麦草峠と白駒池

2023.09.30(土) 日帰り

活動データ

タイム

04:25

距離

4.7km

のぼり

274m

くだり

307m

チェックポイント

DAY 1
合計時間
4 時間 25
休憩時間
1 時間 20
距離
4.7 km
のぼり / くだり
274 / 307 m

活動詳細

すべて見る

 念願だった白駒池へ行ってきました。佐久平から千曲バスの路線バスで向かいました。全員が丁度座れる位の混み具合でした。ほとんどの人達が白駒池で下車しましたが、私は麦草峠まで乗って、丸山から高見石小屋経由で白駒池を目指しました。麦草峠の公衆トイレはバスで行った場合、少しわかりにくいです。丸山とは反対方向の公共駐車場へ50m位歩きます。麦草ヒュッテの方が親切に教えて下さいました。ちらっと食堂の様子も見えて、雰囲気が良く、お世辞ではなく、本当に今度泊まってみたいなと思いました。  丸山までは、土曜なのにほとんど人がおらず、青苔の風景をゆっくり堪能できました。道はわりと急でしたが、登りでは滑りませんでした。標高が高いせいか、少し心臓がどきどきしました。このコースはJTBのガイドブックに載っていたのだけれど、あまりメジャーではないようです。標高も高いですし、甘く見ないできちんと登山届を出して行った方が良いです。  高見石小屋は大勢の人で賑わっていました。少し休ませてもらい、高見石にチャレンジしようとしたけれど、疲れていてとても無理でした。体力無くて残念です。その後白駒池までの道は、下りでつるつる滑るし、人が多くて、歩くのが遅い私は常に追われている感じがして、苦行でした。なんとか怪我無く下れて良かったです。白駒池は静まりかえって美しかったです。白駒荘のそばのベンチで少し休ませてもらいました。この辺りは平服の観光客が結構いました。  なんとか白駒池のバス停に到着しました。帰りのバスも1本しか無いので、緊張して出発の1時間以上前に到着しました。売店ではおいしいりんごが買えました。気温はなんと、13℃。バスを待っている間に寒くなってきて、ダウンとレインウエアの上下を着込みました。下界では30℃越えなのに、すごいことです。  新幹線のアクセスがよく、佐久平から平日もバス便があれば良いなと思いました。運転手さんは運転もお客への対応も丁寧で良かったです。やはり標高が高いし、他に交通手段が無いので、バスの乗り遅れが気になって、100%は楽しめませんでした。次の夏にはなるべく空いている時をねらって一泊で来たいです。

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。