椹島起点 秋🍁深まる赤石岳&荒川三山を巡る周回↩️山行[赤石岳・小赤石岳・前岳・荒川中岳・東岳(悪沢岳)・丸山・千枚岳]

2023.10.02(月) 3 DAYS

チェックポイント

DAY 1
合計時間
5 時間 28
休憩時間
14
距離
4.9 km
のぼり / くだり
1450 / 27 m
DAY 2
合計時間
11 時間 27
休憩時間
1 時間 22
距離
12.9 km
のぼり / くだり
1552 / 1487 m
2 17
30
10
29
34
1 32
9
23
24
DAY 3
合計時間
5 時間 9
休憩時間
28
距離
10.5 km
のぼり / くだり
144 / 1644 m
2 36
1 53

活動詳細

すべて見る

先月の甲斐駒ヶ岳に続き、南アルプスの山に行ってきました。 今回は静岡県の南ア 登山基地 椹島(さわらじま)を起点に、南ア南部の核心部とも言われる赤石岳と荒川三山(前岳、中岳、東岳※)を時計回りに周回縦走するコースに挑戦してきました。  ※ 東岳=悪沢岳 換言すると、南アの日本百名山2座 赤石岳と悪沢岳を巡る山行を堪能してきました。 参考までに今回登った百名山の標高順位は以下のとおりです。 ① 悪沢岳(標高3141m): 国内6位、南ア3位 ② 赤石岳(標高3121m): 国内7位、南ア4位 本コースの特殊性から、マイカーでの登山口への直接のアクセスが出来ず、中継する特種東海フォレスト社のバス🚌の運行時刻の制約を大きく受けるため、山行前日泊➕山小屋2泊3日(最終日も正午の最終バスに間に合うように下山しないと更に椹島でもう一泊要)という山行になっており、このような経験も今回初体験でした。 山行3日のうち、雨☂️となった最終日以外は天候や素晴らしい山岳風景の眺望にも恵まれた充実の山行となりました。 富士山🗻もバッチリ拝めました。 宜しければ、詳しくは写真のキャプションをご覧くださいませ。 本日もお山にお花に紅葉🍁に感謝感謝です。 ありがとうございました🙏🙇‍♂️ 【参考情報】 (1)畑薙第一ダム夏季臨時🅿️と近くの♨️付き宿泊施設について 駐車スペースは120台と十分な収容能力があります。 仮設トイレ🚻も3基あり、水場も隣接しているので、車中泊も可能です。  🅿️の近く(車で5分)には静岡市の運営する白樺荘という♨️付き宿泊施設もあり利用可能です。 素泊まり4,110円、日帰り入浴♨️も510円と料金もお値打ちです。 (2)臨時🅿️〜椹島間の山小屋宿泊者専用無料バス🚌(特種東海フォレスト社)について このバス🚌に乗車するには山小屋もしくは椹島ロッジでの一泊以上の宿泊が必要です。 全泊テン泊の方は🚌には乗れないので、バスの区間片道17kmを徒歩で歩くしかありません。 テン泊愛好者でも一泊だけ山小屋泊にすることで折り合いをつけられている方が多いようです。 バス🚌の時刻表は、8月31日迄の繁忙期(夏休み)とそれ以降の10月9日迄とで異なっており、9月1日以降も祝祭日と平日で異なっていますので注意が必要です。 また乗車には宿泊と合わせての事前予約が必須です。 (3)椹島ロッジについて 登山基地というだけあり、施設はとても充実しています。 🚻は水洗でとても綺麗でした。 レストハウスはログハウス調の立派な造りで、登山バッジ等の土産物の販売のほか、軽食の喫食も可能です。 ロッジ内にはシャワー室や着替える場所もあります。 (4)登山ルートの周回方向(時計回りor反時計回り)について 山と高原地図等では危険な区間(富士見平〜赤石岳間の北沢源頭部)を上りとする方が安全だという理由により、時計回りが推奨されていますが、大倉尾根の登りがきつい、赤石小屋からの下山の方が時間的に短く最終日に朝食後に出発できる等の理由により、実態としては反時計回りにされる方が多いようです。 実際2泊3日で反時計回りされる方の北沢源頭部での下り事故が頻発しているようです。 (5)山行中のスマホ紛失について 最終日の山行中😊にスマホを落とし紛失するという大失態を演じてしまいました。 ちなみに紛失時スマホはバッテリー対策のため機内モードに設定していたので何も打ち手を思いつけませんでした。 正午のバス🚌に乗るしかないというこのコースの特殊性のおかげと、心温まる拾得者の善意により下山後速やかに椹島レストハウスに届けて頂けたのが不幸中の幸いでした。 普通の登山口には有人のレストハウスなんてありませんので、落とし物として警察に届けて頂いたとしても自分の手に戻るのは数日先であったろうと思います。 詳しい顛末は最終日のキャプションに記載しております。 私も猛省しておりますが、どうか皆様もお気をつけください。 これを機に同じような経験をされた方のYAMAPレポを見つけましたので対策の参考にしてください。 https://yamap.com/activities/21034498 おしまい

荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 移動日 新東名 島田金谷ICから2時間40分かけて畑薙第一ダム夏季臨時駐車場🅿️最寄りの♨️宿の白樺荘に到着❗️
当初の予定では♨️だけ入って上記🅿️にて車中泊のつもりでしたが、予約無し(インターネットでは3日前くらいまでしか予約不可)で当日フロントで宿泊可否について訊いてみたら部屋は空いているということで、白樺荘で素泊まり前泊することに。 
移動日 新東名 島田金谷ICから2時間40分かけて畑薙第一ダム夏季臨時駐車場🅿️最寄りの♨️宿の白樺荘に到着❗️ 当初の予定では♨️だけ入って上記🅿️にて車中泊のつもりでしたが、予約無し(インターネットでは3日前くらいまでしか予約不可)で当日フロントで宿泊可否について訊いてみたら部屋は空いているということで、白樺荘で素泊まり前泊することに。 
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 部屋の名前は「間ノ岳」

