NHK朝の連ドラ舞台 旧甲子園ホテル【武庫川女子大学建築学部】見学

2018.11.14

活動詳細

詳しく見る

朝の連ドラまんぷく舞台の旧甲子園ホテル 甲子園会館 【武庫川女子大学建築学部】 旧甲子園ホテル 情報 旧名称 甲子園ホテル 用途 大学校舎 旧用途 ホテル 設計者 遠藤新 施工 大林組 構造形式 鉄筋コンクリート構造 敷地面積 35,614.75 m² 建築面積 2,248 m² (建蔽率6%) 延床面積 6,172 m² (容積率17%) 階数 地下1階・地上4階建 竣工 1930年 所在地 〒663-8121 兵庫県西宮市戸崎町1-13 座標 北緯34度44分03秒 東経135度22分41秒座標: 北緯34度44分03秒 東経135度22分41秒 文化財指定 登録有形文化財 指定日 2009年 テンプレートを表示 甲子園会館(こうしえんかいかん)は、兵庫県西宮市にある近代建築。フランク・ロイド・ライトの愛弟子遠藤新の設計により、1930年に甲子園ホテルとして竣工した。しかし太平洋戦争の激化によりホテルとして営業したのはわずか14年である。1965年より武庫川学院の所有、武庫川女子大学の学舎として利用されている。2007年に国の近代化産業遺産に認定、2009年に国の登録有形文化財に登録された。 周囲は西宮七園の一つ、甲子園地区の上甲子園地区に当る。武庫川右岸の堤防に沿って邸宅の並ぶ高級住宅街であり、その中でもひときわ目立つランドマークとなっている。 甲子園ホテルは、1930年、関西屈指のリゾートホテルとして西宮市の武庫川沿いに開業した。フランク・ロイド・ライトの意匠を継承する独創的な名建築で、屋根には淡路産の緑の瓦、日華石と素焼きタイルの壁、ホールの光天井に市松格子の障子、シンボルの打出の小槌のオーナメントなど、洋式建築に巧みに「和」の要素が取り入れられ、華麗でモダンな姿は「東の帝国ホテル、西の甲子園ホテル」と並び称された。皇族、閣僚をはじめ、文化人や海外の要人が宿泊。大リーガーのベーブ・ルースらも利用し、舞踏会では作曲家山田耕筰がオーケストラを指揮したといわれる。 しかし太平洋戦争の激化で1944年に国に接収され、海軍病院となった。終戦後は、アメリカ進駐軍の将校宿舎として10年にわたって使われ、その後は旧大蔵省が管理。1965年「由緒ある建物を管理保存したい」と、学校法人「武庫川学院」が国から譲り受け、同学院甲子園会館と名付け、一部改修して教室として利用。見学者を受け入れ、近年は市民向けオープンカレッジとしても活用されている。 建物は、平成20年度の県の景観形成重要建造物に指定。2013年(平成25年)度のDOCOMOMO JAPAN選定 日本におけるモダン・ムーブメントの建築にも選出された.

コメント

読み込み中...

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。 報告フォームはこちら

登山ほけん

1日単位で入れる YAMAP登山ほけん

週末の登山に、1日250円から入れる手軽なYAMAP登山ほけん。