ぽかぽか天気の藤原岳 大貝戸道〜山頂〜天狗岩〜聖宝寺道

2018.11.18(日) 日帰り
たけう
たけう

活動データ

タイム

06:11

距離

11km

上り

1172m

下り

1171m

チェックポイント

活動詳細

もっと見る

鈴鹿の中で、なんとなく後回しになっていた藤原岳へ。 登りは大貝戸道(表道)から。 この日は天気がよく風もおだやかで、登り前半は暑いくらい。 八合目まではゆるゆるとしたつづら折りで、サクサク進むことができました。 九合目から藤原山荘までが、ちょっと長く感じたかな。 山頂(展望丘)からは、360度の大パノラマ! 気温もそれほど低くなく、日差しでぽかぽかでした。 いい天気に感謝です。 今日のお昼はいつものカップ麺やスープではなく、コッヘルを使って調理にトライ。 まずは基本の袋ラーメン。 とってもイージーにできちゃうけど、いつもよりおいしく感じます♪ 食後は天狗岩までお散歩。苔むした岩や葉がおちて明るい冬の森など、 道中の雰囲気もよくて気分良く歩けました。 下山は聖宝寺道で。 裏道とも呼ばれるだけあって、八合目から麓まではだーれにもあわなかったです。 下山したところにある聖宝寺では、もみじ祭りの真っ最中。 が、ほとんどの木はまだ緑。。。 1本だけ色づいたもみじは人気をひとりじめしてました。笑 寺に向かう大勢の人とすれ違いながら、舗装路を歩いて登山口まで戻りました。 やや単調ながらもサクサク登れる登山道、 なによりバツグンの展望と穏やかでいい雰囲気の山頂部、 人気があるのも納得のいい山でした。 次回は花咲く季節に。

