【源次郎尾根 もはや氷雪期② エキスパートレベル】剱岳 下山は別山尾根のダブル尾根登攀

2023.10.08(日) 日帰り

活動データ

タイム

12:23

距離

6.2km

のぼり

1160m

くだり

1221m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
12 時間 23
休憩時間
5 時間 5
距離
6.2 km
のぼり / くだり
1160 / 1221 m
3
8 50
7
28
21
13
22

活動詳細

すべて見る

【氷雪壁のミックス登攀 難度危険レベル⚠️】 剱岳の源次郎尾根アタック 下山は別山尾根 この時期とは思えぬ大雪、そのため氷雪、厳冬期の登攀となる。 残雪期の参考CTは11時間、ましてや厳冬期となるとCTは未知数。 氷雪テクニックは熟練したもの、そして行程時間が長いので緊張感を持続できる耐久力も必要。 つまり登山者としてのタフさが不可欠。 完全に厳冬期のエキスパートレベル。 凍った岩壁、降り始めの大雪による雪崩の危険性、極めて厳しい行程に。 🧗ロープ 50m×1本 ⤴️ミックスクライミング✖️1回 (アンザイレンでスタカット) ⤵️懸垂下降✖️2回 【源次郎尾根】 ◼️ルート 剱沢雪渓⇒草付斜面⇒白い岩場⇒テラス⇒凹角⇒1峰⇒2峰(ラペリング30m)⇒剱岳山頂 詳細は画像コメントにて。 この瞬間、刹那的に。 持参すれば良かった装備 •ダブルアックス⚒️ •アイススクリュー •もう一本のザイル

剱岳 前線基地⛺️から剱岳モルゲン🌅

紅葉になる前、まさかの⛄️特に北アルプスは大雪⛄️
まじかーと冬装備、厳冬期のモード⛏️

感傷に浸ってる場合じゃない行かねば🚶💦
前線基地⛺️から剱岳モルゲン🌅 紅葉になる前、まさかの⛄️特に北アルプスは大雪⛄️ まじかーと冬装備、厳冬期のモード⛏️ 感傷に浸ってる場合じゃない行かねば🚶💦
剱岳 三大雪渓の剱沢雪渓、ルンゼ沿をクライムダウン⤵️
三大雪渓の剱沢雪渓、ルンゼ沿をクライムダウン⤵️
剱岳 大量の雪解け水
大量の雪解け水
剱岳 最初はスノーブリッジを渡るはずだが、渡れるわけない。
間違いなく落ちる!
渡れる箇所ないので探す
最初はスノーブリッジを渡るはずだが、渡れるわけない。 間違いなく落ちる! 渡れる箇所ないので探す
剱岳 クラック多数
何とか渡る
恐る恐る渡る、それでも落ちるラインが見える。
緊張感高まる。
クラック多数 何とか渡る 恐る恐る渡る、それでも落ちるラインが見える。 緊張感高まる。
剱岳 スタートの雪渓渡りでいきなり精神的に消耗
スタートの雪渓渡りでいきなり精神的に消耗
剱岳 尾根取り付き、尾根の右横の急な斜面、ガリーを登ります。
が大雪でどこ登る状態。

近づくと氷雪テクニックが必要
尾根取り付き、尾根の右横の急な斜面、ガリーを登ります。 が大雪でどこ登る状態。 近づくと氷雪テクニックが必要
剱岳 コースはもともとない上、大雪で全く不明瞭
ルーファイ大丈夫か
いきなり急登ラッセル。
岩壁登攀の直感で雪降り初め、岩壁に雪は浅く張り付いているから衝撃与えると雪崩になると感じた。

ここから全体の行程の中で的確にどこが登れるのか長考状態が続く。
コースはもともとない上、大雪で全く不明瞭 ルーファイ大丈夫か いきなり急登ラッセル。 岩壁登攀の直感で雪降り初め、岩壁に雪は浅く張り付いているから衝撃与えると雪崩になると感じた。 ここから全体の行程の中で的確にどこが登れるのか長考状態が続く。
剱岳 大雪でルート上、木が倒れ折れてたりコースを塞いでいる
大雪でルート上、木が倒れ折れてたりコースを塞いでいる
剱岳 時々、ここはどこになるが、左右の岩陵尾根を見て間違いなく上がってるのはわかる
時々、ここはどこになるが、左右の岩陵尾根を見て間違いなく上がってるのはわかる
剱岳 ようやく1峰がチラッと顔出すが狭いリッジのため、少しのよそ見も許されない。
この時点で引き返せないとわかる。
ようやく1峰がチラッと顔出すが狭いリッジのため、少しのよそ見も許されない。 この時点で引き返せないとわかる。
剱岳 ハーケンの大岩
岩と氷のミックスクライミング🧗‍♀️
アンザイレンでスタカットにてクライミング