静岡市公営の宿ということで、一泊4110円とリーズナブルな価格(トイレ、洗面台付きの2人部屋、温泉♨️は大浴場と南ア 茶臼岳が望める露天風呂が利用可)でゆったりできました。
部屋の名前は「間ノ岳」 静岡市公営の宿ということで、一泊4110円とリーズナブルな価格(トイレ、洗面台付きの2人部屋、温泉♨️は大浴場と南ア 茶臼岳が望める露天風呂が利用可)でゆったりできました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 当日朝の白樺荘脇の林道からの茶臼岳⛰️
温泉の露天風呂からもこの山が見えました。
当日朝の白樺荘脇の林道からの茶臼岳⛰️ 温泉の露天風呂からもこの山が見えました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 白樺荘から車で5分で、畑薙第一ダム夏季駐車場に到着しました❗️
仮設🚻トイレも3つあります。
白樺荘から車で5分で、畑薙第一ダム夏季駐車場に到着しました❗️ 仮設🚻トイレも3つあります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 🅿️のそばには水場もありました。
🅿️のそばには水場もありました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 朝7:15発の特種東海フォレストの宿泊登山者専用のバス🚌
山行の途中で山小屋に一泊以上することが乗車の条件となっており、テン泊だけの人は乗れません。
ここから登山基地の椹島まで約1時間のバス🚌の旅です。
朝7:15発の特種東海フォレストの宿泊登山者専用のバス🚌 山行の途中で山小屋に一泊以上することが乗車の条件となっており、テン泊だけの人は乗れません。 ここから登山基地の椹島まで約1時間のバス🚌の旅です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 バス🚌移動の途中、運転手さんが赤石岳が見えるポイントで停めてくれました。
バス🚌移動の途中、運転手さんが赤石岳が見えるポイントで停めてくれました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 登山基地 椹島(標高1,122m)に到着!
写真はレストハウス。
レストハウス内では軽食などの飲食を摂ったり、土産物、登山バッジ等の購入ができます。 別棟にシャワーを浴びる場所もあります。
登山基地 椹島(標高1,122m)に到着! 写真はレストハウス。 レストハウス内では軽食などの飲食を摂ったり、土産物、登山バッジ等の購入ができます。 別棟にシャワーを浴びる場所もあります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 車のナンバーは、赤石岳の標高(3121m)となっています😁

さて山行初日は、椹島〜赤石小屋間の大倉尾根を登ります。
車のナンバーは、赤石岳の標高(3121m)となっています😁 さて山行初日は、椹島〜赤石小屋間の大倉尾根を登ります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 出発すると直ぐに、椹島や赤石岳ゆかりの看板がありました。
椹島は嘗ては特種東海製紙社の林業の中心基地だったそうです。
今は南ア登山の中心基地となっています。
出発すると直ぐに、椹島や赤石岳ゆかりの看板がありました。 椹島は嘗ては特種東海製紙社の林業の中心基地だったそうです。 今は南ア登山の中心基地となっています。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 その特種東海製紙社の創業者が明治大正時代の財閥 大倉喜八郎です。
彼は、数え年90歳の時に数ヶ月に及ぶ用意周到な計画(登山道や仮小屋の整備、荷上げ等)の下に、長寿記念を兼ねて赤石岳への大名登山(樹林帯は駕籠に乗り、小屋より上部のお花畑や雪渓部は背負子で担がれての山行)を敢行しております。 大名登山には医師やマスコミ等200人が同行し、費用は今のお金で1億5千万円相当要したと言われています。
その前に数ヶ月かけて整備された登山道がそのまま大倉尾根(東尾根)となり、当時作られた仮小屋付近に今の赤石小屋が建てられているという歴史があります。
その特種東海製紙社の創業者が明治大正時代の財閥 大倉喜八郎です。 彼は、数え年90歳の時に数ヶ月に及ぶ用意周到な計画(登山道や仮小屋の整備、荷上げ等)の下に、長寿記念を兼ねて赤石岳への大名登山(樹林帯は駕籠に乗り、小屋より上部のお花畑や雪渓部は背負子で担がれての山行)を敢行しております。 大名登山には医師やマスコミ等200人が同行し、費用は今のお金で1億5千万円相当要したと言われています。 その前に数ヶ月かけて整備された登山道がそのまま大倉尾根(東尾根)となり、当時作られた仮小屋付近に今の赤石小屋が建てられているという歴史があります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 大倉喜八郎翁は、大名登山のすぐ後に数え年92歳で世を去り、「赤石岳に葬ってくれ」との遺言により長男が山頂で遺髪を焼いたと言われています。
写真の石碑は、大倉喜八郎が赤石岳登頂時に遺した狂歌。
大倉喜八郎翁は、大名登山のすぐ後に数え年92歳で世を去り、「赤石岳に葬ってくれ」との遺言により長男が山頂で遺髪を焼いたと言われています。 写真の石碑は、大倉喜八郎が赤石岳登頂時に遺した狂歌。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 大倉喜八郎が購入した南アルプスの井川山林(25,000ha)は、緑色で塗られたこの静岡県の北の突端全域に及びます。 間ノ岳を北端とするこの広大な土地は特種東海製紙の社有地として所有され、山小屋の管理は同グループ会社である特種東海フォレストが観光事業として運営しています。
(山小屋自体は静岡県営あるいは静岡市営)
荒川三山の内、悪沢岳(東岳)だけが県境尾根上になく、静岡県単独のお山になっているということがよくわかります🤔
大倉喜八郎が購入した南アルプスの井川山林(25,000ha)は、緑色で塗られたこの静岡県の北の突端全域に及びます。 間ノ岳を北端とするこの広大な土地は特種東海製紙の社有地として所有され、山小屋の管理は同グループ会社である特種東海フォレストが観光事業として運営しています。 (山小屋自体は静岡県営あるいは静岡市営) 荒川三山の内、悪沢岳(東岳)だけが県境尾根上になく、静岡県単独のお山になっているということがよくわかります🤔
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 いよいよ赤石岳の登山口に到着❗️
ここから大倉尾根の始まりです。
いよいよ赤石岳の登山口に到着❗️ ここから大倉尾根の始まりです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 この急登の鉄階段からスタートとなります。 「ワシも駕籠を所望する」と叫んでも誰も来ないので、自力で歩きます🚶‍♀️
この急登の鉄階段からスタートとなります。 「ワシも駕籠を所望する」と叫んでも誰も来ないので、自力で歩きます🚶‍♀️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 椹島から大倉尾根の赤石小屋までは、標高差1450mを一気に上るルートであり、長く単調な樹林帯のバカ尾根を辛抱強く登ってゆくこととなります。
赤石岳〜荒川三山の時計回り周回が人気がないのはこのバカ尾根登りを避けているのも一つの理由ではないかと思いました。
椹島から大倉尾根の赤石小屋までは、標高差1450mを一気に上るルートであり、長く単調な樹林帯のバカ尾根を辛抱強く登ってゆくこととなります。 赤石岳〜荒川三山の時計回り周回が人気がないのはこのバカ尾根登りを避けているのも一つの理由ではないかと思いました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 この季節に貴重なお花
紫蘇の仲間 ヒキオコシ
この季節に貴重なお花 紫蘇の仲間 ヒキオコシ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 漸く椹島〜赤石小屋の中間点の樺段を通過💦
漸く椹島〜赤石小屋の中間点の樺段を通過💦
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 標高も2千mを越え、標柱のある小広場を過ぎた先辺りに、東に開けた場所があり、そこから本日初の悪沢岳(左)と千枚岳(右)の絶景眺望が拝めました。 感動🥺
標高も2千mを越え、標柱のある小広場を過ぎた先辺りに、東に開けた場所があり、そこから本日初の悪沢岳(左)と千枚岳(右)の絶景眺望が拝めました。 感動🥺
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 偃松尾山(左)と笊ヶ岳(右)の間から富士山のひょっこりはん
偃松尾山(左)と笊ヶ岳(右)の間から富士山のひょっこりはん
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 笊ヶ岳
笊ヶ岳
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 本日の目的の赤石小屋まで漸く4/5の地点まで辿り着きました❗️
本日の目的の赤石小屋まで漸く4/5の地点まで辿り着きました❗️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 残りの1/5は、赤石小屋前の最後の難所 歩荷返しの始まりとなります。
残りの1/5は、赤石小屋前の最後の難所 歩荷返しの始まりとなります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 歩荷返しからの笊ヶ岳と布引山👀
歩荷返しからの笊ヶ岳と布引山👀
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 歩荷返しからの富士山
歩荷返しからの富士山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 歩荷返し真っ最中💨
岩場の急坂になってきました💦
歩荷返し真っ最中💨 岩場の急坂になってきました💦
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 歩荷返しからの美しい聖岳
歩荷返しからの美しい聖岳
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 尾根上の小ピークに着きました。
ここまで来ると…
尾根上の小ピークに着きました。 ここまで来ると…
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 歩荷返し終了💨です
歩荷返し終了💨です
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 栂の尾根道を進んでいきます
栂の尾根道を進んでいきます
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 紅葉🍁
紅葉🍁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 そして漸く、山行初日の目的地 赤石小屋に到着しました❣️
そして漸く、山行初日の目的地 赤石小屋に到着しました❣️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋からの眺望】

