【平ヶ岳】限界突破【百名山】

2023.09.24(日) 日帰り

チェックポイント

DAY 1
合計時間
10 時間 9
休憩時間
32
距離
22.0 km
のぼり / くだり
1906 / 1906 m
1 49
40
1 38
19
12
31
19
1 26
34
1 24

活動詳細

すべて見る

「日本百名山」の全て⛰️を登れるとは思ってはいませんが、 いま自分の住まうエリア🏠にある百名山については全部網羅したい😗 そんなアマノジャク的な考えを持ったのは仙台に赴任してからです💭 仙台宮城には深田百名山は蔵王❄️しかありませんでしたが、 東北地方ということで視野を広げてみれば各地に散らばって15座🚩もある😃 東北各県への観光旅行&湯治(笑)も兼ねて足繁く通い、それは無事完登することが出来ました🏁 そんな私の今現在のフィールドは新潟県🌾 この越後の土地も深田百名山は多くて、他県境と接する山脈も含めて全11座あります🙌🏻 (うち飯豊山、朝日岳、谷川岳は仙台時代に登頂済み✅なので登山対象から外してます) この4月に長岡に赴任してから雪解け🌼を待ち、夏の初めから未登の百名山を登ってきました🥾 雨飾山、巻機山、苗場山、越後駒ヶ岳と、私にとってはどのお山も手強かった🥵(笑) 残る妙高山、火打山、高妻山、平ヶ岳もきっと苦戦することでしょう😭 新潟の百名山は手強いというのは、その多くが秘境⛰️のような場所にあり、 またメジャーなコース🥾でも標高差1500m前後、距離10km以上がフツーだからです😅 標高は2000m前後ゆえにこの夏の異常な暑さ🌞の中ではとても登れる気がしなかった🤦🏻‍♂️ なので真夏🍧は新潟を脱出しアルプス⛰️に逃げ込んでいました(笑) しかしここに来て新潟も秋めいてきました🌾 再び越後の誇る日本百名山⛰️に挑まねばならないターンが来たようです🥾 残り4座のうちどこのお山にアタックしても良かったのです😗 でもあえて「平ヶ岳」をチョイスしたのは「もう、今しかない」と思えたからです😤 平ヶ岳も遠い(笑) 魚沼の小出から60km、銀山平からでも30km、檜枝岐尾瀬方面からなら20km💦 このように物理的にも遠いのですが、 シルバーラインやR352の準酷道的な道を征かねばならぬという精神的苦痛も大🥲(笑) 平ヶ岳自身も正規登山道🥾の鷹ノ巣コースからだと往復20km、累積標高1900mと鬼レベル👹 なのにお山には山小屋🛖はもちろん避難小屋・テント場🏕️すらなく、日帰り前提のお山なのです😳 当然歩く時間は長くなり一般的にはCT👣12時間以上とされています😱 日が長い夏場🌻に登れれば良いのですが、暑さと不安定な天候というハードルが…😓 そうなるとやはりこのお山には涼しくなる秋、しかもその早いうちがベストとなる訳です🤨 転勤族🛄でもありこの秋🍁を逃してもまた来年という確実性はありません💦 いつ行くの、今でしょ🤗 私の登山人生において日帰りでこの距離と標高差をやったことはありませんでした💦 ”金華山グレートトラバース”や”新・七薬師掛け”がそれに近いのですが低山里山のそれです🙁 深山幽谷を上回るこんな秘境のお山⛰️まで行くことさえ不安でしたが、 それ以上に日帰り登山でコレをやれるのかが一番の心配事でした💦 その顛末はフィトライブラリ🖼️に記しました📝 鷹ノ巣からの平ヶ岳を検討中の方(エキスパートは除くw)には参考になるやも知れませぬ💁🏻‍♂️ 越後の秘峰「平ヶ岳」に挑戦してきました🥾 魚沼小出から向かいましたが行くまでの道中👹で消耗しました(笑) やっと辿り着いた鷹ノ巣登山口🅿️で車中泊💤をし翌朝は真っ暗なうちからスタートしました🔦 登山道は最初の「下台倉山」までの険しい急登が核心部です⚠️ 「台倉山」以降は木道🪵も出てきて意外と快適に進めますが”ワナ”にかかってコケないようにご注意😅 そして山頂部は…✨ これは実際に登られて目にするまでのお楽しみにしておきましょう😉 この手の百名山⛰️は物見遊山的なハイカー🎒は少なくて100座完登を狙う猛者👺ばかりが集います✨ この日もタフで健脚なベテランさん💪🏻がいっぱいでした😃 そんな中で未熟なオレなんかがと卑屈になりかけた時もありました😵‍💫 「なんでこんなお山を百名山に入れたんや❗️」 深田御大を恨みもしました(笑) でもお山はそんな迷える子羊、震える仔馬のようなアタクシにも真っ向勝負を挑んでくれた✨ 「限界突破…‼️」 最後まで挫けず諦めずに下山してきた時にはそんな言葉を口にしておりました😅 ガチ勢やベテランさんには「この程度で何ゆっとんねん🤷🏻‍♂️」というところでしょうが、それが偽りのない感想でした😮‍💨 大人になってからというかこの歳になってみると、 仕事でも勉強でも何かで自身の成長を著しく感じられることは少なくなっていきます🥲 そんなロートル予備軍な私にも頑張ったら”がんばったで賞🏅”を与えてくれるのはお山だけ✨ いまだ心身ともに平ヶ岳登頂の余韻(夢遊感&筋肉痛)に浸っております😁 夢見心地🌈も筋肉の悲鳴💥も平ヶ岳登山の立派な副賞🏵️です、ありがたく頂戴しております🙏🏻 いい大人が恥ずかしいのですが、今回だけは自分で自分をほめてあげようと思います😊 ありがとうございました😌 【my山旅メモ(9月下旬日曜日 鷹ノ巣コース)】 ・駐車場 鷹ノ巣登山口前、無料      道路挟んだ向かいに草地の駐車スペースあり、そこでテント張っている人もいる      道路事情がよくない(酷道に近い)ので運転に不安な人は明るいうちに着くが吉      18時前着で5-6台だったが、22時ごろにはほぼ満車      2時や3時ごろ来ても空いていないと思われる       ・トイレ 鷹ノ巣登山口のみ      道中長いため携帯トイレ持参が必須 ・登山届 鷹ノ巣登山口 ・水 場 コース上にあるが期待できない      山頂とたまご石を繋ぐトレイル上の沢は水が豊富      スタート直後の渡渉ポイント(細い橋のかかる沢)が一番水量が豊富      ただし勢いが強い沢であり暗いうちには危険なため利用できない ・飲用水 準備:水3L、イオン飲料1L、麦茶0.5L 結果:水半量消費、イオン飲料・麦茶半量消費 ・自販機 なし ・生き物 羽虫はほぼいないが下山後の駐車場でブヨに噛まれる      (クマ、ヘビ、山ビル、スズメバチなど危険生物は見ず) ・お 花 オヤマリンドウ、ゴゼンタチバナ(実)  草紅葉が主役になってきている ・靴洗場 駐車場手前の橋のある渡渉点 ・その他 多くの媒体で標準コースタイム12時間以上とされている      とはいえ、レポを見ていると健脚者であれば8時間台でのピストンも可能      登山道も下台倉山の急登以外は険しくもなく木道も多く通っていて歩き良い      決して”日帰り最難関の百名山”ではないのかもしれない      それぞれの実力に応じた過不足のない対策がとても求められるコースだと感じた      もちろん初心者は最悪を想定して対策をしておくのは言うまでも無い      夏に比べて秋の日は短かいので早めの出発が前提      たとえ暗闇でも1時間でも早く出れば涼しい時間帯が長くなるなど前向きに      歩いているうちに空が白んでやがて太陽が出てくると思えば勇気も出る      逆に、出発が遅くなった結果として下山中にヘッデンを用いなければならなくなった場合、      心理的にも安全登山的にもマイナスにしかならない      下山時にスライドした方もほとんどが6時までには出発している様子だった      ただ、暗いうちに出発すると個人的には核心部だった下台倉山の険しい急登に差し掛かる      固定ロープの岩場も断崖もあり、そういうところが苦手な方は要注意      銀山平の宿に泊まったら送迎サービス付きの”プリンスコース”を利用できるようだ      この日も団体客がそのサービスを利用して上がってきていた      

平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 最近の岩山続きでオキニの靴下が破れた
また同じのを買うのも芸がない(笑)ので久しぶりにYAMAPストアをのぞいてみた
なんか良さげなのがあったのでポチってしもうた(爆)
届いてみたら実物の方がラブリィ(←おっさんですよね?)