通常だと2峰までロープなんて使用しないし岩壁を登攀できるが凍った岩壁と雪の岩壁は足と手、掴み所がなく全く無力。
グリップがなくピッチクライミングして登攀⤴️
ソロだとクライミングギア回収できなかった。
ハーケンの大岩 岩と氷のミックスクライミング🧗‍♀️ アンザイレンでスタカットにてクライミング 通常だと2峰までロープなんて使用しないし岩壁を登攀できるが凍った岩壁と雪の岩壁は足と手、掴み所がなく全く無力。 グリップがなくピッチクライミングして登攀⤴️ ソロだとクライミングギア回収できなかった。
剱岳 凍った岩壁
こんな所登れるのか
凍った岩壁 こんな所登れるのか
剱岳 ラッセル急登を振り返る
なぜこんな雪の急登を登るのか。
急な雪壁の登攀
ラッセル急登を振り返る なぜこんな雪の急登を登るのか。 急な雪壁の登攀
剱岳 急登のラッセル続く
雪崩にならないのが不思議で緊張感高まる
急登のラッセル続く 雪崩にならないのが不思議で緊張感高まる
剱岳 急登ラッセル
雪が深過ぎて休む
足で蹴ると雪崩になると思うと悲しくなる。
とにかく前に進まないと。
急登ラッセル 雪が深過ぎて休む 足で蹴ると雪崩になると思うと悲しくなる。 とにかく前に進まないと。
剱岳 大岩、近づくとガリガリに凍ってる
大岩、近づくとガリガリに凍ってる
剱岳 凹角
1峰遠く
積雪と凍った岩壁が阻む
凹角 1峰遠く 積雪と凍った岩壁が阻む
剱岳 危な過ぎて遠くを何回も眺める
そろそろケガじゃ済まないかな
危な過ぎて遠くを何回も眺める そろそろケガじゃ済まないかな
剱岳 狭いリッジの通過、普段なら数分で行ける所が時間を要し通常ルートがないため、かつ凍った岩壁はダブルアックス⚒️が必要でどのルートを取るか思考時間が長くなる。
狭いリッジの通過、普段なら数分で行ける所が時間を要し通常ルートがないため、かつ凍った岩壁はダブルアックス⚒️が必要でどのルートを取るか思考時間が長くなる。
剱岳 1峰山頂🙌
ここまで何時間かかってる
厳冬期の氷雪期登攀と変わらず
ラッセル、凍った岩壁、ピッチクライミング、雪でコース不明瞭、雪崩の恐怖
むしろ生死に関わる事態で引き返せない。
自分の技術とかの問題ではなく生きるという感覚に触れてしまう。
緊張感が持続できるのか。

1峰まで氷雪岩壁と雪崩、壮絶極まり。
先の2峰が見えたけど源次郎の核心部はこれから、更にここまでよりも壮絶だと覚悟。

唯一、今回の行程でここのトップだけ電波繋がる📶📡

とにかく前へ進まないと。
この瞬間、刹那的に!
1峰山頂🙌 ここまで何時間かかってる 厳冬期の氷雪期登攀と変わらず ラッセル、凍った岩壁、ピッチクライミング、雪でコース不明瞭、雪崩の恐怖 むしろ生死に関わる事態で引き返せない。 自分の技術とかの問題ではなく生きるという感覚に触れてしまう。 緊張感が持続できるのか。 1峰まで氷雪岩壁と雪崩、壮絶極まり。 先の2峰が見えたけど源次郎の核心部はこれから、更にここまでよりも壮絶だと覚悟。 唯一、今回の行程でここのトップだけ電波繋がる📶📡 とにかく前へ進まないと。 この瞬間、刹那的に!
剱岳 厳冬期の氷雪状態になっている。
厳冬期の氷雪に源次郎尾根、行けるのか自分に問いかける。
残雪期に登攀してる人しか聞いたことない。
厳冬期に源次郎尾根は選択しない。
厳冬期の氷雪状態になっている。 厳冬期の氷雪に源次郎尾根、行けるのか自分に問いかける。 残雪期に登攀してる人しか聞いたことない。 厳冬期に源次郎尾根は選択しない。
剱岳 隣りに八ツ峰、カッコいい😎
そこも行くが、今は源次郎尾根を通過する事にしか頭にない
隣りに八ツ峰、カッコいい😎 そこも行くが、今は源次郎尾根を通過する事にしか頭にない
剱岳 厳冬期のナイフリッジ
振り返って見ると両側に滑落しないでよく通過できたものだ。
雪崩、雪の状態の観察力も必要
厳冬期のナイフリッジ 振り返って見ると両側に滑落しないでよく通過できたものだ。 雪崩、雪の状態の観察力も必要
剱岳 2峰が見えた
雪と凍った岩壁、登れるのか。
ここからの雪壁のクライムダウンできるのか。
少しのミスも許されない
2峰が見えた 雪と凍った岩壁、登れるのか。 ここからの雪壁のクライムダウンできるのか。 少しのミスも許されない
剱岳 ハイマツに捕まらないとクライムダウンできない。
支点できる所がない。
夏ならあっさり降りれらる。
しかも下降地点が見えない、滑れば奈落の外。
ハイマツに捕まらないとクライムダウンできない。 支点できる所がない。 夏ならあっさり降りれらる。 しかも下降地点が見えない、滑れば奈落の外。
剱岳 2峰までの稜線
雪がなければ良い景色だけど、凍った雪の稜線は、悪夢としかいいようがない
2峰までの稜線 雪がなければ良い景色だけど、凍った雪の稜線は、悪夢としかいいようがない
剱岳 2峰に到着