赤石小屋前には壮大な南アの山岳風景が広がっていました❗️

左から上河内岳(左端)、聖岳(中央左)、兎岳(中央右)、赤石岳(右端)
【赤石小屋からの眺望】 赤石小屋前には壮大な南アの山岳風景が広がっていました❗️ 左から上河内岳(左端)、聖岳(中央左)、兎岳(中央右)、赤石岳(右端)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋からの眺望】

明日登る予定の赤石岳(左)と小赤石岳(右)
【赤石小屋からの眺望】 明日登る予定の赤石岳(左)と小赤石岳(右)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋からの眺望】

赤石岳ズームアップ
【赤石小屋からの眺望】 赤石岳ズームアップ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋からの眺望】

左から上河内岳、聖岳、兎岳
【赤石小屋からの眺望】 左から上河内岳、聖岳、兎岳
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋からの眺望】

聖岳と兎岳をズームアップ
赤石小屋から見ると、兎岳は尖った三角形に見えるのが不思議でした。
【赤石小屋からの眺望】 聖岳と兎岳をズームアップ 赤石小屋から見ると、兎岳は尖った三角形に見えるのが不思議でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石小屋周辺案内図
赤石小屋周辺案内図
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 小屋の受付を済ませて、聖岳を眺めながら、最高のビール🍺で乾杯❗️
何も言えん至福のひと時。
小屋の受付を済ませて、聖岳を眺めながら、最高のビール🍺で乾杯❗️ 何も言えん至福のひと時。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 こちらも明日登る荒川三山の前岳(左)と中岳(中央)
こちらも明日登る荒川三山の前岳(左)と中岳(中央)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川三山の東岳(左)と千枚岳(中央右)
荒川三山の東岳(左)と千枚岳(中央右)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ヤマハハコ
ヤマハハコ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 時間もあるし、折角なので両方とも立ち寄ってみます。
時間もあるし、折角なので両方とも立ち寄ってみます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【展望台からの眺望】

展望台は赤石小屋から15秒登ったところにあります。
荒川三山は赤石小屋の北に位置するので、西に開けた小屋の前より、展望台からの方がよく見えました。
写真左端の雲の辺りが前岳、そのやや右が中岳、そして中央が東岳(悪沢岳)その右に千枚岳…と明日周回する一連の稜線が見渡せます👀
【展望台からの眺望】 展望台は赤石小屋から15秒登ったところにあります。 荒川三山は赤石小屋の北に位置するので、西に開けた小屋の前より、展望台からの方がよく見えました。 写真左端の雲の辺りが前岳、そのやや右が中岳、そして中央が東岳(悪沢岳)その右に千枚岳…と明日周回する一連の稜線が見渡せます👀
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石小屋は全く電波は入りませんでしたが、名無し三角点(小屋から10分)までいくと少しだけ(1本)電波が入りました。(au)
Lineでの連絡くらいはできます。
赤石小屋は全く電波は入りませんでしたが、名無し三角点(小屋から10分)までいくと少しだけ(1本)電波が入りました。(au) Lineでの連絡くらいはできます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【展望台からの眺望】

三角点からの帰りに再び展望台に立ち寄りました。
左に赤石岳、中央に小赤石岳👀・・と明日最初に訪れるお山や稜線が見渡せました😁
【展望台からの眺望】 三角点からの帰りに再び展望台に立ち寄りました。 左に赤石岳、中央に小赤石岳👀・・と明日最初に訪れるお山や稜線が見渡せました😁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石小屋の夕食
定番の「生姜焼き定食」
ご飯、味噌汁はおかわり自由です。 美味しかった。
赤石小屋の夕食 定番の「生姜焼き定食」 ご飯、味噌汁はおかわり自由です。 美味しかった。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 お山を最高のスパイス(悪沢岳の眺望を楽しみながら)にしての贅沢な食事でした。
お山を最高のスパイス(悪沢岳の眺望を楽しみながら)にしての贅沢な食事でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【2日目出発前 @赤石小屋】