新しい靴下でテンションが上がったのも利用して、
新潟の深田百名山で気の進まないお山ナンバーワン(笑)のアソコに挑む覚悟を決めた(←不埒)
最近の岩山続きでオキニの靴下が破れた また同じのを買うのも芸がない(笑)ので久しぶりにYAMAPストアをのぞいてみた なんか良さげなのがあったのでポチってしもうた(爆) 届いてみたら実物の方がラブリィ(←おっさんですよね?) 新しい靴下でテンションが上がったのも利用して、 新潟の深田百名山で気の進まないお山ナンバーワン(笑)のアソコに挑む覚悟を決めた(←不埒)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そのお山は「平ヶ岳」である
カッコイイ百名山や地元にある百名山は全て登ってみようと思っている
新潟に来て登れたお山も増えていったが魚沼あたりに一座だけ空白が…
オセロなら裏返っとけと思うほどに気になってしゃーない(笑)
もうこの地図の通りで位置する場所からして秘境of秘境
遠いのよね〜
そのお山は「平ヶ岳」である カッコイイ百名山や地元にある百名山は全て登ってみようと思っている 新潟に来て登れたお山も増えていったが魚沼あたりに一座だけ空白が… オセロなら裏返っとけと思うほどに気になってしゃーない(笑) もうこの地図の通りで位置する場所からして秘境of秘境 遠いのよね〜
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 さらに行程が遠くて長いのに日帰りしか許されぬ
プリンスルートというセレブ御用達の登山道もあるようだが、宿泊などの諸条件もあってソロ客にはハードルが高かった
ならば日帰り上等で鷹ノ巣から挑むのみ
イキリ過ぎて前日に強化トレ、走り込む(←猪突猛進型)
んで左脚付け根に違和感発生(←あんた、バカァ?)
なんでも一夜漬けはイクナイ
さらに行程が遠くて長いのに日帰りしか許されぬ プリンスルートというセレブ御用達の登山道もあるようだが、宿泊などの諸条件もあってソロ客にはハードルが高かった ならば日帰り上等で鷹ノ巣から挑むのみ イキリ過ぎて前日に強化トレ、走り込む(←猪突猛進型) んで左脚付け根に違和感発生(←あんた、バカァ?) なんでも一夜漬けはイクナイ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 ジムから帰って明日の平ヶ岳決行の準備
興奮してきてソワソワソワソワ
そもそも山奥の秘境にある登山口
そこまでの道のりも全舗装されてはいるようだがザ・山道、深夜に通りたくない
もう日のあるうちに着きたくなってしまった
長岡からは100kmほど、2時間程度で行けるから家を飛び出した
ドキドキドキドキ
なんとか日没前に現着
シルバーライン、トンネル長すンぎ!
R352、対向車多すンぎ!
ここに来るまででもうヘロヘロ(笑)
ジムから帰って明日の平ヶ岳決行の準備 興奮してきてソワソワソワソワ そもそも山奥の秘境にある登山口 そこまでの道のりも全舗装されてはいるようだがザ・山道、深夜に通りたくない もう日のあるうちに着きたくなってしまった 長岡からは100kmほど、2時間程度で行けるから家を飛び出した ドキドキドキドキ なんとか日没前に現着 シルバーライン、トンネル長すンぎ! R352、対向車多すンぎ! ここに来るまででもうヘロヘロ(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 鷹ノ巣登山口で夜を迎える
まずはメシだ
車内でカレーメシ的な何かを食らう
悪手だった
カレー臭で車内もうもう、くさい
でもお腹は満たされた
これが明日の登山の動力源になると思うとコメ一粒、汁一滴まで無駄にできなかった
鷹ノ巣登山口で夜を迎える まずはメシだ 車内でカレーメシ的な何かを食らう 悪手だった カレー臭で車内もうもう、くさい でもお腹は満たされた これが明日の登山の動力源になると思うとコメ一粒、汁一滴まで無駄にできなかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 外は真っ暗、やることがない
こんな時は読書に限る
深田久弥氏の『日本百名山』を積み込んでいた
平ヶ岳の章を読む
当時は登山道がないのがウリのお山だったようだ
こんなお山を百名山に選ぶなんてどうにかしてるぜ!
おかげでこんな大変なことになってますわ!
いまさら深田御大に八つ当たりしても仕方ないのだが(笑)
外は真っ暗、やることがない こんな時は読書に限る 深田久弥氏の『日本百名山』を積み込んでいた 平ヶ岳の章を読む 当時は登山道がないのがウリのお山だったようだ こんなお山を百名山に選ぶなんてどうにかしてるぜ! おかげでこんな大変なことになってますわ! いまさら深田御大に八つ当たりしても仕方ないのだが(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 なんだか寒くなってきた
ベビー布団を持ち込んで来て正解だった
ヌクヌクヌクヌク
幸いauは微弱ながらも電波がある
明日の天気など確認できて助かった
ラジヲも持ってきていた
電波が入らず地元の局は壊滅状態
なのに、なぜか、なぜか、1332東海ラジオが入ってきた
ここからは遠く離れた名古屋のラジオ局
意味がわからない、もしや山怪!?