さっさと懸垂準備
暗くなる前に慌ててだが冷静に
アンカー、支点がないよ
大雪の雪壁の先に見つける

下降地点見えない凍った岩壁高さ30mの懸垂下降1ピッチ目

そうそう、ここフリーが可能か。 
下降しながらできるかどうか岩壁観察したけど中間箇所の岩壁、掴み箇所がなく二点支持しかできないから無理かな。
もしかしたら登りにすればフリー可能。
2峰に到着 さっさと懸垂準備 暗くなる前に慌ててだが冷静に アンカー、支点がないよ 大雪の雪壁の先に見つける 下降地点見えない凍った岩壁高さ30mの懸垂下降1ピッチ目 そうそう、ここフリーが可能か。  下降しながらできるかどうか岩壁観察したけど中間箇所の岩壁、掴み箇所がなく二点支持しかできないから無理かな。 もしかしたら登りにすればフリー可能。
剱岳 2峯懸垂下降
2ピッチ
標高差がある上に長い行程のため、早々に懸垂下降
このままだとブラックになるので避けたい。
下降地点、雪崩にならないよな

高さ30m
50m×1本
じゃ足りない。
雪がなければ残り5mは普通に降りるが、凍った雪のため無理しないで、もう一回懸垂下降。
だからロープは60m×1本か2回懸垂。
2峯懸垂下降 2ピッチ 標高差がある上に長い行程のため、早々に懸垂下降 このままだとブラックになるので避けたい。 下降地点、雪崩にならないよな 高さ30m 50m×1本 じゃ足りない。 雪がなければ残り5mは普通に降りるが、凍った雪のため無理しないで、もう一回懸垂下降。 だからロープは60m×1本か2回懸垂。
剱岳 先行して相方を待つ。
凍った岩壁の氷が🧊落ちてくる
先行して相方を待つ。 凍った岩壁の氷が🧊落ちてくる
剱岳 凍った岩壁が登れない事、何十回、いや三桁はあった。
凍った岩壁が登れない事、何十回、いや三桁はあった。
剱岳 ここまで手袋も落として
サングラスも折れて
イレギュラー沢山、装備は買い替えるけど生命は別。
ここまで手袋も落として サングラスも折れて イレギュラー沢山、装備は買い替えるけど生命は別。
剱岳 見た目、登れそうと思うけど凍った岩壁は恐ろしく登れない。
ラストの剱岳トップへ
見た目、登れそうと思うけど凍った岩壁は恐ろしく登れない。 ラストの剱岳トップへ
剱岳 スライドは雷鳥のみ
スライドは雷鳥のみ
剱岳 剱岳登頂🙌
通過してきた源次郎尾根をバックに。
生死の狭間、生きている。
剱岳登頂🙌 通過してきた源次郎尾根をバックに。 生死の狭間、生きている。
剱岳 天気は曇りだったが剱岳山頂からは360度パノラマ景色。
アルプスの山が全て望め、悲しいぐらいの絶景
天気は曇りだったが剱岳山頂からは360度パノラマ景色。 アルプスの山が全て望め、悲しいぐらいの絶景
剱岳 北方方面
北方方面
剱岳 裏銀座エリア
裏銀座エリア
剱岳 山頂ではゆっくりしてたいけど。
さっ、下山⤵️
山頂ではゆっくりしてたいけど。 さっ、下山⤵️
剱岳 下山は別山尾根
別山尾根も痺れるぐらいの積雪というかガリガリに凍ってる💦
下山は別山尾根 別山尾根も痺れるぐらいの積雪というかガリガリに凍ってる💦
剱岳 カニヨコ
凍っている鎖
カニヨコ 凍っている鎖
剱岳 ハシゴ
凍ったハシゴ、握れない
ハシゴ 凍ったハシゴ、握れない
剱岳 大雪の中
この後ぐらいから、とうとうブラック
その後、無事に剱澤小屋の前線基地に⛺️
大雪の中 この後ぐらいから、とうとうブラック その後、無事に剱澤小屋の前線基地に⛺️

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。