赤石小屋の上にオリオン座⭐️
風は強く肌寒いですが快晴の予感😊のスタートです。
【2日目出発前 @赤石小屋】 赤石小屋の上にオリオン座⭐️ 風は強く肌寒いですが快晴の予感😊のスタートです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【2日目出発前 @赤石小屋】

先ずは赤石岳(写真右)を目指して出発です。
この時間はまだかなりの強風(14〜15m/s)が吹いていて寒かったです。
【2日目出発前 @赤石小屋】 先ずは赤石岳(写真右)を目指して出発です。 この時間はまだかなりの強風(14〜15m/s)が吹いていて寒かったです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【富士山夜明け前 1】

出発から約30分で富士見平に到着しました❗️
美しい星空と共に暗闇に富士山が浮かび上がっていました。
とても幻想的な光景でした。
しかしまだ山頂まで2.5時間
ここからが核心部です。
【富士山夜明け前 1】 出発から約30分で富士見平に到着しました❗️ 美しい星空と共に暗闇に富士山が浮かび上がっていました。 とても幻想的な光景でした。 しかしまだ山頂まで2.5時間 ここからが核心部です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ラクダの背のトラバース
このような桟道が幾つかありました。
ラクダの背のトラバース このような桟道が幾つかありました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 このような岩場のヘツリもありました。
このような岩場のヘツリもありました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【富士山夜明け前 2】
【富士山夜明け前 2】
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【北沢源頭から上った地点】
山頂方向も、大分白々としてきました。
【北沢源頭から上った地点】 山頂方向も、大分白々としてきました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【富士山夜明け前 3】

偃松尾山の稜線の背後に美しい富士山が夜明けを待っている美しい構図。
テンション上がりまくりです😁
【富士山夜明け前 3】 偃松尾山の稜線の背後に美しい富士山が夜明けを待っている美しい構図。 テンション上がりまくりです😁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 山頂手前カール部の紅葉🍁
山頂手前カール部の紅葉🍁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【富士山夜明け前 5】CP🌟

朝日が雲海から透けて見えています。太陽の完全な球形が見えていますのでこの時刻頃が日の出のようです。
富士山の手前に雲海に浮かんでいる山は毛無山のようです。
【富士山夜明け前 5】CP🌟 朝日が雲海から透けて見えています。太陽の完全な球形が見えていますのでこの時刻頃が日の出のようです。 富士山の手前に雲海に浮かんでいる山は毛無山のようです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 朝日が雲からもほぼ抜け出ました
朝日が雲からもほぼ抜け出ました
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 モルゲンロートの赤石岳(中央)
モルゲンロートの赤石岳(中央)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ヤマハハコ
ヤマハハコ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 北東の眺め
北東の眺め
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ズームアップすると、千枚岳の背後に金峰山(写真中央)も見えました。
ズームアップすると、千枚岳の背後に金峰山(写真中央)も見えました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【椹島下降点からの赤石岳】

漸く稜線に取りつきました。
ここで大型ザックをデポして、アタックザックで目の前に迫った赤石岳に向かいます。
【椹島下降点からの赤石岳】 漸く稜線に取りつきました。 ここで大型ザックをデポして、アタックザックで目の前に迫った赤石岳に向かいます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 遂に赤石岳山頂に到着❗️
遂に赤石岳山頂に到着❗️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石岳(標高 3121m :国内標高7位、南ア4位)の山頂標識
赤石岳(標高 3121m :国内標高7位、南ア4位)の山頂標識
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

東の方角の眺望
偃松尾山、笊ヶ岳、布引山のシルエットの背後に聳える富士山
【赤石岳山頂からの眺望】 東の方角の眺望 偃松尾山、笊ヶ岳、布引山のシルエットの背後に聳える富士山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

富士山ズームアップ
朝日も富士山の真上近くまで登ってきました。
【赤石岳山頂からの眺望】 富士山ズームアップ 朝日も富士山の真上近くまで登ってきました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

北の方角の眺望
これから進む天空の稜線が壮大でした。
【赤石岳山頂からの眺望】 北の方角の眺望 これから進む天空の稜線が壮大でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

前の写真をズームアップ⤴️
これぞ南ア。まさに圧巻の一言。
お気に入りの山岳風景です❗️

中央近景の小赤石岳の左手中景には荒川前岳と荒川中岳が、右手中景には悪沢岳が、更に荒川前岳・中岳の左背後遠景には仙丈ヶ岳、右背後遠景には間ノ岳、農鳥岳がはっきりと見えました。
鉄兜の塩見岳も荒川前岳と中岳の間から少しだけ頭を覗かせています。
北岳は間ノ岳の背後に隠れているのだろうと思います。
【赤石岳山頂からの眺望】 前の写真をズームアップ⤴️ これぞ南ア。まさに圧巻の一言。 お気に入りの山岳風景です❗️ 中央近景の小赤石岳の左手中景には荒川前岳と荒川中岳が、右手中景には悪沢岳が、更に荒川前岳・中岳の左背後遠景には仙丈ヶ岳、右背後遠景には間ノ岳、農鳥岳がはっきりと見えました。 鉄兜の塩見岳も荒川前岳と中岳の間から少しだけ頭を覗かせています。 北岳は間ノ岳の背後に隠れているのだろうと思います。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

南の方角の眺望
右中景に聳える聖岳と南ア深南部の壮大な山容もばっちり見えました。
【赤石岳山頂からの眺望】 南の方角の眺望 右中景に聳える聖岳と南ア深南部の壮大な山容もばっちり見えました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

聖岳(右)と上河内岳(左端)をズームアップ
赤石岳から望む聖岳も本当に美しかったです。
聖岳の右背後には光岳の黒いシルエットも見えました。 南アの絶景に満足😁
【赤石岳山頂からの眺望】 聖岳(右)と上河内岳(左端)をズームアップ 赤石岳から望む聖岳も本当に美しかったです。 聖岳の右背後には光岳の黒いシルエットも見えました。 南アの絶景に満足😁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

赤石岳山頂避難小屋(写真中央左)は、山頂から数分の距離にありますので立ち寄ってきます♪
【赤石岳山頂からの眺望】 赤石岳山頂避難小屋(写真中央左)は、山頂から数分の距離にありますので立ち寄ってきます♪
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