同じ在名局でもCBCは入らない
関東の局もダメ、ノイズは混じるがチューンできたのはこの東海ラジオだけである
高井一アナウンサーの番組だった
懐かしい声だった
何年か前に秋の御嶽山の登山道上で番組取材中の高井さんに出会った
「がんばって登ってます、あなたもお気をつけてね」
そう声掛けしていただいた覚えがある
秋になるとあの件もあって御嶽に行きたくなる
そう思うと今夜はとても不思議な夜だった
山怪でも、オカルトでも良いよ
久しぶりに聞いた高井さんの優しい声になんだか力をもらった
大丈夫、明日は絶対登れるような気がしてきた
デジタルじゃない、きっとアナログ受信機だから起きた秋の夕べのミラクル
なんだか寒くなってきた ベビー布団を持ち込んで来て正解だった ヌクヌクヌクヌク 幸いauは微弱ながらも電波がある 明日の天気など確認できて助かった ラジヲも持ってきていた 電波が入らず地元の局は壊滅状態 なのに、なぜか、なぜか、1332東海ラジオが入ってきた ここからは遠く離れた名古屋のラジオ局 意味がわからない、もしや山怪!? 同じ在名局でもCBCは入らない 関東の局もダメ、ノイズは混じるがチューンできたのはこの東海ラジオだけである 高井一アナウンサーの番組だった 懐かしい声だった 何年か前に秋の御嶽山の登山道上で番組取材中の高井さんに出会った 「がんばって登ってます、あなたもお気をつけてね」 そう声掛けしていただいた覚えがある 秋になるとあの件もあって御嶽に行きたくなる そう思うと今夜はとても不思議な夜だった 山怪でも、オカルトでも良いよ 久しぶりに聞いた高井さんの優しい声になんだか力をもらった 大丈夫、明日は絶対登れるような気がしてきた デジタルじゃない、きっとアナログ受信機だから起きた秋の夕べのミラクル
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そして翌朝は3時には起床
昨夜は20:30には寝たらから山小屋泊と同じサイクル(笑)
寝心地は悪いながらもそこそこ寝られてよかった
朝ごはんは味噌汁がうまかった
温かいものが胃袋に入ると元気が出てくる
ラジオを付けてみてももう東海ラジオは入らなかった
気持ちを平ヶ岳登山に全集中させていく
そして翌朝は3時には起床 昨夜は20:30には寝たらから山小屋泊と同じサイクル(笑) 寝心地は悪いながらもそこそこ寝られてよかった 朝ごはんは味噌汁がうまかった 温かいものが胃袋に入ると元気が出てくる ラジオを付けてみてももう東海ラジオは入らなかった 気持ちを平ヶ岳登山に全集中させていく
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 トイレを済ませたら出発
予定通り4時に打って出る
他の登山者も起きていて準備をしていた
俺は決して速くないからこの時間に出ても13時間後の夕方に戻る計画を作っていた
天気も含めて万端の準備を整えてはいたが、登れない可能性は捨てきれない
「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」
俺の中の碇シンジ君がさっきからうるさい(←お薬出しときますね)
とにかく登頂を果たし無事に戻って来たい
クマ鈴を下げヘッデンの明かりをMAXにして漆黒の登山口へ突入した
トイレを済ませたら出発 予定通り4時に打って出る 他の登山者も起きていて準備をしていた 俺は決して速くないからこの時間に出ても13時間後の夕方に戻る計画を作っていた 天気も含めて万端の準備を整えてはいたが、登れない可能性は捨てきれない 「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」 俺の中の碇シンジ君がさっきからうるさい(←お薬出しときますね) とにかく登頂を果たし無事に戻って来たい クマ鈴を下げヘッデンの明かりをMAXにして漆黒の登山口へ突入した
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 初めは林道のようだったが橋のかかった沢を渡ると次第に登りになっていった
かなり登る
しかも岩場で両サイドは切れ落ちている
正直平ヶ岳でなかったら御免被りたいシチュエーションであった
暗黒の中に登山者のヘッデンがポツポツと見えてそれだけが励みになった
初めは林道のようだったが橋のかかった沢を渡ると次第に登りになっていった かなり登る しかも岩場で両サイドは切れ落ちている 正直平ヶ岳でなかったら御免被りたいシチュエーションであった 暗黒の中に登山者のヘッデンがポツポツと見えてそれだけが励みになった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 暗闇の険路を1時間も歩いただろうか
空が白み始めてきた
こんな嬉しいことはない
やがて平ヶ岳前衛の峰々が姿を明らかにしてきた
平ヶ岳の序盤はその名前からは想像できない険しい道を行かねばならなかった
暗闇の険路を1時間も歩いただろうか 空が白み始めてきた こんな嬉しいことはない やがて平ヶ岳前衛の峰々が姿を明らかにしてきた 平ヶ岳の序盤はその名前からは想像できない険しい道を行かねばならなかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 明るくなると周りの景色がすごいことに気がついた
東に見える巨大なお山
日本百名山「燧ヶ岳」だった
あの麓が檜枝岐であり尾瀬である
そしてあの北側は東北地方
早暁にこんなところに居る自分が不思議だった
明るくなると周りの景色がすごいことに気がついた 東に見える巨大なお山 日本百名山「燧ヶ岳」だった あの麓が檜枝岐であり尾瀬である そしてあの北側は東北地方 早暁にこんなところに居る自分が不思議だった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 当面の目標は「下台倉山」になる
登山口から基本的に登り基調である
ここに来て一気に勾配がキツくなった
しかも岩場というか崖のようなところで固定ロープが張り巡らされている
ひとつひとつの難易度は高くないがこれがウンザリするくらい続く
脚の疲れた下山時にこれは厄介だなと、登りもしていないのに早くも帰りの心配をしてしまう(笑)
当面の目標は「下台倉山」になる 登山口から基本的に登り基調である ここに来て一気に勾配がキツくなった しかも岩場というか崖のようなところで固定ロープが張り巡らされている ひとつひとつの難易度は高くないがこれがウンザリするくらい続く 脚の疲れた下山時にこれは厄介だなと、登りもしていないのに早くも帰りの心配をしてしまう(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 ようやく下台倉山に到達
山名標識がオジギしている(笑)
ここまでで朝からひと仕事終えた気分だった
涼しかったから良かったが夏場だったらここまでで消耗が激しかったろう
ようやく下台倉山に到達 山名標識がオジギしている(笑) ここまでで朝からひと仕事終えた気分だった 涼しかったから良かったが夏場だったらここまでで消耗が激しかったろう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 次は「台倉山」を目指して尾根の歩き
尾根筋を樹林帯と行き来しながら進行する
雲行きがどんよりしていたが予報では午前から晴天になる
それを信じて先を急ぐ
次は「台倉山」を目指して尾根の歩き 尾根筋を樹林帯と行き来しながら進行する 雲行きがどんよりしていたが予報では午前から晴天になる それを信じて先を急ぐ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 日の出時刻からかなり経ってサンライズ
ここは山の奥の奥である
雲も分厚いし2000m級の山々に囲まれている
日の出は遅いのである
今日の始まりを告げる朝日は「会津駒ヶ岳」の方角から登ってくるようだった
日の出時刻からかなり経ってサンライズ ここは山の奥の奥である 雲も分厚いし2000m級の山々に囲まれている 日の出は遅いのである 今日の始まりを告げる朝日は「会津駒ヶ岳」の方角から登ってくるようだった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 ここに来て木道が出てくるようになった
尾根筋も平坦なところが多くなって歩きやすくなってきた
長い行程にあってはこれはボーナスステージ、ありがたい
ここに来て木道が出てくるようになった 尾根筋も平坦なところが多くなって歩きやすくなってきた 長い行程にあってはこれはボーナスステージ、ありがたい
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 奥只見の幽谷に朝陽が差してきた
雲海もモルゲンロートも見られなかったがなかなか美しい景色だと思った
奥只見の幽谷に朝陽が差してきた 雲海もモルゲンロートも見られなかったがなかなか美しい景色だと思った
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そして「台倉山」登頂
登頂といってもトレイル上の通過点のようなところだった
三等三角点「赤川表(あかがわおもて)」がある
明治41年に設置されたようだ
この三角点の他には山頂を示すものは何もなかった
先を急ぐ登山者ばかりゆえ、無論休憩するものさえない寂しいピーク
そして「台倉山」登頂 登頂といってもトレイル上の通過点のようなところだった 三等三角点「赤川表(あかがわおもて)」がある 明治41年に設置されたようだ この三角点の他には山頂を示すものは何もなかった 先を急ぐ登山者ばかりゆえ、無論休憩するものさえない寂しいピーク
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 でもこの台倉山からは見晴らしがよかった
俺は無理せず休憩をした
行動食のゼリー飲料がうまかった
朝日もようやく高く昇ってきた
まだまだたっぷり時間はある
体調も良い
改めて自分の脚を信じて先に行こうと思えた
でもこの台倉山からは見晴らしがよかった 俺は無理せず休憩をした 行動食のゼリー飲料がうまかった 朝日もようやく高く昇ってきた まだまだたっぷり時間はある 体調も良い 改めて自分の脚を信じて先に行こうと思えた
