

大佐々神社でお参りを済ませ、会談した左手から登山開始です。

大佐々神社でお参りを済ませ、会談した左手から登山開始です。

大佐々神社でお参りを済ませ、会談した左手から登山開始です。

道には可愛い野菊たち
(品種は不明)

道には可愛い野菊たち (品種は不明)

道には可愛い野菊たち (品種は不明)

見事に倒れています。

見事に倒れています。

見事に倒れています。

風倒木に生きる力を感じた瞬間

風倒木に生きる力を感じた瞬間

風倒木に生きる力を感じた瞬間

コナラの株元にはカシノナガキクイムシのフラスが・・・

コナラの株元にはカシノナガキクイムシのフラスが・・・

コナラの株元にはカシノナガキクイムシのフラスが・・・

振り返るとここで本来の道に合流できたみたいです。(左手の尾根伝いを登ってきました)

振り返るとここで本来の道に合流できたみたいです。(左手の尾根伝いを登ってきました)

振り返るとここで本来の道に合流できたみたいです。(左手の尾根伝いを登ってきました)

正規ルートは歩き易いです。

正規ルートは歩き易いです。

正規ルートは歩き易いです。

「ロープなしでも」と思いきや延々と・・・大変お世話になりました。

「ロープなしでも」と思いきや延々と・・・大変お世話になりました。

「ロープなしでも」と思いきや延々と・・・大変お世話になりました。

稜線に出たら針葉樹植林地の防獣ネット沿いに1.5~2mの笹たちが待っていました!

稜線に出たら針葉樹植林地の防獣ネット沿いに1.5~2mの笹たちが待っていました!

稜線に出たら針葉樹植林地の防獣ネット沿いに1.5~2mの笹たちが待っていました!

倒れた防獣ネットの先は素晴らしい眺め(西側)

倒れた防獣ネットの先は素晴らしい眺め(西側)

倒れた防獣ネットの先は素晴らしい眺め(西側)

山頂に辿り着きました。

山頂に辿り着きました。

山頂に辿り着きました。

誰もいない50cm程の笹原でお迎えしてくれたカマキリくん!

誰もいない50cm程の笹原でお迎えしてくれたカマキリくん!

誰もいない50cm程の笹原でお迎えしてくれたカマキリくん!

昼食は立ちながら津山市民に人気の「シンプロン」のパン(今回はカレーパンとチキン竜田揚げ)

昼食は立ちながら津山市民に人気の「シンプロン」のパン(今回はカレーパンとチキン竜田揚げ)

昼食は立ちながら津山市民に人気の「シンプロン」のパン(今回はカレーパンとチキン竜田揚げ)

東側の眺望は良好でした。

東側の眺望は良好でした。

東側の眺望は良好でした。

手前から山形仙(右)、広戸仙(左)、那岐山(中央)、奥は・・・?

手前から山形仙(右)、広戸仙(左)、那岐山(中央)、奥は・・・?

手前から山形仙(右)、広戸仙(左)、那岐山(中央)、奥は・・・?

以前には手を入れて頂いてたようです。

以前には手を入れて頂いてたようです。

以前には手を入れて頂いてたようです。

ホッとできた瞬間

ホッとできた瞬間

ホッとできた瞬間

下りの左手が開け、津山の市街地も眺められました。

下りの左手が開け、津山の市街地も眺められました。

下りの左手が開け、津山の市街地も眺められました。

ソヨゴの実はこれから色づきのようです。

ソヨゴの実はこれから色づきのようです。

ソヨゴの実はこれから色づきのようです。

如何に歩かれてないか再認識しました。

如何に歩かれてないか再認識しました。

如何に歩かれてないか再認識しました。

ここから登るのが本当だったのでした。

ここから登るのが本当だったのでした。

ここから登るのが本当だったのでした。

行きも帰りもクモの巣だらけ、お世話になりました。
(起点近くの害獣防除柵を越えた所で)

行きも帰りもクモの巣だらけ、お世話になりました。 (起点近くの害獣防除柵を越えた所で)

行きも帰りもクモの巣だらけ、お世話になりました。 (起点近くの害獣防除柵を越えた所で)

キノコを撮る余裕ができたみたい。

キノコを撮る余裕ができたみたい。

キノコを撮る余裕ができたみたい。

旧高田幼稚園の建物の一番右が「NiBBLES COFFEE」、キレと苦味が適度なペルーのハンドドリップをいただき、美味しかったです(^_^)

旧高田幼稚園の建物の一番右が「NiBBLES COFFEE」、キレと苦味が適度なペルーのハンドドリップをいただき、美味しかったです(^_^)

旧高田幼稚園の建物の一番右が「NiBBLES COFFEE」、キレと苦味が適度なペルーのハンドドリップをいただき、美味しかったです(^_^)

帰り道に烏山(中央)が綺麗に見えました。(左手は天狗寺山)

帰り道に烏山(中央)が綺麗に見えました。(左手は天狗寺山)

帰り道に烏山(中央)が綺麗に見えました。(左手は天狗寺山)

フルーツサンド
(イメージ:別の方の投稿写真を使わせたいただきました)

フルーツサンド (イメージ:別の方の投稿写真を使わせたいただきました)

フルーツサンド (イメージ:別の方の投稿写真を使わせたいただきました)

大佐々神社でお参りを済ませ、会談した左手から登山開始です。

道には可愛い野菊たち (品種は不明)

見事に倒れています。

風倒木に生きる力を感じた瞬間

コナラの株元にはカシノナガキクイムシのフラスが・・・

振り返るとここで本来の道に合流できたみたいです。(左手の尾根伝いを登ってきました)

正規ルートは歩き易いです。

「ロープなしでも」と思いきや延々と・・・大変お世話になりました。

稜線に出たら針葉樹植林地の防獣ネット沿いに1.5~2mの笹たちが待っていました!

倒れた防獣ネットの先は素晴らしい眺め(西側)

山頂に辿り着きました。

誰もいない50cm程の笹原でお迎えしてくれたカマキリくん!

昼食は立ちながら津山市民に人気の「シンプロン」のパン(今回はカレーパンとチキン竜田揚げ)

東側の眺望は良好でした。

手前から山形仙(右)、広戸仙(左)、那岐山(中央)、奥は・・・?

以前には手を入れて頂いてたようです。

ホッとできた瞬間

下りの左手が開け、津山の市街地も眺められました。

ソヨゴの実はこれから色づきのようです。

如何に歩かれてないか再認識しました。

ここから登るのが本当だったのでした。

行きも帰りもクモの巣だらけ、お世話になりました。 (起点近くの害獣防除柵を越えた所で)

キノコを撮る余裕ができたみたい。

旧高田幼稚園の建物の一番右が「NiBBLES COFFEE」、キレと苦味が適度なペルーのハンドドリップをいただき、美味しかったです(^_^)

帰り道に烏山(中央)が綺麗に見えました。(左手は天狗寺山)

フルーツサンド (イメージ:別の方の投稿写真を使わせたいただきました)