大沢岳(中央中景)
聖岳から赤石岳を縦走する場合、大沢岳付近の百間洞山の家(山小屋)もこちらの方角です。
中央左の遥か背後には三ツ瀬明神山、鳳来寺山等の我が愛知県の西部の山々も連なっており、いつも反対側から南アの聖岳や赤石岳を憧れの山として遠望していた頃を思い出しました。
【赤石岳山頂からの眺望】 大沢岳(中央中景) 聖岳から赤石岳を縦走する場合、大沢岳付近の百間洞山の家(山小屋)もこちらの方角です。 中央左の遥か背後には三ツ瀬明神山、鳳来寺山等の我が愛知県の西部の山々も連なっており、いつも反対側から南アの聖岳や赤石岳を憧れの山として遠望していた頃を思い出しました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

北西の方角の眺望
中アの安平路山〜念丈岳の背後に白山も見えました。
【赤石岳山頂からの眺望】 北西の方角の眺望 中アの安平路山〜念丈岳の背後に白山も見えました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

中央アルプス ドーン
【赤石岳山頂からの眺望】 中央アルプス ドーン
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

御嶽山❤️
中央アルプス(越百山〜南駒ヶ岳の間)の背後に御嶽山も見えました。
【赤石岳山頂からの眺望】 御嶽山❤️ 中央アルプス(越百山〜南駒ヶ岳の間)の背後に御嶽山も見えました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

恵那山
正に形が舟伏山ですね。
【赤石岳山頂からの眺望】 恵那山 正に形が舟伏山ですね。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

中アと北アを一望👀
【赤石岳山頂からの眺望】 中アと北アを一望👀
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

槍穂高連峰
【赤石岳山頂からの眺望】 槍穂高連峰
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

後立山連峰
【赤石岳山頂からの眺望】 後立山連峰
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

中アの将棊頭山の背後に聳える乗鞍岳
【赤石岳山頂からの眺望】 中アの将棊頭山の背後に聳える乗鞍岳
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

北の方角のズームアップ写真1
鉄兜の双耳峰である塩見岳が中央に、その右手には先月登った甲斐駒ヶ岳も頭を覗かせています。
【赤石岳山頂からの眺望】 北の方角のズームアップ写真1 鉄兜の双耳峰である塩見岳が中央に、その右手には先月登った甲斐駒ヶ岳も頭を覗かせています。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

北の方角のズームアップ写真2
遠景に、間ノ岳(左半分)と農鳥岳(右半分)
【赤石岳山頂からの眺望】 北の方角のズームアップ写真2 遠景に、間ノ岳(左半分)と農鳥岳(右半分)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石岳山頂からの眺望】

北の方角のズームアップ写真3
遠景全体に横たわる仙丈ヶ岳
【赤石岳山頂からの眺望】 北の方角のズームアップ写真3 遠景全体に横たわる仙丈ヶ岳
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石岳避難小屋
夏季営業は終了していますが、使える🚻も未だ一つありました
赤石岳避難小屋 夏季営業は終了していますが、使える🚻も未だ一つありました
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 寒いけど避難小屋から戻り、再び赤石岳山頂で記念撮影
強風で寒いので、顔が強張っています😥
さあ次は荒川三山に向け出発します。
寒いけど避難小屋から戻り、再び赤石岳山頂で記念撮影 強風で寒いので、顔が強張っています😥 さあ次は荒川三山に向け出発します。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 小赤石岳(標高3,081m)
小赤石岳(標高3,081m)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 小赤石岳から赤石岳を振り返ってみました。
やはり存在感ありますね。
小赤石岳から赤石岳を振り返ってみました。 やはり存在感ありますね。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 南ア県境稜線上の草紅葉🍁1
南ア県境稜線上の草紅葉🍁1
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 南ア県境稜線上の草紅葉🍁2

ミネウスユキソウは未だ色と形を留めていました。
南ア県境稜線上の草紅葉🍁2 ミネウスユキソウは未だ色と形を留めていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 南ア県境稜線上の草紅葉🍁3

斜面に広がる紅葉
南ア県境稜線上の草紅葉🍁3 斜面に広がる紅葉
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石の肩付近からの荒川三山
赤石の肩付近からの荒川三山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 赤石の肩〜大聖寺平の間の「荒川三山最高のビュースポット」と言われる場所からの景色
赤石の肩〜大聖寺平の間の「荒川三山最高のビュースポット」と言われる場所からの景色
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川前岳への尾根の東側に荒川小屋に繋がるなだらかなトラバース道があり、荒川小屋に進むにつれ、小赤石の肩から北北東に伸びる尾根(写真右)越しに再び富士山が姿を現し始めます(写真中央)。
荒川前岳への尾根の東側に荒川小屋に繋がるなだらかなトラバース道があり、荒川小屋に進むにつれ、小赤石の肩から北北東に伸びる尾根(写真右)越しに再び富士山が姿を現し始めます(写真中央)。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 正面に荒川三山を捉えつつ、高低差のないのんびりした平穏なトラバースが続きます。
正面に荒川三山を捉えつつ、高低差のないのんびりした平穏なトラバースが続きます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 霊峰 富士山、再び見参
霊峰 富士山、再び見参
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川前岳・中岳に近づくにつれ悪沢岳(右)が相対的に小さく見え始めました。
荒川前岳・中岳に近づくにつれ悪沢岳(右)が相対的に小さく見え始めました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 岳樺の紅葉から垣間見る富士山
岳樺の紅葉から垣間見る富士山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 この辺りは黄色の岳樺の紅葉が美しかったです。
この辺りは黄色の岳樺の紅葉が美しかったです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 富士山と赤い紅葉🍁のコラボ
富士山と赤い紅葉🍁のコラボ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川前岳の手前に荒川小屋が見えました。 素晴らしいロケーションに建てられた美しい山小屋です。
日本ではないような…
荒川前岳の手前に荒川小屋が見えました。 素晴らしいロケーションに建てられた美しい山小屋です。 日本ではないような…
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川小屋に到着!
荒川小屋は二日目の日程としても、3日間の山行日程としても中間点となる時間管理上重要な通過ポイントとなります。
概ね想定内のペースで進んでいることを再確認し、ここで百名山バッジを購入しました。 ノンアルビール🍺を飲みながら暫し休憩しました。
荒川小屋に到着! 荒川小屋は二日目の日程としても、3日間の山行日程としても中間点となる時間管理上重要な通過ポイントとなります。 概ね想定内のペースで進んでいることを再確認し、ここで百名山バッジを購入しました。 ノンアルビール🍺を飲みながら暫し休憩しました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川小屋の周りの紅葉はとても綺麗でした。
荒川小屋の周りの紅葉はとても綺麗でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川小屋のそばに咲いていたシロヨメナ
荒川小屋のそばに咲いていたシロヨメナ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川小屋からも真正面に富士山が見えました。
お名残惜しいですが、そろそろ荒川三山への登りをスタートします。
荒川小屋からも真正面に富士山が見えました。 お名残惜しいですが、そろそろ荒川三山への登りをスタートします。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 この辺りのトラバースには、私の好きなマツムシソウがまだ少なからず咲き残っていました。
この辺りのトラバースには、私の好きなマツムシソウがまだ少なからず咲き残っていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 富士山と笊ヶ岳と布引山(右端)