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 台倉山で改めて景色を眺めてみた
静かな山域である
あのややとんがったピークが会津駒
なので左側の平たいあたりに池塘の楽園があって「中門岳」まで至るのであろう
駒の小屋に泊まった人が散策しているかもしれないな
台倉山で改めて景色を眺めてみた 静かな山域である あのややとんがったピークが会津駒 なので左側の平たいあたりに池塘の楽園があって「中門岳」まで至るのであろう 駒の小屋に泊まった人が散策しているかもしれないな
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そして燧ヶ岳が近い(笑)
爼嵓と柴安嵓からなる双耳峰
そこだけガスから逃れてネコ耳みたいに見える
その右手に見える山座は日本百名山「日光白根山」のようだ
どのお山も懐かしい
そして燧ヶ岳が近い(笑) 爼嵓と柴安嵓からなる双耳峰 そこだけガスから逃れてネコ耳みたいに見える その右手に見える山座は日本百名山「日光白根山」のようだ どのお山も懐かしい
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 台倉山からは登山道は樹林帯に入っていく
昨夜はガスが濃かったのか朝露のトレイル、涼しくて良い
台倉清水まで来た
水場としては機能していないようだが行程標識があった
もう半分を過ぎていた
どうやら台倉山あたりがちょうど半分みたいだ
まだまだ先は長いけれど元気でた(笑)
台倉山からは登山道は樹林帯に入っていく 昨夜はガスが濃かったのか朝露のトレイル、涼しくて良い 台倉清水まで来た 水場としては機能していないようだが行程標識があった もう半分を過ぎていた どうやら台倉山あたりがちょうど半分みたいだ まだまだ先は長いけれど元気でた(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 この辺りからかなり長い区間で木道が整備されている
快適なのだが少しでも油断するとツルッと滑って大ゴケする
非常に危険、ある意味”罠”である(笑)
俺も罠にかかって仰向けにコケた
そして左肘を強打、今もなお痛みが残っている
他にもコケてしまった人は多くて全く油断のならない木道である
コケても打ちどころが悪く大事に至った人はいなさそうだったのはよかった
この辺りからかなり長い区間で木道が整備されている 快適なのだが少しでも油断するとツルッと滑って大ゴケする 非常に危険、ある意味”罠”である(笑) 俺も罠にかかって仰向けにコケた そして左肘を強打、今もなお痛みが残っている 他にもコケてしまった人は多くて全く油断のならない木道である コケても打ちどころが悪く大事に至った人はいなさそうだったのはよかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 木道が終わると空が出てきた
すっかり晴れ渡っていた
今日はもうお天気の心配はいらないだろう
長丁場すぎるお山だったからこんな天気の時にこそ登りたかった
今日でなくてもよかったがその次回がお天気が良いかはわからない
行ける時は行くが吉
木道が終わると空が出てきた すっかり晴れ渡っていた 今日はもうお天気の心配はいらないだろう 長丁場すぎるお山だったからこんな天気の時にこそ登りたかった 今日でなくてもよかったがその次回がお天気が良いかはわからない 行ける時は行くが吉
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 どうやら森林限界を越えたようだ
ササを割ってトレイルが伸びていく
そして目の前の風景がダイナミックに変化してきた
おお〜!これが平ヶ岳か
巻機山のようにも会津駒のようにも見える
やっぱり越後山脈のお山なんだなと思えた
どうやら森林限界を越えたようだ ササを割ってトレイルが伸びていく そして目の前の風景がダイナミックに変化してきた おお〜!これが平ヶ岳か 巻機山のようにも会津駒のようにも見える やっぱり越後山脈のお山なんだなと思えた
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 再び坂になってきた
最後の急登といったところだろう
意外と岩のゴツゴツしたお山で険しいところもある
主には花崗岩からなるようで登山道はマサ化して深くえぐれた部分も多い
再び坂になってきた 最後の急登といったところだろう 意外と岩のゴツゴツしたお山で険しいところもある 主には花崗岩からなるようで登山道はマサ化して深くえぐれた部分も多い
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 時々ガスも湧く
もちろん一過性のものだ
ガスが湧くとこれまた神々しい雰囲気に見えてくる
やっぱり日本百名山はこうでなくちゃ(笑)
時々ガスも湧く もちろん一過性のものだ ガスが湧くとこれまた神々しい雰囲気に見えてくる やっぱり日本百名山はこうでなくちゃ(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 深くえぐれて歩きにくい坂を登り詰めると広大な眺めとなった
いよいよ「池ノ岳」の山頂部に出たようだ
この先からは待ちかねた天空のお散歩タイムとなるハズ
深くえぐれて歩きにくい坂を登り詰めると広大な眺めとなった いよいよ「池ノ岳」の山頂部に出たようだ この先からは待ちかねた天空のお散歩タイムとなるハズ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 背の低いシラビソとシャクナゲの道の果てに信じられない光景があった
「アーッ」
俺も含めてここに行き着いた誰もがそんな声にもならぬ雄叫びをあげる
もう感動しかない
あの長く遠い道のりの先がこんな風になっているなんて
まさに絶景
ここまで頑張った登山者に対し、お山の神さまのくれたご褒美としか思えなかった
背の低いシラビソとシャクナゲの道の果てに信じられない光景があった 「アーッ」 俺も含めてここに行き着いた誰もがそんな声にもならぬ雄叫びをあげる もう感動しかない あの長く遠い道のりの先がこんな風になっているなんて まさに絶景 ここまで頑張った登山者に対し、お山の神さまのくれたご褒美としか思えなかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 池塘というには巨大すぎる池があった
「姫ノ池」というそうな
何か伝説でもあるのだろうか
姫ノ池は晴れ渡る秋空よりもなお深く澄んで美しかった
池塘というには巨大すぎる池があった 「姫ノ池」というそうな 何か伝説でもあるのだろうか 姫ノ池は晴れ渡る秋空よりもなお深く澄んで美しかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 池ノ岳からは道は二手に別れる
山頂に至る道、たまご石へ向かう道
初めはガイド本に従ってたまご石を先に見学するつもりだった
でもあの向こうに見える平ヶ岳山頂が俺を呼んでいた
はやくあのてっぺんに立ちたい!
池ノ岳からは道は二手に別れる 山頂に至る道、たまご石へ向かう道 初めはガイド本に従ってたまご石を先に見学するつもりだった でもあの向こうに見える平ヶ岳山頂が俺を呼んでいた はやくあのてっぺんに立ちたい!
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 池ノ岳からはゆるく下って登り返す
この景色にすごく見覚えがあった
来たことは無いけど、知っているな、俺
思い返すうちにわかった
刈田峠から見やる南蔵王の風景とそっくりだった
オオシラビソの森に覆われたなだらかな山体がそう思わせた
ああ、懐かしいなあ
素敵なお山だなあ
平ヶ岳の思わぬ姿に驚くとともに歓迎されたようで嬉しくなった
池ノ岳からはゆるく下って登り返す この景色にすごく見覚えがあった 来たことは無いけど、知っているな、俺 思い返すうちにわかった 刈田峠から見やる南蔵王の風景とそっくりだった オオシラビソの森に覆われたなだらかな山体がそう思わせた ああ、懐かしいなあ 素敵なお山だなあ 平ヶ岳の思わぬ姿に驚くとともに歓迎されたようで嬉しくなった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 山頂までの道も南蔵王の屏風岳あたりまでのそれに似ていた
もうすぐそこは東北地方
お山の標高や地形がというよりも気候が近いのも見逃せない
植生が似ていても驚く事ではないのかも知れぬ
お花の時期には来れないけど似たような高山植物が咲くのだろうか
山頂までの道も南蔵王の屏風岳あたりまでのそれに似ていた もうすぐそこは東北地方 お山の標高や地形がというよりも気候が近いのも見逃せない 植生が似ていても驚く事ではないのかも知れぬ お花の時期には来れないけど似たような高山植物が咲くのだろうか
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 池ノ岳からは全て木道が通されている
平ヶ岳は徹底的な環境保全が図られている
だから小屋も幕営も禁止、日帰りのみのルール
ちなみにここの木道はよく乾いて滑らなかった(笑)
池ノ岳からは全て木道が通されている 平ヶ岳は徹底的な環境保全が図られている だから小屋も幕営も禁止、日帰りのみのルール ちなみにここの木道はよく乾いて滑らなかった(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 木道の先にデッキがあった
地図を見るとこの辺りが平ヶ岳の山頂であるらしかった
寛いでいる人がたくさんいる
登山者にはようやくにして息抜きのできる場所であった
木道の先にデッキがあった 地図を見るとこの辺りが平ヶ岳の山頂であるらしかった 寛いでいる人がたくさんいる 登山者にはようやくにして息抜きのできる場所であった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 デッキの奥に小径が続いていた
その先に標柱がある
ここが本当の山頂になるようだ
近づいていく
デッキの奥に小径が続いていた その先に標柱がある ここが本当の山頂になるようだ 近づいていく
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 着いたー!