藤原岳・御池岳 すごい立派な登山口休憩所。
駐車場は残りわずかでした。準備している間に何台か来てたので、たぶんすぐに満車になったかと。
すごい立派な登山口休憩所。 駐車場は残りわずかでした。準備している間に何台か来てたので、たぶんすぐに満車になったかと。
藤原岳・御池岳 大貝戸道(表登山道)入口。横に登山届ポストあります。登り始めてすぐに神武神社があったので、今日の無事をお祈りしてスタートです。
大貝戸道(表登山道)入口。横に登山届ポストあります。登り始めてすぐに神武神社があったので、今日の無事をお祈りしてスタートです。
藤原岳・御池岳 二合目に不動明王さん(かな?)がいらっしゃいました。
二合目に不動明王さん(かな?)がいらっしゃいました。
藤原岳・御池岳 お♪
お♪
藤原岳・御池岳 落ち葉を踏みしめて。
落ち葉を踏みしめて。
藤原岳・御池岳 五合目。ゆるやかなつづら折りの道でテンポよく進みます。
五合目。ゆるやかなつづら折りの道でテンポよく進みます。
藤原岳・御池岳 この辺からしばらく杉林。
この辺からしばらく杉林。
藤原岳・御池岳 色づいたモミジがちらり。
色づいたモミジがちらり。
藤原岳・御池岳 八合目。聖宝寺道(裏登山道)との分岐です。ここでひと休み。
八合目。聖宝寺道(裏登山道)との分岐です。ここでひと休み。
藤原岳・御池岳 この辺だけ石畳。
この辺だけ石畳。
藤原岳・御池岳 なんとなく不安感ある丸太橋。右側の迂回路を通る。
なんとなく不安感ある丸太橋。右側の迂回路を通る。
藤原岳・御池岳 岩がゴツゴツしてきました。
岩がゴツゴツしてきました。
藤原岳・御池岳 藤原山荘に到着ー。
藤原山荘に到着ー。
藤原岳・御池岳 すごい立派なトイレ。今回は使用してませんが、これはありがたいですね。
すごい立派なトイレ。今回は使用してませんが、これはありがたいですね。
藤原岳・御池岳 ひと休みしたら、山頂へ。
ひと休みしたら、山頂へ。
藤原岳・御池岳 登頂しました~。これでセブンマウンテン制覇です。
登頂しました~。これでセブンマウンテン制覇です。
藤原岳・御池岳 竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、右側に今月行ったばかりの雨乞岳。
竜ヶ岳、釈迦ヶ岳、御在所岳、右側に今月行ったばかりの雨乞岳。
藤原岳・御池岳 琵琶湖の向こうの比良山地と比叡山。
琵琶湖の向こうの比良山地と比叡山。
藤原岳・御池岳 御嶽山と乗鞍岳、その奥に北アルプス。真ん中あたりに岐阜市の岐阜シティ・タワーと金華山、百ヶ峰も。
御嶽山と乗鞍岳、その奥に北アルプス。真ん中あたりに岐阜市の岐阜シティ・タワーと金華山、百ヶ峰も。
藤原岳・御池岳 愛知県方面。いい天気で最高です!
愛知県方面。いい天気で最高です!
藤原岳・御池岳 こんな季節だけど、花が咲いてました。
こんな季節だけど、花が咲いてました。
藤原岳・御池岳 文字が彫られた石がいくつかありました。もともとは奥の院とかだったのかな?
文字が彫られた石がいくつかありました。もともとは奥の院とかだったのかな?
藤原岳・御池岳 ランチタイム。今日はインスタント袋麺。トッピングは乾燥野菜とチャーシュー&メンマ。
ランチタイム。今日はインスタント袋麺。トッピングは乾燥野菜とチャーシュー&メンマ。
藤原岳・御池岳 完成〜。普通においしくできた!
完成〜。普通においしくできた!
藤原岳・御池岳 山荘を経由して天狗岩へ。このカレンフェルトの草原いいなぁ。道らしきものがいくつか見えるけど歩けるのかな?
山荘を経由して天狗岩へ。このカレンフェルトの草原いいなぁ。道らしきものがいくつか見えるけど歩けるのかな?
藤原岳・御池岳 天狗岩へ向かう道。めっちゃ立派なケルン!
天狗岩へ向かう道。めっちゃ立派なケルン!
藤原岳・御池岳 サルノコシカケ。
サルノコシカケ。
藤原岳・御池岳 葉が落ちた冬の樹林帯は明るくて気持ちがいい♪
葉が落ちた冬の樹林帯は明るくて気持ちがいい♪
藤原岳・御池岳 御池岳へ続く縦走路との分岐。
御池岳へ続く縦走路との分岐。
藤原岳・御池岳 間もなく天狗岩。飛行機雲がいい感じ。
間もなく天狗岩。飛行機雲がいい感じ。
藤原岳・御池岳 天狗岩到着。奥に見えるのがさっきまでいた山頂。こっちのほうが30mほど高いんだね。
天狗岩到着。奥に見えるのがさっきまでいた山頂。こっちのほうが30mほど高いんだね。
藤原岳・御池岳 苔むした石灰岩がいい感じだなぁ。
苔むした石灰岩がいい感じだなぁ。
藤原岳・御池岳 わたわたになった花にほっこり。
わたわたになった花にほっこり。
藤原岳・御池岳 ふもとが見えました。いなべ市の中里ダム。左側に岐阜県大垣市の上石津地区
ふもとが見えました。いなべ市の中里ダム。左側に岐阜県大垣市の上石津地区
藤原岳・御池岳 下山です。八合目から聖宝寺道へ。
下山です。八合目から聖宝寺道へ。
藤原岳・御池岳 おっと。
おっと。
藤原岳・御池岳 ガレというか小石でザレた道。その上に落ち葉がのってて滑りやすい。
ガレというか小石でザレた道。その上に落ち葉がのってて滑りやすい。
藤原岳・御池岳 ここはふかふかの落ち葉ロードで楽しい♪
ここはふかふかの落ち葉ロードで楽しい♪
藤原岳・御池岳 細かくつづら折りになった道でぐっと下っていきます。
細かくつづら折りになった道でぐっと下っていきます。
藤原岳・御池岳 短いですが、枯れ沢を通る区間。
短いですが、枯れ沢を通る区間。
藤原岳・御池岳 その上をみると倒木が押し寄せてきてる!天候によってはここはヤバいかも。
その上をみると倒木が押し寄せてきてる!天候によってはここはヤバいかも。
藤原岳・御池岳 左側は谷で、かなり急な斜面。落っこちたら這い上がるのは困難。トラロープがはられ危険の文字が並ぶ。
左側は谷で、かなり急な斜面。落っこちたら這い上がるのは困難。トラロープがはられ危険の文字が並ぶ。
藤原岳・御池岳 これまで見た目枯れ沢だったのに、ここで伏流水が一気に流れ出てました。
これまで見た目枯れ沢だったのに、ここで伏流水が一気に流れ出てました。
藤原岳・御池岳 すぐ下には巨大な砂防ダム。いったん下って沢をわたり、向かい側を登ります。
すぐ下には巨大な砂防ダム。いったん下って沢をわたり、向かい側を登ります。
藤原岳・御池岳 砂防ダムを上がったところ。ここですぐ右におりる道があったみたいですが、見落としてそのまま舗装路へ行ってしまいました。
砂防ダムを上がったところ。ここですぐ右におりる道があったみたいですが、見落としてそのまま舗装路へ行ってしまいました。
藤原岳・御池岳 舗装路から戻りました。ここが登山口かな?
ちなみに八合目からここまで誰にも会わなかったです。
舗装路から戻りました。ここが登山口かな? ちなみに八合目からここまで誰にも会わなかったです。
藤原岳・御池岳 ふもとの聖宝寺ではもみじまつり開催中だったので、寄り道~。にぎわってます。
ふもとの聖宝寺ではもみじまつり開催中だったので、寄り道~。にぎわってます。
藤原岳・御池岳 残念ながらほととんどのモミジはまだ緑。あれまー笑
残念ながらほととんどのモミジはまだ緑。あれまー笑
藤原岳・御池岳 なんとか一枚撮れました♪
なんとか一枚撮れました♪
藤原岳・御池岳 池にはキレイな鯉ちゃんいました。
池にはキレイな鯉ちゃんいました。
藤原岳・御池岳 大きなイチョウもそれなりに色づいてましたが、曇り空では色あいがイマイチ。
大きなイチョウもそれなりに色づいてましたが、曇り空では色あいがイマイチ。
藤原岳・御池岳 聖宝寺の下にある鳴谷神社。ここは狛犬ならぬ、狛猿。珍しい!初めてみたかも。
聖宝寺の下にある鳴谷神社。ここは狛犬ならぬ、狛猿。珍しい!初めてみたかも。
藤原岳・御池岳 舗装路を歩いて駐車場まで戻ります。
舗装路を歩いて駐車場まで戻ります。
藤原岳・御池岳 藤原岳を見上げて。山頂部は見えませんね。手前の岩が露出したところがすごいな。
藤原岳を見上げて。山頂部は見えませんね。手前の岩が露出したところがすごいな。
藤原岳・御池岳 駐車場に到着。よい山歩きでした。今度は春に!
駐車場に到着。よい山歩きでした。今度は春に!

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。

てんきとくらす