同じ組み合わせのお山でも角度が変わると、つい何度も撮ってしまいます。
富士山と笊ヶ岳と布引山(右端) 同じ組み合わせのお山でも角度が変わると、つい何度も撮ってしまいます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 笊ヶ岳と布引山ズームアップ
この角度からだと笊ヶ岳が双耳峰であることがよく分かります。
笊ヶ岳と布引山ズームアップ この角度からだと笊ヶ岳が双耳峰であることがよく分かります。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 この角度からの赤石岳の山容が私のお気に入りです❤️
この角度からの赤石岳の山容が私のお気に入りです❤️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 イワインチン

花期が特に遅いことで有名なイワインチンが咲いていました。
初めて見られたお花なので感動しました🥺
とても小さなお花です。
イワインチン 花期が特に遅いことで有名なイワインチンが咲いていました。 初めて見られたお花なので感動しました🥺 とても小さなお花です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 季節外れのハクサンイチゲ?だよね
季節外れのハクサンイチゲ?だよね
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川前岳に向けて高度を上げてくると、赤石岳(左)の右手に聖岳〜赤石岳間の西側に弧を張り出した稜線(兎岳等)も再び見えてきました。
荒川前岳に向けて高度を上げてくると、赤石岳(左)の右手に聖岳〜赤石岳間の西側に弧を張り出した稜線(兎岳等)も再び見えてきました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 厳しいジグザグの登り返しを経て、漸く荒川前岳〜荒川中岳間の稜線上の分岐点に取りつきました。 
前岳迄はピストンとなるので大型ザックをデポし、アタックザックに換装して、荒川前岳(写真中央)に向かいます。
厳しいジグザグの登り返しを経て、漸く荒川前岳〜荒川中岳間の稜線上の分岐点に取りつきました。  前岳迄はピストンとなるので大型ザックをデポし、アタックザックに換装して、荒川前岳(写真中央)に向かいます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 荒川前岳(標高3068m)に到着!
荒川前岳(標高3068m)に到着!
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 記念写真
記念写真
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【荒川前岳からの眺望】

今日は一日中富士山が綺麗に見えます。(ズームアップ)
【荒川前岳からの眺望】 今日は一日中富士山が綺麗に見えます。(ズームアップ)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【荒川前岳からの眺望】

荒川中岳(左)と悪沢岳(中央)と富士山
【荒川前岳からの眺望】 荒川中岳(左)と悪沢岳(中央)と富士山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 間も無く荒川中岳に到着
間も無く荒川中岳に到着
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【荒川中岳からの眺望】

塩見岳(左)と間ノ岳(中央やや左)の間から花崗岩の白さが際立つ甲斐駒ヶ岳がより鮮明に見えるようになりました。
右端の方には鳳凰三山の地蔵ヶ岳(オベリスク)や観音ヶ岳も見えていました。
【荒川中岳からの眺望】 塩見岳(左)と間ノ岳(中央やや左)の間から花崗岩の白さが際立つ甲斐駒ヶ岳がより鮮明に見えるようになりました。 右端の方には鳳凰三山の地蔵ヶ岳(オベリスク)や観音ヶ岳も見えていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 中岳避難小屋を通過
中岳避難小屋を通過
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 悪沢岳と富士山
悪沢岳と富士山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 悪沢岳が迫ってきました。
見るからに登り返しがキツそうです。
悪沢岳が迫ってきました。 見るからに登り返しがキツそうです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 道筋・踏み跡が明瞭に見えたので、一旦思い込みでこちら(写真中央)のトラバースに入り込んでしまいました。
しかしながら幅が30cm未満のやばいトラバースが何回か出てきて、やはりおかしいと感じ、yamapを確認したらここに戻り岩を上に攀じ登るのが正しいと判明し軌道修正しました。
よく見たら下に石が積んでいました。
❌ペイント欲しかったな😥
道筋・踏み跡が明瞭に見えたので、一旦思い込みでこちら(写真中央)のトラバースに入り込んでしまいました。 しかしながら幅が30cm未満のやばいトラバースが何回か出てきて、やはりおかしいと感じ、yamapを確認したらここに戻り岩を上に攀じ登るのが正しいと判明し軌道修正しました。 よく見たら下に石が積んでいました。 ❌ペイント欲しかったな😥
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ここを上に登るのが正解でした。
荒々しい岩登りが暫く続きます。
ここを上に登るのが正解でした。 荒々しい岩登りが暫く続きます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ジグザクのトラバースを繰り返しながら進むと、漸く悪沢岳の頂上が見えてきました。
ジグザクのトラバースを繰り返しながら進むと、漸く悪沢岳の頂上が見えてきました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 悪沢岳ロックオンです😁
山頂部は噂通り大きな岩🪨で覆われていました。
悪沢岳ロックオンです😁 山頂部は噂通り大きな岩🪨で覆われていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 遂に日本百名山 悪沢岳(標高は3141mで、日本第6位、南ア第3位)に到着❗️
やったぜ♪
遂に日本百名山 悪沢岳(標高は3141mで、日本第6位、南ア第3位)に到着❗️ やったぜ♪
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 先に山頂に到着されていた方に写真を撮って頂きました。
背景の山は赤石岳です。
先に山頂に到着されていた方に写真を撮って頂きました。 背景の山は赤石岳です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

南東の方角の眺望
富士山と笊ヶ岳&布引山
【悪沢岳山頂からの眺望】 南東の方角の眺望 富士山と笊ヶ岳&布引山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

南西の方角の眺望

歩いて来た前岳、中岳を振り返って
【悪沢岳山頂からの眺望】 南西の方角の眺望 歩いて来た前岳、中岳を振り返って
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