長かったよう
遠かったよう
やっと、やっと着いたよ
三角点にとび太ッチ(笑)
二等三角点「平岳(ひらたけ)」標高2139.59m
点の記によれば、明治38年(1905年)田中希一郎氏の仕事
深田久弥氏が平ヶ岳の章で書いた民間での初登頂記録(高頭式氏『平ヶ岳登攀記』)よりも10年以上前のことであった
深田御大が登った時でさえ「道のない山」だった平ヶ岳
日本近代化のために正確な地図が求められていた
そのために三角測量で全国の山々を拓いて行った陸地測量部の仕事には本当に凄いものがある
だから「大切にしましょう、三角点」なのである
着いたー! 長かったよう 遠かったよう やっと、やっと着いたよ 三角点にとび太ッチ(笑) 二等三角点「平岳(ひらたけ)」標高2139.59m 点の記によれば、明治38年(1905年)田中希一郎氏の仕事 深田久弥氏が平ヶ岳の章で書いた民間での初登頂記録(高頭式氏『平ヶ岳登攀記』)よりも10年以上前のことであった 深田御大が登った時でさえ「道のない山」だった平ヶ岳 日本近代化のために正確な地図が求められていた そのために三角測量で全国の山々を拓いて行った陸地測量部の仕事には本当に凄いものがある だから「大切にしましょう、三角点」なのである
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 居合わせた方が記念に撮ってくださった
ありがとうございます
もう2度と来られないお山かも知れぬから本当に記念になる
ちなみに山頂は魚沼市の管理所有である
まさに越後のお山
新潟に住まううちに登れて最高の気分だ
居合わせた方が記念に撮ってくださった ありがとうございます もう2度と来られないお山かも知れぬから本当に記念になる ちなみに山頂は魚沼市の管理所有である まさに越後のお山 新潟に住まううちに登れて最高の気分だ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 山頂からまだ先へ先へと木道が続いていた
もちろん行ってみる
草紅葉が始まりかけていた
これが黄金に燃え盛ったら一体どんな絶景になるのだろうか
山頂からまだ先へ先へと木道が続いていた もちろん行ってみる 草紅葉が始まりかけていた これが黄金に燃え盛ったら一体どんな絶景になるのだろうか
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 木道の先は行き止まりであった
でも平ヶ岳の草原は果てしなく続いていた
この先へ行けるものは居ない
ここが平ヶ岳への長い旅路の終着駅
『銀河鉄道999』のアンドロメダ終着駅ではないけれど、
ひとつの旅が、大冒険が終わってしまったような気持ちに襲われて寂しくなった
木道の先は行き止まりであった でも平ヶ岳の草原は果てしなく続いていた この先へ行けるものは居ない ここが平ヶ岳への長い旅路の終着駅 『銀河鉄道999』のアンドロメダ終着駅ではないけれど、 ひとつの旅が、大冒険が終わってしまったような気持ちに襲われて寂しくなった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 おセンチな気持ちを引きずりながら来た道を引き返すオッサン一匹
秋だもん、そんな気分にもなるものさ(笑)
向こうに「至仏山」と「武尊山」が見えた
どちらも仙台にいる時に遠征に来た日本百名山
何もかもが懐かしい
平ヶ岳でセンチメンタルな時を過ごすとは思わなんだ(笑)
おセンチな気持ちを引きずりながら来た道を引き返すオッサン一匹 秋だもん、そんな気分にもなるものさ(笑) 向こうに「至仏山」と「武尊山」が見えた どちらも仙台にいる時に遠征に来た日本百名山 何もかもが懐かしい 平ヶ岳でセンチメンタルな時を過ごすとは思わなんだ(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 あ、これか
有名なやつやん
いきなりお勉強モード(笑)
なるへそ〜
わかったようなわからんような(←ちゃんと読みましょう)
要はこの辺りのお山はみんな兄弟ってことやね、メイビー
あ、これか 有名なやつやん いきなりお勉強モード(笑) なるへそ〜 わかったようなわからんような(←ちゃんと読みましょう) 要はこの辺りのお山はみんな兄弟ってことやね、メイビー
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 空が高い
秋の空だ
ホント、秋に恋焦がれていたのだよ(笑)
このまま順当に涼しくなって欲しい
そして紅葉の季節が待ち遠しい
あ、あと新潟の新米も!
空が高い 秋の空だ ホント、秋に恋焦がれていたのだよ(笑) このまま順当に涼しくなって欲しい そして紅葉の季節が待ち遠しい あ、あと新潟の新米も!
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 平ヶ岳からは燧ヶ岳が本当によく見える
明らかに威容を誇っていてこの辺りのお山のボスのようだ
あのネコ耳の上にもたくさんの登山者がいることだろう
ほとんどの人が平ヶ岳なんて気にしてないのだろうなあ
俺も燧に登った時は尾瀬ヶ原と至仏山しか見てなかった(爆)
平ヶ岳からは燧ヶ岳が本当によく見える 明らかに威容を誇っていてこの辺りのお山のボスのようだ あのネコ耳の上にもたくさんの登山者がいることだろう ほとんどの人が平ヶ岳なんて気にしてないのだろうなあ 俺も燧に登った時は尾瀬ヶ原と至仏山しか見てなかった(爆)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまご石を見にいこう
池ノ岳から続く場所にそれはある
平ヶ岳は苗場山のようでもあるが場所によってはかなりの起伏がある
ここでしか見られない絶景は確かにある
たまご石を見にいこう 池ノ岳から続く場所にそれはある 平ヶ岳は苗場山のようでもあるが場所によってはかなりの起伏がある ここでしか見られない絶景は確かにある
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまご石への巻き道の最低地点
そこはせせらぎの流れる場所だった
ここは地図上で水場として記されている
山頂部なのにこんな渇水の年でも豊富に流れていて癒された
たまご石への巻き道の最低地点 そこはせせらぎの流れる場所だった ここは地図上で水場として記されている 山頂部なのにこんな渇水の年でも豊富に流れていて癒された
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 池塘もある
苗場山や会津駒ほどは多くはないがそれでも山頂歩きの見どころである
池塘もある 苗場山や会津駒ほどは多くはないがそれでも山頂歩きの見どころである
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまご石のある尾根に登っていく
向こうの丘のようなのが平ヶ岳山頂とその先の草紅葉のエリアだ
穏やかな稜線が並行するこんな眺めもうれしい
たまご石のある尾根に登っていく 向こうの丘のようなのが平ヶ岳山頂とその先の草紅葉のエリアだ 穏やかな稜線が並行するこんな眺めもうれしい
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 トレイルは木道や木段で完全舗装(笑)
コレ、作るの大変だったろうな
会津駒の木道整備作業を見たことがあるが本当に手間のかかる様子だった
大切に歩かないといけないなあ
トレイルは木道や木段で完全舗装(笑) コレ、作るの大変だったろうな 会津駒の木道整備作業を見たことがあるが本当に手間のかかる様子だった 大切に歩かないといけないなあ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 意外と遠いたまご石への道のり
道中の様子にまた東北の百名山の面影を見出してしまった
ここ、ちょっぴり「八甲田山」の景観に似てない?
毛無岱を見下ろすあの感じ
ああ、酸ヶ湯に行きたくなって来た(笑)
意外と遠いたまご石への道のり 道中の様子にまた東北の百名山の面影を見出してしまった ここ、ちょっぴり「八甲田山」の景観に似てない? 毛無岱を見下ろすあの感じ ああ、酸ヶ湯に行きたくなって来た(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そして出会いは突然に(笑)
もしかして、これが「たまご石」かい!?