南西の方角の眺望

今日歩いてきた赤石岳(左)〜荒川前岳、荒川中岳(右)を振り返った写真
【悪沢岳山頂からの眺望】 南西の方角の眺望 今日歩いてきた赤石岳(左)〜荒川前岳、荒川中岳(右)を振り返った写真
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

赤石岳と上河内岳をズームアップ

深田久弥をして「これほどまでに寛容と威厳を兼ね備えた頂上は他にない」と言わしめた赤石岳の山容が美しい。
赤石岳は見る角度により姿が変わるのも面白かったです。周回山行の醍醐味ですね。
また聖岳の山頂と赤石岳の山頂がほぼ重なっているのも面白かったです。

本日ベスト3の写真
【悪沢岳山頂からの眺望】 赤石岳と上河内岳をズームアップ 深田久弥をして「これほどまでに寛容と威厳を兼ね備えた頂上は他にない」と言わしめた赤石岳の山容が美しい。 赤石岳は見る角度により姿が変わるのも面白かったです。周回山行の醍醐味ですね。 また聖岳の山頂と赤石岳の山頂がほぼ重なっているのも面白かったです。 本日ベスト3の写真
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

中景に塩見岳(左端)〜蝙蝠岳(右端)に連なる稜線が迫り、その背後に仙丈ヶ岳(左端)〜小仙丈ヶ岳(中央やや左)〜双子山〜甲斐駒ヶ岳(中央やや右)と連なる稜線、またその右手に間ノ岳〜農鳥岳の稜線が間近に見渡せて感動しました。

本日ベスト3の写真
【悪沢岳山頂からの眺望】 中景に塩見岳(左端)〜蝙蝠岳(右端)に連なる稜線が迫り、その背後に仙丈ヶ岳(左端)〜小仙丈ヶ岳(中央やや左)〜双子山〜甲斐駒ヶ岳(中央やや右)と連なる稜線、またその右手に間ノ岳〜農鳥岳の稜線が間近に見渡せて感動しました。 本日ベスト3の写真
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

白砂の花崗岩に覆われた甲斐駒ヶ岳🥺をズームアップ
他の山と一瞥してわかるとても美しいピラミダルなお山❣️ 泣ける

甲斐駒の左背後に見えているのは蓼科山
【悪沢岳山頂からの眺望】 白砂の花崗岩に覆われた甲斐駒ヶ岳🥺をズームアップ 他の山と一瞥してわかるとても美しいピラミダルなお山❣️ 泣ける 甲斐駒の左背後に見えているのは蓼科山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【悪沢岳山頂からの眺望】

北東の方角の眺望

中央に金峰山
【悪沢岳山頂からの眺望】 北東の方角の眺望 中央に金峰山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 悪沢岳で昼食(赤石山荘のお昼弁当)を摂りました。
水の飲み過ぎかあまり食欲なかったけど残すと荷物になるので、頑張って完食しました。
悪沢岳で昼食(赤石山荘のお昼弁当)を摂りました。 水の飲み過ぎかあまり食欲なかったけど残すと荷物になるので、頑張って完食しました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 悪沢岳からの下りは有名な巨岩のゴーロ帯でした。 これは赤石の岩かな?
悪沢岳からの下りは有名な巨岩のゴーロ帯でした。 これは赤石の岩かな?
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 丸山から悪沢岳を振り返ったところ
山頂直下のゴーロ帯の様子も見て取れます。
丸山から悪沢岳を振り返ったところ 山頂直下のゴーロ帯の様子も見て取れます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚岳前の紅葉🍁
千枚岳前の紅葉🍁
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 ここにもマツムシソウが咲いていました。
ここにもマツムシソウが咲いていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚岳付近からの赤石岳
赤石岳はやはり少し見上げるくらいの位置から眺めた山容の方が包容感を感じますね〜😊
千枚岳付近からの赤石岳 赤石岳はやはり少し見上げるくらいの位置から眺めた山容の方が包容感を感じますね〜😊
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚岳山頂標識
千枚岳山頂標識
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚岳からの富士山

大分雲が増えて来ました。
千枚岳からの富士山 大分雲が増えて来ました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 紅葉🍁した千枚岳からの凹凸の激しい悪沢岳(左)となだらかな山容の丸(右)の対照的なコラボ風景
紅葉🍁した千枚岳からの凹凸の激しい悪沢岳(左)となだらかな山容の丸(右)の対照的なコラボ風景
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 不思議な鳴き声に誘われて近寄って見てみたら🧐
最初は鶯かなと思ったのですが改めてググって見ると、どうも幻の鳥『ルリビタキ』のメスのようです。 ラッキー✌️
不思議な鳴き声に誘われて近寄って見てみたら🧐 最初は鶯かなと思ったのですが改めてググって見ると、どうも幻の鳥『ルリビタキ』のメスのようです。 ラッキー✌️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 見納めの笊ヶ岳と布引山
見納めの笊ヶ岳と布引山
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚岳下からの赤石岳と聖岳
大倉尾根もよく見渡せます。
千枚岳下からの赤石岳と聖岳 大倉尾根もよく見渡せます。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 美しい紅葉🍁の斜面と富士山🗻
美しい紅葉🍁の斜面と富士山🗻
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 美しい紅葉🍁と富士山🗻
今日は一日中美しい富士山が見られました。 とてもハッピーな1日でした。
美しい紅葉🍁と富士山🗻 今日は一日中美しい富士山が見られました。 とてもハッピーな1日でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 千枚小屋の夕食はハンバーグ定食でした。 ご飯とスープはお代わり出来ます。 スープがとてもおいしかったです。
千枚小屋の夕食はハンバーグ定食でした。 ご飯とスープはお代わり出来ます。 スープがとてもおいしかったです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 最終日三日目は千枚小屋〜椹島の下山です。
CT5時間ですが、椹島発の最終バスが12時という制約もあり、最終日は雨模様ということも勘案し余裕を持って朝5時に千枚小屋を出発し椹島10時着を目指しました。
唯一立ち寄ったのが、この写真の見晴台です。
最終日三日目は千枚小屋〜椹島の下山です。 CT5時間ですが、椹島発の最終バスが12時という制約もあり、最終日は雨模様ということも勘案し余裕を持って朝5時に千枚小屋を出発し椹島10時着を目指しました。 唯一立ち寄ったのが、この写真の見晴台です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【見晴台からの眺望】

荒川前岳・中岳(中央左遠景)と悪沢岳(右遠景)
【見晴台からの眺望】 荒川前岳・中岳(中央左遠景)と悪沢岳(右遠景)
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【見晴台からの眺望】

少し雲がかかっていましたが、小赤石岳(中央右)が見えました。

この後山行史上最大のアクシデントに見舞われます。
なんと見晴台への分岐点近くでスマホを落とし紛失してしまったのです。
千枚小屋からずっと同行頂いていたSさんにもご協力頂き約30分間捜索しましたが見つからず、諦めて失意の中での下山となりました。
【見晴台からの眺望】 少し雲がかかっていましたが、小赤石岳(中央右)が見えました。 この後山行史上最大のアクシデントに見舞われます。 なんと見晴台への分岐点近くでスマホを落とし紛失してしまったのです。 千枚小屋からずっと同行頂いていたSさんにもご協力頂き約30分間捜索しましたが見つからず、諦めて失意の中での下山となりました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 <Sさんからの頂き物の写真>
この長い吊り橋を渡ると約20分で椹島ロッジに到着です。
<Sさんからの頂き物の写真> この長い吊り橋を渡ると約20分で椹島ロッジに到着です。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 <Sさんからの頂き物の写真>
名物の長い吊り橋の中央でポーズを取る私。 橋の剛性が弱くかなり横揺れするので、左右どちらかの手で索を持っていないと怖い感じでした。
この時点ではこの写真だけが山行の思い出として残ると思っていました。
<Sさんからの頂き物の写真> 名物の長い吊り橋の中央でポーズを取る私。 橋の剛性が弱くかなり横揺れするので、左右どちらかの手で索を持っていないと怖い感じでした。 この時点ではこの写真だけが山行の思い出として残ると思っていました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 <Sさんからの頂き物の写真>

ズームアップ写真も撮って頂きました。
<Sさんからの頂き物の写真> ズームアップ写真も撮って頂きました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 椹島に到着❗️

写真のテントに着くと、吉報が私を待っていました😊
同じく早朝に千枚小屋から出発された方が私のスマホを拾って下さっていて、既にレストハウスに届けてくださっていたのです。 
どうも落として間もなく拾っていただいていたようです。
すぐにレストハウスに行き、自分のスマホであることを確認し、目の前でロック解除することで無事私の元へ戻ってきました。 本当に安堵の瞬間でした。
一緒に捜索頂いたSさん、拾ってくださった女性に感謝感謝の1日となりました🤔
危うく山行記録の全てを失うところでした。
椹島に到着❗️ 写真のテントに着くと、吉報が私を待っていました😊 同じく早朝に千枚小屋から出発された方が私のスマホを拾って下さっていて、既にレストハウスに届けてくださっていたのです。  どうも落として間もなく拾っていただいていたようです。 すぐにレストハウスに行き、自分のスマホであることを確認し、目の前でロック解除することで無事私の元へ戻ってきました。 本当に安堵の瞬間でした。 一緒に捜索頂いたSさん、拾ってくださった女性に感謝感謝の1日となりました🤔 危うく山行記録の全てを失うところでした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 最終日に雨の中、未明の千枚小屋からご一緒させて頂きスマホ捜索にもご協力頂いたSさん(左)と共に記念撮影📷 (ご本人に写真掲載の許可を得ています)

雨で頭髪が河童のようになっています。
Sさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
最終日に雨の中、未明の千枚小屋からご一緒させて頂きスマホ捜索にもご協力頂いたSさん(左)と共に記念撮影📷 (ご本人に写真掲載の許可を得ています) 雨で頭髪が河童のようになっています。 Sさんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 12時の🚌出発まで、椹島レストハウス内でくつろぎました。
ログハウス調で暖房も効いていてほっこりしたとても良い雰囲気の空間でした。
12時の🚌出発まで、椹島レストハウス内でくつろぎました。 ログハウス調で暖房も効いていてほっこりしたとても良い雰囲気の空間でした。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 🚌待ちの間、ゆっくりコーヒーを飲み、一期一会の登山者とも山談義に花を咲かせながら、くつろいだ時間を過ごしました。
🚌待ちの間、ゆっくりコーヒーを飲み、一期一会の登山者とも山談義に花を咲かせながら、くつろいだ時間を過ごしました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【椹島ロッジのレストハウスにて】

真ん中の女性は今回赤石岳、悪沢岳の2座達成により日本百名山を全制覇されたご婦人。 素晴らしい👏
右の方も同じく今回日本百名山を果たされた方とのこと。
一番左は本日同行頂いたSさん。
Sさんも既に92座達成だとのこと。 みなさん本当に素晴らしい。
私は未だ36座ですが、精々頑張ります。 生きているうちに登れるかな❓
【椹島ロッジのレストハウスにて】 真ん中の女性は今回赤石岳、悪沢岳の2座達成により日本百名山を全制覇されたご婦人。 素晴らしい👏 右の方も同じく今回日本百名山を果たされた方とのこと。 一番左は本日同行頂いたSさん。 Sさんも既に92座達成だとのこと。 みなさん本当に素晴らしい。 私は未だ36座ですが、精々頑張ります。 生きているうちに登れるかな❓
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 🚌に1時間揺られ、マイカーを停めている畑薙第一ダム夏季臨時駐車場🅿️に戻ってきました❗️
🚌に1時間揺られ、マイカーを停めている畑薙第一ダム夏季臨時駐車場🅿️に戻ってきました❗️
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 再び白樺荘に立ち寄り、温泉♨️(日帰り入浴510円)にて疲れを癒して帰りました。
再び白樺荘に立ち寄り、温泉♨️(日帰り入浴510円)にて疲れを癒して帰りました。
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 車🚘での帰路、大井川鐵道の奥大井湖上駅近くの有名な景色を撮影📷
車🚘での帰路、大井川鐵道の奥大井湖上駅近くの有名な景色を撮影📷
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【荒川小屋の戦利品】

赤石岳と悪沢岳の百名山バッジ
【荒川小屋の戦利品】 赤石岳と悪沢岳の百名山バッジ
荒川岳・東岳(悪沢岳)・前岳・中岳・赤石岳 【赤石小屋の戦利品】

こちらは赤石小屋の赤石岳の百名山バッジ。
荒川小屋のものとは赤石岳の見える角度や山小屋の形が異なっています。 
【赤石小屋の戦利品】 こちらは赤石小屋の赤石岳の百名山バッジ。 荒川小屋のものとは赤石岳の見える角度や山小屋の形が異なっています。 

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。