いや、コレに違いがなかった
まじか
モアイっぽいんだな
思ってたんとちょっと違ったけどナイスですねえ
そして出会いは突然に(笑) もしかして、これが「たまご石」かい!? いや、コレに違いがなかった まじか モアイっぽいんだな 思ってたんとちょっと違ったけどナイスですねえ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまご石の先に絶景があった
池塘パラダイス
凄いなあ
もちろんあそこに行く手立てはない
登山道のないお山だからこそ残った景観である
何万年も変わっていないであろう景色にズギャン♡
たまご石の先に絶景があった 池塘パラダイス 凄いなあ もちろんあそこに行く手立てはない 登山道のないお山だからこそ残った景観である 何万年も変わっていないであろう景色にズギャン♡
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまごまごまご〜♪
思わず鼻歌が出る(←おかあさんといっしょか)
これが自然に出来たなんてシンジラレナーイ
この先の絶景といい、環境省と魚沼市が結託して彫ったんちゃうん!?
そんな陰謀論を考えてしまった俺の心は燻製たまご(←意味不明)
たまごまごまご〜♪ 思わず鼻歌が出る(←おかあさんといっしょか) これが自然に出来たなんてシンジラレナーイ この先の絶景といい、環境省と魚沼市が結託して彫ったんちゃうん!? そんな陰謀論を考えてしまった俺の心は燻製たまご(←意味不明)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 たまご石から池ノ岳へと戻る途中で越後三山が見えた
右端が越後駒、真ん中の高いのが中ノ岳、左端が八海山
三山が紅葉したらさぞかし綺麗だろうなあ
たまご石から池ノ岳へと戻る途中で越後三山が見えた 右端が越後駒、真ん中の高いのが中ノ岳、左端が八海山 三山が紅葉したらさぞかし綺麗だろうなあ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 ここで木道に分岐が
Y字の右が正規コース、左はあのプリンスコースだ
今上天皇が皇太子だった頃にこの道で登頂したのでそう呼ばれるようだ
行程が短くて3時間足らずで登頂できるそうだが、山麓の宿に泊まった人しか利用できない
今日はにぎやかな団体客が通っていた
鷹ノ巣コースには起こり得ない笑い声が羨ましくもあり(笑)
ここで木道に分岐が Y字の右が正規コース、左はあのプリンスコースだ 今上天皇が皇太子だった頃にこの道で登頂したのでそう呼ばれるようだ 行程が短くて3時間足らずで登頂できるそうだが、山麓の宿に泊まった人しか利用できない 今日はにぎやかな団体客が通っていた 鷹ノ巣コースには起こり得ない笑い声が羨ましくもあり(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 木道はシラビソの灌木帯を抜けていく
風雪が凄いから背丈が低いのだろう
木の実が黒いたまごみたいで面白い(笑)
実はホシガラスの餌になることもあるらしいがやっぱりタマゴの味がするんかな
木道はシラビソの灌木帯を抜けていく 風雪が凄いから背丈が低いのだろう 木の実が黒いたまごみたいで面白い(笑) 実はホシガラスの餌になることもあるらしいがやっぱりタマゴの味がするんかな
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 下りも気持ち良い木道
最高の天気になった
感謝、感激
下りも気持ち良い木道 最高の天気になった 感謝、感激
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 いろんなお山を歩いて来たけど、やっぱりそのお山ならではの景観ってある
地形や岩や森もそうだし見える山並みも彩りになる
平ヶ岳はそのすべてが魅惑的だった
いろんなお山を歩いて来たけど、やっぱりそのお山ならではの景観ってある 地形や岩や森もそうだし見える山並みも彩りになる 平ヶ岳はそのすべてが魅惑的だった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 平ヶ岳、良いお山ではないか
深田先生、こんなお山を百名山に選んでなんやねんと逆恨みしてスミマセンでした(笑)
長く遠い道のりを歩いて来た先にあるこの素晴らしき世界
これだけはいくらスクリーン越しに眺めていても伝わらないかも知れない
実際に登ってみなければ得られないものって確かにある
平ヶ岳は日本百名山にふさわしかった
それに挑んだ経験はこの胸の中でこの先も輝き続けるだろう
平ヶ岳、良いお山ではないか 深田先生、こんなお山を百名山に選んでなんやねんと逆恨みしてスミマセンでした(笑) 長く遠い道のりを歩いて来た先にあるこの素晴らしき世界 これだけはいくらスクリーン越しに眺めていても伝わらないかも知れない 実際に登ってみなければ得られないものって確かにある 平ヶ岳は日本百名山にふさわしかった それに挑んだ経験はこの胸の中でこの先も輝き続けるだろう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 姫ノ池まで戻ってきた
もうこの山行も後半戦突入だ
戻る前にデッキでこの絶景を目に焼き付けていこう
姫ノ池まで戻ってきた もうこの山行も後半戦突入だ 戻る前にデッキでこの絶景を目に焼き付けていこう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 ここで山メシ
といっても即席、簡単なものばかり
なにせ行って帰ってが最優先のお山
山頂で美味しい山メシ作ってまったり出来るような気分でもない
それがもったいなくもあったが今の脚力では甘んじて受けいれるしかない
ここで山メシ といっても即席、簡単なものばかり なにせ行って帰ってが最優先のお山 山頂で美味しい山メシ作ってまったり出来るような気分でもない それがもったいなくもあったが今の脚力では甘んじて受けいれるしかない
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 プリンスコースの団体さんが姫ノ池を眺めに来た
しばらく佇んで辺りをにぎやかな雰囲気にしてからまた戻って行った
そういう優雅な登り方もあるんだね、このお山にも
ここにいた鷹ノ巣コース組でお見送り
平ヶ岳登山に対してそれぞれが持つこだわりを貫けば良い
お山の楽しみ方は一つの型にはめられないのだ
団体さんの華やかさにぎやかさもまた平ヶ岳登山のエッセンスになった
プリンスコースの団体さんが姫ノ池を眺めに来た しばらく佇んで辺りをにぎやかな雰囲気にしてからまた戻って行った そういう優雅な登り方もあるんだね、このお山にも ここにいた鷹ノ巣コース組でお見送り 平ヶ岳登山に対してそれぞれが持つこだわりを貫けば良い お山の楽しみ方は一つの型にはめられないのだ 団体さんの華やかさにぎやかさもまた平ヶ岳登山のエッセンスになった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 最後に気合を入れよう
先日の奥飛騨クマ牧場で所望したクマのエキス入りドリンク
一本いっとく?
グビッとやれば飲んだことのある味、これリポ○タンやない?(←コラコラ)
苦いのを期待していたが拍子抜け(笑)
まあリ○Dだからね、でもなんか力が湧いてきたぞい(←信じやすい)
最後に気合を入れよう 先日の奥飛騨クマ牧場で所望したクマのエキス入りドリンク 一本いっとく? グビッとやれば飲んだことのある味、これリポ○タンやない?(←コラコラ) 苦いのを期待していたが拍子抜け(笑) まあリ○Dだからね、でもなんか力が湧いてきたぞい(←信じやすい)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 最後に姫ノ池と草紅葉を見やる
秋の空の下、最高の平ヶ岳だった
今日はお天気が良くなるとは聞いていたけど想像以上だった
風も涼しいし登山には最高の条件
お山の神さま、今日もありがとうございました
おっと、まだ下山が待っている
ここからまた10kmの道のりを戻るのか
気が遠くなる(笑)
最後に姫ノ池と草紅葉を見やる 秋の空の下、最高の平ヶ岳だった 今日はお天気が良くなるとは聞いていたけど想像以上だった 風も涼しいし登山には最高の条件 お山の神さま、今日もありがとうございました おっと、まだ下山が待っている ここからまた10kmの道のりを戻るのか 気が遠くなる(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 幸い脚は死んでない
荷物も軽くしてあるしクマのエキスのおかげで力も残っている
でも行きのこの坂を登っている途中で昨日のジムで違和感のあった左脚付け根に痛みが出てきた
無論歩行には支障がないが悪化したら嫌だなと思った
幸い脚は死んでない 荷物も軽くしてあるしクマのエキスのおかげで力も残っている でも行きのこの坂を登っている途中で昨日のジムで違和感のあった左脚付け根に痛みが出てきた 無論歩行には支障がないが悪化したら嫌だなと思った
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そんな懸念や長く遠い下山の不安は絶景が霧散させてくれる
遠くに奥只見湖が見えていた
でも帰りの酷道のことを思い出してしまった
まだまだ先が思いやられる
非常にキビシー
そんな懸念や長く遠い下山の不安は絶景が霧散させてくれる 遠くに奥只見湖が見えていた でも帰りの酷道のことを思い出してしまった まだまだ先が思いやられる 非常にキビシー
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 坂を下り終えて木道ハイウェイになった
まだ濡れているから慎重に行ったのに言わんこっちゃない
またしても大ゴケ
アッ!と思う間もなく次の瞬間には地面に叩きつけられている
その間わずか0.05秒
『宇宙刑事ギャバン』のコンバットスーツ蒸着ほどに瞬時だ(←誰もわかんねーよ)
今度は右大腿と尾骶骨をイワした
痛テテ…
テンションダダ下がり(笑)
でも捻挫や骨折、酷い裂傷にならずに済んで何よりだった
坂を下り終えて木道ハイウェイになった まだ濡れているから慎重に行ったのに言わんこっちゃない またしても大ゴケ アッ!と思う間もなく次の瞬間には地面に叩きつけられている その間わずか0.05秒 『宇宙刑事ギャバン』のコンバットスーツ蒸着ほどに瞬時だ(←誰もわかんねーよ) 今度は右大腿と尾骶骨をイワした 痛テテ… テンションダダ下がり(笑) でも捻挫や骨折、酷い裂傷にならずに済んで何よりだった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 その後は木道の罠にハマることもなくなんとか台倉山まで到達
ここで行動食&アミノ酸をドーピング(笑)
後続のハイカー達は休みもせずここで次々と抜かれたが平ヶ岳はそう言うお山である
貧脚の俺、低みの見物
その後は木道の罠にハマることもなくなんとか台倉山まで到達 ここで行動食&アミノ酸をドーピング(笑) 後続のハイカー達は休みもせずここで次々と抜かれたが平ヶ岳はそう言うお山である 貧脚の俺、低みの見物
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 下台倉山へと向かう途中の尾根道
向こうに平ヶ岳と池ノ岳が綺麗に見えていた
朝は曇っていたか必死だったかで見た記憶が無い
実に麗しいお山だった
もしもアプローチがこんな山奥&ロングでなければ会津駒並みに人気があったことであろう
下台倉山へと向かう途中の尾根道 向こうに平ヶ岳と池ノ岳が綺麗に見えていた 朝は曇っていたか必死だったかで見た記憶が無い 実に麗しいお山だった もしもアプローチがこんな山奥&ロングでなければ会津駒並みに人気があったことであろう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 その会津駒
池塘と草紅葉が綺麗だったなあ
過去2回登っている
いずれも思い出深い
”こまT”にもまた袖を通してみよう
その会津駒 池塘と草紅葉が綺麗だったなあ 過去2回登っている いずれも思い出深い ”こまT”にもまた袖を通してみよう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 尾瀬の盟主であり東北地方の最高峰燧ヶ岳
今日は平ヶ岳以外では一番目立っていたな
あのお山にも御池から登ると池塘と草紅葉エリアがあるんだよね
平ヶ岳と会津駒&燧と掛け持ちして登る人もいるんだろうな
健脚だなあ
尾瀬の盟主であり東北地方の最高峰燧ヶ岳 今日は平ヶ岳以外では一番目立っていたな あのお山にも御池から登ると池塘と草紅葉エリアがあるんだよね 平ヶ岳と会津駒&燧と掛け持ちして登る人もいるんだろうな 健脚だなあ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 下台倉山を過ぎていよいよ激下りだ
個人的にここが最大のヤマ場だと見ていた
とにかく急で足場が狭いところなので転落しないように気をつけよう
下台倉山を過ぎていよいよ激下りだ 個人的にここが最大のヤマ場だと見ていた とにかく急で足場が狭いところなので転落しないように気をつけよう
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 こんなところだもん
登山道も険しいに決まっている
それでも俺以外のハイカーはすごく足早に下っていく
トレランの人はわかる
でも普通の登山装備の人も同じくらい韋駄天なのである
みんなタイムトライアルでもしてるのって感じ
こんなところだもん 登山道も険しいに決まっている それでも俺以外のハイカーはすごく足早に下っていく トレランの人はわかる でも普通の登山装備の人も同じくらい韋駄天なのである みんなタイムトライアルでもしてるのって感じ
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 暗闇から登るのとソロが多いこともあってクマ鈴装着者がとても多い
後ろから迫ってくるとジャラジャラうるさい(笑)
その音色に気づいて追い抜いてもらうまでそれなりに時間がかかるので、
その間ずっと耳障りというか大変なプレッシャーを感じてしまう
外せ!とも言えずに悶々とする小市民が俺(笑)
暗闇から登るのとソロが多いこともあってクマ鈴装着者がとても多い 後ろから迫ってくるとジャラジャラうるさい(笑) その音色に気づいて追い抜いてもらうまでそれなりに時間がかかるので、 その間ずっと耳障りというか大変なプレッシャーを感じてしまう 外せ!とも言えずに悶々とする小市民が俺(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 この斜面全体からシャンシャンジャラジャラ聞こえてくる(笑)
ここまでの疲れと左脚付け根の痛みもあってイイ加減ガマンできなくなってきた
今度来たら一言言ってやろう
そんな気持ちで脇に避けて道を開けて待ち構えていた
「こんな時間にクマなんて出ないでしょう」
と言おうと思った矢先、相手の方が俺の目を見てニコッと微笑んだ
全盛期の東幹久を思わせるナイスな笑顔だった
「ありがとうございます!今日は晴れて最高でしたね、お気をつけて!」
そう言われたら何も言えねー(笑)
その後もう何人か待ち構えていたがみんな爽やか、三鷹さんかよ!
やっぱりここに来る岳人達は器が違いすぎる
長丁場でしんどいのはみんな同じ
それを周りの人への不満に変えるのか労いに変えられるのかは雲泥の差だ
まだまだ修行が足りない自分を恥じた
途中で抜いていただいた皆さん、学ばせていただきました
この斜面全体からシャンシャンジャラジャラ聞こえてくる(笑) ここまでの疲れと左脚付け根の痛みもあってイイ加減ガマンできなくなってきた 今度来たら一言言ってやろう そんな気持ちで脇に避けて道を開けて待ち構えていた 「こんな時間にクマなんて出ないでしょう」 と言おうと思った矢先、相手の方が俺の目を見てニコッと微笑んだ 全盛期の東幹久を思わせるナイスな笑顔だった 「ありがとうございます!今日は晴れて最高でしたね、お気をつけて!」 そう言われたら何も言えねー(笑) その後もう何人か待ち構えていたがみんな爽やか、三鷹さんかよ! やっぱりここに来る岳人達は器が違いすぎる 長丁場でしんどいのはみんな同じ それを周りの人への不満に変えるのか労いに変えられるのかは雲泥の差だ まだまだ修行が足りない自分を恥じた 途中で抜いていただいた皆さん、学ばせていただきました
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 気を取り直して口角を上げて(笑)下っていく
まだまだ険路は続くのだ、冷静でいなければならぬ
下山ではいつしかそのスピードにこだわっていた
出来もしないことに囚われるのは意味がない
今の俺には自分のペースで着実に無事に降りることが何よりも肝要
韋駄天の如きエキスパートの下る姿に自分を競わせてしまった
それは今ここで必要なことではなかった
お山では本当にいろんな学びがある
気を取り直して口角を上げて(笑)下っていく まだまだ険路は続くのだ、冷静でいなければならぬ 下山ではいつしかそのスピードにこだわっていた 出来もしないことに囚われるのは意味がない 今の俺には自分のペースで着実に無事に降りることが何よりも肝要 韋駄天の如きエキスパートの下る姿に自分を競わせてしまった それは今ここで必要なことではなかった お山では本当にいろんな学びがある
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そしてついに平坦路に出た
もうこの先は駐車場だ
出発時には気が付かなかったブナの森が声援を送ってくれているように思えた
もうすぐゴールだ
いつもは登山道で走ることなど滅多にないが今日は特別だった
凱旋気分とおしっこが漏れそうなのとでビクトリーロードを駆け抜けた
そしてついに平坦路に出た もうこの先は駐車場だ 出発時には気が付かなかったブナの森が声援を送ってくれているように思えた もうすぐゴールだ いつもは登山道で走ることなど滅多にないが今日は特別だった 凱旋気分とおしっこが漏れそうなのとでビクトリーロードを駆け抜けた
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 そしてゴール
うわ、なんだろう、マンモスうれPわ(笑)
10時間切りたかったところだけど、自分的にはCTよりも大幅に早く戻れたことで満足
終わってみれば最高に清々しい登山だったな
そしてゴール うわ、なんだろう、マンモスうれPわ(笑) 10時間切りたかったところだけど、自分的にはCTよりも大幅に早く戻れたことで満足 終わってみれば最高に清々しい登山だったな
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 やっぱり下りはバテてしまったけど、途中で負の感情に支配されてしまったけど、
こうして無事に山行を達成できたことが心底嬉しかった
限界突破
誰に笑われようが、今この瞬間はそんな言葉しか思い浮かばなかった
やっぱり下りはバテてしまったけど、途中で負の感情に支配されてしまったけど、 こうして無事に山行を達成できたことが心底嬉しかった 限界突破 誰に笑われようが、今この瞬間はそんな言葉しか思い浮かばなかった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 他の登山者もパラパラと降りてくる
おつかれ山でした
平ヶ岳は上り下りに全集中だから他の方々とゆっくり会話する余裕もなかった
初級者もベテランもそれぞれが課題を持って挑むお山なんだと思う
日本百名山の中にそんなストイックなお山がひとつくらいあっても今は良いと思える(←現金なやっちゃ)
深田御大の選定眼にはまたしても平伏する他なかった(笑)
他の登山者もパラパラと降りてくる おつかれ山でした 平ヶ岳は上り下りに全集中だから他の方々とゆっくり会話する余裕もなかった 初級者もベテランもそれぞれが課題を持って挑むお山なんだと思う 日本百名山の中にそんなストイックなお山がひとつくらいあっても今は良いと思える(←現金なやっちゃ) 深田御大の選定眼にはまたしても平伏する他なかった(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 クルマに乗っての帰り道もまた遠く長い(笑)
登山口からすぐの山小屋に寄り道した
ここで平ヶ岳の登山バッジを所望する
クルマに乗っての帰り道もまた遠く長い(笑) 登山口からすぐの山小屋に寄り道した ここで平ヶ岳の登山バッジを所望する
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 「ごめんくさい」
誰もいないカウンターで案内を請う
人の気配が全くない
何度か呼ぶも反応ナシ、奥飛騨の旅館の再来か(笑)
もう一度呼ぶと奥から女将と思しきおばあさんがやってきた
食材を抱えていてどうやら宿泊者の夕食準備中だったようだ
忙しいところすみませんと言って登山バッジを出してもらった
「ごめんくさい」 誰もいないカウンターで案内を請う 人の気配が全くない 何度か呼ぶも反応ナシ、奥飛騨の旅館の再来か(笑) もう一度呼ぶと奥から女将と思しきおばあさんがやってきた 食材を抱えていてどうやら宿泊者の夕食準備中だったようだ 忙しいところすみませんと言って登山バッジを出してもらった
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 女将が準備しながらお山の紅葉と山頂の様子はどうですか?と尋ねてきた
紅葉の見頃はまだ先になりそうですよと伝えると今年はゆっくり楽しめそうねとニコニコしていた
平ヶ岳登山の歴史と共に歩んできたような山小屋である
もう昔ほど手広くは商売していないように見える
でもこうして登山者のためにバッジを用意し続けてくれている
このバッジはいつもの百名山のよりも輝いて見えた
女将が準備しながらお山の紅葉と山頂の様子はどうですか?と尋ねてきた 紅葉の見頃はまだ先になりそうですよと伝えると今年はゆっくり楽しめそうねとニコニコしていた 平ヶ岳登山の歴史と共に歩んできたような山小屋である もう昔ほど手広くは商売していないように見える でもこうして登山者のためにバッジを用意し続けてくれている このバッジはいつもの百名山のよりも輝いて見えた
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 また俺にとっては酷道(笑)並みの道のりを全集中で長岡まで帰ってきた
今日の下山メシは気分的に長岡生姜醤油ラーメンしか考えられなかった
塩気とタンパク質を欲していたから手っ取り早くラーメン(笑)
今日は訳あってこの店にする
東野幸治のサインがあった
長岡花火の時に寄ったんだな
会ってみたかった(笑)
また俺にとっては酷道(笑)並みの道のりを全集中で長岡まで帰ってきた 今日の下山メシは気分的に長岡生姜醤油ラーメンしか考えられなかった 塩気とタンパク質を欲していたから手っ取り早くラーメン(笑) 今日は訳あってこの店にする 東野幸治のサインがあった 長岡花火の時に寄ったんだな 会ってみたかった(笑)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 その訳とは特盛を食べたかったから(笑)
YAMAPアプリによれば本日の山行は4000kcal越えの運動だったようだ
ならば行ける!とこの千載一遇の好機に乗ってみた
ラーメンでも限界突破してみたかったのだ
しかしさすが特盛、まあキツいこと
食べても食べても減らない麺(350g)&チャーシューに何でこんないっぱい入ってんのよと逆ギレ(爆)
回転命のラーメン店に30分くらい居座って半泣きしつつ完食、お腹ポンポン、もう動けません
ある意味平ヶ岳よりも大変だった(笑)
ラーメンは自分の胃袋に合わせた分量を食べようと誓った(←今更感)
その訳とは特盛を食べたかったから(笑) YAMAPアプリによれば本日の山行は4000kcal越えの運動だったようだ ならば行ける!とこの千載一遇の好機に乗ってみた ラーメンでも限界突破してみたかったのだ しかしさすが特盛、まあキツいこと 食べても食べても減らない麺(350g)&チャーシューに何でこんないっぱい入ってんのよと逆ギレ(爆) 回転命のラーメン店に30分くらい居座って半泣きしつつ完食、お腹ポンポン、もう動けません ある意味平ヶ岳よりも大変だった(笑) ラーメンは自分の胃袋に合わせた分量を食べようと誓った(←今更感)
平ヶ岳・台倉山・池ノ岳 日本百名山「平ヶ岳」に挑戦してみた
新潟県の深田百名山は全て登ろうと思っているから避けては通れない相手だった
涼しさと天候と整備された登山道が味方になってくれた
そして鷹ノ巣コースから同じ道のりを歩いた何人ものエキスパート達が奮って登る姿に勇気をもらった
そんなふうにはなれないことは分かっているが、それでも同じ舞台で全力を尽くして共に戦えたことが嬉しかった
登山は己の頑張りにきちんと報いてくれる
だから次も胸を張れるように頑張るのだ
ありがとうございました
日本百名山「平ヶ岳」に挑戦してみた 新潟県の深田百名山は全て登ろうと思っているから避けては通れない相手だった 涼しさと天候と整備された登山道が味方になってくれた そして鷹ノ巣コースから同じ道のりを歩いた何人ものエキスパート達が奮って登る姿に勇気をもらった そんなふうにはなれないことは分かっているが、それでも同じ舞台で全力を尽くして共に戦えたことが嬉しかった 登山は己の頑張りにきちんと報いてくれる だから次も胸を張れるように頑張るのだ ありがとうございました

もしも不適切なコンテンツをお見かけした場合はお知らせください。